【美肌になる呼吸法】気功で肌ツルツル!中国宮廷秘伝の若返り術がスゴイ

【美肌になる呼吸法】気功で肌ツルツル!中国宮廷秘伝の若返り術がスゴイ

中国の清朝の宮廷で、女官たちが若返りのために、ひそかに行ってきた気功、それが「宮廷気功」です。この気功を行って、肌がツルツルになったり、お通じが来たり、視力が向上したり、ウエストが細くなったりという、驚きの効果が報告されています。ご紹介しましょう。【解説】本田唯人(本田治療院院長)


ほんだ ただと 
1963年、神奈川県生まれ。鍼灸マッサージ師国家免許取得後、北京中医薬大学に留学。本場で鍼灸および漢方薬を学ぶ傍ら、多数の著名な老師に師事する。2000年、本田治療院開業。鍼灸マッサージ治療の傍ら、日本八卦掌協会および清朝宮廷気功研究会を設立。関東を中心に「宮廷気功」および「八卦掌」講座を開設する。DVDに「程派八卦掌」(BABジャパン)がある。八卦掌第5代門人。道家養生長寿術第21代門人。

 中国の清朝の宮廷で、女官たちが若返りのために、ひそかに行ってきた気功、それが「宮廷気功」です。
 この気功を行って、肌がツルツルになったり、お通じが来たり、視力が向上したり、ウエストが細くなったりという、驚きの効果が報告されています。ご紹介しましょう。

視力が上がった自然にやせたと評判

 今からおよそ400年前、中国の清朝の時代(17世紀初頭〜1912年)に、宮廷の貴族や女官たちの間で、若さと美しさを保つためにひそかに伝承された「宮廷気功」。その効果はあまりにもすばらしいので、たいせつに扱われ、宮廷の外部に伝えられることはありませんでした。長年、門外不出とされてきたこの宮廷気功を、縁あって、私は中国で学んで日本に帰国しました。

 その後、私は鍼灸師として治療を行う傍ら、宮廷気功の講習会も行ってきましたが、「1回で大きな効果が出た」とたくさんの反響がありました。最も多く聞かれたのが、体が温まり、肌がツルツルになるということです。そのほか、宮廷気功を続けていたら視力が上がった、白髪・薄毛が改善した、やせてきた、頑固な肩こり・腰痛が解消した、生理痛・更年期障害が消えた、うつ状態から回復したなどの報告も受けています。

 今回、紹介する「8の字呼吸」は、8種類ある宮廷気功の中の「龍游功」に当たります。その名のとおり、龍が湖から出て空へ昇るときのような動きで、体をくねらせ、つややかな舞いのような気功です。

 コツをつかめばやり方は簡単で、体の前で両手を合わせ、3つの円を描くように動かし、同時に体をくねらせます。ですから、人が1人立てるくらいのスペースでできます。

 8の字呼吸のように体を左右にくねらせる動きは、気(一種の生命エネルギー)の通り道である経絡へ働きかけて、全身の気の巡りを活発にします。こうして全身の機能がよくなるのですが、特に女性の機能を高めるのに有効なのです。中国の文献には、背骨が刺激されて姿勢がよくなったり、ウエスト・下腹が細くなったり、肌が柔らかくなったりする効果があるとされています。

 また、円を描く位置は、上丹田・中丹田・下丹田に当たります。これら3つの丹田は、気を集めて練る場所です。
上丹田…眉間で、印堂というツボがあります。中医学的には、上丹田は神(精神、意識、知恵)をつかさどるといわれています。
中丹田…両胸の間で、膻中というツボがあります。中丹田は気をつかさどるといわれています。
下丹田…へそから3寸(人さし指・中指・薬指・小指の4本の指をそろえた横幅)下で、関元というツボがあります。下丹田は精(生命の根元的なエネルギーの源)をつかさどるといわれています。

 8の字呼吸は、3つの丹田に働きかけ、全身の気の巡りを活発にするので、体内の水分の流れや血流もよくなります。その結果、精神面でも肉体面でも若返ってくるのです。

400年以上の歴史がある

 ここで簡単に、宮廷気功の歴史をご紹介しましょう。
 清朝では、国教がチベット仏教(ラマ教)となり、異教となる華山派道教の信奉者(道士)たちは弾圧を恐れました。そのため、秘伝の気功「道家養生長寿術」を清朝に献上したのです。宮廷では、皇帝をはじめ貴族は心身の健康法として、また、皇后や高級女官は美容・若返り法として、道家養生長寿術を取り入れました。これが宮廷気功のルーツといわれています。

 なお、宮廷内にはさまざまな女官がいて、健康法として気功を行っていたようです。この気功が日本で「宮廷気功」として紹介されていますが、今回紹介する宮廷気功とは内容も歴史もまったく異なります。

 前に述べましたが、宮廷気功は門外不出とされ、中国の人もその存在を知ることがありませんでした。それを、なぜ日本人の私が学ぶことができたのかと言うと、私の気功の先生が道家養生長寿術(宮廷気功)の継承者だったからです。

 24年前、鍼灸師の資格を持っていた私は、鍼灸・漢方を学ぶため、北京中医学院に留学しました。
 その中で、中国武術や気功に興味を持ち、約8年間、中国の多くの先生の下で研究を続けたのです。宮廷気功については、相雪秋女史(道家養生長寿術第20代門人)から直接教えていただきました。
 8の字呼吸は、400年以上の歴史があるうえ、ふだん運動をしない人でも手軽にできて、非常に効果が高いものです。日々の生活に取り入れて、読者の皆さんにも、心身の若返りを実感していただければと思います。

「背すじがすーっと伸びますよ」とモデルの梅原さん

龍が湖から出て天へ上る動きを表す「8の字呼吸」のやり方

 宮廷気功は、夜行うと、たいへん効果的です(ただし、寝る直前を避けます)。一般に気功は朝行うものが多いのですが、宮廷気功はその点でも違っています。
 ここでは、準備体操と8の字呼吸(龍游功)を紹介します。
 1日1回、できれば夜に、準備体操→8の字呼吸の順で行いましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


更年期障害 ネコ背 生理痛

関連する投稿


【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

「トマトは体にいい」そういうイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、どんな健康効果があるのかといえば、意外に漠然としているのではないでしょうか。そこで、トマトの健康効果を検証した一つの研究をご紹介しましょう。【解説】寺内公一(東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・女性健康医学講座教授)


【男性更年期障害】うつ病との違いは? EDを改善する“筋トレ”と前立腺肥大の治療

【男性更年期障害】うつ病との違いは? EDを改善する“筋トレ”と前立腺肥大の治療

男性にも「更年期障害」があるのをご存じでしょうか。男性の更年期障害は、加齢に伴うテストステロン(男性ホルモンの一つ)の分泌量の低下が主な原因となり、50~60代以降の中高年男性に現れる心と体の不調をいいます。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


【ダイエット体験談】姿勢を矯正するタオルエクサで背中のぜい肉が取れた

【ダイエット体験談】姿勢を矯正するタオルエクサで背中のぜい肉が取れた

運動がそれほど好きでもない私が、近所のスポーツクラブに通い始めたのは4年ぐらい前のことです。その頃、長年勤めた幼児教室を辞めたことと、飼っていた犬が死んでしまったことが重なり、運動不足で太ってきたのです。【体験談】市村由貴(60歳・主婦)


【飲み込みにくい】姿勢の悪さも原因に?誤嚥を招く猫背を治すストレッチのやり方

【飲み込みにくい】姿勢の悪さも原因に?誤嚥を招く猫背を治すストレッチのやり方

食べ物や飲み物をスムーズに飲み込めない、うまく飲み込めずにむせてしまうといった嚥下障害や誤嚥は、口やのどの機能の衰えからくる問題と捉えられがちです。しかし、むせる原因はさまざまです。【解説】戸原玄(東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科高齢者歯科学分野准教授)


【卵巣嚢腫が縮小】乳酸菌と酵母のw効果「昆布酵母」で私は子宮内膜症・生理痛も撃退できた

【卵巣嚢腫が縮小】乳酸菌と酵母のw効果「昆布酵母」で私は子宮内膜症・生理痛も撃退できた

我が家で天然酵母を作り始めたのは、2002年のことです。グラフィックデザイナーである父が、天然酵母パンの書籍の編集に携わったことがきっかけでした。出版後、全国の読者から、自家製の天然酵母パンが続々と送られてきたのです。【体験談】植田亜弥(COBOウエダ家スタッフ・45歳)


最新の投稿


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)