MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
糖尿病を改善!医師が解説、血糖値を下げる【酢キャベツダイエット】のやり方

糖尿病を改善!医師が解説、血糖値を下げる【酢キャベツダイエット】のやり方

酢もキャベツも、共に非常に健康によい食品です。一緒に取ることで疲労回復を促し、血圧を下げ、内臓脂肪を減らす効果が報告されています。これからダイエットしようと考えているかたや、血糖値を下げたいかたは、酢とキャベツを、ふだんの食事にうまく取り入れてみてください。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植医療部医師)

大きく突き出たおなかが引っ込んだ!

 かつて私は、体重が96・6kgまで増えたことがありました(身長は171cm)。そのときは体脂肪率が43%もあり、太りすぎは明らかでした。

 中性脂肪値なども高かったのですが、最も心配だったのが、血糖値です。空腹時の血糖値が、150mg/dlと、基準値の110mg/dlを超え、ヘモグロビンA1cも、5・8%と、当時の基準値を超えていました(過去1〜2ヵ月の血糖状態がわかる指標。現在の基準値は4・6〜6・2%)。
 自分自身、いわゆる「境界型糖尿病」と判定していました。もともと私の家は、糖尿病の家系です。それを考慮すれば、糖尿病の大きな誘因である肥満は、一刻も早く解消しなければいけません。

 そんなときに、吉田俊秀先生(当時・京都市立病院糖尿病・代謝内科部長)の講演を拝聴しました。そこで、先生が、糖尿病改善のために考案された「食前キャベツ」を知ったのです。
 その代表的な効果を挙げると、まず、生のキャベツをよくかんで食べると、満腹中枢が刺激されます。すると、空腹感に悩まされることが少なくなり、食事量を減らすことができます。
 第二に、食事量が減って内臓脂肪が減ると、過剰に分泌されていたインスリンの分泌が、正常化し、この面からも肥満解消に役立ちます。
 第三に、キャベツに含まれる食物繊維の効果もあります。キャベツの食物繊維は、腸で糖質の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を抑制します。

 これらの効果によって、キャベツは肥満解消に大いに役立つのです。そこで私は毎食、食前に6分の1個分のキャベツのざく切りを食べるようにしました。
 確かに、キャベツをよくかんで食べると、かなりの満腹感が得られます。当初から、それが実感できました。主食のご飯は、1食当たり120gに抑え、魚は80g、肉も80gを目安にとることにしました。キャベツ以外の野菜も、油や砂糖を過剰に使わない調理法で、たくさんとるように心がけました。
 また、握りこぶし大の果物を1日2個、食後に食べるようにしました。勤務の合間に小腹がすいたときには、キャベツをかじるようにしました。

 減量は順調でした。食前キャベツを始めて10日めには、体重は5kg減。その後も1ヵ月に6~7kgずつ減り、半年で、33kgもの減量に成功したのです。
 元々、96・6kgだった体重は、63・2kgになったので、約33kgの大減量です。43%あった体脂肪率は23%に、119cmあったウエストは83cmと、36cmも縮みました。大きく突き出ていたおなかは引っ込み、二重あごも引き締まって、別人に見えるほどスッキリしました。
 血糖値は、150mg/dlが、98・6mg/dlに。5・8%あったヘモグロビンA1cは、4・6%になり、どちらも基準値内に収まるようになったのです。

酢キャベツの作り方

酢とオリーブオイルで自家製ドレッシング

 その後、私は、やせすぎた結果、腰を痛めてしまったので、少し体重を戻すことにしました。それで、データの上ではいちばん長生きできる数値とされる、BMI(肥満度を示す指標の一つ)25を目安とすることにしました。私の場合でいえば、体重は約73~74kgということになります。

 それからは、この体重をキープするように心がけてきました。今から、3~4年前には、仕事のストレスが大きかったせいで、77kgまで体重が増えてしまったこともありましたが、そのときも、1ヵ月くらいかけて、体重を3kg落とし、目標体重に戻しました。

 このように、体重の増減は多少ありましたが、やせてから現在まで、いちばん懸案だった血糖値は、きちんと基準値内をキープできています。
 ちなみに、食前キャベツを始めたとき、私自身は、ノンオイルのドレッシングを、キャベツにかけて食べることが多かったのです。市販の青じそドレッシングを使うこともありましたが、ときには、酢とオリーブオイルで、自家製のドレッシングを作り、それをキャベツにかけて食べることもありました。

 あらためていうまでもありませんが、酢もキャベツも、共に非常に健康によい食品です。キャベツについてはすでにふれましたが、酢についても、疲労回復を促し、血圧を下げ、内臓脂肪を減らすなど、多くの健康効果が報告されています。
 これからダイエットしようと考えているかたや、血糖値を下げたいかたは、酢とキャベツ、二つの優れた食品を、ふだんの食事の中にうまく組み込んでいくといいでしょう。

 糖尿病の改善を目的に、キャベツダイエットをする際は、ご自分の体重の、5~10%程度の減量を目安にすることをお勧めします。これくらいの減量でも、血糖値抑制の効果はかなりあるはずです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。おなか周りもすっきりしてきました。体重を量ってみると、飲む前は57kgだったのが、3ヵ月で2kg減り、55kgになっていました。【体験談】佐々木裕子(主婦・56歳)
更新: 2018-12-08 18:00:00
私、ぱいぱいでか美の公式発表体重は、43kg(身長158cm)です。ところが、夜中にドカ食いをしていたら、6.3kgも太って、49.3kgになってしまいました。おなかのふくれ具合はまるで洋ナシ。ちょっと他人には見せられない状況になっていたのです。【体験談】ぱいぱいでか美(タレント・歌手)
更新: 2018-09-11 16:24:51
おからに含まれる水溶性の食物繊維は、糖尿病や高脂血症などの予防・改善に役立ちます。また、おからに含まれる不溶性食物繊維には、便秘解消効果があります。実験でも、大豆たんぱくや大豆サポニンはダイエットに効果があるとわかっています。【解説】白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授)
更新: 2018-09-27 15:10:33
脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や高脂血症、糖尿病の合併症など、動脈硬化が引き金になって起こる病気を抱えている人に、レモン酢を推奨します。病気がちだったり、疲れやすかったりして抵抗力が落ちているときに取ると、早めの回復が期待できそうです。ダイエットの補助食としてもおすすめです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)
更新: 2018-09-18 15:39:29
焼きバナナを食べるのは、主に朝食時です。朝起きてすぐにオーブントースターにバナナを入れ、焼いている間に顔を洗ったり、洗濯機を回したりすると、ちょうど出来上がったタイミングで食べられます。【体験談】居場京子(兵庫県●47歳●I.B.A-TOTAL BEAUTY CONSULTING 代表) 
更新: 2018-09-25 14:24:40
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt