MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
血圧を下げるドリンクは「果汁100%のブドウジュース」

血圧を下げるドリンクは「果汁100%のブドウジュース」

あるテレビ番組関係者から「先生、ブドウジュースを飲むと血圧は下がりますか?」と、聞かれました。文献を当たったところ、確かに海外に、そうした研究がありました。そこで早速、高血圧の患者さんにご協力をいただき、臨床試験を行うことにしました。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授・東医療センター内科医師)

解説者のプロフィール

渡辺尚彦
東京女子医科大学医学部教授・東医療センター内科医師。高血圧を中心とした循環器病が専門。1987年8月から連続携帯型血圧計を装着開始。以来、24時間365日、血圧を測定しており、現在も連続装着記録を更新中。「ミスター血圧」として知られる。『クスリを飲まずに、血圧を下げる方法』(廣済堂出版)など著書多数。

最近テレビで 紹介し大反響!

高血圧は、自覚症状が出ることが少ない病気です。
いつの間にか進行し、症状が出たときには、すでに命にかかわる危険な状態という場合もあります。

高血圧が、「サイレントキラー」と呼ばれるのはこのためです。
高血圧が忍び寄ってくるのを防ぐには、日々の生活において、さまざまな工夫を重ねる必要があります。

私はこれまで、血圧を下げるセルフケアを、数多く提案してきました。
その中で、最近テレビで紹介して大きな反響があった方法が、「ブドウジュースを飲む」というものです。

この方法を勧めるようになったのは、だいぶ以前に、あるテレビ番組関係者から問い合わせを受けたのがきっかけでした。
「先生、ブドウジュースを飲むと血圧は下がりますか?」と、聞かれたのです。
文献を当たったところ、確かに海外に、そうした研究がありました。

しかし、他人の研究を報告するだけでは発言に責任が持てません。
自分で調べて確かめないと、テレビでいうことはできないと考えたのです。

血圧が本当に下がるのか、臨床試験を実施!

そこで早速、高血圧の患者さんにご協力をいただき、臨床試験を行うことにしました。
私が試したのは、次の四つです。

 ❶ 果汁100%ブドウジュース
 ❷ 同10%ブドウジュース
 ❸ 同100%オレンジジュース
 ❹ 焼きイモ


❶~❸のグループの人には、それぞれのジュースを朝昼晩の3回、200mlずつ飲んでもらいました。
1日に600ml飲むことになります。
ブドウジュースは、いわゆる白ブドウではなく、紫色の濃いブドウを使ったジュースです。

❹のグループの人には、ジュースと比較するため、やはり朝昼晩の3回、小ぶりの焼きイモを食べてもらいました。

ブドウ、オレンジ、サツマイモは、いずれもカリウムを多く含んでいます。
カリウムは、体内の余分な塩分を排出し、血圧降下に役立つミネラルです。

つまり、❶~❹のいずれも、血圧を下げる効果が期待できます。
患者さんには全員、24時間連続して測れる血圧計を装着してもらい、血圧の変動を記録しました。
調査期間は、1週間から10日ほどだったでしょうか。

結果、❸のオレンジジュースと、❹の焼きイモは、血圧降下作用は見られませんでした。
❷の果汁10%ブドウジュースでは、血圧が下がる傾向が、わずかに見られました。
ただし、有意差(偶然や誤差の範囲ではない差)は出ませんでした。

唯一、ハッキリと血圧降下作用が認められたのが、❶の果汁100%ブドウジュースです。
数値は大きくありませんが、有意差の出る形で血圧降下が確認されたのは、これだけでした。

こうした結果が出たことで、「ブドウジュースには、血圧降下に役立つ可能性が、確かにある」と、テレビで自信を持って話すことができたのです。

ブドウに含まれるポリフェノールの働き

ブドウジュースの血圧を下げる効果は、ブドウに含まれるポリフェノールの働きと考えられます。

ポリフェノールとは、植物に含まれる色素や苦み、渋み成分となる化合物の総称です。
さまざまな健康効果があり、近年注目を集めているのが、ポリフェノールの、血管内壁に対する作用です。

血管の内壁は複層構造になっており、血液に接する、最も内側の面を内膜といいます。
この膜を覆っているのが、血管内皮細胞です。

ここでは、NO(一酸化窒素)が産生されています。
NOには、血管を拡張する作用があり、血管が広がれば、自然と血圧は下がります。
ポリフェノールは、このNOの産生を促します。

つまり、間接的に、血圧を下げることに役立っているのです。

ブドウジュースを1日200mlがおすすめ

では、同じブドウ由来の、赤ワインではどうでしょう。

もちろん赤ワインにも、ポリフェノールが豊富に含まれています。
ただ、高血圧の改善という面からいえば、アルコールは多量に飲むと翌朝の血圧を上げるので、逆効果となってしまいます。
また、酒を飲み過ぎて肝臓に負担をかけては、元も子もありません。

私がジュースを勧める理由は、そこにあります。
ただ、ブドウジュースも、継続して飲むのであれば、1日に600mlは多過ぎるでしょう。

糖分のとり過ぎは、糖尿病や肥満など、別のリスクを招きます。
現実的な量は、せいぜい1日に200mlといったところです。

毎日コップ1杯を、習慣にしてみましょう。
先に述べたとおり、高血圧の改善には、さまざまな工夫の積み重ねが大切です。

薬に頼らず、生活習慣の見直しで血圧を下げるのであれば、よいといわれる方法を少しずつ、できる範囲で続けていくのが、遠いようで、いちばんの近道なのです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)