MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【シナモンの効能効果 】血圧を下げるメカニズム 摂取量の目安と摂り方

【シナモンの効能効果 】血圧を下げるメカニズム 摂取量の目安と摂り方

シナモン(桂皮)には毛細血管の老化や障害を抑制する作用があります。血圧や血糖値を下げる効果も期待できます。内臓脂肪型の肥満で、高血圧や高血糖、脂質異常症を合併しているメタボの方にお勧めです。ただし取りすぎは禁物。摂取量は1日10g以上は取らないようにしてください。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物研究所情報伝達分野教授)

毛細血管の老化や障害を抑制する「シナモン」の作用

お菓子作りなどによく使われるシナモンは、香辛料のなかでも、比較的身近な物として知られているのではないでしょうか。

実はこのシナモン、「桂皮」という名称で、古くから漢方薬の材料に使われてきました。
そして、その健康効果は、近年の研究で明らかになっているのです。

私たちの研究室では、シナモンに、毛細血管の老化や障害を抑制する作用があることを突き止めました。
毛細血管の老化や障害を抑えることができれば、滞った血流を回復させ、高くなった血圧を下げる効果が期待できます。

そのメカニズムについて、説明しましょう。

シナモンが血圧を下げるメカニズム

血管は、血管内皮細胞と、それを覆う壁細胞の二層構造になっています。
この二層構造がきちんと維持されていれば、血流は保たれ、体の隅々まで血液が行き渡ります。

ところが、年を取ると、血管内皮細胞と壁細胞の接着が弱くなり、はがれやすくなります。
壁細胞がはがれると、血管は管状の構造を保てなくなり、いびつになって、血管内皮細胞にすきまができます。

そこから血液が漏れ出すことによって、血流は途絶えてしまうのです。

血流が途絶えると、その先の毛細血管は退化して、機能しなくなります。
60代になると、20代のころに比べて、毛細血管は約30%も減少することがわかっています。

私たちの体の血管は、99%が毛細血管です。
その毛細血管が減ってしまうと、血液が隅々まで行き渡らなくなります。
すると、血液を十分供給しようとして、心臓がポンプ力を強め、血圧が高くなるのです。

また、血液が途中で漏れ出すことで、むくみも起こります。
むくみは、見た目の問題だけでなく、血管の状態を表す重要なサインなのです。

以上のことから、血管内皮細胞と壁細胞の二層構造をきちんと維持することが、血流を保ち、高血圧を防ぐことにつながることがわかります。

シナモンにはTie2の活性を高める作用がある

さて、血管内皮細胞と壁細胞の二層構造を維持するために、ポイントとなるのは、血管内皮細胞に存在する「Tie2」です。
Tie2が活性化すれば、血管内皮細胞の細胞どうしや、血管内皮細胞と壁細胞の接着が、強くなることがわかっています。

それによって、血管の構造は安定し、血液が漏れ出したり、血流が悪くなったりするのを防げるのです。
Tie2を活性化する「アンジオポエチン1」という物質を、高血圧になる遺伝子を組み込んだ実験用マウスに投与すると、毛細血管の構造が保たれ、血圧は上がらなかったという研究も報告されています。

そこで私たちは、Tie2の活性を上げる天然由来の物質を探すため、多くの植物エキスを調べました。
その結果、シナモンに、Tie2の活性を高める作用があることが判明したのです。

実際、10数人のかたにシナモンを摂取してもらった試験では、むくみが改善したという報告を得ました。
これはつまり、シナモンがTie2を活性して血管が修復され、血液の漏れが防止できたことを意味しています。

なお、組織が修復する際、血管新生というしくみが働きます。
血管の細胞が修復されて血流が戻ると、その血管はまた新たに先へ先へと伸びていくのです。
退化した血管も再生するということです。

それでは、血管を修復し、途絶えた血流を改善するには、シナモンをどのくらい摂取すればよいのでしょうか。

私たちの実験結果から類推すると、シナモンパウダーで、1日0.6g、週2回とるとよいと考えられます。
漢方薬の桂皮を摂取してもかまいません。
この場合も、1日0.6g程度で十分な効果を期待できます。

シナモンの摂り方

とり方は自由です。
食べやすい方法で摂取してください。
カレーに混ぜたり、コーヒーやバナナ、トーストに振りかけたりしてもよいでしょう。

ただし、とり過ぎは禁物です。
シナモンには、過剰に摂取すると肝障害を起こす物質が含まれています。
1日10g以上はとらないでください。

一般のかたを対象にした臨床試験では、毎日シナモンをとって、運動も行ったところ、1週間で血管の状態がかなり改善するという結果が得られました。

1日に0.6g週2回程度とればOK

実際の生活では、前述したとおり、1日0.6gのシナモンを週2回とれば、効果が期待できるでしょう。
むくみが気になるかたや、血圧が高めのかた、高血圧と診断されて薬を服用中のかたも、ぜひ試してください。

シナモンには、血管を修復して血流を回復させる作用だけでなく、血管拡張作用があることも知られています。
その両方の効果によって、血圧が下がる可能性は、かなり高いといえるのです。

さらに、シナモンには、血糖値を下げる効果があることも確認されています。
内臓脂肪型の肥満で、高血圧や高血糖、脂質異常症を合併している、いわゆるメタボリックシンドロームのかたには、特にお勧めです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
更新: 2019-02-27 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
酢ニンジンを食べ続けていたところ、月に1~2kgのペースで、体重が落ち始めました。以降もおもしろいようにやせ続け、1年で14kgもの減量に成功!ミセスサイズの13号を着ていましたが、9号が着られるようになったのです。ほとんどの服を買い替えることになりました。うれしい悲鳴です。【体験談】寺門徹子(仮名・主婦・77歳)
更新: 2018-10-29 12:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt