MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
咳・のどのイガイガ痛みに効果的な 黒コショウ湯の作り方

咳・のどのイガイガ痛みに効果的な 黒コショウ湯の作り方

口に入る物が私たちの体にもたらす影響は、甚大です。鍼灸師として働き始めてからも、患者さんの症状と食べ物の関係には常に関心を持ち、研究を続けてきました。そんな私が、呼吸器系の症状に悩む患者さんに勧め、いい効果を上げているのが、今回ご紹介する「黒コショウ湯」です。【解説者】梶原千譽(カジハラ治療院院長)

黒コショウ湯は呼吸器系の症状に悩む人におすすめ!

私の治療院には、さまざまな症状を抱えた患者さんが訪れます。
私は治療に加え、自身が学んできた多様な療法の知識をもとに、食べ物や生活環境などあらゆる観点から助言をします。

というのも、私は30数年前、深刻なアトピー性皮膚炎に悩まされていたのです。
皮膚の上を小さな虫が飛び跳ねるような、猛烈なかゆみに苦しみました。

大学病院の皮膚科をはじめ、いくつもの病院を回り、ありとあらゆる治療法を調べては試したものです。
けっきょく、私のアトピーを治してくれたのは、マクロビオティックという、玄米菜食を基本とした食事療法でした。

口に入る物が私たちの体にもたらす影響は、甚大です。
鍼灸師として働き始めてからも、患者さんの症状と食べ物の関係には常に関心を持ち、研究を続けてきました。

そんな私が、呼吸器系の症状に悩む患者さんに勧め、いい効果を上げているのが、今回ご紹介する「黒コショウ湯」です。
これは文字どおり、黒コショウの粉末に、お湯を注いだ物です(作り方はページ下部『黒コショウ湯のやり方』参照)。

血管や気管支を拡張し炎症を止める!

マクロビオティックでは、食品を、「陰」と「陽」の二つの性質に分けて考えます。
陰性の食品は、広げる、緩める、止める、といった働きがあります。

一方で陽性は、縮める、固くする、動かす、といったぐあいです。
この分類によると、黒コショウは「極陰」寄りの食品です。

つまり、広げる、緩める、止めるといった作用に、非常に優れているのです。
セキの発作や息苦しさに悩む患者さんの体を拝見すると、圧痛のある箇所がいくつも見つかります。

のどや気管支、肺などにかかる負担が、首や肩、胸、背中など、主に上半身に、筋肉のコリとなって現れるためです。
こうした場合、少しの押圧でも、痛く感じられます。

筋肉がこっている部位は血流が悪く、血管や組織も収縮し、機能が低下しています。
こうした状態の緩和に役立つのが、黒コショウです。

「広げて緩める」作用により、収縮した血管や気管支などを拡張します。
炎症を「止める」ことで、呼吸器系症状の改善につながるのです。

栄養学的にいえば、カゼ症状への改善効果は、コショウの辛み成分であるピペリンによるものです。
ピペリンには、抗菌・防腐作用があるので、免疫力の向上が期待できます。

また、血行・代謝促進作用があるため、冷えの解消に役立ちます。
冷えは呼吸器の機能を低下させる大きな要因です。

こういった点からも、機能回復の一助になるでしょう。

変化をすぐに実感できる

黒コショウ湯に使うコショウは、市販の、いわゆる「テーブルコショウ」で十分です。
私は、陰陽のバランスを考えて、黒コショウ湯に、マグネシウム(にがり)を含んだ天然塩も加えるよう勧めています。

塩は、陽性の食品です。
加えて、いっしょに注ぎ入れる温かいお湯も、陽性の作用をもたらします。

これは、黒コショウが非常に強力な陰性食品であるため、陰性に傾き過ぎないようにと考えた処方です。
高血圧などのため、塩分のとり過ぎが気になる人は、塩を少なめにして試してもいいでしょう。

様子を見ながら、適宜加減してください。
私は、患者さんに新しい療法を勧める際には、できるだけ治療中に試してもらっています。

黒コショウ湯についても、本人の了承が得られれば、その場で作り、飲んでもらいます。
すると、最初の触診で患者さんが感じた、胸や背中の圧痛が、即時に軽減します。

セキが治まり、のどの痛み、イガイガ感や詰まり感、息苦しさなどのつらい症状が、その場で楽になることも、少なくありません。
すぐに変化を実感できるので、患者さんは、自宅でも継続して黒コショウ湯を飲んでくれます。

その結果、より着実に効果がもたらされるのです。

その場で呼吸が楽になり肩や首のコリも改善!

黒コショウ湯が効果を発揮した症例をご紹介しましょう。
40代の女性は、肩や首のコリを訴えて来院しました。

のどの痛みや息苦しさなどの、カゼ症状も抱えていたので、コリの原因は、そちらにあると思われました。
黒コショウ湯を飲んでもらうと、その瞬間、のどの痛みが解消し、呼吸が楽になりました。

続いて、肩や首のコリがぐんとよくなったと驚いていました。
帰宅後は、黒コショウ湯を飲みながら静養し、わずか数日で、カゼを治したそうです。

このように、黒コショウ湯には即効性があります。
お金もかかりませんし、味はまるでラーメンのスープのようで、患者さんからは「おいしい」と好評です。

呼吸器系の症状がつらいときに、ぜひお試しください。

黒コショウ湯のやり方

材料

・黒コショウ‥‥‥‥‥2振り(1g程度)
・天然塩  ‥‥‥‥‥2振り(1g程度)
・熱湯   ‥‥‥‥‥50ml程度

※分量は目安につき適宜調整してください

作り方

黒コショウと塩を湯飲みなどに入れ、湯を注ぎ、よく混ぜる。

飲み方

呼吸器系の症状があるときに作り、温かいうちに飲む。
胃腸を傷めないよう、1日に3回程度までとする。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
必ずしも4つの野菜だけで作る必要はありません。どんな野菜にもファイトケミカルが含まれていますから、そのときどきに応じて、他の野菜を加えるといいでしょう。【回答】髙橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)
更新: 2019-05-10 18:00:00
ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分で、従来から知られている5大栄養素にはない、抗酸化作用や抗がん作用、免疫の増強・調整作用があります。ファイトケミカルは野菜スープにすることによって、有効成分をムダなく摂取することがでます。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教)
更新: 2019-05-15 10:04:46
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
更新: 2018-10-31 14:06:43
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
更新: 2018-08-31 12:00:00
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-09-10 15:26:52
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt