MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
朝の鼻水や鼻詰まり、アレルギー性鼻炎を解消する呼吸法

朝の鼻水や鼻詰まり、アレルギー性鼻炎を解消する呼吸法

おじぎ呼吸は、首の周辺の筋肉を緩めると同時に、首を引き上げる姿勢を取ることで、交感神経を強く刺激します。自律神経のスイッチをスムーズに切り替えることで、朝の花粉症、鼻づまり、鼻水、くしゃみ、アレルギー性鼻炎の症状を改善できるのです。【解説者】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)

鼻炎は自律神経が乱れているときに発症するもの

生活環境の変化や食生活の欧風化により、近年、アレルギー性鼻炎になる人が非常に増えています。
アレルギー性鼻炎の主な原因は、花粉、ダニを含むハウスダスト、カビなどです。

ただのカゼ症状と思っているあなたの鼻水や鼻づまりも、実は、アレルギー性鼻炎かもしれません。
たかが鼻水とはいえ、ひどいコンディションが続けば、日常生活にも支障が生じます。

アレルギー性鼻炎で困ったときに、ぜひ試してほしいのが、今回ご紹介する「おじぎ呼吸」です。
おじぎ呼吸は、文字どおり、おじぎをしながら呼吸をするものです(詳しいやり方はページ下部『おじぎ呼吸のやり方』参照)。

簡単で、即効性があります。
では、なぜ、このおじぎ呼吸が、アレルギー性鼻炎に有効なのでしょうか。

その作用メカニズムのカギとなるのが、自律神経です。
自律神経は、私たちの意志とは無関係に働き、内臓や血管などをコントロールしています。

自律神経には、交感神経と副交感神経という二つの系統があります。
交感神経は、主に昼間、活動しているときに活発に働きます。

緊張したり、興奮したり、危険を感じたりといったときは、交感神経優位の状態です。
呼吸は速くなり、血圧が上昇し血管は収縮します。

一方、副交感神経は、主に就寝時に働きます。
リラックスしているときは、副交感神経が優位になっています。

呼吸はゆっくりになり、血圧が下がり、血管は拡張します。
交感神経と副交感神経がバランスよく働くことで、体の諸機能は円滑に働くことができます。

しかし、アレルギー性鼻炎の症状が出ているときは、このバランスが、くずれてしまっているのです。

強い刺激で交感神経を 優位にすることが肝心

例えば、アレルギー性鼻炎の場合、強烈な症状が朝一番に起こることが多く、このことを指す「モーニングアタック」という呼び方があるほどです。
なぜ起き抜けに激しい症状に見舞われるのでしょうか。

健常な場合、目覚めると同時に、自律神経が、副交感神経優位から、交感神経優位へと移行します。
それにつれ、体が活動モードに切り替わります。

ところが、アレルギー性鼻炎の人は、この切り替えがうまくいかず、副交感神経優位が続きます。
血管を収縮させる交感神経の働きが抑えられ、鼻の粘膜の血管は広がって膨張。

鼻づまりの状態が引き起こされるのです。
その膨張した血管から水分が漏れ、鼻水が流れます。

つまり、鼻水・鼻づまりの解消には、交感神経を優位にすることが肝心なのです。
これは朝に限った話ではありません。

おじぎ呼吸は、首の周辺の筋肉を緩めると同時に、首を引き上げる姿勢を取ることで、交感神経を強く刺激します。
自律神経のスイッチをスムーズに切り替えることで、アレルギー性鼻炎の症状を改善できるのです。

なお、腰の後ろで両手を組めない人は、手首を握ってもOKです。
また、手を組むのはできても腕を高く伸ばせないという人は、左右の肩甲骨をしっかり寄せて、頭を上げましょう。

これから花粉症の季節です。
つらい症状の軽減に、ぜひおじぎ呼吸を活用してください。

おじぎ呼吸のやり方

解説者のプロフィール

石井正則
東京慈恵会医科大学大学院修了。
1987年に東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科医長に就任。
2000年より、同大学准教授。
現在、JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長。
近著に、『耳鳴りがスッキリする呼吸がわかった』(マキノ出版)がある。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
世の中には、つらい症状にもかかわらず、一般的な医療では、なかなか改善・治癒に導けない症状や病気が多数あります。実は、これらの発症・悪化を防ぐのにたいへん役立ち、手間もお金もほとんどかからない方法があります。それは、「鼻うがい」です。【解説】堀田修(堀田修クリニック院長)
更新: 2018-09-10 21:42:19
鼻の通りがよくなると、体調がぐんとよくなって、顔も美しくなり、スーッと気持ちよい体の状態になります。顔の真ん中にある鼻が、重要なのです。このことを、もっと多くの人に気づいてほしいと私は思っています。【解説】杉本錬堂(NPO法人錬堂塾主宰・天城流湯治法湯治司)
更新: 2018-09-13 12:45:08
鼻の通りをよくするために交感神経を刺激しても、それで不眠になることはありません。むしろ鼻づまりは睡眠の質を落とします。鼻づまりを我慢せず、安心して、今回紹介している3つの方法を行ってください。【解説】石井正則(JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)
更新: 2018-06-23 22:02:06
ストレス社会といわれる現代でも、心身のバランスが乱れがちな現代人がヨーガの呼吸法で正しい呼吸法を身につけると、心と体のバランスが整い快適な毎日を送れるようになっていきます。ヨーガの呼吸法の基本は鼻呼吸です。原則は「呼吸に意識を向ける」ことと、「ゆっくり息を吐く」ことの2つです。【解説】成瀬雅春(成瀬ヨーガグループ主宰)
更新: 2018-09-03 17:57:58
呼吸器系の炎症が8週間以上続くと「慢性気管支炎」と診断されます。それ以外の場合、上気道であるのどもしくは鼻副鼻腔の疾患の可能性があります。耳鼻咽喉科の専門領域で、内科では対処できない場合も。慢性鼻炎や蓄膿症を併発し止まらない痰(後鼻漏)を起こしているケースが多いのです。【解説】呉孟達(アレジオ銀座クリニック院長)
更新: 2018-05-26 18:25:38
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt