医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【モーニングアタック】朝の鼻詰まり 鼻水 くしゃみ アレルギー性鼻炎を解消する呼吸法

【モーニングアタック】朝の鼻詰まり 鼻水 くしゃみ アレルギー性鼻炎を解消する呼吸法

おじぎ呼吸は、首の周辺の筋肉を緩めると同時に、首を引き上げる姿勢を取ることで、交感神経を強く刺激します。自律神経のスイッチをスムーズに切り替えることで、朝の花粉症、鼻づまり、鼻水、くしゃみ、アレルギー性鼻炎の症状を改善できるのです。【解説者】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


鼻炎は自律神経が乱れているときに発症するもの

生活環境の変化や食生活の欧風化により、近年、アレルギー性鼻炎になる人が非常に増えています。
アレルギー性鼻炎の主な原因は、花粉、ダニを含むハウスダスト、カビなどです。

ただのカゼ症状と思っているあなたの鼻水や鼻づまりも、実は、アレルギー性鼻炎かもしれません。
たかが鼻水とはいえ、ひどいコンディションが続けば、日常生活にも支障が生じます。

アレルギー性鼻炎で困ったときに、ぜひ試してほしいのが、今回ご紹介する「おじぎ呼吸」です。
おじぎ呼吸は、文字どおり、おじぎをしながら呼吸をするものです(詳しいやり方はページ下部『おじぎ呼吸のやり方』参照)。

簡単で、即効性があります。
では、なぜ、このおじぎ呼吸が、アレルギー性鼻炎に有効なのでしょうか。

その作用メカニズムのカギとなるのが、自律神経です。
自律神経は、私たちの意志とは無関係に働き、内臓や血管などをコントロールしています。

自律神経には、交感神経と副交感神経という二つの系統があります。
交感神経は、主に昼間、活動しているときに活発に働きます。

緊張したり、興奮したり、危険を感じたりといったときは、交感神経優位の状態です。
呼吸は速くなり、血圧が上昇し血管は収縮します。

一方、副交感神経は、主に就寝時に働きます。
リラックスしているときは、副交感神経が優位になっています。

呼吸はゆっくりになり、血圧が下がり、血管は拡張します。
交感神経と副交感神経がバランスよく働くことで、体の諸機能は円滑に働くことができます。

しかし、アレルギー性鼻炎の症状が出ているときは、このバランスが、くずれてしまっているのです。

強い刺激で交感神経を 優位にすることが肝心

例えば、アレルギー性鼻炎の場合、強烈な症状が朝一番に起こることが多く、このことを指す「モーニングアタック」という呼び方があるほどです。
なぜ起き抜けに激しい症状に見舞われるのでしょうか。

健常な場合、目覚めると同時に、自律神経が、副交感神経優位から、交感神経優位へと移行します。
それにつれ、体が活動モードに切り替わります。

ところが、アレルギー性鼻炎の人は、この切り替えがうまくいかず、副交感神経優位が続きます。
血管を収縮させる交感神経の働きが抑えられ、鼻の粘膜の血管は広がって膨張。

鼻づまりの状態が引き起こされるのです。
その膨張した血管から水分が漏れ、鼻水が流れます。

つまり、鼻水・鼻づまりの解消には、交感神経を優位にすることが肝心なのです。
これは朝に限った話ではありません。

おじぎ呼吸は、首の周辺の筋肉を緩めると同時に、首を引き上げる姿勢を取ることで、交感神経を強く刺激します。
自律神経のスイッチをスムーズに切り替えることで、アレルギー性鼻炎の症状を改善できるのです。

なお、腰の後ろで両手を組めない人は、手首を握ってもOKです。
また、手を組むのはできても腕を高く伸ばせないという人は、左右の肩甲骨をしっかり寄せて、頭を上げましょう。

これから花粉症の季節です。
つらい症状の軽減に、ぜひおじぎ呼吸を活用してください。

おじぎ呼吸のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


甘いものの食べすぎは体にどんな影響がある?糖質ゼロなら大丈夫?

甘いものの食べすぎは体にどんな影響がある?糖質ゼロなら大丈夫?

砂糖の取りすぎで副腎疲労を起こすと、アドレナリンが不足して、気分が沈み込み、うつ症状になることもあります。食欲不振や便秘、下痢などの消化器の異常やパニック発作などの原因にもなります。朝起きるのがつらい、寝ても疲れが取れない、という状態が続くのは、副腎疲労の典型的な症状です。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


【アレルギー性鼻炎】原因と症状 対策とコツ「布団の干し方・鼻うがい」のやり方

【アレルギー性鼻炎】原因と症状 対策とコツ「布団の干し方・鼻うがい」のやり方

アレルギー性鼻炎の患者数が増えている理由は、アレルギーの原因物質「アレルゲン」の増加です。アレルゲンにはスギ・ヒノキなどの花粉といった季節性のものと、ハウスダストのような通年性のものがあります。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【鼻づまりを即改善】鼻の通りを良くする方法 4つのポイント

【鼻づまりを即改善】鼻の通りを良くする方法 4つのポイント

鼻の通りがよくなると、体調がぐんとよくなって、顔も美しくなり、スーッと気持ちよい体の状態になります。顔の真ん中にある鼻が、重要なのです。このことを、もっと多くの人に気づいてほしいと私は思っています。【解説】杉本錬堂(NPO法人錬堂塾主宰・天城流湯治法湯治司)


【鼻づまりを改善】鼻が詰まるメカニズムと簡単に解消する3つの方法を医師が解説

【鼻づまりを改善】鼻が詰まるメカニズムと簡単に解消する3つの方法を医師が解説

鼻の通りをよくするために交感神経を刺激しても、それで不眠になることはありません。むしろ鼻づまりは睡眠の質を落とします。鼻づまりを我慢せず、安心して、今回紹介している3つの方法を行ってください。【解説】石井正則(JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


現代人の不快症状を一掃する【ヨガの呼吸法】鼻づまりを解消し脳を活性化!

現代人の不快症状を一掃する【ヨガの呼吸法】鼻づまりを解消し脳を活性化!

ストレス社会といわれる現代でも、心身のバランスが乱れがちな現代人がヨーガの呼吸法で正しい呼吸法を身につけると、心と体のバランスが整い快適な毎日を送れるようになっていきます。ヨーガの呼吸法の基本は鼻呼吸です。原則は「呼吸に意識を向ける」ことと、「ゆっくり息を吐く」ことの2つです。【解説】成瀬雅春(成瀬ヨーガグループ主宰)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)