【逆流性食道炎】咳や痰が出る 息苦しさをツボ刺激で改善 胸ほぐしマッサージ

【逆流性食道炎】咳や痰が出る 息苦しさをツボ刺激で改善 胸ほぐしマッサージ

長く続くセキや息苦しさなど、今ある苦しい状態をすぐに緩和させたいとき、胸ほぐしマッサージはとても役立ちます。息苦しい、咳や痰が止まらないなどの症状が現れたときに、ぜひ実践してみてください。【解説者】芝山豊和(芝山鍼灸整骨院院長)


2万5000の症例から発見した治療ポイント

呼吸器系症状の緩和に、私がお勧めするのは、「胸ほぐし」です。
これは、私が治療に取り入れている「チクチク(無血刺絡)療法」の一部を、患者さんが自分でできるように、アレンジしたものです。

チクチク療法は、先端のとがった器具で、皮膚に痛覚刺激を与える治療法です。
和歌山のナガタクリニック院長・長田裕先生により、13年ほど前に考案されました。

鍼灸の針などの、チクンとした痛みは、自律神経のうちの副交感神経を優位にすることが、研究で明らかになっています。
副交感神経が優位になると、免疫力が向上するので、治療効果が上がります。

刺激する部位は、東洋医学のツボに当たる箇所もあります。
しかし、もともと脳神経外科医である長田先生は、ツボに加え、皮膚上で、脳と脊髄の知覚神経がつながる、独自の治療ポイントを導き出しました。

そこを刺激すると、患部に副交感反応が現れます。
すると血流が改善し、筋肉の緊張が緩むため、痛みやしびれなどの症状改善に役立つのです。

私は2005年から、長田先生のもとでチクチク療法を学び実践してきました。
10年余りのうちにチクチク療法で治療した新規症例は、2万5000例に上ります。

そして研究を重ね、よりよい箇所を探るうちに、新たな治療ポイントを発見。
その一つが、長田先生により「チェストパート」と名づけられた部位です。

この部位への刺激で改善できるのは、主に、呼吸器系の症状です。
チェストパートを刺激すると、こり固まっていた呼吸筋の血流が改善し、筋肉の緊張が緩みます。

それにより、横隔膜の機能が活性化するので、呼吸がしやすくなり、呼吸器系の症状に効果が出ると考えています。
この、治療で行うチェストパートへの刺激を家庭でもできるようにしたのが、今回紹介する、胸ほぐしというわけです。

チクチク療法を行う際は、通常、先のとがった器具などを使います。
チクンとした痛みの刺激を皮膚に与えることが重要だからです。

しかし、胸ほぐしは、指先で押すだけでも十分効果があります。
「痛気持ちいい」と感じる強さでグーッと押し込み、小刻みに指先を動かしながら、胸をほぐすようなイメージで行ってください(やり方は『胸ほぐしのやり方』参照)。

1セットにかかる時間は1~2分程度です。

胸ほぐしのやり方

刺激する部位

やり方

※症状があるときに行う。
※薄手のシャツなら着たままでよい。

(1)
左肩のAに右手の指先を当て、10回、グーッと押す。右肩のAも、左手の指先で10回、同様に押す。

(2)
右手の指先を、右側のBの最上部に置く。左側も同様に置く。骨際のくぼみに合わせて指先を広げ、指先を小刻みに動かしながら押す。指の位置を上から下に少しずつ動かしながら行う。

(3)
左右の指先を合わせるようにして、Cの最上部に置く。指先を小刻みに動かしながら押す。指の位置を上から下に少しずつ動かしながら行う。

★(1)~(3)を1セットとし、3セット行う。

胸の痛みや止まらないしゃっくりにも有効!

では、症状が改善した例をご紹介しましょう。

48歳の女性は、セキが止まらなくなりました。
当初はカゼによるものかと思いましたが、ゼロゼロした喘ぜん鳴めいといわれる音が出るようになり、息苦しいので病院を受診したところ、「セキぜんそく」と診断されました。

私のところでチェストパートを中心に刺激し、胸ほぐしを指導したところ、2週間でセキは止まり、喘鳴が改善。
呼吸も楽になりました。

52歳の女性は、逆流性食道炎と診断されました。
のどがつかえる感じがあり、息苦しく、声のかすれにも悩んでいました。

ところが、わずか2回のチェストパートへの刺激と胸ほぐしで、声がかすれなくなりました。
のどが通り、息もしっかり吸えるようになったのです。

そのほか、カゼによるのどのイガイガ感や痛み、胸の痛み、インフルエンザによる急性肺炎の呼吸困難、胸部打撲による呼吸障害、止まらないしゃっくりなどにも有効です。
胸や肩周りの筋肉が緩み、ほぐれるので、肩こりやネコ背の改善にも効果を認めています。

もちろん、これだけで症状が治るわけではありません。
患者さんには、チクチク療法の基本治療や、養生法と食事の指導も併せて行っています。

とはいえ、長く続くセキや息苦しさなど、今ある苦しい状態をすぐに緩和させたいとき、胸ほぐしはとても役立ちます。
息苦しい、セキが止まらないなどの症状が現れたときに、ぜひ実践してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


逆流性食道炎 セキぜんそく

関連する投稿


くり返す【胸やけ ゲップ 胃もたれ】に効果 胃腸のツボ刺激で逆流性食道炎を改善する「ひじ針」のやり方

くり返す【胸やけ ゲップ 胃もたれ】に効果 胃腸のツボ刺激で逆流性食道炎を改善する「ひじ針」のやり方

「胸焼け、げっぷ、胃もたれ」こうした症状がくり返し起こるとき、一般には、慢性胃炎などの胃の病気ととらえる人が多いでしょう。しかし、もう一つ、注意しなければならない病気があります。それは「逆流性食道炎」です。【解説】孫維良(東京中医学研究所所長)


【逆流性食道炎】が糖質制限で改善 血糖値も下がり、陥入爪も治った!

【逆流性食道炎】が糖質制限で改善 血糖値も下がり、陥入爪も治った!

食後の胸やけや、みずおちの辺りが常につかえているような不快感は、思い返せば高校生の頃からありました。医師になってからもそれは続き、物を食べると食道の出口がキューッと締まる感じがしたり、燃えるような感覚もありました。【体験談】花岡篤哉(新南陽整形外科クリニック院長 医師・49歳)


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【逆流性食道炎】食事改善で克服したバーテンダーに聞いた7つのルール

【逆流性食道炎】食事改善で克服したバーテンダーに聞いた7つのルール

今から約7年前、43歳を目前にしたある朝、それは起こりました。朝、起きたら、今までに経験したことがない気持ち悪さに襲われ、胃の中のものをすべて戻してしまったのです。寝る前に食べたパスタが、ほぼそのままの形で出てきました。【解説】藤村公洋(バーテンダー)


空腹時に痛む【逆流性食道炎】糖質制限食で改善し18kg減 薬もやめられた!

空腹時に痛む【逆流性食道炎】糖質制限食で改善し18kg減 薬もやめられた!

医師からは薬を処方され、「この病気とは一生つきあわなくてはいけない」と言われました。そして、「食事は腹6分目まで」「脂っこいもの、甘いものは控える」「食後すぐ横にならない」などの指導を受けました。薬を飲むと痛みはいくぶん和らいだものの、決してらくにはなりません。【体験談】山田花畑(仮名・システムエンジニア・40歳)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)