足底筋膜炎などの足裏の痛み 治し方は  "足裏とアキレス腱" を温めること

足底筋膜炎などの足裏の痛み 治し方は "足裏とアキレス腱" を温めること

中高年になると、足裏・足底部・踵などに痛みが生じる足底筋膜炎(足底腱膜炎)の症状に悩む人が増えます。加齢でアキレス腱が硬くなったことが原因の一つです。ひざ痛、腰痛、股関節痛の原因となるケースもあります。若々しさはアキレス腱に現れます。対策は、アキレス腱を温めることです。【解説】伊藤史子(あやこいとうクリニック院長)


足の裏に痛みが起こる足底筋膜炎や、ひざ痛などの原因の一つはアキレス腱がかたくなること

アキレス腱という言葉は、「唯一の弱点」「致命的な場所」という意味で、よく使われます。
実際、アキレス腱が断裂した直後は、一人では歩けないほどのダメージを受けます。
ですから、日ごろから大事にしてほしい部位なのです。

アキレス腱は、ふくらはぎにある腓腹筋とヒラメ筋を、かかとの骨に付着させる腱で、約15㎝あります。
人体のなかで、最も強靭な腱といわれます。
ところが、中高年になると、アキレス腱の障害が起こりやすくなります。

アキレス腱の断裂だけでなく、足の裏に痛みが起こる足底筋膜炎や、ひざ痛、腰痛、股関節痛などの原因の一つに、アキレス腱がかたくなることが挙げられます。

アキレス腱が冷えてかたくなると危ない!

アキレス腱は、ストリングチーズ(裂けるチーズ)のような組織です。

本来は水分を多く含み、伸縮性と柔軟性に富んでいますが、加齢に伴って乾燥してきます。
特に、寒い冬は血流が不足し、組織がかたくなりがちです。

このため、中高年のかたは、横断歩道で急に走ったり、子供の運動会でハッスルしたりしたときに、ブチッとアキレス腱が切れるケースがあるのです。
前述したように、アキレス腱は独立した組織ではなく、ひざから伸びる筋肉と、かかとの骨をつないでいます。

このため、アキレス腱がかたくなって縮まると、かかとの骨が後ろ上方向へ引っ張られ、かかとや足底に痛みが生じるのです
転倒や寝たきりの原因として、ひざ痛や腰痛、股関節痛が挙げられます。

しかし、実際には、足首から先の痛みや不具合も、大きな要因となります。
アキレス腱がかたくなると、つま先が上がらなくなり、つまずくことがふえます。

また、かかとや土踏まずに痛みが生じる足底筋膜炎になると、まっすぐ立つのが難しくなるため、全身の関節に負担がかかり、ひざ痛や股関節痛、腰痛を引き起こします。
そればかりか、バランスをくずしやすくなり、転倒や骨折を招く恐れもあります。

二つの筋肉をほぐしてアキレス腱を温めよ!

元気に歩ける体を維持するために、心がけていただきたいのが、アキレス腱を温めることです。
温まった腱は、伸びたり縮んだりしやすくなります。その結果、断裂などのケガを予防できるだけでなく、つまずきや転倒も防ぐことができます。

アキレス腱を温める方法としては、お湯に足をつける足浴や、足の裏用のカイロもいいでしょう。
足の裏は血流量が多いので、カイロを当てて温まった血液が、アキレス腱に効率よく運ばれ、ほどよく温まります。

また、日ごろから、靴下やレッグウォーマーなどでアキレス腱を覆い、冷やさない工夫をするといいでしょう。
もう一つ、ぜひ取り組んでいただきたいのが、アキレス腱を伸ばす2種類のストレッチです。

アキレス腱を温める方法はストレッチ、覆う、使い捨てカイロなど

毎日の習慣にしたいアキレス腱のストレッチ

実は、これこそがアキレス腱を温める最も手軽な方法なのです。
よく知られているのは、足を後ろに引いてアキレス腱を伸ばすストレッチでしょう。

これは、ふくらはぎを構成する腓腹筋を伸ばし、血行をよくする効果があります。
これに加え、片ひざの上にしゃがみ、前方に体重をのせるストレッチも行ってください。

ふくらはぎの奥にあるもう一つの筋肉、ヒラメ筋も伸ばしてほしいのです。
アキレス腱は、腓腹筋とヒラメ筋の停止部です。

ですから、二つの筋肉が両方ともストレッチされないと、アキレス腱の柔軟性が高まらず、機能をじゅうぶんに発揮できません。
アキレス腱のストレッチは、スポーツの前だけでなく、毎日の習慣にしてください。

しゃがんで靴をはくときに、体重を前にかければ、ヒラメ筋が伸びます。
そして、靴をはく前か後に、足を後ろに引くストレッチを数回くり返せば、腓腹筋も伸び、アキレス腱が温まります。

アキレス腱を温める習慣を身につけて、柔軟性を保つことは、若さと健康を維持する秘訣でもあります。
いつまでも自分の足で歩くことができるように、今日から早速、アキレス腱のケアを始めましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


なぜ「足裏マッサージ」で首や腰などの全身の痛み・症状が改善するのか

なぜ「足裏マッサージ」で首や腰などの全身の痛み・症状が改善するのか

足の裏もみ療法は、「足の裏に全身がある」という考えに基づいた健康療法です。こうした、体のある部分に全身が投影されているという考え方は、昔から世界の各地にありました。【解説】上馬塲和夫(帝京平成大学ヒューマンケア学部教授・帝京大学附属池袋クリニック院長)


開張足・浮き指の予防と対策 自覚症状がなく女性の9割は「隠れ扁平足」状態

開張足・浮き指の予防と対策 自覚症状がなく女性の9割は「隠れ扁平足」状態

5本の指のつけ根を結ぶ横アーチが崩れて、足の指が横に広がってしまう状態が開張足です。見た目ではわかりにくいため、「隠れ扁平足」とも呼ばれています。浮き指は、その症状の1つとして現れます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


足の痛みやトラブル「原因は1つでなく複数」フットケア外来医が解説

足の痛みやトラブル「原因は1つでなく複数」フットケア外来医が解説

足のトラブルは「足病変」といいます。主な原因は、大きく3つ。骨の変形(外反母趾や内反小趾)、爪の病変(巻き爪や陥入爪等)、皮膚の病変(タコやウオノメ、水虫等)です。従来、足に合わない靴が原因だと言われてきましたが、私は、歩き方や立ち方に問題があると考えています。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【体験談】足の裏たたきの効果 血圧が下がり、抜け毛の量も減った

【体験談】足の裏たたきの効果 血圧が下がり、抜け毛の量も減った

47歳のころ、突然カゼのような症状に襲われました。のどが痛くなり、微熱が続いて、すごく汗をかくのです。寝汗もひどくて、Tシャツを一晩に7〜8枚着替えるほどでした。カゼ薬を飲みましたが、全く改善しません。体がだるくて鉛のように重くなり、ものすごく疲れるのに、眠れなくなったのです。【体験談】川上由衣子(仮名・58歳・主婦)


【体験談】私は「足の裏刺激」で頻尿を改善 2時間に1回が、3~4時間に1回に

【体験談】私は「足の裏刺激」で頻尿を改善 2時間に1回が、3~4時間に1回に

自宅から娘のところへは、車で3時間ほどかかります。困るのは、運転中、頻繁に尿意を催すことでした。店を閉めた3年ほど前から、トイレが近くなってきたのです。 利尿作用のあるコーヒーを飲まないようにしたり、家を出る前に何度もトイレに行ったりしましたが、頻尿が改善することはありませんでした。【体験談】德田玲子(70歳・自営業)


最新の投稿


なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

関口先生とは、日ごろから治療に関する情報交換をしているのですが、「手首押しには、脳に働きかけて、こわばった筋肉を軟らかくほぐす効果があるのではないか。非常によい治療法だと思う」と話しました。以来、手首押しを、私の患者さんの治療にも応用しています。【体験談】橋本芳保(橋本接骨院院長・68歳)


スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

体の平衡感覚をつかさどっているのは、耳の内耳にある三半規管と脳の小脳です。首の不具合によって、バランスをとるこれらの器官への血流が悪化して、めまいが起こりやすくなります。姿勢をよくして前に突き出た頭を元に戻し、首への負担を減らせばいいのですが、これがなかなか難しいのです。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

少し飲み物を飲むとすぐトイレに立ちたくなります。自分では「ミルク飲み人形みたいね」なんて笑い話にしていました。しかし内心では恥ずかしくて、なんとかしたいと思っていました。11円スリッパを毎日はいていたら、あれだけわずらわしかった尿意を、最近は忘れることもしばしばあります。【体験談】桜田陽子(仮名・63歳・主婦)


理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

枕が合わず寝ても首が緊張していると、肩や首のコリ、手や顔のしびれなどの症状が起こりやすくなります。また「熟睡できない」「夜中や早朝に目が覚める」など、さまざまな症状に悩まされるようになります。玄関マットとタオルを使うと医学的に見て最も理想的な睡眠姿勢が取れる枕を作ることができます。【解説】山田朱織(16号整形外科院長)