MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
耳鳴り・めまいを改善する簡単セルフケア「アルミ湿布」

耳鳴り・めまいを改善する簡単セルフケア「アルミ湿布」

アルミ湿布は、鍼治療の働きを応用したセルフケア法で、だれでも安全に行えるのが特長です。アルミホイルが皮膚にふれることで、鍼治療と同様に、微弱な電流が体内に発生します。アルミホイルを巻くことによって、ツボのある位置がポカポカと温まります。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)

腎を元気にすれば耳は自然に若返る!

「耳もとで、キーン、ジージーという音が鳴り響くことがある」

「最近、テレビの音や会話が聴こえづらくなった」

「周囲がグルグルと回り、立つことができない」

といった症状にお悩みのかたはいませんか。

これらの耳鳴りや難聴、めまいは、耳鼻科で調べてもらっても原因が見つからないことが多いものです。

ひどいときには、「加齢によるものなので、あきらめてください」と、医師から宣告されることもあるでしょう。

確かに、年を取ることによって耳の器官の老化が進むと、その機能も低下していきます。
耳はだんだんと遠くなり、人との会話も難しくなります。耳鳴りやめまいといった症状にもつながるでしょう。

東洋医学では、こうした老化現象は、腎が弱ることによってもたらされると考えられています。腎は五臓のなかで、生命力の象徴とされる器官です。
老化の進行をおさえるには、まず、弱った腎を元気にしなくてはなりません。

太谿というツボの刺激がおすすめ


そこで有効なのが、腎に対応するツボへの刺激です。
私たちには元来、不調や病気を自分の力で治す「自然治癒力」が備わっています。

ツボ刺激は、この自然治癒力を高め、病気に対する抵抗力や免疫力を強化するために用いられます。
足の内くるぶしとアキレス腱の間のくぼんでいるところに、太谿というツボがあり、ここを刺激するのがいいでしょう。

太谿は、腎経という経絡上にあります。経絡とは、生命エネルギーである気の通り道のこと。
ここを刺激することで、腎の働きが促されて耳が若返り、耳鳴り、難聴、めまいといった症状を改善へと導くのです。

では、どのような方法で刺激すればいいのでしょうか。ツボ刺激の手段として、最も代表的なのは鍼治療です。
鍼治療は、金属製の鍼を用いて、ツボに刺激を与えます。ここでいう刺激とは、単なる物理的なものにとどまりません。
金属製の鍼を刺すことによって、体内に微弱な電流を生じさせ、それにより大きな効果が得られるのです。

金属は水分にふれることで、電子を放出して陽イオン(プラスイオン)となる性質があります。
肌は水分を帯びているので、鍼は皮膚にふれることによって、プラスイオン化します。

すると、皮膚の表面にはマイナスの電気が、そして体内にはプラスの電気が発生します。
これによって、体内で微弱な電流が流れ、刺激の効果が増幅されるのです。

くるぶしに巻くだけで足がポカポカと温まる!

鍼治療は大きな効果が得られますが、施術にはどうしても専門家による助けが必要です。
素人が簡単に行えるものではありません。そこでお勧めなのが、「アルミ湿布」です。

アルミ湿布は、鍼治療の働きを応用したセルフケア法で、だれでも安全に行えるのが特長です。
アルミホイルが皮膚にふれることで、鍼治療と同様に、微弱な電流が体内に発生します。

さらに、アルミホイルを巻くことによって、ツボのある位置がポカポカと温まります。
電流による刺激と、温熱効果によって、ツボを効果的に刺激することができるのです。

耳鳴り、難聴、めまいに効く アルミ湿布のやり方

やり方はとても簡単です。どのご家庭にもあるアルミホイルを、くるぶし全体を覆うようにして巻くだけです。

端は、セロハンテープや医療用のテープなどで留めるようにしてください。

巻いた上から、靴下やタイツをはいてもかまいません。しばらくすると、足がポカポカと温まってくるのが実感できるでしょう。

アルミ湿布は、いつ行ってもけっこうです。家事や仕事のじゃまにならなければ、1日じゅう巻いていてもいいですし、反対に就寝時だけでもかまいません。

基本的には、両足に巻きますが、めんどうであれば片方だけでもいいでしょう。
その際は、男性なら左足に、女性なら右足に巻くようにしてください。

アルミ湿布は鍼に比べると、その場ですぐに効果は現れにくいものの、長時間貼っているので、常に刺激が体に加わっていることになります。
毎日継続することで、効果が徐々に現れてくるので、まずは数日続けてみてください。

最後に一つだけ注意点です。金属アレルギーのかたで、もしもアルミホイルを巻いてから、なにかしらの異常を感じられた場合には、すぐに外すようにしましょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。耳鳴り、メニエール病のめまい、頻尿の改善など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)
更新: 2019-04-15 18:00:00
手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)
更新: 2019-02-14 18:00:00
担当医師の話によれば、めまいや頭痛といったメニエール病の症状も、甲状腺の機能異常と無縁ではないだろうということでした。たぶん、梅干しを食べ始めて半年くらい経ったころには、長年にわたって苦しめられてきためまいが、全く起こらなくなっていたと思います。吐き気や頭痛に襲われることも減りました。【体験談】堤聖子(自営業・64歳)
更新: 2018-12-20 18:00:00
病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)
更新: 2018-12-14 18:00:00
オクラ水を飲み始めて、1ヵ月ぐらい経ったころでしょうか。「あれ? 最近めまいが起こる頻度が減ってきたな」と気づきました。3ヵ月経った頃には、ほとんどといっていいほど、めまいが起こらなくなったのです。そういえば、以前より眠気を感じることがなくなり、ゴロゴロしている時間も減りました。【体験談】飯田大樹(大学院生・23歳)
更新: 2018-12-03 18:00:00
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt