MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
副腎の疲労が不調を招く!コルチゾール不足を改善する方法

副腎の疲労が不調を招く!コルチゾール不足を改善する方法

私たちの体で起こる、あらゆる不調は、副腎の疲労が根本原因だといっても過言ではありません。副腎から分泌されるホルモンは、実に50種以上。なかでも特に重要なのが、副腎皮質ホルモンの「コルチゾール」です。副腎が疲れると、大切なコルチゾールの分泌が悪くなり不調を引き起こすのです。【解説者】本間良子(スクエアクリニック院長)

不調は副腎の疲労が根本原因といっても過言ではない

皆さんは、副腎という臓器をご存知でしょうか。
副腎は、腎臓と同じように左右に二つあり、その位置も、腎臓のすぐ上にちょこんと乗っかるように存在しています。

しかし、その働きは全く異なります。
腎臓は、泌尿器系の臓器であるのに対し、副腎は、ホルモンを産生・分泌している内分泌器官なのです。

私たちの体で起こる、あらゆる不調は、副腎の疲労が根本原因だといっても過言ではありません。
副腎は、日本ではあまり注目されていませんが、諸外国では、病気や症状を治療する際には、まず「副腎ケア」をすることが、もはや常識となっているのです。

副腎から分泌されるホルモンは、実に50種以上。
これらのホルモンは、血糖値の維持、免疫機能の調整、血圧の調整、神経系のサポート、骨の代謝など、生命の維持に欠かせない働きをしています。

そのなかでも特に重要なのが、副腎皮質ホルモンの「コルチゾール」です。
コルチゾールは、ストレスから体を守るホルモンですが、働きはそれだけではありません。

副腎が疲れると体内の炎症を抑え切れない!

私たちの体内では、残念ながら、年齢を重ねるほど炎症が増えてしまいます。
それを放置しておくと、さまざまな病気や老化現象が起こります。

その炎症をやっつけてくれるのが、コルチゾールなのです。
ところが、副腎が疲れると、この大切なコルチゾールの分泌が悪くなります。

副腎の構図

現代社会は、ストレスに満ちあふれています。
ストレスというと、人間関係や仕事による精神的なストレスをイメージしがちですが、それだけではありません。

体に悪影響を及ぼす物は、すべてストレスです。
具体的にいうと、薬品、過労、睡眠不足、食品添加物、大気汚染、光刺激、有害化学物質などなど、枚挙にいとまがありません。

こうした多くのストレスに対し、盛んにコルチゾールが分泌されます。
しかし、働きっぱなしの副腎は、やがて疲れ果ててしまい、コルチゾールを十分に分泌できなくなります。

コルチゾール不足は、現代人の健康を妨げている

コルチゾールが相対的に不足すると、体内の炎症を抑え切れなくなり、不定愁訴を覚えます。
そして、副腎の疲労が慢性化すると、高血圧、糖尿病、動脈硬化、メタボなどの生活習慣病や胃腸障害、不眠症にうつ、アレルギー疾患など、ありとあらゆる病気の発症リスクが高まるのです。

つまり、現代人の健康を妨げ、薬を飲む量が増えている根本原因は、副腎疲労によるコルチゾール不足にあるといえます。
例えば、副腎が疲労すると、「最近やる気がなくて気分が落ち込む」といったうつ症状が起こりがちです。

こうした症状を精神科や心療内科で話すと、決まって抗うつ剤などが処方されてしまいます。
それは、目先の症状に対処しているだけで、体内の火種を消したことにはなりません。

しかし、根本原因である副腎をケアすれば、薬の量を減らす、あるいは薬を服用しないことは、十分可能なのです。
その副腎をケアするためには、先ほど説明した各種のストレスの軽減、疲労回復、そして偏った食生活の改善が、いちばんの近道です。

特に食事は、「食は人なり」といわれるように、食べ物が私たちの健康を決定づけるため、とても重要です。

和食中心の食生活で症状が驚くほど楽になる

まず、避けたい食品として挙げられるのが、グルテンが含まれる小麦製品と、カゼインが含まれる乳製品です。
グルテンとカゼインは、腸の炎症を招きやすい物質のため、極力避けたほうが賢明です。

そこで、パンではなく、なるべくお米にかえる。
乳酸菌は、ヨーグルトからではなく、みそや漬物など、植物性の発酵食品からとる。

さらに、カルシウムは、牛乳からではなく、小魚からとる……。
つまり、和食を食べていれば間違いないのです。

和食なら、小麦製品や乳製品を避けつつ、たんぱく質が豊富な大豆や魚など、副腎ケアに有効な食材を多くとることができます。

また、シソやショウガなど、解毒作用が強い薬味も多彩です。
和食中心の食生活を長く続けるだけで、体は変わり、驚くほど症状が楽になります。

とはいえ、毎食和食にすることは、難しいかもしれません。
そこで私は、5日間のうち3日間和食を心がければいいと、患者さんにお伝えしています。

あまり真面目にがんばり過ぎるのも、かえってストレスになるのでよくありません。
このように、ストレスを減らし、食生活を変えるだけでも、副腎疲労は飛躍的に回復します。

薬を減らしたいとお考えのかたは、まず副腎のケアから始めましょう。
自ずと体が元気になり、処方されていた薬がみるみる減っていくはずです。

解説者のプロフィール

本間 良子
スクエアクリニック院長。日本抗加齢医学会専門医。米国抗加齢医学学会フェロー。日本医学会認定産業医。聖マリアンナ医科大学病院総合診療内科入局後、第一クリニック内科勤務を経て、現職。専門は内科と皮膚科。著書に『老化は「副腎」で止められた』(青春出版社)などがある。

●スクエアクリニック
川崎市幸区堀川町580 ソリッドスクエア 東館1階
[TEL]044-511-4191
https://www.squareclinic.net/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-08 13:48:43
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt