医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【酢キャベツ健康法】5kgやせポッコリお腹がスッキリ 脂肪肝も解消した耳鼻科医

【酢キャベツ健康法】5kgやせポッコリお腹がスッキリ 脂肪肝も解消した耳鼻科医

私は、大学に勤める一方で、テノール歌手として活動してきました。83歳になった現在も、世界最高齢のテノール歌手として、週に1度は、ステージで歌っています。そんな私の健康法の一つが、酢キャベツダイエットです。【解説】原田康夫(広島大学元学長・耳鼻科医・テノール歌手)


ぶつ切りキャベツに バルサミコ酢をかけた

 私は、大学に勤める一方で、テノール歌手として活動してきました。広島大学学長を務めていた当時は、「歌う学長」といわれたこともあったのです。
 83歳になった現在も、世界最高齢のテノール歌手として、週に1度は、ステージで歌っています。そんな私の健康法の一つが、酢キャベツダイエットです。

 私が酢キャベツダイエットを始めたのは、今から4年ほど前。講演などでごいっしょする機会の多い、藤田紘一郎先生から勧められたのが、きっかけです。
 私自身、最も重いときには体重が79kgもあったので、「少しやせなくては」と思っていました。そこで、ものは試しと思い、酢キャベツダイエットを試すことにしたのです。

 大皿に、ぶつ切りにしたキャベツと、それに加えてトマトやタマネギ、ピーマンなどを盛り、その上にバルサミコ酢をかけます。これを朝晩2回、食前に食べるようにしました。
 ドレッシングは油を含みますし、かといって味つけがないのも、飽きてしまって続きません。そこで私なりに、バルサミコ酢をかけることにしたのです。

 また、自家製のコンブみそをつけて食べることもありました。材料は、塩分少なめの白みそを少量と、そのまま食べられるように加工してある、おやつ用コンブを3〜4枚です。
 コンブを細かく切った物とみそを混ぜ合わせて、キャベツに添えるのです。こちらも、とてもおいしくいただけます。
 大盛りにしたキャベツをよくかんで食べると、かなりの満腹感が得られます。ですから、その後に食べるご飯の量も、茶わんの半分程度で済みます。

 主食は控えめにする一方、おかずは制限せずに食べるので、酢キャベツダイエットをつらく感じることはありませんでした。
 昼食は普通に食べますが、夜は、仕事の関係で外食することもしばしば。しかし、よく行く店では、店主が私の食べ方を知っていて、キャベツを先に持ってきてくれます。

 運動面では、仕事の行き帰りに1日約30分、5000歩は歩くようにしています。また、私はゴルフが好きなので、毎朝、ゴルフボールを130球打っています。これは、もう30年続けている習慣です。

ちょっと太っても 自然に体重を戻せる!

 こうした生活を続けながら、酢キャベツダイエットを1年ほど続けたところ、ダイエット開始時には78kgあった体重は73kgまで落ちました。
 以前はポコッと出ていた腹周りがスリムになり、昔の服が着られるようになりました。顔もやせて、少し精悍になった印象です。

 体力面も変わりました。ゴルフをしていても、以前は歩くのがおっくうで、ラウンド中の移動はカートに乗ってばかりでした。
 しかし、体が軽くなったためか、今では、徒歩で全ラウンドを回れるようになったのです。

 また、酢キャベツは便通にもいいようです。私はもともと、便通は悪くないほうですが、ますますよくなり、1日3回お通じがあることも珍しくなくなりました。ちなみに、妻もいっしょにキャベツを食べていますが、便秘が解消したと喜んでいます。

 体調も全般的によくなりました。健康診断では、血圧やコレステロール値、肝機能値が基準より高めで、脂肪肝と指摘されていました。
 しかし、酢キャベツダイエットでやせてからは、すべての数値が正常になり、脂肪肝も解消したのです。

 おかげさまで、歌手としても、ますます盛んに活動しています。
 一昨年の3月には、広島県合唱連盟から選抜された、団員75名の合唱団の団長として渡米。国連大ホールで、平和と希望の合唱を披露してきました。
 元気に旅行できるのはとてもうれしいのですが、外国に行くと食事が変わるため、どうしても太ってしまいます。実は、このときも、1・5㎏増えて帰ってきました。

 しかし、また酢キャベツダイエットを始めると、自然に体重は減り、再び73㎏に戻すことができました。私は毎朝、体重計に乗り、自分の目方を確認します。
 これも、体重をコントロールするために役立っていると思います。
 今後も酢キャベツダイエットで健康維持を図り、元気な歌声を皆さんのもとに送り届け続けたいと考えています。

酢キャベツの作り方

コンブとみそで 腸内環境を改善!(東京医科歯科大学名誉教授 藤田紘一郎)

 バルサミコ酢をかけた酢キャベツが健康にいいことはもちろんですが、自家製コンブみそも、いい工夫です。キャベツやコンブは食物繊維が豊富なので、発酵食品であるみそと併せれば、腸内環境がますますよくなります。
 やせられてからは、以前にまして声に張りが出て、実によく通る声だと感じ入りました。これからも体調を維持して、すばらしいお声を聴かせてください。

作り置き【酢キャベツ】簡単な作り方と人気レシピ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

日本の食卓によく並ぶキュウリ。「世界一カロリーが低い野菜」としてギネスブックにも認定されています。そんな低カロリーの中にも、キュウリにはうれしい健康効果が多数秘められているのをご存じでしょうか。実は最近、キュウリには、ホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれていることが発見されました。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


最新の投稿


なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

関口先生とは、日ごろから治療に関する情報交換をしているのですが、「手首押しには、脳に働きかけて、こわばった筋肉を軟らかくほぐす効果があるのではないか。非常によい治療法だと思う」と話しました。以来、手首押しを、私の患者さんの治療にも応用しています。【体験談】橋本芳保(橋本接骨院院長・68歳)


スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

体の平衡感覚をつかさどっているのは、耳の内耳にある三半規管と脳の小脳です。首の不具合によって、バランスをとるこれらの器官への血流が悪化して、めまいが起こりやすくなります。姿勢をよくして前に突き出た頭を元に戻し、首への負担を減らせばいいのですが、これがなかなか難しいのです。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

少し飲み物を飲むとすぐトイレに立ちたくなります。自分では「ミルク飲み人形みたいね」なんて笑い話にしていました。しかし内心では恥ずかしくて、なんとかしたいと思っていました。11円スリッパを毎日はいていたら、あれだけわずらわしかった尿意を、最近は忘れることもしばしばあります。【体験談】桜田陽子(仮名・63歳・主婦)


理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

枕が合わず寝ても首が緊張していると、肩や首のコリ、手や顔のしびれなどの症状が起こりやすくなります。また「熟睡できない」「夜中や早朝に目が覚める」など、さまざまな症状に悩まされるようになります。玄関マットとタオルを使うと医学的に見て最も理想的な睡眠姿勢が取れる枕を作ることができます。【解説】山田朱織(16号整形外科院長)