MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【酢キャベツ健康法】5kgやせポッコリお腹がスッキリ 脂肪肝も解消した耳鼻科医

【酢キャベツ健康法】5kgやせポッコリお腹がスッキリ 脂肪肝も解消した耳鼻科医

私は、大学に勤める一方で、テノール歌手として活動してきました。83歳になった現在も、世界最高齢のテノール歌手として、週に1度は、ステージで歌っています。そんな私の健康法の一つが、酢キャベツダイエットです。【解説】原田康夫(広島大学元学長・耳鼻科医・テノール歌手)

ぶつ切りキャベツに バルサミコ酢をかけた

 私は、大学に勤める一方で、テノール歌手として活動してきました。広島大学学長を務めていた当時は、「歌う学長」といわれたこともあったのです。
 83歳になった現在も、世界最高齢のテノール歌手として、週に1度は、ステージで歌っています。そんな私の健康法の一つが、酢キャベツダイエットです。

 私が酢キャベツダイエットを始めたのは、今から4年ほど前。講演などでごいっしょする機会の多い、藤田紘一郎先生から勧められたのが、きっかけです。
 私自身、最も重いときには体重が79kgもあったので、「少しやせなくては」と思っていました。そこで、ものは試しと思い、酢キャベツダイエットを試すことにしたのです。

 大皿に、ぶつ切りにしたキャベツと、それに加えてトマトやタマネギ、ピーマンなどを盛り、その上にバルサミコ酢をかけます。これを朝晩2回、食前に食べるようにしました。
 ドレッシングは油を含みますし、かといって味つけがないのも、飽きてしまって続きません。そこで私なりに、バルサミコ酢をかけることにしたのです。

 また、自家製のコンブみそをつけて食べることもありました。材料は、塩分少なめの白みそを少量と、そのまま食べられるように加工してある、おやつ用コンブを3〜4枚です。
 コンブを細かく切った物とみそを混ぜ合わせて、キャベツに添えるのです。こちらも、とてもおいしくいただけます。
 大盛りにしたキャベツをよくかんで食べると、かなりの満腹感が得られます。ですから、その後に食べるご飯の量も、茶わんの半分程度で済みます。

 主食は控えめにする一方、おかずは制限せずに食べるので、酢キャベツダイエットをつらく感じることはありませんでした。
 昼食は普通に食べますが、夜は、仕事の関係で外食することもしばしば。しかし、よく行く店では、店主が私の食べ方を知っていて、キャベツを先に持ってきてくれます。

 運動面では、仕事の行き帰りに1日約30分、5000歩は歩くようにしています。また、私はゴルフが好きなので、毎朝、ゴルフボールを130球打っています。これは、もう30年続けている習慣です。

ちょっと太っても 自然に体重を戻せる!

 こうした生活を続けながら、酢キャベツダイエットを1年ほど続けたところ、ダイエット開始時には78kgあった体重は73kgまで落ちました。
 以前はポコッと出ていた腹周りがスリムになり、昔の服が着られるようになりました。顔もやせて、少し精悍になった印象です。

 体力面も変わりました。ゴルフをしていても、以前は歩くのがおっくうで、ラウンド中の移動はカートに乗ってばかりでした。
 しかし、体が軽くなったためか、今では、徒歩で全ラウンドを回れるようになったのです。

 また、酢キャベツは便通にもいいようです。私はもともと、便通は悪くないほうですが、ますますよくなり、1日3回お通じがあることも珍しくなくなりました。ちなみに、妻もいっしょにキャベツを食べていますが、便秘が解消したと喜んでいます。

 体調も全般的によくなりました。健康診断では、血圧やコレステロール値、肝機能値が基準より高めで、脂肪肝と指摘されていました。
 しかし、酢キャベツダイエットでやせてからは、すべての数値が正常になり、脂肪肝も解消したのです。

 おかげさまで、歌手としても、ますます盛んに活動しています。
 一昨年の3月には、広島県合唱連盟から選抜された、団員75名の合唱団の団長として渡米。国連大ホールで、平和と希望の合唱を披露してきました。
 元気に旅行できるのはとてもうれしいのですが、外国に行くと食事が変わるため、どうしても太ってしまいます。実は、このときも、1・5㎏増えて帰ってきました。

 しかし、また酢キャベツダイエットを始めると、自然に体重は減り、再び73㎏に戻すことができました。私は毎朝、体重計に乗り、自分の目方を確認します。
 これも、体重をコントロールするために役立っていると思います。
 今後も酢キャベツダイエットで健康維持を図り、元気な歌声を皆さんのもとに送り届け続けたいと考えています。

酢キャベツの作り方

コンブとみそで 腸内環境を改善!(東京医科歯科大学名誉教授 藤田紘一郎)

 バルサミコ酢をかけた酢キャベツが健康にいいことはもちろんですが、自家製コンブみそも、いい工夫です。キャベツやコンブは食物繊維が豊富なので、発酵食品であるみそと併せれば、腸内環境がますますよくなります。
 やせられてからは、以前にまして声に張りが出て、実によく通る声だと感じ入りました。これからも体調を維持して、すばらしいお声を聴かせてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。おなか周りもすっきりしてきました。体重を量ってみると、飲む前は57kgだったのが、3ヵ月で2kg減り、55kgになっていました。【体験談】佐々木裕子(主婦・56歳)
更新: 2018-12-08 18:00:00
私、ぱいぱいでか美の公式発表体重は、43kg(身長158cm)です。ところが、夜中にドカ食いをしていたら、6.3kgも太って、49.3kgになってしまいました。おなかのふくれ具合はまるで洋ナシ。ちょっと他人には見せられない状況になっていたのです。【体験談】ぱいぱいでか美(タレント・歌手)
更新: 2018-09-11 16:24:51
おからに含まれる水溶性の食物繊維は、糖尿病や高脂血症などの予防・改善に役立ちます。また、おからに含まれる不溶性食物繊維には、便秘解消効果があります。実験でも、大豆たんぱくや大豆サポニンはダイエットに効果があるとわかっています。【解説】白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授)
更新: 2018-09-27 15:10:33
脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や高脂血症、糖尿病の合併症など、動脈硬化が引き金になって起こる病気を抱えている人に、レモン酢を推奨します。病気がちだったり、疲れやすかったりして抵抗力が落ちているときに取ると、早めの回復が期待できそうです。ダイエットの補助食としてもおすすめです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)
更新: 2018-09-18 15:39:29
焼きバナナを食べるのは、主に朝食時です。朝起きてすぐにオーブントースターにバナナを入れ、焼いている間に顔を洗ったり、洗濯機を回したりすると、ちょうど出来上がったタイミングで食べられます。【体験談】居場京子(兵庫県●47歳●I.B.A-TOTAL BEAUTY CONSULTING 代表) 
更新: 2018-09-25 14:24:40
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt