そのムカムカ、胸焼け、本当に胃酸過多? 市販の胃薬を安易に飲むのはNG!

そのムカムカ、胸焼け、本当に胃酸過多? 市販の胃薬を安易に飲むのはNG!

胃がムカムカする、胸やけがするというと、病院ではすぐに胃薬を処方する傾向があります。よく処方される種類は、胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬・PPI(商品名=オメプラール、タケプロンなど)と、H2受容体拮抗薬・H2ブロッカー(商品名=ガスター、ザンタックなど)です。【解説者】内山葉子(葉子クリニック院長)


60代になると約半数の胃酸が少なくなる!

「胃がムカムカする」「胸やけがする」というと、病院ではすぐに胃薬を出す傾向があります。

特によく処方されるのが、胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬・PPI(商品名=オメプラール、タケプロンなど)と、H2受容体拮抗薬・H2ブロッカー(商品名=ガスター、ザンタックなど)です。

H2ブロッカーは「ガスター10」という商品名で市販されているので、薬局で気軽に購入して飲んでいる人も多いのではないでしょうか。
これらの薬は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、胃酸の出過ぎで起こる病気には必要です。

しかし、現在は多用され過ぎで、胃酸を抑える必要がないのに飲んでいる人が少なくありません。
その影響で、体調をくずす人が増えているのです。

例えば、最近は胸やけなどの症状から、胃酸過多による逆流性食道炎と診断されるケースがよくあります。
ところが、これらの症状は、実は「胃酸が少ないことが原因」で起こっていることが意外に多いのです。

胃酸が少ないと、胃の中のpH(酸・アルカリの度合いを示す数値)が上がります。
すると、食事中と同じ状態になるため、食べ物を通そうと、胃の入り口(噴門部)の筋肉が緩みます。

その結果、胃酸が上がりやすくなり、胸やけなど、胃酸過多のときと同様の症状が起こるのです。
胃酸が出過ぎているのか、それとも少ないのかは、内視鏡で胃の中のpHを調べなければわかりません。

しかし、実際はそこまで行わずに、問診や食道の検査で「胃酸過多」と診断されることが少なくないのです。
胃酸が少ない人の傾向としては、女性ホルモンが減る40歳過ぎの女性、肉を食べると胃がもたれる虚弱タイプの男性などです。

ストレスや長期的な病気、過剰なアルコール摂取でも、胃酸は減りやすくなります。
さらに、60代になると約半数の人が、胃酸が少なくなるといわれています。

胃酸が少ないにもかかわらず、PPIやH2ブロッカーを飲むと、胃酸はさらに減り、体にさまざまな悪影響が現れます。
まず、胃酸が減ると、ウイルスや細菌などをブロックできなくなるため、ウイルス感染や食中毒を起こしやすくなります。

たんぱく質や脂質が分解できなくなって、消化不良も起こすでしょう。
そうなると、栄養が障害されるだけでなく、未消化物が腸に届き、それらが腐敗してガスが発生したり、発ガン物質に変化したりします。

当然、腸内細菌のバランスもくずれます。
腸には免疫の約7割が集結しているので、そこに異常が起こると、アレルギー性疾患や自己免疫疾患にもつながります。

具体的には、ぜんそく、アトピー性皮膚炎から、シェーグレン症候群(唾液や涙が出にくくなる症状)、全身性エリテマトーデス(体のさまざまな臓器が侵される病気)、甲状腺疾患、セリアック病(グルテン過敏症)、Ⅰ型糖尿病などが挙げられます。

さらには、栄養不足によって、精神面も不安定になります。
PPIやH2ブロッカーそのものの副作用には、再生不良性貧血、肝障害、腎不全、間質性肺炎(肺の間質組織に線維化が起こる病気)などがあります。
また、これらの薬を多用している人には、胃ガンも多くみられます。

PPIが末期腎不全を進行させるという論文も発表されています。
このように、薬による弊害は挙げれば切りがありません。

身近な胃薬といえども、決して安易に飲むべきではないのです。
ただし、現在これらの薬を飲んでいる人は、慌ててやめたりしないでください。

やめるなら、様子を見ながら、症状のあるときだけ薬を使うなど、徐々に減らすようにしましょう。
そして、薬を飲まなくても大丈夫な体づくりが大切です。

H2ブロッカーをやめたら逆流性食道炎と便秘が改善!

胃酸が少ない人は、食前に梅干しを食べたり、リンゴ酢を水で薄めて少量飲んだりすると、唾液や胃酸の分泌が促され、胃腸の動きがよくなります。

食事はよく噛んで、リラックスして食べると、唾液の分泌が促されます。
消化しにくいたんぱく質(揚げ物、乳製品など)は控えめにして、食後はすぐ横にならないでください。

他院で逆流性食道炎と診断されH2ブロッカーを飲んでいた70代の女性は、長年の湿疹と慢性便秘を訴え、私のクリニックに来られました。
そこで、生活改善と減薬を指導したところ、まず湿疹がキレイに治り、便秘も改善。

最終的には薬をすべてやめても、逆流性食道炎の症状が起こらなくなりました。
胸やけがしてH2ブロッカーを飲み続けていた30代の男性が、その症状がよくなるどころか、どんどん悪くなると来院されました。

薬をやめるように指導すると、約2週間で胸やけがケロリと治ったという例もあります。
皆さんも胃の調子が悪いからと、安易に薬に頼るのではなく、まずは生活改善から取り組んでみてはいかがでしょうか。

内山 葉子
関西医科大学卒業。大学病院で腎臓内科・循環器・内分泌を専門に臨床・研究を行ったあと、北九州市に葉子クリニックを開設。自然医療や漢方などの補完・代替医療と西洋医学を統合的に行い、難治性の疾患の診療を行う。著書に『子供の病気は食事で治す』(評言社)など。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


くり返す【胸やけ ゲップ 胃もたれ】に効果 胃腸のツボ刺激で逆流性食道炎を改善する「ひじ針」のやり方

くり返す【胸やけ ゲップ 胃もたれ】に効果 胃腸のツボ刺激で逆流性食道炎を改善する「ひじ針」のやり方

「胸焼け、げっぷ、胃もたれ」こうした症状がくり返し起こるとき、一般には、慢性胃炎などの胃の病気ととらえる人が多いでしょう。しかし、もう一つ、注意しなければならない病気があります。それは「逆流性食道炎」です。【解説】孫維良(東京中医学研究所所長)


【乳首がかゆい】保湿で改善 乳腺炎 乳がんの可能性も

【乳首がかゆい】保湿で改善 乳腺炎 乳がんの可能性も

乳首の痒みを訴える女性は多いです。まずは皮膚科を受診するとよいでしょう。乳首がむず痒いといった軽度のかゆみは、ほとんどの女性が経験していますが、なんらかの乳房の病気が原因のこともあります。乳腺炎やパージェット病(乳ガンの一種)、乳輪の周囲にカビが広がる等のケースがそれです。【解説】平田雅子(私のクリニック目白院長)


【逆流性食道炎】が糖質制限で改善 血糖値も下がり、陥入爪も治った!

【逆流性食道炎】が糖質制限で改善 血糖値も下がり、陥入爪も治った!

食後の胸やけや、みずおちの辺りが常につかえているような不快感は、思い返せば高校生の頃からありました。医師になってからもそれは続き、物を食べると食道の出口がキューッと締まる感じがしたり、燃えるような感覚もありました。【体験談】花岡篤哉(新南陽整形外科クリニック院長 医師・49歳)


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【逆流性食道炎】食事改善で克服したバーテンダーに聞いた7つのルール

【逆流性食道炎】食事改善で克服したバーテンダーに聞いた7つのルール

今から約7年前、43歳を目前にしたある朝、それは起こりました。朝、起きたら、今までに経験したことがない気持ち悪さに襲われ、胃の中のものをすべて戻してしまったのです。寝る前に食べたパスタが、ほぼそのままの形で出てきました。【解説】藤村公洋(バーテンダー)


最新の投稿


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)