MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
注意!胃酸が少なくても胃のムカムカや胸焼けは起こる!

注意!胃酸が少なくても胃のムカムカや胸焼けは起こる!

胃がムカムカする、胸やけがするというと、病院ではすぐに胃薬を処方する傾向があります。よく処方される種類は、胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬・PPI(商品名=オメプラール、タケプロンなど)と、H2受容体拮抗薬・H2ブロッカー(商品名=ガスター、ザンタックなど)です。【解説者】内山葉子(葉子クリニック院長)

胃がムカムカする、胸やけがする。それは胃酸が原因かも

「胃がムカムカする」「胸やけがする」というと、病院ではすぐに胃薬を出す傾向があります。

特によく処方されるのが、胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬・PPI(商品名=オメプラール、タケプロンなど)と、H2受容体拮抗薬・H2ブロッカー(商品名=ガスター、ザンタックなど)です。

H2ブロッカーは「ガスター10」という商品名で市販されているので、薬局で気軽に購入して飲んでいる人も多いのではないでしょうか。
これらの薬は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、胃酸の出過ぎで起こる病気には必要です。

しかし、現在は多用され過ぎで、胃酸を抑える必要がないのに飲んでいる人が少なくありません。
その影響で、体調をくずす人が増えているのです。

例えば、最近は胸やけなどの症状から、胃酸過多による逆流性食道炎と診断されるケースがよくあります。
ところが、これらの症状は、実は「胃酸が少ないことが原因」で起こっていることが意外に多いのです。

胃酸が少ないと、胃の中のpH(酸・アルカリの度合いを示す数値)が上がります。
すると、食事中と同じ状態になるため、食べ物を通そうと、胃の入り口(噴門部)の筋肉が緩みます。

その結果、胃酸が上がりやすくなり、胸やけなど、胃酸過多のときと同様の症状が起こるのです。
胃酸が出過ぎているのか、それとも少ないのかは、内視鏡で胃の中のpHを調べなければわかりません。

しかし、実際はそこまで行わずに、問診や食道の検査で「胃酸過多」と診断されることが少なくないのです。
胃酸が少ない人の傾向としては、女性ホルモンが減る40歳過ぎの女性、肉を食べると胃がもたれる虚弱タイプの男性などです。

60代になると約半数の胃酸が少なくなる!

ストレスや長期的な病気、過剰なアルコール摂取でも、胃酸は減りやすくなります。
さらに、60代になると約半数の人が、胃酸が少なくなるといわれています。

胃酸が少ないにもかかわらず、PPIやH2ブロッカーを飲むと、胃酸はさらに減り、体にさまざまな悪影響が現れます。
まず、胃酸が減ると、ウイルスや細菌などをブロックできなくなるため、ウイルス感染や食中毒を起こしやすくなります。

たんぱく質や脂質が分解できなくなって、消化不良も起こすでしょう。
そうなると、栄養が障害されるだけでなく、未消化物が腸に届き、それらが腐敗してガスが発生したり、発ガン物質に変化したりします。

当然、腸内細菌のバランスもくずれます。
腸には免疫の約7割が集結しているので、そこに異常が起こると、アレルギー性疾患や自己免疫疾患にもつながります。

具体的には、ぜんそく、アトピー性皮膚炎から、シェーグレン症候群(唾液や涙が出にくくなる症状)、全身性エリテマトーデス(体のさまざまな臓器が侵される病気)、甲状腺疾患、セリアック病(グルテン過敏症)、Ⅰ型糖尿病などが挙げられます。

さらには、栄養不足によって、精神面も不安定になります。
PPIやH2ブロッカーそのものの副作用には、再生不良性貧血、肝障害、腎不全、間質性肺炎(肺の間質組織に線維化が起こる病気)などがあります。
また、これらの薬を多用している人には、胃ガンも多くみられます。

PPIが末期腎不全を進行させるという論文も発表されています。
このように、薬による弊害は挙げれば切りがありません。

身近な胃薬といえども、決して安易に飲むべきではないのです。
ただし、現在これらの薬を飲んでいる人は、慌ててやめたりしないでください。

やめるなら、様子を見ながら、症状のあるときだけ薬を使うなど、徐々に減らすようにしましょう。
そして、薬を飲まなくても大丈夫な体づくりが大切です。

胃酸の少ない人の対処法

H2ブロッカーをやめたら逆流性食道炎と便秘が改善!

胃酸が少ない人は、食前に梅干しを食べたり、リンゴ酢を水で薄めて少量飲んだりすると、唾液や胃酸の分泌が促され、胃腸の動きがよくなります。

食事はよく噛んで、リラックスして食べると、唾液の分泌が促されます。
消化しにくいたんぱく質(揚げ物、乳製品など)は控えめにして、食後はすぐ横にならないでください。

他院で逆流性食道炎と診断されH2ブロッカーを飲んでいた70代の女性は、長年の湿疹と慢性便秘を訴え、私のクリニックに来られました。
そこで、生活改善と減薬を指導したところ、まず湿疹がキレイに治り、便秘も改善。

最終的には薬をすべてやめても、逆流性食道炎の症状が起こらなくなりました。
胸やけがしてH2ブロッカーを飲み続けていた30代の男性が、その症状がよくなるどころか、どんどん悪くなると来院されました。

薬をやめるように指導すると、約2週間で胸やけがケロリと治ったという例もあります。
皆さんも胃の調子が悪いからと、安易に薬に頼るのではなく、まずは生活改善から取り組んでみてはいかがでしょうか。

解説者のプロフィール

内山葉子
関西医科大学卒業。大学病院で腎臓内科・循環器・内分泌を専門に臨床・研究を行ったあと、北九州市に葉子クリニックを開設。自然医療や漢方などの補完・代替医療と西洋医学を統合的に行い、難治性の疾患の診療を行う。著書に『子供の病気は食事で治す』(評言社)など。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
お通じがつくときは、「突然、おなかが猛烈に痛くなり、トイレに向かう」というパターンがほとんどでした。それがスリッパをはくようになってからは、穏やかに便意がつくようになりました。形状も健康的なバナナ便に近くなってきました。おなかを下す回数も激減しました。【体験談】山川小百合(仮名・パートタイマー・51歳)
発酵タマネギを食べ始めてからは、胃腸の不調を感じなくなって、体力も増していると思います。肌にもツヤが出て、発酵食品の力に驚いています。おかげで飲まないと不安だった漢方薬を飲むことが減りました。食べ始めてから毎日の便の量が増えて、朝に出るようになるなど、うれしい変化がありました。【体験談】松原ふみ奈(主婦・39歳)
私は、朝いちばんに、コップ1杯分のオクラ水を飲んでいます。予想していたよりも味にクセはないので、寝起き直後でも無理なく飲めます。オクラ水を飲み続けて1ヵ月後、思わぬ効果が現れました。それは、逆流性食道炎の改善です。胃もたれがいつしか消えて、朝までグッスリと眠れるようになりました。【体験談】伊田晴子(主婦・71歳) 
私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)
吐く息を長く、そして、ゆっくり深い呼吸を行うことで、自律神経のバランスを整えることができます。さらに、ゆったりした呼吸はセロトニンの活性を高め、心を落ち着かせる作用があることがわかっています。では、私がお勧めする「ありがとうね呼吸」をご紹介します。【解説】西本真司(西本クリニック院長)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)