MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【医師解説】高血圧が改善!血圧を下げるお風呂の入り方

【医師解説】高血圧が改善!血圧を下げるお風呂の入り方

和温療法を行うと、全身の血管機能が改善し、動脈・静脈が拡張して血管抵抗が低下するため、心臓の負担が軽減し、血液を大動脈へ送り出しやすくなります。その結果、心拍出量が増加するので、心不全の改善にうってつけの療法です。【解説】鄭忠和(和温療法研究所所長・獨協医科大学特任教授)

お風呂は熱過ぎてもぬる過ぎてもダメ!

私は、25年ほど前に開発した「和温療法」で、数々の病気を改善してきました。
そのなかには、医療の限りを尽くしても治らなかった、難治性疾患の患者さんも数多くいらっしゃいます。

和温療法とは、摂氏60度の均等低温サウナで全身を15分間温めたあと、30分間の安静保温(毛布で体を包む)を行い、最後に、発汗した分の水分補給をする治療法です。
体をじっくり温めて、深部体温を平均1度上昇させることで、さまざまな効果が生まれるのです。

和温療法を行うと、全身の血管機能が改善し、動脈・静脈が拡張して血管抵抗が低下するため、心臓の負担が軽減し、血液を大動脈へ送り出しやすくなります。
その結果、心拍出量(1分間当たりの大動脈への駆出血流)が増加するので、心不全の改善にうってつけの療法です。

また、手足の冷えやしびれ、壊死などを起こす閉塞性動脈硬化症への治療効果も確認しています。

「和温療法」のやり方

和温療法は、医師が治療として行うものですが、一般の家庭でも入浴法を工夫することで、血圧降下などの効果を引き出すことができます。


まず、入浴前に、脱衣所と浴室を温めておきましょう。
寒い場所で裸になると、全身の血管が急激に収縮して、血圧が上がってしまいます。

湯船に張るお湯は、つかったとき、しみじみと「ああ、いい湯だなあ~」と感じる温度が最適です。
個人差があるので、一律に何度と決められませんが、通常は40~41度です。

「いい湯だなあ」と感じたときのお湯の温度を測っておき、目安にしてもいいでしょう。
実際につかってみて、水を加えたり、追い炊きしたりしてもけっこうです。
熱いお湯に我慢してつかるのは逆効果ですし、ぬる過ぎると効果は期待できません。


高血圧には、肥満や動脈硬化だけでなく、緊張やストレスも関係しています。
「嫌だな」「不快だな」と感じただけで交感神経が緊張して、血圧は上がるのです。

交感神経とは、臓器や血管を調整する自律神経のうち、心身を活動的にする神経です。
交感神経が優位になると、血管が縮小して血管抵抗は上昇し、血圧が上がります。

ですから、自分が気持ちいいと感じる温度のお湯に、ゆったりつかることが大切なのです。
「気持ちいい」と感じると、心身を休息モードにする副交感神経が優位になります。
血管が拡張して血流がよくなり、血圧は下がります。

入浴によって体の芯まで温まるには、肩までお湯につかって10分間は過ごしたいものです。
一方で、「10分も湯船につかるのは苦痛」と感じたら、それがストレスになり、血圧は上がってしまいます。

そんなときは、香りのいい入浴剤を入れたり、好きな音楽をかけたり、雑誌を眺めたりして、入浴を楽しむ工夫をしましょう。
ちなみに私の場合、軽く手足の運動をしているうちに、10分経っています。

それでも10分が苦痛なときは、途中で湯船から出てもかまいません。
合計で10分つかり、汗をかきましょう。


心臓や肺に疾患のある人は、水圧を受けると苦しくなることがあるので、浅めのお湯に胸から下をつけるのが安心でしょう。
その場合は、肩にタオルをのせ、ときどきタオルにお湯をかけたりして、肩が冷えないようにしてください。

お風呂から上がったら、パジャマの上に何か着て、湯冷めをしないようにしましょう。
また、入浴後には必ず、200ml程度の水分をとってください。

週4~5回でも効果が期待できる

こうして、適温にゆったりつかる入浴法を続けると、血管機能が改善して全身への血流が促進し、血圧は低下します。
毎日行うのが理想ですが、週に4~5回でも効果は期待できます。
なぜ、この入浴法で血圧が下がるのでしょうか。

入浴によって深部体温が1度上がると、血管の内皮細胞から、NO(一酸化窒素)が分泌されます。
NOには、血管を拡張し、血管内の余分な塩分を排出する働きがあるのです。

さらに、新しい血管を増やすという優れた作用も持っています。
今ある血管が拡張し、新しい血管ができれば、血圧は下がります。
氾濫しそうな川を拡張し、水路を増やすことで、水流が安定するのと同じです。

動脈硬化が進んだ人でも、深部体温を高めれば、NOの分泌量は増え、血管拡張作用や血管新生作用が得られることがわかっています。
体を温めることで、さらに別の有効物質が分泌されます。
HSP(ヒートショックプロテイン)です。

HSPは、熱刺激によって誘発されるたんぱく質で、ストレスから体を守り、細胞の修復を促したり、細胞を元気にしたりします。
適温のお湯にゆったりつかることでHSPが発生し、ダメージを受けた血管が修復されます。
この点からも、高血圧の改善に役立つと考えられるのです。

高血圧や動脈硬化のかたは、ぜひ、この入浴法を実践してはいかがでしょうか。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
更新: 2019-02-27 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
酢ニンジンを食べ続けていたところ、月に1~2kgのペースで、体重が落ち始めました。以降もおもしろいようにやせ続け、1年で14kgもの減量に成功!ミセスサイズの13号を着ていましたが、9号が着られるようになったのです。ほとんどの服を買い替えることになりました。うれしい悲鳴です。【体験談】寺門徹子(仮名・主婦・77歳)
更新: 2018-10-29 12:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt