医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【医師解説】10分つかるだけで高血圧が改善!血圧を下げる「お風呂の入り方」

【医師解説】10分つかるだけで高血圧が改善!血圧を下げる「お風呂の入り方」

和温療法を行うと、全身の血管機能が改善し、動脈・静脈が拡張して血管抵抗が低下するため、心臓の負担が軽減し、血液を大動脈へ送り出しやすくなります。その結果、心拍出量が増加するので、心不全の改善にうってつけの療法です。【解説】鄭忠和(和温療法研究所所長・獨協医科大学特任教授)


お風呂は熱過ぎてもぬる過ぎてもダメ!

私は、25年ほど前に開発した「和温療法」で、数々の病気を改善してきました。
そのなかには、医療の限りを尽くしても治らなかった、難治性疾患の患者さんも数多くいらっしゃいます。

和温療法とは、摂氏60度の均等低温サウナで全身を15分間温めたあと、30分間の安静保温(毛布で体を包む)を行い、最後に、発汗した分の水分補給をする治療法です。
体をじっくり温めて、深部体温を平均1度上昇させることで、さまざまな効果が生まれるのです。

和温療法を行うと、全身の血管機能が改善し、動脈・静脈が拡張して血管抵抗が低下するため、心臓の負担が軽減し、血液を大動脈へ送り出しやすくなります。
その結果、心拍出量(1分間当たりの大動脈への駆出血流)が増加するので、心不全の改善にうってつけの療法です。

また、手足の冷えやしびれ、壊死などを起こす閉塞性動脈硬化症への治療効果も確認しています。
和温療法は、医師が治療として行うものですが、一般の家庭でも入浴法を工夫することで、血圧降下などの効果を引き出すことができます。

まず、入浴前に、脱衣所と浴室を温めておきましょう。
寒い場所で裸になると、全身の血管が急激に収縮して、血圧が上がってしまいます。

湯船に張るお湯は、つかったとき、しみじみと「ああ、いい湯だなあ~」と感じる温度が最適です。
個人差があるので、一律に何度と決められませんが、通常は40~41度です。

「いい湯だなあ」と感じたときのお湯の温度を測っておき、目安にしてもいいでしょう。
実際につかってみて、水を加えたり、追い炊きしたりしてもけっこうです。
熱いお湯に我慢してつかるのは逆効果ですし、ぬる過ぎると効果は期待できません。

高血圧には、肥満や動脈硬化だけでなく、緊張やストレスも関係しています。
「嫌だな」「不快だな」と感じただけで交感神経が緊張して、血圧は上がるのです。

交感神経とは、臓器や血管を調整する自律神経のうち、心身を活動的にする神経です。
交感神経が優位になると、血管が縮小して血管抵抗は上昇し、血圧が上がります。

ですから、自分が気持ちいいと感じる温度のお湯に、ゆったりつかることが大切なのです。
「気持ちいい」と感じると、心身を休息モードにする副交感神経が優位になります。
血管が拡張して血流がよくなり、血圧は下がります。

週4~5回でも効果が期待できる

入浴によって体の芯まで温まるには、肩までお湯につかって10分間は過ごしたいものです。
一方で、「10分も湯船につかるのは苦痛」と感じたら、それがストレスになり、血圧は上がってしまいます。

そんなときは、香りのいい入浴剤を入れたり、好きな音楽をかけたり、雑誌を眺めたりして、入浴を楽しむ工夫をしましょう。
ちなみに私の場合、軽く手足の運動をしているうちに、10分経っています。

それでも10分が苦痛なときは、途中で湯船から出てもかまいません。
合計で10分つかり、汗をかきましょう。

心臓や肺に疾患のある人は、水圧を受けると苦しくなることがあるので、浅めのお湯に胸から下をつけるのが安心でしょう。
その場合は、肩にタオルをのせ、ときどきタオルにお湯をかけたりして、肩が冷えないようにしてください。

お風呂から上がったら、パジャマの上に何か着て、湯冷めをしないようにしましょう。
また、入浴後には必ず、200ml程度の水分をとってください。

こうして、適温にゆったりつかる入浴法を続けると、血管機能が改善して全身への血流が促進し、血圧は低下します。
毎日行うのが理想ですが、週に4~5回でも効果は期待できます。
なぜ、この入浴法で血圧が下がるのでしょうか。

入浴によって深部体温が1度上がると、血管の内皮細胞から、NO(一酸化窒素)が分泌されます。
NOには、血管を拡張し、血管内の余分な塩分を排出する働きがあるのです。

さらに、新しい血管を増やすという優れた作用も持っています。
今ある血管が拡張し、新しい血管ができれば、血圧は下がります。
氾濫しそうな川を拡張し、水路を増やすことで、水流が安定するのと同じです。

動脈硬化が進んだ人でも、深部体温を高めれば、NOの分泌量は増え、血管拡張作用や血管新生作用が得られることがわかっています。
体を温めることで、さらに別の有効物質が分泌されます。
HSP(ヒートショックプロテイン)です。

HSPは、熱刺激によって誘発されるたんぱく質で、ストレスから体を守り、細胞の修復を促したり、細胞を元気にしたりします。
適温のお湯にゆったりつかることでHSPが発生し、ダメージを受けた血管が修復されます。
この点からも、高血圧の改善に役立つと考えられるのです。

高血圧や動脈硬化のかたは、ぜひ、この入浴法を実践してはいかがでしょうか。

「和温療法」の解説とやり方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

更年期女性の高血圧に対する治療でいちばん重要なのは、生活指導です。更年期の患者さんの多くは、ホルモンバランスが不安定になっていることに加え、子供の自立、親の介護、夫の定年退職など、環境が激変する中で、自律神経の失調状態が起こっているケースが少なくありません。【解説】天野惠子(静風荘病院女性外来特別顧問・循環器内科医師)


動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

2003年、私たちは、成熟した生のトマトから、トマトサポニンを取り出すことに、初めて成功しました。トマトサポニンが、ステロイドホルモンとして体内に作用した結果、動脈硬化症をはじめ、高血圧症や糖尿病、更年期障害、骨粗鬆症などを改善すると考えられるのです。【解説】野原稔弘(熊本大学名誉教授・薬学博士)


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)