【あいうべとは】高血圧の原因 "口呼吸" を治す 自律神経の乱れを整える口の体操

【あいうべとは】高血圧の原因 "口呼吸" を治す 自律神経の乱れを整える口の体操

高血圧の原因はさまざまですが、口呼吸もその一つです。私は、特に睡眠中の口呼吸が、睡眠の質を低下させ、血圧を上げる要因になっていると考えています。そもそも、安静時は、鼻呼吸が正しい呼吸法です。安静時にもかかわらず、口を開いたままになる口呼吸は、不自然極まりない呼吸法といえます。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


睡眠中の口呼吸が血圧を上昇させる!

高血圧の原因はさまざまですが、口呼吸もその一つです。
私は、特に睡眠中の口呼吸が、睡眠の質を低下させ、血圧を上げる要因になっていると考えています。

そもそも、安静時は、鼻呼吸が正しい呼吸法です。
安静時にもかかわらず、口を開いたままになる口呼吸は、不自然極まりない呼吸法といえます。

鼻呼吸をしているとき、私たちの口の中は、唾液で潤っています。
これにより、口の中にバリアができ、細菌の繁殖や炎症を防いでいるのです。

ところが、睡眠中はただでさえ唾液の分泌が減ります。
そんなときに口呼吸をしていると、口の中の乾燥が激しくなって、バリアの役目を果たせなくなります。
その結果、口の中で細菌が繁殖して炎症を起こしてしまうのです。

口の中に慢性炎症があると、質のよい睡眠が取れません。
すると、日中に眠気や倦怠感かんが起こり、そのストレスが自律神経(意志とは無関係に内臓や血管の働きを支配している神経)の乱れを引き起こします。
そのため、血圧が上昇するのです。

通常であれば、睡眠中は自律神経のうち、体を休息モードにする副交感神経が優位になって血管が拡張し、血圧は下がるはずです。
ところが、睡眠中の口呼吸は、副交感神経の働きを阻害し、血圧の上昇を促すことになります。

ちなみに、ふだんは鼻で呼吸をしている人も、睡眠時は口呼吸になっていることが多いものです。
朝起きたときに、口の中が乾燥していたり、のどがヒリヒリしたりしている人は、間違いなく口呼吸をしていると考えられます。

口をしっかり閉じるため舌や口周りを鍛えよ!

では、口をしっかり閉じるためには、何が大切なのでしょう。
それは、舌や口の周りの筋肉強化です。
これらの筋肉は、体のほかの筋肉と同様、使わないでいると徐々に衰えてきます。

そこでお勧めしたいのが、「あいうべ」体操です。
「あー、いー、うー、べー」と口を大きく動かすだけで、舌や口の周囲の筋肉を鍛えられます。

「あいうべ」体操のやり方は、とても簡単です。
次の四つの動作をくり返すだけです。

❶「あー」と、口を大きく開く。
❷「いー」と、首に筋肉のすじが浮き出るくらい、口を横に広げる。
❸「うー」と、唇をとがらせて口を前に突き出す。
❹「べー」と、舌を思い切り突き出して下に伸ばす。

ポイントは、大げさなくらい口を大きく動かすことと、ゆっくりやることです。
①~④までを4秒前後かけてください。

これを1回として、1日30回を目安に行います。

「あいうべ」は、いつ、どこで行ってもかまいません。
特にお勧めなのは入浴時です。
風呂場なら、口を開けても口の中が乾燥する心配がないからです。

睡眠中の口呼吸を防ぐ方法としては、「口テープ」もお勧めです。
口を閉じた状態で、鼻の下から下唇にかけて、医療用のテープ(サージカルテープや絆創膏)を縦に軽くはるだけです。
このはり方なら、鼻呼吸が苦しくなったとき、簡単に口を開けられるので安心です。

長崎県在住の男性Aさんは、実際に「あいうべ」で血圧が下がりました。
Aさんは、最大血圧が190mmHg、最小血圧が100mmHgを超え、健康的な食事と適度な運動を行いつつ、降圧剤を飲んでいました。

私の指導で「あいうべ」を始めたところ、3ヵ月後から血圧が下がり始めました。
半年後には、最大血圧が130mmHg、最小血圧が90mmHg程度で安定したのです。
薬はいっさい飲まず、今も血圧は基準値内に収まっています。

高血圧に悩んでいる人は、ぜひ「あいうべ」を習慣にしてください。
良質の睡眠が得られ、高かった血圧が下がってくるでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125mmHg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。【体験談】仁科敏子(仮名・無職・83歳)


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われており、連動して動いています。おでこ冷やしで頭の血流がよくなり、そこの皮膚や筋肉がほぐれれば、全身の筋膜や筋肉も緩みます。すると体を動かしやすくなるので、結果的に全身の血流がよくなるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長・柔道整復師)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)