MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
クラシック音楽で突発性難聴の症状が改善した新しい治療法

クラシック音楽で突発性難聴の症状が改善した新しい治療法

これまで一般的に、突発性難聴を発症した際には、なるべく安静に過ごすことが推奨されてきました。しかし、検証の結果、難聴を発症したほうの耳を積極的に使ったほうが、脳が刺激されて、症状の改善につながることが判明したのです。【解説者】岡本秀彦(自然科学研究機構生理学研究所准教授)

ステロイド治療でも突発性難聴が改善しないケースは多い

皆さんは、突発性難聴をご存じでしょうか。
なんの前ぶれもなく、突然耳の聴こえが悪くなったり、耳鳴りが起こったりする症状のことをいいます。

突発性難聴は、耳の内耳にある、蝸牛という組織が機能低下を起こして発症すると、一般的にはいわれています。
しかし実際のところ、いまだにその原因はよくわかっておりません。
詳しい原因がわからないので、現在、多くの医療現場で行われているステロイドによる治療法も、どこまで効果的なのか、不明といえます。

突発性難聴の治癒には、早期治療が鉄則とされています。
しかし、発症してから早期にステロイドを投与した場合でも、全く回復しなかったり、改善したとしても完全には機能が回復しなかったりするケースが多いのです。

聴こえが悪くなった耳を回復させる治療法

さらに、ステロイド治療は、高い副作用のリスクも伴います。
このような状況を考えると、現在主流となっているステロイド治療は、必ずしも万全の方法とはいえないのではないでしょうか。
そこで私は、ステロイドに代わる治療法の研究を始めました。

そのなかで試みたのが、クラシック音楽を使った治療法です。
これは、聴こえが悪くなったほうの耳を積極的に使うことによって、その機能を回復させようとするものです。
私たちの体は、一部の機能が低下してしまうと、無意識にそこを回避して、あまり使おうとしなくなります。

使う頻度が下がれば、当然さらにその能力も衰えていきます。
そこで、機能低下した部位を積極的に使い、症状を回復させようとする治療法があります。

半身マヒのときなどに行う、リハビリ治療などがその例です。
私は、突発性難聴に対しても、その方法が効果的ではないかと考えました。

そして、突発性難聴の患者さんたちに協力していただき、次のような検証を行ったのです。

クラシック音楽を使った治療法の研究

対象は、突発性難聴で入院した患者53名です。
このうち、31名の患者さんに対しては、ご自身の希望によって、一般的なステロイド治療のみを行いました。

そして、残りの22名のかたには、ステロイド治療に加え、1日につき6時間、クラシック音楽を聴いてもらったのです。
使用した音楽は、モーツァルトやベートーベンなど、複数の作曲家によるもので、比較的穏やかな曲が多かったと思います。

正常なほうの耳に耳栓をし、外界からの音を聴こえないようにしたうえで、聴力の衰えたほうの耳だけで音楽を聴きます。
音楽は6時間聴き続けてもいいですし、断続的に聴いてもかまいません。

また、その間は本を読んだりすることも許可しました。
さらに、日常においても、すべて難聴の耳だけで過ごしてもらいました。

治療日数は人によって異なりますが、7〜10日です。
このようにして、ステロイド治療だけの人と、ステロイド治療に加えて音楽療法を行った人とで、症状の回復経過を比較しました。

難聴の耳は積極的に使ったほうがいい!

その結果、みごと後者のほうが、治癒効果が高くなることが判明したのです。
治療前では、正常な耳と、難聴の耳との聴力差の平均値は、25dBでした(dBは音の大きさを表す値)。
そして、治療後に再び測ると、ステロイド治療だけの人が平均して15dBの差だったのに対して、音楽療法も行った人は、なんと平均して7dBにまで回復したのです。

さらに、退院してから3ヵ月後の状態も調べました。
すると、ステロイド治療だけの人たちの完治率は58%だったのに対し、音楽療法も行った人たちは、86%にも及びました。

これまで一般的に、突発性難聴を発症した際には、なるべく安静に過ごすことが推奨されてきました。
しかし、この結果により、難聴を発症したほうの耳を積極的に使ったほうが、脳が刺激されて、症状の改善につながることが判明したのです。

皆さんも、もし突然耳の聴こえが悪くなった際には、積極的に音楽を聴くことをお勧めします。

解説者のプロフィール

岡本秀彦
大阪大学卒業。ドイツのミュンスター大学の生体磁気研究所研究員を経て、平成22年8月から自然科学研究機構生理学研究所の統合生理研究系准教授に就任。医学博士。専門は、神経科学、聴覚生理学。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
もう一つ、信じられない変化がありました。手のひらを押し始めてからというもの、あれだけ苦しんだ耳鳴りの頻度が減ったのです。先生に教えてもらったとおり数ヵ月、手のひらを押していたら、耳鳴りがしなくなったのです。それから4年がたちますが、耳鳴りと腰痛に悩まされたことはありません。【体験談】佐藤茂(会社員・49歳)
更新: 2019-02-26 18:00:00
作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)
更新: 2019-01-17 18:00:00
十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)
更新: 2018-12-09 18:00:00
耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)
更新: 2018-12-05 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00