医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

クラシック音楽で突発性難聴の症状が改善した新しい治療法

クラシック音楽で突発性難聴の症状が改善した新しい治療法

これまで一般的に、突発性難聴を発症した際には、なるべく安静に過ごすことが推奨されてきました。しかし、検証の結果、難聴を発症したほうの耳を積極的に使ったほうが、脳が刺激されて、症状の改善につながることが判明したのです。【解説者】岡本秀彦(自然科学研究機構生理学研究所准教授)


ステロイド治療でも突発性難聴が改善しないケースは多い

皆さんは、突発性難聴をご存じでしょうか。
なんの前ぶれもなく、突然耳の聴こえが悪くなったり、耳鳴りが起こったりする症状のことをいいます。

突発性難聴は、耳の内耳にある、蝸牛という組織が機能低下を起こして発症すると、一般的にはいわれています。
しかし実際のところ、いまだにその原因はよくわかっておりません。
詳しい原因がわからないので、現在、多くの医療現場で行われているステロイドによる治療法も、どこまで効果的なのか、不明といえます。

突発性難聴の治癒には、早期治療が鉄則とされています。
しかし、発症してから早期にステロイドを投与した場合でも、全く回復しなかったり、改善したとしても完全には機能が回復しなかったりするケースが多いのです。

聴こえが悪くなった耳を回復させる治療法

さらに、ステロイド治療は、高い副作用のリスクも伴います。
このような状況を考えると、現在主流となっているステロイド治療は、必ずしも万全の方法とはいえないのではないでしょうか。
そこで私は、ステロイドに代わる治療法の研究を始めました。

そのなかで試みたのが、クラシック音楽を使った治療法です。
これは、聴こえが悪くなったほうの耳を積極的に使うことによって、その機能を回復させようとするものです。
私たちの体は、一部の機能が低下してしまうと、無意識にそこを回避して、あまり使おうとしなくなります。

使う頻度が下がれば、当然さらにその能力も衰えていきます。
そこで、機能低下した部位を積極的に使い、症状を回復させようとする治療法があります。

半身マヒのときなどに行う、リハビリ治療などがその例です。
私は、突発性難聴に対しても、その方法が効果的ではないかと考えました。

そして、突発性難聴の患者さんたちに協力していただき、次のような検証を行ったのです。

クラシック音楽を使った治療法の研究

対象は、突発性難聴で入院した患者53名です。
このうち、31名の患者さんに対しては、ご自身の希望によって、一般的なステロイド治療のみを行いました。

そして、残りの22名のかたには、ステロイド治療に加え、1日につき6時間、クラシック音楽を聴いてもらったのです。
使用した音楽は、モーツァルトやベートーベンなど、複数の作曲家によるもので、比較的穏やかな曲が多かったと思います。

正常なほうの耳に耳栓をし、外界からの音を聴こえないようにしたうえで、聴力の衰えたほうの耳だけで音楽を聴きます。
音楽は6時間聴き続けてもいいですし、断続的に聴いてもかまいません。

また、その間は本を読んだりすることも許可しました。
さらに、日常においても、すべて難聴の耳だけで過ごしてもらいました。

治療日数は人によって異なりますが、7〜10日です。
このようにして、ステロイド治療だけの人と、ステロイド治療に加えて音楽療法を行った人とで、症状の回復経過を比較しました。

難聴の耳は積極的に使ったほうがいい!

その結果、みごと後者のほうが、治癒効果が高くなることが判明したのです。
治療前では、正常な耳と、難聴の耳との聴力差の平均値は、25dBでした(dBは音の大きさを表す値)。
そして、治療後に再び測ると、ステロイド治療だけの人が平均して15dBの差だったのに対して、音楽療法も行った人は、なんと平均して7dBにまで回復したのです。

さらに、退院してから3ヵ月後の状態も調べました。
すると、ステロイド治療だけの人たちの完治率は58%だったのに対し、音楽療法も行った人たちは、86%にも及びました。

これまで一般的に、突発性難聴を発症した際には、なるべく安静に過ごすことが推奨されてきました。
しかし、この結果により、難聴を発症したほうの耳を積極的に使ったほうが、脳が刺激されて、症状の改善につながることが判明したのです。

皆さんも、もし突然耳の聴こえが悪くなった際には、積極的に音楽を聴くことをお勧めします。

解説者のプロフィール

岡本秀彦
大阪大学卒業。ドイツのミュンスター大学の生体磁気研究所研究員を経て、平成22年8月から自然科学研究機構生理学研究所の統合生理研究系准教授に就任。医学博士。専門は、神経科学、聴覚生理学。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


突発性難聴

関連する投稿


「キー」と鳴り続ける耳鳴りが3日で治まった!1円と10円の効果

「キー」と鳴り続ける耳鳴りが3日で治まった!1円と10円の効果

今年の3月の末に、突然、ひどい耳鳴りが再発しました。尖った「シャー」「キー」という大きな高音が、左耳で鳴り続けるようになったのです。10円硬貨と1円硬貨を、11円スリッパと同じ場所にはり始めてから3日後、「耳鳴りの音が静かになった」と驚いたのを今でもはっきりと覚えています。【体験談】菊田ひびき(仮名・会社員・33歳)


【足裏のもみ方とコツ】足指まで「すきまなく、深く」痛いほど効果

【足裏のもみ方とコツ】足指まで「すきまなく、深く」痛いほど効果

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【耳鳴りを改善する】ツボ「合谷」の押し方 低音・高音のもみ方は?

【耳鳴りを改善する】ツボ「合谷」の押し方 低音・高音のもみ方は?

高齢の患者さんのなかには、耳鳴りや難聴をはじめとする耳の不調を訴えるかたが少なくありません。そんな耳鳴り・難聴に悩まされている人にセルフケアとしてお勧めしたいのが、手の甲にあるツボ・合谷への指圧です。【解説】松浦聡(コンチェルトはりきゅう院院長)


【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

2年前、右耳が詰まっている感じがして耳鼻科に行ったところ突発性難聴と診断されステロイド剤の点滴治療を受けることになりました。病院での9日間の点滴治療が終わっても、聴力はまだ戻りませんでした。耳こすりしかできることはないので、ひたすら続けたのです。【体験談】津田久美子(主婦・46歳)


【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

「ジー」「ブーン」といったボイラー音のような低い音の場合は東洋医学でいう「腎」の弱りが考えられます。「ピー」「キーン」という高音の耳鳴りなら肝臓の機能の低下、「ザァー」「サァー」といった風のような音は胃腸の機能低下が関わっていると考えられます。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)