MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【骨粗鬆症を予防】レモンの健康効果を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

【骨粗鬆症を予防】レモンの健康効果を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)

解説者のプロフィール

板倉弘重
1961年、東京大学医学部卒。同 第三内科講師、国立健康・栄養研究所臨床栄養部長、茨城キリスト教大学生活科学部食物健康科学科教授などを歴任。主な研究分野は、脂質代謝、動脈硬化、抗酸化物質。特に、赤ワイン、ココアのポリフェノールの抗酸化作用を明らかにした研究が有名。『あなたの血糖値はなぜ下がらないのか』(PHP出版)など著書も多い。

レモンは何百年も前から健康に役立てられていた

果実や野菜などの有効成分が発見されたのは現代になってからです。
その成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。

しかし、ことレモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。
例えば、16〜18世紀にかけての大航海時代には、船に大量のレモンが積み込まれました。

そのレモンを長い航海中にかじることで、壊血病(ビタミンCの不足によって起こる出血性の病気)をはじめとするさまざまな病気を防いでいました。
私も、食品が持つ健康効果の研究を長く続けてきました。

なかでも、健康に役立つ成分がズバ抜けて多いのがレモンといえるでしょう。

ビタミンCとポリフェノールの作用

では、レモンの有効成分と、各成分が健康にもたらす作用を見ていきましょう。

●ビタミンC
レモンに多い有効成分といえば、まずビタミンCです。

ビタミンCは、疲労回復やカゼの予防に役立ち、肌や骨の形成に必要なたんぱく質であるコラーゲンの生成にもなくてはならない成分です。
最近の研究では、ビタミンCに血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を減らし、血液をサラサラにする働きがあることもわかっています。

ビタミンCが豊富なレモンなどのかんきつ類をいつも取っている人ほど、肥満や生活習慣病を予防できます。

●レモンポリフェノール
次に、レモンには多彩なポリフェノール成分が含まれます。

ポリフェノールは「抗酸化作用」を発揮する機能性成分で、体内に増え過ぎると病気や老化の原因になる「活性酸素」を抑える働きがあります。
レモンには、エリオシトリン、ヘスペリジン、ケルセチンなどのポリフェノール成分が含まれていることが確認されています。

三つのポリフェノール成分の中でも、特にレモンに多く、強い抗酸化作用を発揮するのがエリオシトリンです。
エリオシトリンには血管を強くする作用、血液循環をよくする作用、血中の脂質を減らす作用があることが、研究等で明らかになっています。

二つめのヘスペリジンは、かんきつ類全般に含まれるポリフェノールで、血管を強化する働きがあります。

そして三つめのケルセチンは、タマネギやソバにも含まれるポリフェノールです。
ケルセチンは、関節や血管・血液の健康維持に役立つことで注目を集めている成分です。

ヘスペリジンとケルセチンはビタミンPと呼ばれたこともあり、血管を強化する成分として注目されていました。
抗酸化作用以外にも、ポリフェノールには大腸菌、ピロリ菌、虫歯菌などに対する抗菌作用があります。

生ものにレモンをかけて食べることで、抗菌作用が発揮されます。
また、これらのレモンポリフェノールは、果肉や果汁に比べて、皮にたくさん含まれています。

つまり、レモンを食べて抗酸化作用や抗菌作用を存分に発揮させるためには、果肉だけでなく皮も取ることが重要です。

丸ごとかじるのも一つの方法ですが、レモン酢のように皮付きのレモンの輪切りを酢漬けや砂糖漬けにすると食べやすく、ポリフェノール成分を十分に取れるでしょう。

リモネンでリラックス、クエン酸で疲労回復

●色素成分や香り成分
レモンの色素成分や香り成分も、健康を助けます。

色素成分でカロチノイドの一種の「β・クリプトキサンチン」は、血液循環や骨の強化に役立ちます。
香り成分のリモネンは、リラックス効果や血行促進効果があることで知られています。

レモンを取ったら不眠が改善したという話を聞きますが、これはリモネンのリラックス効果がうまく作用したものでしょう。

●クエン酸
レモンのすっぱさのもととなるクエン酸は、細胞でエネルギーを生み出すクエン酸回路で重要な働きをする成分。

疲れたときにレモンを食べると、クエン酸回路が働いて早めに疲労が取れ、体調が回復します。
さらに、クエン酸には、キレート作用という働きがあります。

キレート作用とは、カルシウムや鉄など体に吸収されにくいミネラル分を包み込んで吸収しやすい形に変える働きです。
この働きが、骨粗鬆症の予防にはとても役立ちます。

骨粗鬆症は、老化や閉経の影響で骨を作るカルシウムや鉄分が減って骨密度が薄くなり、骨がもろくなる病気です。
クエン酸が、カルシウムを増やす手助けをしてくれるのです。

私が以前に行った実験でも、骨粗鬆症を防ぐレモンの作用が実証されています。
50代の女性7人に、レモン1個分の搾り汁を毎日摂取し続けてもらいました。

3ヵ月後に骨密度の変化を調べたところ、7人中6人の骨密度が、レモンの搾り汁を飲む前に比べて上昇していることを確認しました。
骨粗鬆症の予防には、できるだけ早い時期からレモンを習慣にして取ることをお勧めしたいです。

レモンの機能性成分の一覧表

漬けたレモンを食べると良い

私自身も、レモンをよく食べています。
自宅ではサラダや肉、魚料理でレモンを使い、外食でも、レモンを使った料理を選ぶようにしています。

天ぷらにギュッと搾ったレモンをかけて食べるのも好きです。
おかげで生活習慣病や骨粗鬆症もなく、現在も医師として大勢の患者さんの診察にあたっています。

こうした健康効果を得るため、雑誌やテレビなどでも、最近ではさかんに、レモンの手軽な取り方が紹介されています。
なかでも、最近は「レモン酢」の人気が高まっていると聞いています。

レモン酢なら、漬けたレモンを食べることもできます。
前述したとおり、レモンのポリフェノールは皮に豊富に含まれていますから、レモン酢ならレモンの有効成分を丸ごと手軽に摂取できます。

レモン酢を飲むのはもちろんのこと、漬けたレモンもぜひ食べてください。
季節柄、これからは国産のレモンが市場に出回る時期です。

毎日の健康にぜひ、レモンをお役立てください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)