MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
尿もれ・頻尿を改善!ツボの刺激で即効果が期待できる「指切りげんまん療法」

尿もれ・頻尿を改善!ツボの刺激で即効果が期待できる「指切りげんまん療法」

私は鍼灸師で、一般的な鍼灸治療のほかに、手や指にあるツボを鍼などで刺激する「手指鍼」を治療に取り入れています。そうした治療と並行して、一般の人が自宅で手軽にできる、セルフケアの研究にも取り組んでいます。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)

解説者のプロフィール

松岡佳余子
1948年、和歌山県生まれ。
アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師。
電気鍼による治療、良導絡の開発者中谷義雄博士(医師)宅の住み込み弟子として、鍼灸修行をスタート。
中国各地の中医薬大学、中医学院にて研修を行う。
鍼灸をさらに発展させた手指鍼で、高い効果を上げる。
さらに、それを応用した「手のひらバンド」を使うダイエットや、「足の裏バンド」を使った熟睡術など、独自の新療法の研究と後進の指導に専念している。

多くの人の尿トラブルが改善

 私は鍼灸師で、一般的な鍼灸治療のほかに、手や指にあるツボを鍼などで刺激する「手指鍼」を治療に取り入れています。そうした治療と並行して、一般の人が自宅で手軽にできる、セルフケアの研究にも取り組んでいます。

 今回ご紹介する「指切りげんまん療法」も、その一つです。これは、指切りげんまんをするときのように両手の小指をからめて、小指を刺激する健康法です。一般向けの講習会などで指導し、多くの人に試していただいた結果、「前立腺肥大による頻尿が改善しました」(72歳・男性)「高齢出産後の頻尿がよくなりました」(50代・女性)など、排尿トラブルが改善した人が続出したのです。

 なぜ、この療法が排尿トラブルの改善に効果的なのか、簡単にご説明しましょう。
 手は、いわば「全身の縮図」です。手と指には、14本の経絡(気と呼ばれる一種の生命エネルギーの通り道)が走っており、その流れに沿って、全身の臓器に対応するツボが345個も存在しています。また、手と指の各部分は、それぞれ全身の特定の部位に対応します。

 体に不調があると、対応する手指の部分にも異変が現れます。そして、体の悪い箇所に対応する手指の箇所やツボを刺激すると、その刺激が脳に伝わり、病気や不調を改善する方向に働きます。
 私たち治療家は、こうした理論に基づいて、診断や治療を行うわけです。

指切りげんまん療法のやり方

泌尿器と小指には深い関連がある

 排尿トラブルなど、泌尿器系疾患の診断・治療において、小指は非常に重要です。
 泌尿器系の疾患がある人は、小指の付け根の膨らみ部分に縦ジワが現れます。また、小指には、腎臓や泌尿器と深い関係のある経絡が走っており、小指の第1関節や第2関節には、泌尿器系疾患の治療に欠かせないツボがあります。

 指切りげんまん療法は、こうした小指の治療ポイントを刺激するので、尿もれや頻尿の改善に効果をもたらすと考えられます。
 加えて、小指をからめて強い力で引っ張る動作により、小指の筋肉が全体的に鍛えられて、血流も促されます。私は、この小指の筋力・血流アップ効果も非常に重要だと考えています。

 小指は、体でいうと股関節からつま先までの足の部分に対応します。また、小指には、心臓の働きに関係する経絡も走っています。つまり、小指を鍛えることは、全身の血行促進、心肺機能や下半身の筋力の強化も同時に期待できるのです。
 小指を立てて残り4本の指で握りこぶしを作ると、物を握る力が弱くなることからわかるとおり、小指は握力を大きく左右します。握力と健康には深い関係があり、最近の研究では、握力が低下すると心臓発作や脳卒中、早期死亡リスクが高まるとの報告も出ています。

 指切りげんまん療法は、指の中で最も筋力が弱く、血流も悪い小指のパワーアップができるので、排尿トラブルに悩む人はもちろん、体力の衰えを感じる人にもお勧めです。
 両手の小指をからませて刺激するとき、強い痛みがある場合は無理をせず、回数を減らしてください。痛くなければ10回くらいを目安に行います。

 指切りげんまん療法は、1日に何回でも、いつでも行って構いませんが、指が疲れない程度にしておきましょう。
 治療ポイントを正しく刺激すると、その日のうちに効果が出ますが、小指同士の力の入れ具合や、指を引っ張る方向などによっても変わってくるので、コツがつかめるまで、1週間くらい続けてみてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)
効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)
足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)
夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)