MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
加齢黄斑変性の予防にニンジンのカロテノイドが有効!ハーバード大で実証

加齢黄斑変性の予防にニンジンのカロテノイドが有効!ハーバード大で実証

近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)

解説者のプロフィール

清澤源弘(きよさわ・もとひろ)
●清澤眼科医院
東京都江東区新砂3−3−53 アルカナール南砂2階
03-5677-3930
https://www.kiyosawa.or.jp/

清澤眼科医院院長。
1978年、東北大学医学部卒業。同大学院修了。北里大学病院、フランス原子力庁研究員、米国ペンシルバニア大学フェロー、米国ウイリス眼科病院臨床フェロー、東北大学講師、東京医科歯科大学眼科助教授を経て、2005年より現職。神経眼科分野のパイオニアとして、最新鋭機材を揃えた医院であらゆる疾患の診療を行っている。順天堂大学非常勤講師、東京医科歯科大学臨床教授。日本眼科医会学術部委員。

放置していると失明に至る

近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。
とはいっても、加齢黄斑変性は進行すると失明率が高く、その点で老眼や飛蚊症などの、一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。

なぜ、年齢とともに黄斑変性が発症しやすくなるのでしょうか。
まず、病名についている「黄斑」とは、網膜中央部にある「黄斑部」のことです。

ここは、物の形や大きさ、色や距離など光からの情報の大半を識別する場所。
それだけに黄斑部は、長い年月をかけて光にさらされています。

つまり、年齢とともに黄斑部には障害が発生しやすくなるわけです。
その障害を修復しようとする過程で、網膜に栄養を送っている脈絡膜から新たな血管が網膜に向かって延びます。

すると、目によくない新生血管(脈絡膜新生血管)ができてしまいます。
新生血管は、その構造がぜい弱で、網膜の表や裏で出血を起こすのです。

それにより、網膜の黄斑部が変形すると、物がゆがんで見える変視症や、視野の一部に見えない暗点が出て、やがて視力低下が起こります。
放置すると最悪の場合、失明に至ります。

こうした理由から、眼科では、加齢黄斑変性を発症した患者さんに対しては、元凶の新生血管をなくすために、眼内に特殊な薬剤を注射する治療法が行われるのです。

カロテノイドが必須栄養素のビタミンAに変化

一方、黄斑部はカロテノイド(カロテン)という色素成分が原料になっています。
カロテノイドは黄色や赤色などの天然にある色素です。
このカロテノイドが体の中に入ると、皮膚や目の網膜を正常に保つ必須栄養素のビタミンAに変化し、やがて網膜の視物質に変化します。

カロテノイドは、動物や微生物の組織にも存在していますが、果物類や野菜類にも多く、とりわけニンジン、トマト、ホウレンソウなどの緑黄色野菜での含有量が豊富です。
そのため、ニンジンなどの緑黄色野菜を取ると、網膜の黄斑部にカロテノイド成分が取り込まれて利用されるわけです。

眼科の領域でも、カロテノイド成分の加齢黄斑変性に対する予防効果はよく知られています。

加齢黄斑変性になるリスクが低減

この予防効果を実証する疫学調査が、アメリカのハーバード大学で行われました。
同大学では1980年代から20年以上にわたり、アメリカ人に多発する加齢黄斑変性と食事の関係を調べる大規模な疫学調査を続けてきました。

その疫学調査の結果が同大学でまとめられ、2015年10月に米国医学会の機関誌『ジャマ・オフィシャルモロジー』(JAMA Ophthalmology)に掲載されたのです。
内容を要約してお伝えしましょう。

疫学調査の対象者は、50歳以上、延べ10万人の男女です。
その人たちが20年以上もの間、食事で何を食べていたかを追跡しました。

そして、追跡データをカロテノイド成分を多く取っていた群と少なく取っていた群に分けて、加齢黄斑変性の発症率を比較したのです。
その結果、ルテインやゼアキサンチンといったカロテノイド成分を含む食品をいちばん多く取っている群は、いちばん少ない群に比べて、重度の加齢黄斑変性になるリスクが40%低いことが確認されました。

またβクリプトキサンチン、αカロテン、βカロテンなど、その他のカロテノイド成分を含む食品をいちばん多く取っている群は、いちばん少ない群に比べて、重症の加齢黄斑変性になるリスクが25~35%低いことも確認されました。

分析結果から、カロテノイド成分の加齢黄斑変性への予防効果が改めて実証されました。
カロテノイド成分を豊富に含む食品を食事で取っていると、年齢が進んでも、重症の加齢黄斑変性まで進行しない確率が高くなることがわかったのです。

毎日とり続けることが必要!お勧めは「ニンジンジュース」

実証された効果を得るためには、ニンジンなどカロテノイド成分を含む食品を毎日、継続して取ることが必要です。
より手軽に継続できる方法としては、手作りのニンジンジュースがお勧めです。

ただ、こうしたセルフケアだけで加齢黄斑変性を治そうとするのは勧めらません。
あくまでも、予防法として活用しましょう。
障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合には、加齢黄斑変性の発症が疑われます。

早めに眼科の検査を受け、手遅れにならないうちに治療をお始めください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。【解説】浅川賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学専任講師)
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)