MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
目の老化防止に「干しブドウ酢」が役立った!遠くも小さな字も楽々見える

目の老化防止に「干しブドウ酢」が役立った!遠くも小さな字も楽々見える

目の調子が、最近はとてもよいのです。当初はこれが干しブドウ酢の効果とは気づきませんでした。気づいたきっかけは、2ヵ月前の旅行でした。このとき、1週間ほど干しブドウ酢を食べなかったところ、目の見え方が悪くなったのです。帰宅後に食べたら、目の調子はまたよくなりました。【体験談】柿本美津子(無職・70歳)

数日で肩こりが消え頭痛も一掃

私は長年、雑誌やテレビなどで「体によい」と紹介された食べ物をいくつも試してきました。でも、その中で、本当に体によいと実感できたものは、わずかしかありません。そんな私の今のいちばんのお気に入りが、「干しブドウ酢」です。

干しブドウ酢は、1年ほど前に読んだ『安心』の記事で知りました。記事では、干しブドウ、リンゴ酢、ハチミツで作るのが基本とありましたが、私は、干しブドウ500gに対して、純玄米黒酢400㎖、氷砂糖15粒で作りました。

すべての材料を耐熱容器に入れて、ふたはせずに電子レンジで1分50秒加熱します。このひと手間を加えたほうが、酢がまろやかになる気がします。
その後は容器にふたをし、1日1回かき混ぜながら、常温保存(夏場は冷蔵保存)します。作った翌日から食べられます。

干しブドウ酢は、毎朝大さじ1杯、ヨーグルトにのせたり、サラダのドレッシング代わりにしたりして食べました。
こうして干しブドウ酢を食べ始めたところ、数日で肩こりが気にならなくなったのです。さらに、50歳過ぎからときどき感じていた夜間の頭痛も、いつの間にか消えました。また、カゼをひきやすい体質で、朝はよく鼻水が出ていましたが、最近はそれもありません。

「このままなら白内障の手術は不要でしょう」

このように、今までに干しブドウ酢でさまざまな効果を実感していますが、最も驚いているのが、目の変化です。

私は、2年前に左目の白内障(目のレンズに相当する水晶体が濁る病気)の手術をしています。ただ、手術後も物の見えづらさを感じていました。
遠くの人の顔は二重に見えますし、老眼鏡をかけていても、新聞などの小さな文字を読むと、目の奥が痛むほど疲れました。また、医師には「状態が悪くなったら、右目も手術しましょう」と言われていました。

この目の調子が、最近はとてもよいのです。人の顔はよく見えますし、小さな文字を読んでも疲れません。老眼鏡を使うのを忘れることもあります。
洗濯物を干すときは、目の健康のために、遠くの景色を見るようにしていますが、これも、くっきりとよく見えるようになりました。

ただ、当初はこれが干しブドウ酢の効果とは気づきませんでした。いろいろな物を試していたため、どれが効いたのかわからなかったのです。
気づいたきっかけは、2ヵ月前の旅行でした。このとき、1週間ほど干しブドウ酢を食べなかったところ、目の見え方が悪くなったのです。

帰宅後に食べたら、目の調子はまたよくなりました。医師にも「このまま右目の状態が落ち着くなら、手術は必要ないだろう」と言われています。

1ヵ月前から、私は干しブドウ酢を作るさいに、みじん切りにしたレモン(1個分。外皮と種は除く)を加えています。もともとレモン酢も作っていたので、「同じ酢に漬けるのなら、一緒にしてしまおう」と思ったのです。レモンを加えると、よりさわやかな味になります。

このレモン入り干しブドウ酢は、血圧の安定にも役立つようです。
私は週に一度、病院で行われる体操教室に、自転車で通っています。そのさい、病院の血圧計で血圧を測っています。

以前は、着いた直後の最大血圧は148㎜Hg、その5分後は138㎜Hgでした。それが最近は、自転車から降りた直後でも128㎜Hgなのです(最大血圧の正常値は140㎜Hg未満)。
以前ほど体も疲れません。この話を体操教室の仲間に話したところ、皆さん興味津々。近々レモン入り干しブドウ酢を持参し、試食してもらう予定です。

老眼鏡を使うのを忘れることも!

血行が促進され肩こりが改善(里見英子クリニック院長 里見英子)

干しブドウ酢で肩こりが気にならなくなったのは、酢のクエン酸が持つ血行促進効果によるものでしょう。また、頭痛は肩こりからくるものが多いので、肩こりが改善すれば、頭痛もおのずと改善してきます。

目の調子がよくなったのは、干しブドウのポリフェノールの働きによるものだと考えられます。干しブドウ酢は目の老化防止にも役立つので、今後もぜひお続けください。

この記事は『安心』2018年10月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
眼球が入っているくぼみの上に小さな孔があり、そこから眼動脈や眼神経の枝が出て、顔面上方から頭頂部に向かって伸びています。研究を重ねた結果、眉の上のくぼみにあるツボと、眉間にあるツボの3点を同時に押すことで、眼底血流が即時に大幅に増加することが確認できたのです。【解説】了德寺健二(了德寺大学理事長)
干しブドウ酢を食べ始める少し前に、医師から「悪化している。これ以上悪化したら、もう一度注射を打たないといけない」と言われていたのです。ところが、3月に受けた検査では、目の状態がよくなっていることがわかりました。医師には「これなら、注射の必要はない」と言われました。【体験談】小林啓子(パートタイマー・68歳)
私の治療院では、後頭部にある目のツボ「脳点」を治療することで、緑内障の予防、改善に大きな効果を上げています。脳点は私が発見した新しいツボです。発見のきっかけは、患者さんの後頭部の「こり」と「横ジワ」でした。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)
番茶は、目の手当て法として、マクロビオティックの世界では古くから行われています。方法は簡単です。番茶は殺菌力が高く、体にたまった毒を体外に出すとされます。また、少量入れる天然塩にも排毒効果のほか、目を引き締める効果があります。【解説】藤野幾三(桐生断食道場道場長)
通常、私たちは食べ物をよくかむことで唾液や胃液、腸液を出し、それらで解毒しながら消化して、必要な栄養を吸収しています。ところが、消化が不十分なたんぱく質は、解毒されずに腸から吸収されるため、体にさまざまな問題を引き起こします。【解説者】半田喜久美(多治見眼科院院長)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)