MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【疲労回復のツボ】腎臓の揉み方が分かる

【疲労回復のツボ】腎臓の揉み方が分かる "腎臓マッサージ" で全身の疲れを取る

腎臓が疲れて働けなくなると、老廃物が排出されずに血液に残るため、ドロドロの血液になります。ドロドロの血液を全身に送り出すために、血圧は必然的に上がります。そこで、セルフケアとして考案し、勧めているのが「腎マッサージ」です。【解説】寺林陽介(六本木・寺林治療院院長)

「目の下のクマが消えた」「白髪が減った」

腎臓は、血液をろ過して、不要な物を尿として排出する臓器です。
腎臓が疲れて働けなくなると、老廃物が排出されずに血液に残るため、ドロドロの血液になります。

すると、必要な酸素や栄養が、全身に行き渡らず、不調が起こるのです。
また、ドロドロの血液を全身に送り出すために、血圧は必然的に上がります。
ですから、「疲れが取れない」「やる気が起こらない」など、心身が低迷ぎみの人は、腎臓が疲れているのかもしれません。

実際、腎臓を元気にすることで、心身の活力がよみがえり、不調が改善する患者さんを、私は数多く見てきました。
高かった血圧が下がった人も少なくありません。
私が腎臓の大切さをあらためて認識したのは、数年前のことでした。

私の治療院には、さまざまなトラブルを抱えた患者さんがいらっしゃいます。
特に多いのが、「病気ではないのに体調が悪い」「とにかく疲れる。睡眠を取っても疲れが取れない」というケースです。

そんな患者さんを施術しているうちに、私はあることに気づきました。
「疲れている」という人は、腎臓と最も関係の深い「腎兪」のツボが、かたくなっていたのです。

東洋医学では、体に「気」というエネルギーが巡っていると考え、その通り道を「経絡」と呼びます。
経絡上で、気が集まりやすい重要なポイントが、ツボです。

ツボはそれぞれ、体の臓器や機能をつかさどっています。
ある部位がダメージを受ければ、そこをつかさどるツボにも、なんらかの変化が現れます。
ですから、腎兪にしこりがあるとすれば、腎臓の調子が悪いということになるのです。

「もしかしたら、疲労の原因は、腎臓かもしれない」と考えた私は、腎臓に関係するツボを、念入りにマッサージするようにしました。
すると、「疲れがウソのように取れた」という反響が続出したのです。

患者さんのなかには、血圧や血糖値が下がったり、冷えや腰痛、生理痛が改善したりした人もいます。
さらには、「目の下のクマが消えた」「白髪が減った」といった若返り効果を実感する人も増えてきました。

前日の疲れが抜け毎朝パッと起きられる

とはいえ、患者さんたちは忙しいので、毎日私の施術を受けにくるわけにはいきません。
そこで、セルフケアとして考案し、勧めているのが「腎マッサージ」です。

東洋医学では、腎臓と副腎を「腎」と呼びます。
腎には、成長や生殖、体内の水分調整をつかさどる働きがあります。
一般の人は、ツボの位置を正確に把握するのは難しいので、手のこぶしを使って行うマッサージが最適です。

おなかから腰にかけてグリグリこするだけで、腎を活性化する複数のツボを、効率的に刺激することができます。
詳しいやり方は、下の図をご覧ください。

一日一回1分の腎マッサージのやり方

40代男性Aさんは、多忙な会社員で、以前から私の治療院に通っていました。
最近、休日にゆっくり体を休めても疲れが取れず、白髪も急に増えてきたとのこと。
「いいセルフケアはありませんか」と聞かれたので、腎マッサージをお教えしました。

Aさんは、腎マッサージを毎日実行したそうです。
3ヵ月後に来院したときには、「先日受けた健康診断で、血圧と血糖値が下がっていました。
ずっと高めで、毎回注意されていたんです」と、明るい表情で報告してくれました。

肝心の体調も、「前日の疲れが残らなくなり、毎朝パッと起きられるようになりました」とのことでした。
白髪と目の下のクマも目立たなくなっていたので、その点を指摘すると、「妻にも、『顔がスッキリした』といわれます」とうれしそうでした。

皆さんもぜひ、腎マッサージを実行して、血圧の正常化や体調の改善に役立ててください。

『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』
寺林陽介著、内野勝行 監修
http://amzn.to/2CXB83u

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt