病気や症状の改善に役立つ健康情報サイト

健康情報一覧


「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

指の痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村 周(山口嘉川クリニック院長)


「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」という病名、皆さんはご存じでしょうか。不整脈の一種で、中高年では多くの人に見られる病気ですが、あまり知られていません。実際、私が患者さんに病名を告げても、ピンと来ない人が大半で、いつも紙に漢字を書いてみせるくらいです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

食生活に関しては、まず毎日の食事で、カルシウムをしっかり取ることが必要です。骨化は体内のカルシウム不足が引き金となるからです。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


【医師執筆】動脈硬化が進んでいる人は 見た目も老けている

【医師執筆】動脈硬化が進んでいる人は 見た目も老けている

老いる、とはなんでしょうか。決め手の一つは、「見た目」だと思います。自分の顔にシミやシワが多くなれば、老いたと思うでしょう。だとしたら、シミやシワが多ければ、血管も老いているのでは――。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学医学部附属病院特任教授・抗加齢予防医療センター長)


足にたまった水分が夜間頻尿を招いている!ふくらはぎをもんで動かして改善せよ

足にたまった水分が夜間頻尿を招いている!ふくらはぎをもんで動かして改善せよ

多くの場合、夜間頻尿を引き起こす元凶はむくみ。このむくみをとるのに効果的な方法をご紹介します。【解説】重松 宏(山王メディカルセンター血管外科統括部長)


「薬やめる科」の医師が断言! 緩い生活改善でも血圧は下がり 顔色もよくなる

「薬やめる科」の医師が断言! 緩い生活改善でも血圧は下がり 顔色もよくなる

私のクリニックに、「薬やめる科」を創設すると、大きな反響がありました。薬漬けの医療に疑問を抱く患者さんや、薬をやめられずに苦しんでいる患者さんが、たくさんいらっしゃるということがわかってきたのです。【解説】松田史彦(日本自律神経免疫治療研究会会員・松田医院和漢堂院長)


ヒューヒュー音が止まった!カゼ、セキ、気管支炎によく効く「手の親指さすり」

ヒューヒュー音が止まった!カゼ、セキ、気管支炎によく効く「手の親指さすり」

セキや息切れに効果のある「手の親指さすり」をご紹介します。【解説】西山 良(にしやま治療院院長)


【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

私の診察では、最初に病歴をお聞きすることにしています。Aさんは、50代のころから血圧が高く、降圧剤を服用しています。また、1年前に奥さんを亡くされたのをきっかけに、うつ病にもなってしまったとのこと。眠れないので、睡眠薬を服用していました。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


耳鳴りや突発性難聴にも効いた【水飲み療法】NHKで話題の急性低音難聴にも特効!

耳鳴りや突発性難聴にも効いた【水飲み療法】NHKで話題の急性低音難聴にも特効!

私の治療院では、6〜7年前から難聴や耳鳴りなどの患者さんに、鍼灸治療と並行して水飲み療法を勧めています。この療法を始めたきっかけは、「大量に水を飲んだら、耳鳴りがよくなった」という、患者さんの話でした。【解説】藤井德治(アクア鍼灸療法 一掌堂治療院院長)


「耳の先端のツボ」が「目の飛蚊症」に効いたと改善例が続出

「耳の先端のツボ」が「目の飛蚊症」に効いたと改善例が続出

飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように見える症状)は、西洋医学の立場からは、治療の方法がない疾患とされています。眼科にかかっても、「この病気は治りません」といわれて、治すことをあきらめている人も少なくないでしょう。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)


大腸ガンは確実に予防できる!痛みがなく便秘まで解消できる「大腸内視鏡検査」

大腸ガンは確実に予防できる!痛みがなく便秘まで解消できる「大腸内視鏡検査」

大腸ガンは、ガンの中では最も助かりやすいガンの一つです。なぜなら進行が遅く、良性のポリープから段階的にガンに変わっていくからです。【解説】後藤利夫(新宿大腸クリニック院長)


糖尿病の夫は酢タマネギでインスリンが不要になり完治!私は3.8kgやせた!

糖尿病の夫は酢タマネギでインスリンが不要になり完治!私は3.8kgやせた!

20年くらい前です。夫が、会社の健康診断で糖尿病と診断されて、2ヵ月間入院したことがあります。入院中はインスリン注射を毎日3本打ち、退院後もインスリンを続けなければなりませんでした。【体験談】武田雅美(仮名・主婦・61歳)


【強い尿意】不意に襲われる「過活動膀胱」は市販薬でも効果あり

【強い尿意】不意に襲われる「過活動膀胱」は市販薬でも効果あり

過活動膀胱は、何らかの原因で膀胱が過敏になり、膀胱が過剰に活動して収縮してしまうため、尿もれや頻尿が起こります。【解説】楠山弘之(永弘クリニック院長)


【医師の健康法】煩わしい耳鳴りが「酢タマネギ」で軽快した医師の私

【医師の健康法】煩わしい耳鳴りが「酢タマネギ」で軽快した医師の私

以前の私は、健康とはとてもいえない状態でした。いわゆる「医者の不養生」。多忙な仕事とストレスに苛まれる毎日でした。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長)


【意外な対策】高齢者に多い便秘。対策は「冷水での手洗い」「食事の量」「こまめな水飲み」

【意外な対策】高齢者に多い便秘。対策は「冷水での手洗い」「食事の量」「こまめな水飲み」

高齢になると、便秘が起こりやすくなるのは、いくつかの原因が考えられます。まず、大腸や周辺の筋力が低下し、腸の蠕動運動(内容物を先へと送り出す腸の働き)が弱まることです。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


【人は血管とともに老いる】血管は若返り可能! 心筋梗塞や脳卒中を防ぐ最新血管ケア

【人は血管とともに老いる】血管は若返り可能! 心筋梗塞や脳卒中を防ぐ最新血管ケア

「人は血管とともに老いる」といわれるとおり、血管病の最大の原因は加齢です。加えて、血管に負担をかける高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などがあると、動脈硬化と血管病のリスクはさらに高まります。【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


物忘れを撃退! 血液サラサラ効果で動脈硬化を防ぐ! 脳と心臓を守る酢タマネギ

物忘れを撃退! 血液サラサラ効果で動脈硬化を防ぐ! 脳と心臓を守る酢タマネギ

私は長年にわたる研究で、タマネギの優れた健康効果を解き明かしてきました。ここでは、特にタマネギの物忘れ予防効果を中心にお話しします。【解説】西村弘行(北翔大学学長・東海大学名誉教授)


血管を強くするカギは 「内皮細胞」!内皮細胞を 元気に保つ3つのポイント

血管を強くするカギは 「内皮細胞」!内皮細胞を 元気に保つ3つのポイント

血管の最も大きな役目は、いうまでもなく血液を目的地に届けることです。しかし、血管は単なる「管」ではなく、複雑な構造と機能を持っています。【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


  • 1
  • ...

ランキング


>>総合人気ランキング