人気健康情報一覧


【クレアチニン値を下げる方法】腎臓病が改善する "ふくらはぎマッサージ" のやり方

【クレアチニン値を下げる方法】腎臓病が改善する "ふくらはぎマッサージ" のやり方

腎臓は血液をろ過して老廃物を尿として体外に排出します。体内を流れる血液がきれいなら、それだけ腎臓にかかる負担も減り、衰えていた機能が回復します。内臓トレーニングや、ふくらはぎマッサージなどの自力療法を行うと、糖尿病性腎症や慢性腎炎など、腎臓病の改善につながるのです。【解説】廣岡孝(静岡トレーニングクリニック院長)


【ストレートネックの治し方】治らないと嘆く前に タオル枕で対策 作り方と使い方

【ストレートネックの治し方】治らないと嘆く前に タオル枕で対策 作り方と使い方

現代人に多い体のゆがみが、首のカーブが失われる「ストレートネック」です。このストレートネックが原因で、腰痛が起こってしまうのです。無理なく矯正し、背骨のS字カーブを取り戻し、腰痛を改善する方法が、タオルで簡単に作れる「首枕」です。その作り方と使い方をご紹介しましょう。【解説】田中宏(天竺整骨院院長)


【足首が痛い】「股関節痛」との関係 痛みの改善には「テコ回し」がお勧め

【足首が痛い】「股関節痛」との関係 痛みの改善には「テコ回し」がお勧め

突然ですが、あなたの足首は軟らかいですか? まずチェックしてみましょう。実は、足首の柔軟性やゆがみは、「股関節痛」にも、大いに関係しているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)


【名医に聞く】坐骨神経痛の治療法「寝るだけ・伸ばすだけ」簡単体操を紹介

【名医に聞く】坐骨神経痛の治療法「寝るだけ・伸ばすだけ」簡単体操を紹介

座骨神経痛、脊柱管狭窄症は、安静にしているときには症状が出ないことも多く「長く歩けない」「足がしびれる」という訴えから始まることがほとんどです。症状が出始めたら運動療法のセルフケアを行いましょう。【解説】松平浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任教授) 


【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 自分で治す「つま先立ち体操」

【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 自分で治す「つま先立ち体操」

加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


【即効3点】膝が痛い!の治し方 ひざの痛みを解消「特効ツボ」マッサージ

【即効3点】膝が痛い!の治し方 ひざの痛みを解消「特効ツボ」マッサージ

整形外科でレントゲンなどを撮って、「どこも悪くありませんよ」といわれた経験はないでしょうか。そういわれても、実際には、やはりひざが痛む。しかも、このようなひざ痛に悩まされているかたは、かなり多いのです。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


【下肢静脈瘤とは?】足の血管がボコッと浮き出る病気 初期症状は?何科に行けばよい?

【下肢静脈瘤とは?】足の血管がボコッと浮き出る病気 初期症状は?何科に行けばよい?

下肢静脈瘤とは、足の静脈が浮き出て、ふくらはぎ、ひざ裏、すねなどにこぶ状のものがボコボコとできる、足の血管の病気です。下肢静脈瘤を専門に治療する私のクリニックでは、セルフケアとしてゴキブリ体操を勧めることがあります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長・東京医科歯科大学血管外科講師)


原因不明の耳鳴り 耳が塞がる症状「耳閉感」が改善【水飲み療法】体験談

原因不明の耳鳴り 耳が塞がる症状「耳閉感」が改善【水飲み療法】体験談

昨年の8月半ば、夏カゼをひき、4〜5日体調をくずしたことがありました。発熱して寝ていたところ、両耳に空気がたまっているような感じになったのです。それとともに、原因不明の耳鳴りが始まりました。遠くで救急車のサイレンのような音が、けたたましく鳴っている感じでした【体験談】蟹江千鶴(神奈川県●主婦●49歳)


【お尻や足のしびれ・痛み】脊柱管狭窄症の9割 実は "足指の変形" が原因 整形外科医が解説

【お尻や足のしびれ・痛み】脊柱管狭窄症の9割 実は "足指の変形" が原因 整形外科医が解説

足がしびれる、太ももからお尻にかけて坐骨神経痛がある。間欠性跛行がある。このような症状を訴えて病院へ行くと、多くの場合、脊柱管狭窄症と診断されます。脊柱管狭窄症とは、腰椎の中を通る馬尾神経の空間(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれが起こる病態です。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【変形性股関節症】実はコリが原因 "お尻の横が痛い 内ももが痛む" はマッサージで改善

【変形性股関節症】実はコリが原因 "お尻の横が痛い 内ももが痛む" はマッサージで改善

股関節痛の正体は、お尻の筋肉のこりや太腿の筋肉のこりが原因のことが多いのです。股関節が痛いと感じるので、いかにも股関節そのものが痛むように感じてしまいますが、お尻や太ももの筋肉を「股関節ほぐし」でもみほぐせば、痛みは改善することが多いのです。【解説】松本正彦(松本深圧院グループ代表・理学療法士) 


 【村上祥子さん】人気1位 "レモン酢の作り方" 血圧 血糖値を下げる効果 ダイエットにも

【村上祥子さん】人気1位 "レモン酢の作り方" 血圧 血糖値を下げる効果 ダイエットにも

私が考案したフルーツ酢は10種類以上。その中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」を使ったダイエットです。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


名医に聞く"急な腰痛"【ぎっくり腰の治し方】伸ばして治す "安静にしない" 対処法

名医に聞く"急な腰痛"【ぎっくり腰の治し方】伸ばして治す "安静にしない" 対処法

ぎっくり腰(急性腰痛症)とは筋肉の痙攣が原因で激痛が起こる症状です。ギックリ腰は、いわば腸腰筋が「こむら返り」を起こしているようなものなのです。皆さんは、こむら返りの時、どう対処しますか?痛みに耐えながら痙攣した筋肉を伸ばそうとすると思います。ギックリ腰への対策も同じです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【耳鳴りの治し方】難聴、めまいにも効果 リンパの流れをよくするセルフケアはこれ

【耳鳴りの治し方】難聴、めまいにも効果 リンパの流れをよくするセルフケアはこれ

私の治療院には、突発性難聴に悩む患者さんが、たくさん訪れます。突発性難聴というのは原因不明の病気で、ある日突然に明らかな原因もなく、通常、片側の耳が聴こえなくなる病気です。【解説】藤井德治(一掌堂治療院院長)


下がり腸【大腸下垂】は下腹ぽっこりの原因 お腹が張る ガス腹は逆立ち体操で解消

下がり腸【大腸下垂】は下腹ぽっこりの原因 お腹が張る ガス腹は逆立ち体操で解消

「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 


【お酢の健康効果】高血圧対策に 血圧を下げる、食後血糖値を緩やかにすると判明

【お酢の健康効果】高血圧対策に 血圧を下げる、食後血糖値を緩やかにすると判明

酢には、数多くの効能が科学的に証明されています。酢の主成分である「酢酸」には、血圧を上昇させるホルモンを穏やかに抑制する働きがあります。それだけではありません。酢には、糖の吸収を穏やかにして、食後の血糖値の上昇を抑制する効果もあります。【解説】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)


即効【腰痛ストレッチ】"反らすと痛い"の治し方 整形外科医が考案の簡単体操

即効【腰痛ストレッチ】"反らすと痛い"の治し方 整形外科医が考案の簡単体操

ジャックナイフストレッチは、腰を反らせたときに痛い、という腰痛症状の対処にお勧めです。一方、前屈したときに腰が痛い人や、明らかにヘルニアのある人は、悪化する恐れがありますから、やらないでください。【解説】西良浩一(帝京大学医学部附属溝口病院 整形外科准教授)


【足裏のツボと反射区】足の裏のマッサージ効果 便秘薬の効かない重症便秘も改善

【足裏のツボと反射区】足の裏のマッサージ効果 便秘薬の効かない重症便秘も改善

足裏の色の変化やシワなどにはあなたの体と心のあり方が表れます。異常が現れている反射区を刺激することによって、その反射区に対応する臓器を健康な状態へ整えることができます。反射区を押しながら、今日どんな感情を抱いていたか、自分にはどんな思考の癖があるか振り返ってみてください。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


【そばの実ダイエットの方法】食べ方、茹で方のコツとレシピを医師が解説

【そばの実ダイエットの方法】食べ方、茹で方のコツとレシピを医師が解説

一般に、日本人は蕎麦の実を製粉しますが、徳島県の郷土料理には、蕎麦の実を丸ごと食べる「そば雑炊」があります。徳島のそば雑炊は、そばの実のもみ殻をとってやわらかく煮た物を、野菜や肉・魚が入った出汁の中に加えて食べる物です。これは、栄養学的に見ても大変優れた食べ方だです。【解説】宮田恵(医師・野菜ソムリエ 上級プロ)


【即効性あり】ギックリ腰の治し方 手のツボを「指組み」で刺激 慢性腰痛も改善

【即効性あり】ギックリ腰の治し方 手のツボを「指組み」で刺激 慢性腰痛も改善

筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)


【顎関節症の治し方】症状改善 自分でできる「耳のマッサージ」を歯科医師が伝授

【顎関節症の治し方】症状改善 自分でできる「耳のマッサージ」を歯科医師が伝授

顎関節症は、8〜9割はストレスが引き金になっています。ストレスを抱えていると自律神経の交感神経が緊張し、顎周囲の筋肉が硬くなり症状が現れます。歯ぎしりや食いしばりも強くなるため、歯がすり減って噛み合わせが悪くなり、さらに顎の位置がゆがむという悪循環に陥って症状が悪化します。【解説】信太隆志(本納駅前歯科院長)