人気健康情報一覧


【脂肪肝の治し方】NASH(ナッシュ)を食事療法で治す 肝臓ガンや肝硬変になるリスク

【脂肪肝の治し方】NASH(ナッシュ)を食事療法で治す 肝臓ガンや肝硬変になるリスク

脂肪肝について、どんなイメージを持っていますか?「肝臓に脂肪がつきすぎているだけで、命に関わることはない」と軽く思っていないでしょうか。ところが最近の研究で、肝硬変や肝臓がんに進行する新型の脂肪肝(NASH)が増加していることが分かってきました。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【痛み止め薬】鎮痛剤 "リリカ" の副作用 抗不安薬 "デパス"(睡眠導入剤)も注意

【痛み止め薬】鎮痛剤 "リリカ" の副作用 抗不安薬 "デパス"(睡眠導入剤)も注意

痛みに対して処方される薬で、特に注意してほしいのが、プレガバリン(商品名=リリカ)です。この薬は、神経障害性疼痛や線維筋痛症(全身や体の広範囲に激痛が起こる症状)の治療薬として、なかなか取れない痛みに対し、整形外科でよく使います。【解説者】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【眠れない】不眠症の原因 ストレスと首凝り 対策に "小指湿布" 手の小指にシップを貼るだけ

【眠れない】不眠症の原因 ストレスと首凝り 対策に "小指湿布" 手の小指にシップを貼るだけ

手の小指に湿布を貼る、「小指シップ」は、交感神経の緊張をゆるめ、首すじのこりをほぐします。この湿布療法で、交感神経の緊張が取れることは、科学的に証明されています。交感神経が緊張すると瞳孔が開き、緊張がゆるむと小さくなりますが、小指シップをすると、瞳孔が小さくなるのです。【解説】安田譲(安田医院院長)


ネバネバ【納豆・とろろ】は血糖値を下げる食べ物 糖尿病対策に卵かけご飯も効果

ネバネバ【納豆・とろろ】は血糖値を下げる食べ物 糖尿病対策に卵かけご飯も効果

糖尿病の血糖値をコントロールする食事療法です。白米を食べても、食後血糖値の上昇が緩やかになる「ごはんの食べ方」が科学的に解明されているのです。【解説】林進(東京慈恵会医科大学付属柏病院栄養部・管理栄養士)


【ふくらはぎが痛い】原因は筋力不足 治し方は簡単ストレッチ こむら返りも解消

【ふくらはぎが痛い】原因は筋力不足 治し方は簡単ストレッチ こむら返りも解消

人間の体は、精密機械のようなものです。どんなによい機械でも、使い続ければ調子が悪くなり、壊れやすくなります。同様に、人間の体も年齢を重ねると、あちこちに具合の悪いところが出てきます。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、悪くなる度合いをゆるやかにできます。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)


【トマトの栄養リコピンの効能】ガン予防にダイエットに 8つの健康効果まとめ

【トマトの栄養リコピンの効能】ガン予防にダイエットに 8つの健康効果まとめ

真っ赤なトマト。赤さのもとは、いくつもの健康効果で注目されている色素成分リコピンです。イタリアのガン研究所が行った調査では、トマトを1週間に7個以上食べている人は、2個以下の人に比べて、消化器系のガンの危険率が約6割までへったというデータがあります。【解説】稲熊隆博(帝塚山大学現代生活学部食物栄養学科教授)


【自分で治す】繰り返す切れ痔、いぼ痔を改善 即効「肛門カイロ」を医師が解説

【自分で治す】繰り返す切れ痔、いぼ痔を改善 即効「肛門カイロ」を医師が解説

突然ですが、問題です。痔になりやすいのはどんな職業の人でしょうか?痔は、ほかの疾患と異なり、恥ずかしさから、どうしても受診をためらいがちです。だからこそ、ふだんから痔になりにくい生活を心がけ、セルフケアに努めることが大切です。患者さんにお勧めしているのが「肛門カイロ」です。【解説】草間香(草間かほるクリニック院長) 


【宿便の出し方】便秘を治す食べ物 簡単「解毒スープ」の作り方 2時間で効果あり

【宿便の出し方】便秘を治す食べ物 簡単「解毒スープ」の作り方 2時間で効果あり

私の医院には、いくつかの病院で診てもらっても原因がわからず、途方に暮れて来院される患者さんが大勢おられます。そして、そのような患者さんのほとんどが「便秘」と「冷え」を抱えています。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腱鞘炎】手首が痛い 甲が痛い 指の痛みは "腕"のマッサージが効果的と判明

【腱鞘炎】手首が痛い 甲が痛い 指の痛みは "腕"のマッサージが効果的と判明

指を伸ばせない、曲がらないなど、腱鞘炎の症状は、つらいものです。痛みが出ているときは、手のひらや手首の筋肉や腱がこわばり、炎症が起こっています。炎症のある患部を直接刺激するのは得策ではなく、むしろ、大本のコリを取ってやることが大事なのです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


医師監修【干しブドウ酢の作り方と効能】ダイエットや血圧、骨粗鬆症の改善に効果

医師監修【干しブドウ酢の作り方と効能】ダイエットや血圧、骨粗鬆症の改善に効果

干し葡萄(レーズン)を、酢に漬ける。誰もが考え付きそうで、誰もやっていなかったこのアイデアを形にしたところ、「とってもおいしい」「軟らかくて食べやすい」と大評判に――。マキノ出版の健康雑誌『安心』で大人気の、新しいダイエット法を紹介します。作り方と食べ方の解説付き。【取材】松崎千佐登(医学ジャーナリスト)


"デブ菌"を減らし"痩せ菌"を増やす食事【酢・キャベツ・納豆】で腸内フローラを改善

"デブ菌"を減らし"痩せ菌"を増やす食事【酢・キャベツ・納豆】で腸内フローラを改善

「腸漏れ」はリーキーガット症候群と呼ばれ、今注目を集めています。腸漏れ症候群が様々な不定愁訴を誘発すると考えられているからです。これを防ぐには、デブ菌を減らしヤセ菌を増やす、腸内フローラを整える食事が必要です。何を食べれば良いか。それは、伝統的な和食とお酢の組み合わせです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【目がチカチカ】片頭痛の症状 脳梗塞の前兆 "閃輝暗点"(せんきあんてん)とは

【目がチカチカ】片頭痛の症状 脳梗塞の前兆 "閃輝暗点"(せんきあんてん)とは

突然、目の前にチカチカとした動く光が見え、しばらくの間、部分的にものが見えなくなる。こんな経験のある人はいませんか。これは「閃輝暗点」と呼ばれる症状で、片頭痛(偏頭痛)の前触れ、そして脳梗塞の前兆として起こります。【解説】喜多村孝幸(日本医科大学武蔵小杉病院・脳神経外科部長)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)


ハーバード大学式【最強の野菜スープ】基本の作り方

ハーバード大学式【最強の野菜スープ】基本の作り方

野菜スープ(ファイトケミカルスープ)の魅力は、なんと言っても「シンプルで簡単なこと」です。基本のスープで使う野菜は、キャベツ、タマネギ、ニンジン、カボチャだけ。いずれも日本全国どこでも売っていて、1年中手に入る野菜です。しかも、比較的安価です。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教)


不眠症や頭痛、うつ病の原因は【首のこり】 首のスジ・胸鎖乳突筋を押せば改善する

不眠症や頭痛、うつ病の原因は【首のこり】 首のスジ・胸鎖乳突筋を押せば改善する

来院される患者さんの病気は、糖尿病や高血圧、頭痛や腰痛、耳鳴り、不眠症、更年期障害、うつ病、関節リウマチ、慢性疲労症候群など多岐にわたります。こうした患者さんに対し、私はまず共通のシンプルな原則で治療します。それは、① 首のコリをほぐす、②体を温める、という2点です。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【足裏の痛み】かかとが痛い 土踏まずが痛い "足底筋膜炎" は体外衝撃波治療で改善

【足裏の痛み】かかとが痛い 土踏まずが痛い "足底筋膜炎" は体外衝撃波治療で改善

歩くと足の裏が痛い。踵の痛みもある。そんな症状の原因は「足底腱膜炎(そくていけんまくえん)」かもしれません。足底筋膜炎(そくていきんまくえん)とも言われます。長時間の立ち仕事やスポーツが原因で起こり近年はランニングブームの影響で患者数が増えています。【解説】高橋謙二(船橋整形外科病院 スポーツ医学・関節センター副部長)


【眼科医推奨】老眼は改善する!症状の対策は「目のスクワット」トレーニング

【眼科医推奨】老眼は改善する!症状の対策は「目のスクワット」トレーニング

私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【ツボ】耳管開放症の治し方 耳鳴り、メニエール病にも効く「爪もみ」療法

【ツボ】耳管開放症の治し方 耳鳴り、メニエール病にも効く「爪もみ」療法

爪もみは、手軽で効果の高い家庭療法の一つです。爪の生え際を指でつまんで、ツボを刺激するだけで、「メニエール病のめまいが改善した」「耳鳴りが消えた」「頻尿が治った」「白内障と老眼が改善し、視力が向上した」など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)


【体験談】断食「梅湯」で宿便を出す私 ドブのような臭いの便が出たら成功です

【体験談】断食「梅湯」で宿便を出す私 ドブのような臭いの便が出たら成功です

私は10年前に西谷雅史先生のクリニックで「座禅断食」が始まったときからの常連で、40回のうち39回の断食に参加しています。その中でお伝えしたいことは山ほどあるのですが、何と言っても感動的なのは、断食後の「梅湯」です。【体験談】関 映子(美容鍼灸師・北海道)


【体験談】逆流性食道炎の症状 食後の吐き気が"1円玉療法"で改善 薬も不要に

【体験談】逆流性食道炎の症状 食後の吐き気が"1円玉療法"で改善 薬も不要に

一生飲み続けるだろうと思っていた逆流性食道炎の薬を、足に1円玉をはってわずか2週間でやめることができました。私が逆流性食道炎になったのは、8年前の66歳のときです。当時は主人の病気が見つかったり、人間関係のゴタゴタなどが重なり、そうしたストレスにやられたのかもしれません。【体験談】夏木美穂(仮名・主婦・74歳)


【血圧が高め160~170】首のココを押すと血圧が下がる 降圧剤の副作用も回避

【血圧が高め160~170】首のココを押すと血圧が下がる 降圧剤の副作用も回避

首のスジを押し、体を温めて、首の後ろのコリを解消することで、さまざまな病気や病状が治ります。首のスジを押すことは、高血圧を改善するのにも威力を発揮します。私は、これまで患者さんに実際に試して、多くの人の血圧が下がった例を見てきました。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)