MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

「すぎやま按腹」の検索結果

内臓が下垂すると、下がった内臓に引っ張られて姿勢が悪くなり下腹もポッコリ出ます。内臓の機能が著しく低下し万病のもとになります。私は、おなかにこそ、病気の根っこがあると考えています。誰でも、簡単に、効果的にセルフケアができるよう確立したのが、今回ご紹介する「おなかこすり」です。【解説】杉山平熙(すぎやま按腹鍼灸院院長)
更新: 2019-02-21 09:45:29
最初に変わったのはおなかでした。出っぱっていた胃が引っ込み、ウエストがスッキリしたのです。おなか周囲がこれほどスッキリしたことは、私の人生の中で初めてです。また私は首の左側がおかしく、運転中に左を振り返ると、ピキッと筋を違えることがよくありました。それが一切、起こらなくなったのです。 【体験談】佐藤環(会社員・52歳)
更新: 2018-10-30 07:00:00
おなかこすりのよいところは、力がまったくいらないことです。非力な私でも、疲れずにいくらでもできるからです。なんといってもうれしいのは、冷え症が改善したことです。もう靴下を重ねばきする必要もありませんし、足が冷えて夜眠れないということもありません。トイレの回数も激減しました。【体験談】玉城綾夏(セラピスト・41歳)
更新: 2018-11-06 07:00:00
病院に行くと、背骨を圧迫骨折していることがわかりました。鏡で横から見ると、背中の真ん中の骨折した辺りから背骨が曲がり、丸くなってしまったのです。杉山先生からは、「自分で治すことが大事」と、おなかの硬いところをこすったり、たたいたりする「おなかこすり」を教えていただきました。【体験談】大久保眞知子(主婦・76歳)
更新: 2018-10-26 07:00:00
家でも「おなかこすり」を毎日続けた結果、肩の痛みは日を追うごとに軽くなり、8ヵ月後には腕が真上に上げられるようになりました。体重は変わっていませんが、ずいぶんやせたように見えます。肌もしっとりして、化粧ののりがよくなりました。本当にすごいセルフケアです。【体験談】山崎尚子(会社員・52歳)
更新: 2018-11-30 07:00:00
突然、背中が痛くなって、歩くのも大変になってきました。カバン程度のものでも、痛くて持てないのです。病院で診てもらうと、背骨が曲がる脊柱側湾症だと診断されました。おなかこすりを実践するうちに、2週間くらいで背中の痛みが取れ、背骨もまっすぐになったのです。これには本当に驚きました。【体験談】薄井泉生(整骨院院長・70歳)
更新: 2018-11-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt