足のむくみ・静脈瘤

足のむくみ・静脈瘤

下肢静脈瘤は、文字どおり、下肢(主にふくらはぎ)の血管がコブのようにふくらんだ状態を指します。午後から夕方に症状が強くなるのが特徴で、だるさ、むくみなどの症状が慢性的に起こります。重症化すると皮膚が破れ潰瘍ができてしまうことも。女性に多く、出産経験のある女性の2人に1人が発症するというデータもあり、実は身近な病気なのです。このカテゴリは、足のむくみ、下肢静脈瘤の改善に役立つ記事を紹介します。

足のむくみ・静脈瘤に関連するキーワード

ふくらはぎ 弾性ストッキングの効果 下肢静脈瘤
>>足のむくみ・静脈瘤に関連するキーワード一覧

足のむくみ・静脈瘤の健康情報一覧

【下肢静脈瘤】は正しい歩き方・立ち方で予防できる? ウォーキングでの改善効果に期待

【下肢静脈瘤】は正しい歩き方・立ち方で予防できる? ウォーキングでの改善効果に期待

血管、リンパ管に滞りができると、機能の低下や病気を引き起こしてしまいますが、プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が整うため、体が健康な状態に向かいます。【解説】森嶌淳友(ラ・ヴィータメディカルクリニック院長)


乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が正しい状態に戻り、腰痛やひざ痛、ネコ背、O脚を改善することができます。さらに、ぽっこりおなかの改善、バストアップ、ヒップアップ、ダイエットや美脚にも効果を感じていただけます。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)


足がだるい【ふくらはぎのむくみ】病気の可能性 慢性静脈不全の初期症状と対策

足がだるい【ふくらはぎのむくみ】病気の可能性 慢性静脈不全の初期症状と対策

人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。【解説】星野俊一(福島県立医科大学名誉教授・日本静脈学会名誉会長)


認知症が改善!むずむず脚の症状も即消失する「指の二点押し」のやり方

認知症が改善!むずむず脚の症状も即消失する「指の二点押し」のやり方

腕の内側の生体の流れは指先に向かっていますから、指先に向かって押すと、滞っていた生体の流れがよくなるのです。この指の2点押しを行うと、脳の末梢の血流がよくなるので、頭痛の改善や、認知症の予防に役立ちます。【解説】金三雄(ゆうあい内科・脳神経クリニック理事長)


【体験談】オクラ水のおかげで"ふくらはぎの血栓"が原因の足の痛みやしびれが軽減

【体験談】オクラ水のおかげで"ふくらはぎの血栓"が原因の足の痛みやしびれが軽減

ときどき、左足に軽いしびれを感じるようになりました。お尻から足のつけ根、太ももの裏側にかけてつるような感覚で、ときどき軽い痛みもありました。血流の状態を調べる検査をしたところ、ふくらはぎに血栓(血の塊)があることがわかりました。血流をよくするためにオクラ水を始めたのです。【体験談】後藤美貴(仮名・兵庫県・38歳会社員)


【むずむず脚症候群に効果】遠隔刺激で不快な症状が改善「太ももほぐし」のやり方

【むずむず脚症候群に効果】遠隔刺激で不快な症状が改善「太ももほぐし」のやり方

夜間頻尿や下痢などに悩む人は、ほぼ全員、下半身が冷えています。また外側広筋が、かたくなっているのも共通した特徴で、ここをほぐせば下痢や夜間頻尿を改善できます。最近ふえてきたムズムズ脚症候群の患者さんにも勧め、効果を上げています。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


【体質改善スープ】慢性疲労・肌荒れの悩みが解消!体調良好で元気に仕事ができる!

【体質改善スープ】慢性疲労・肌荒れの悩みが解消!体調良好で元気に仕事ができる!

私が「ヒポクラテス式野菜スープ」と出会ったのは、今から3年前のことです。当時の私は、仕事が忙しくて外食続きで、慢性的な疲労感や肌荒れなどの体調不良を抱えていました。「このままでは病気になってしまう。」そんな中、ゲルソン療法を知ったのです。【体験談】瀧野直美(49歳・看護師・東京都)


足がつる激痛【こむら返り】は ふくらはぎの3点指圧で対処 予防せよ

足がつる激痛【こむら返り】は ふくらはぎの3点指圧で対処 予防せよ

血流を促し、冷えを緩和する効果のある「築賓」と「飛揚」のツボで、こむら返りを予防する方法をご紹介します。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所/漢方鍼灸治療センター副センター長)


【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 自分で治す「つま先立ち体操」

【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 自分で治す「つま先立ち体操」

加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


【弾性ストッキングの効果】下肢静脈瘤を改善する靴下 男性用も はき方にコツあり

【弾性ストッキングの効果】下肢静脈瘤を改善する靴下 男性用も はき方にコツあり

私のクリニックでは、下肢静脈瘤の治療後や手術後の患者さんに、自宅で弾性ストッキングを着用してもらうようにしています。また、下肢静脈瘤の症状があっても手術をしたくない人や、仕事で毎日立ちっぱなしの人にも勧めています。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)