医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

足のむくみ・静脈瘤を改善したい

下肢静脈瘤は、文字どおり、下肢(主にふくらはぎ)の血管がコブのようにふくらんだ状態を指します。午後から夕方に症状が強くなるのが特徴で、だるさ、むくみなどの症状が慢性的に起こります。重症化すると皮膚が破れ潰瘍ができてしまうことも。女性に多く、出産経験のある女性の2人に1人が発症するというデータもあり、実は身近な病気なのです。このカテゴリは、足のむくみ、下肢静脈瘤の改善に役立つ健康情報の一覧です。


足のむくみ・静脈瘤を改善したいの健康情報一覧

足のだるさを改善する立ち方・歩き方 下肢静脈瘤の改善効果にも期待!

足のだるさを改善する立ち方・歩き方 下肢静脈瘤の改善効果にも期待!

血管、リンパ管に滞りができると、機能の低下や病気を引き起こしてしまいますが、プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が整うため、体が健康な状態に向かいます。【解説】森嶌淳友(ラ・ヴィータメディカルクリニック院長)


乳がん術後のむくみ改善!クリニックも導入するウォーキング法 「かかと体重」

乳がん術後のむくみ改善!クリニックも導入するウォーキング法 「かかと体重」

プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が正しい状態に戻り、腰痛やひざ痛、ネコ背、O脚を改善することができます。さらに、ぽっこりおなかの改善、バストアップ、ヒップアップ、ダイエットや美脚にも効果を感じていただけます。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)


【ふくらはぎのむくみ】病気の可能性 慢性静脈不全の初期症状と対策

【ふくらはぎのむくみ】病気の可能性 慢性静脈不全の初期症状と対策

人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。【解説】星野俊一(福島県立医科大学名誉教授・日本静脈学会名誉会長)


【体験談】オクラ水のおかげで足の痛みやしびれが軽減!

【体験談】オクラ水のおかげで足の痛みやしびれが軽減!

ときどき、左足に軽いしびれを感じるようになりました。お尻から足のつけ根、太ももの裏側にかけてつるような感覚で、ときどき軽い痛みもありました。血流の状態を調べる検査をしたところ、ふくらはぎに血栓があることがわかりました。血流をよくするためにオクラ水を始めたのです。【体験談】後藤美貴(仮名・兵庫県・38歳会社員)


【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 つま先立ち体操のやり方

【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 つま先立ち体操のやり方

加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


【弾性ストッキングの効果】下肢静脈瘤を改善する靴下 男性用も はき方にコツあり

【弾性ストッキングの効果】下肢静脈瘤を改善する靴下 男性用も はき方にコツあり

私のクリニックでは、下肢静脈瘤の治療後や手術後の患者さんに、自宅で弾性ストッキングを着用してもらうようにしています。また、下肢静脈瘤の症状があっても手術をしたくない人や、仕事で毎日立ちっぱなしの人にも勧めています。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)