シミ・シワ・たるみ

シミ・シワ・たるみ

肌は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からなります。美肌の条件は、この3層がそれぞれきちんと正常に機能し、健やかに保たれている状態をいいます。ニキビ、乾燥、シワ、シミ、性別・年齢によって肌の悩みは違ってきます。このカテゴリは、美肌作りに欠かせない日々の生活の中で実践できるスキンケア情報を紹介しています。

関連するカテゴリー

美肌になる健康法

シミ・シワ・たるみに関連するキーワード

美肌
>>シミ・シワ・たるみに関連するキーワード一覧

シミ・シワ・たるみの健康情報一覧

便秘の解消に【そばの実の健康効果】ダイエットに美肌に即効 お勧めは「佃煮」

便秘の解消に【そばの実の健康効果】ダイエットに美肌に即効 お勧めは「佃煮」

雑穀を初めて食生活に取り入れるかたは、最初はどのように扱えばいいか、わからないと思います。蕎麦の実は、雑穀のなかでもポピュラーで使いやすく、クセもないので初心者にお勧めです。そばの実は腸内環境を整え、肌荒れをふせぎ、冷え症改善にも効果がみられます。【解説】齋藤彩(葛川診療所所長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

米こうじの甘酒がどうして肌によい効果をもたらしたのか。私の専門はアミノ酸研究です。甘酒に含まれる遊離アミノ酸の総量を分析し、発酵によって、総量がグンと増えることを確認したのです。加えて、発酵2時間後から、有害な活性酸素の発生を防ぐ、抗酸化力も高まることがわかったのです。【解説】高岡素子(神戸女学院大学人間科学部教授)


【医師解説】透明感アップ! 乾燥肌が改善!美白と保湿に優れた「米クリームパック」

【医師解説】透明感アップ! 乾燥肌が改善!美白と保湿に優れた「米クリームパック」

昔の女性にとって、米ぬかを入れた布袋で顔を洗うことは、珍しいことではありませんでした。米ぬか洗顔は、優れた美容法として、よく知られていたからです。米のとぎ汁を使った洗顔法も、米ぬか洗顔と同様に、美肌づくりに効果的として、昔から伝えられてきました。【解説】長尾美樹(ミキクリニック院長)


【生甘酒の効果を新発見】すごい保湿物質を高濃度で含む スベスベ肌 メタボ撃退

【生甘酒の効果を新発見】すごい保湿物質を高濃度で含む スベスベ肌 メタボ撃退

こうじは、日本の食文化に欠かせない食材です。甘酒やみそ、しょうゆ、酢、日本酒など、日本の発酵食品のほとんどにこうじが含まれており、それが日本人の健康に寄与していることは、疑いの余地がありません。毎日少しずつでもいいので、生甘酒を飲んでください。続けることが大切です。【解説】北垣浩志(佐賀大学農学部教授)


【美肌になる呼吸法】気功で肌ツルツル!中国宮廷秘伝の若返り術がスゴイ

【美肌になる呼吸法】気功で肌ツルツル!中国宮廷秘伝の若返り術がスゴイ

中国の清朝の宮廷で、女官たちが若返りのために、ひそかに行ってきた気功、それが「宮廷気功」です。この気功を行って、肌がツルツルになったり、お通じが来たり、視力が向上したり、ウエストが細くなったりという、驚きの効果が報告されています。ご紹介しましょう。【解説】本田唯人(本田治療院院長)


【整形した?】真顔で聞かれることも 眠そうだった目もパッチリ 秘密は顔ダンス

【整形した?】真顔で聞かれることも 眠そうだった目もパッチリ 秘密は顔ダンス

私は39歳のときの出産で体力を消耗し子どもにも手がかかっていたので、すっかり自分のことを怠っていました。子どもが3歳になった頃、写真を見て驚きました。自分の顔とは思えないほど、老けた私の姿が写っていました。インターネットで情報を検索し「おきゃんママ」のブログを見つけたのです【体験談】日比野康子(46歳・自営業・愛知県)


【名医が解説】肌の再生力を引き出し乾燥肌を防ぐ「ワセリン」美顔術

【名医が解説】肌の再生力を引き出し乾燥肌を防ぐ「ワセリン」美顔術

私は、基礎化粧品をいっさい使わず、水で顔を洗うだけの「宇津木流スキンケア」を提唱しています。その効果は多くの患者さんたちの肌で実証済みです。肌本来の保湿機能がよみがえり、キメ細かな美しい肌に変わります。私が推奨する水洗顔は、水が理想的ですが、「ぬるま水」で行います。【解説】宇津木龍一(クリニック宇津木流院長)


【京大教授】ゼラチン紅茶がすごい!シワに効果 肌の弾力が回復と実験で判明

【京大教授】ゼラチン紅茶がすごい!シワに効果 肌の弾力が回復と実験で判明

人間はコラーゲンをそのまま摂取しても消化できません。しかし加熱すると、構造が壊れてゼラチンになり、簡単に消化できるようになります。ゼラチンを酵素で細かく分解するとペプチドになります。肌ダメージが気になる方はゼラチンやペプチドを食べる習慣をつけると良いでしょう。【解説】佐藤健司(京都大学大学院農学研究科教授・農学博士) 


【新・手作りヨーグルト】毎冬、子どもにうつされていた胃腸炎が出なくなったのはこのおかげ。

【新・手作りヨーグルト】毎冬、子どもにうつされていた胃腸炎が出なくなったのはこのおかげ。

私は10代の頃からおなかが弱く、下痢をしたり、胃腸炎になることがたびたびありました。なにも食べられず、病院で点滴を打つほどひどい状態になったこともあります。【体験談】斉藤美智子(27歳 ・主婦・東京都)


【皮膚科医が報告】バナナを1日2本食べると 肌の水分、油分、弾力が 明らかに増える

【皮膚科医が報告】バナナを1日2本食べると 肌の水分、油分、弾力が 明らかに増える

日本バナナ輸入組合が行ったモニターで、私は皮膚科専門医として、その数値の測定などを担当しました。【解説】和泉達也(広尾皮フ科クリニック院長)


【即効】イタリア女優のバナナ美容術!「バナナの皮こすり」効果でシミやシワが改善

【即効】イタリア女優のバナナ美容術!「バナナの皮こすり」効果でシミやシワが改善

私はヘアメイクアーティストという仕事柄、美容法については敏感です。興味を引く話題があれば、自分でもすぐに試します。そんな私の最近のヒットが、バナナの皮を使ったマッサージです。【体験談】千歳佳代子(ヘアメイクアーティスト)


「若過ぎる40代」のモデル・水谷雅子さんが実践のバナナ美容法【バナナの皮こすり】

「若過ぎる40代」のモデル・水谷雅子さんが実践のバナナ美容法【バナナの皮こすり】

日本では「食べ物を粗末にしてはいけない」という考え方があるので、食材を美容のために使うことに、抵抗を感じる人がいるかもしれません。【体験談】水谷雅子(美容家・主婦モデル)


【医師監修】バナナの皮こすりは保湿、 美白、毛穴の汚れ取り効果抜群の美容法

【医師監修】バナナの皮こすりは保湿、 美白、毛穴の汚れ取り効果抜群の美容法

バナナには、食物繊維とオリゴ糖が含まれているため、食べると腸内環境が整い、便秘改善やダイエットに役立ちます。また、ビタミンB群による肌の若返り効果も期待できます。美しくなりたい女性の、強い味方といえるでしょう。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)