医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

美肌になる健康法

肌は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からなります。美肌の条件は、この3層がそれぞれきちんと正常に機能し、健やかに保たれている状態をいいます。ニキビ、乾燥、シワ、シミ、性別・年齢によって肌の悩みは違ってきます。このカテゴリは、スキンケアに関する健康法を紹介しています。


美肌になる健康法の健康情報一覧

化粧販売のプロおすすめ!抹茶レモンはメイクのノリが良くなるドリンク

化粧販売のプロおすすめ!抹茶レモンはメイクのノリが良くなるドリンク

私は普段、化粧品販売の仕事をしています。もし私の肌が荒れていたら、お客様に「これで美しくなれますよ」と勧めても、説得力がありません。そのため、肌のケアには人一倍気を遣っています。抹茶レモンは、そんな私の肌を長年サポートしてくれている心強い味方です。【体験談】田中寛子(仮名・化粧品販売・35歳)


【受験生の風邪対策に】わが家は「抹茶レモン」で対策! 美肌になっていいことずくめ

【受験生の風邪対策に】わが家は「抹茶レモン」で対策! 美肌になっていいことずくめ

長女の高校受験を前に「風邪を予防するには、どうすればいいか」と考えていたとき、抹茶レモンと青汁の組み合わせを思い出したのです。すると、その冬、娘は風邪を引くことがなく、志望校に無事合格。効果に驚き、我が家では今でも抹茶レモンを飲み続けています。【体験談】K・Y(接客業・46歳)


ゴーヤチャンプルーは美肌食! 肌トラブルを防ぐゴーヤの効果(医師のレシピ付)

ゴーヤチャンプルーは美肌食! 肌トラブルを防ぐゴーヤの効果(医師のレシピ付)

ゴーヤには、ビタミンCが豊富に含まれています。皮膚の真皮層にあるコラーゲンは、加齢とともに少しずつ減少していきます。すると、肌のハリや弾力が失われ、シワもできやすくなります。こうした肌の老化を防ぐためには、ビタミンCをたっぷりとって、コラーゲンの生成を促進させることが重要です。【解説】杉野宏子(青山エルクリニック院長)


あまくて冷たい美容食【飲む点滴】「甘酒氷」の作り方とQ&A

あまくて冷たい美容食【飲む点滴】「甘酒氷」の作り方とQ&A

いつでもすぐ使える!砂糖なしでひんやり甘い「甘酒氷」の作り方をご紹介します。甘酒は発酵食品なだけに、冷蔵庫の中でも発酵が進んで味が変化し、長く保存ができません。そこで私がお勧めしているのが、甘酒を凍らせた「甘酒氷」です。【監修】小紺有花(発酵食大学教授・糀料理研究家)


【梅仕事のススメ】96歳で肌ツルツル!私の元気の秘訣は「梅干し」

【梅仕事のススメ】96歳で肌ツルツル!私の元気の秘訣は「梅干し」

梅干しは、毎年同じように漬けていても、毎年仕上がりが違います。今年おいしくできたから、来年もおいしくできるとは限りません。でも、難しく考えることはありません。私も最初は人に聞きましたが、あとは全部、我流。梅干しは、自分で漬けて、初めていろいろな発見があります。【解説】藤巻あつこ(料理研究家)


【「骨スープ」体験談】母子で善玉菌が増えた!目の周りの乾燥とかゆみが消失

【「骨スープ」体験談】母子で善玉菌が増えた!目の周りの乾燥とかゆみが消失

骨スープを飲む前は、目の周りが乾燥してかゆくなり無意識にゴシゴシかいていました。それがある日友人から「最近、目をかかなくなったわね」といわれて、ハッとしました。気づけば肌はしっとり潤い、目の周りのかゆみが消えていたのです。肌ツヤもよくなり、高価な保湿クリームや美容液は不要になりました。【体験談】鈴木恵子(68歳・主婦)


【女医お勧め】美容にいいメリットだらけ!「はちみつシナモン」の効果

【女医お勧め】美容にいいメリットだらけ!「はちみつシナモン」の効果

はちみつには、中性脂肪値を上げにくくする、うれしい働きがあります。取りすぎなければ、肥満の心配もありません。ダイエット中のかたにも、はちみつシナモンはぴったりなのです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


梅干しの美肌効果 毎日食べて肌年齢が1週間で若返った

梅干しの美肌効果 毎日食べて肌年齢が1週間で若返った

梅干しの「美肌効果を検証してほしい」とテレビ情報番組から依頼されました。番組では、毎日梅干しを食べることで、肌がどう変化するかを調べました。期間が1週間と短かったのですが、1週間後、失われていた肌のきめや水分、適度な油分がよみがえり、肌年齢が25歳まで若がえったのです。【解説】片桐衣理(衣理クリニック表参道院長)


肌は鍛えて強く育てよ!美肌をつくるスキンケア「水肌パッティング」とは

肌は鍛えて強く育てよ!美肌をつくるスキンケア「水肌パッティング」とは

私の使命は、きれいになりたいという女性を応援し、最善の方法を提示することだと思っています。そこで今回は、年を重ねた女性が、素顔で歩けるような美肌をつくり出す「水肌パッティング」をご紹介します。【解説】アケミ.S.ミラー(Akemi.S.Millerビューティースタジオ主宰)


肌にハリと弾力が復活!「水肌パッティング」のやり方とポイント

肌にハリと弾力が復活!「水肌パッティング」のやり方とポイント

「水肌パッティング」をして5分後、自分の顔を鏡で見たら新鮮な驚きが必ずあるはずです。顔のトーンが明るくなり、ほうれい線や目の周りのシワが薄くなって、肌のキメがきれいに整っているはずです。わずか数分で、こんなに変わる美容法があるでしょうか。【解説】アケミ.S.ミラー(Akemi.S.Millerビューティースタジオ主宰)


シワやたるみのセルフケア シルク流「足裏の筋膜リリース」を紹介!

シワやたるみのセルフケア シルク流「足裏の筋膜リリース」を紹介!

皆さん、こんにちは。「よしもとの美容番長」こと、シルクです。ここで皆さんに、私が毎日の美と健康のために行っている「筋膜リリース」のお話をしようと思います。【解説】シルク(タレント)


【肌荒れ】早く治す手作り化粧水 砂糖水とオリーブオイル

【肌荒れ】早く治す手作り化粧水 砂糖水とオリーブオイル

砂糖は保湿性があるので、水に溶かしてマッサージを行うと、傷を治し、水分や皮脂の流れもよくなるでしょう。砂糖自体も角質層に浸透するので、保湿効果が期待できます。老人性皮膚掻痒症にも、オリーブオイルに粉末状にした砂糖と水を混ぜて患部に塗れば効果が期待できます。【解説】田村稲生(漢方の厚養堂薬局薬剤師・産業カウンセラー)


ツヤツヤの手になる「パーツモデルのハンドケア」で主婦湿疹を改善!

ツヤツヤの手になる「パーツモデルのハンドケア」で主婦湿疹を改善!

「女性の年齢は手に出る」。この言葉は至言です。最近の女性は、顔はケアしてお若いかたが多いですが、手のケアはおろそかになりがち。手がガサガサになったり、シワシワになったり、あかぎれになったり、爪がひび割れを起こしていたり、いわゆる「主婦湿疹」に悩まされたりしているかたは少なくありません。【解説】金子エミ(モデル)


【肘・膝・かかとのガサガサ】対処法と治し方 保湿効果でツルリ一変「砂糖スクラブ」

【肘・膝・かかとのガサガサ】対処法と治し方 保湿効果でツルリ一変「砂糖スクラブ」

砂糖は創傷治癒作用があり医薬品にも使われています。ですから、かき傷などの治りも早くなるはずです。下着が当たる部分やデリケートゾーンなどでかゆみが生じたときに砂糖スクラブが効果的だったという報告もいただいています。【解説】幟立真理(砂糖スキンケア指導、株式会社アビサル・ジャパン代表)


【ニキビ・アトピー性皮膚炎】「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

【ニキビ・アトピー性皮膚炎】「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

砂糖には創傷治癒作用、つまり傷を治す働きがあり、医薬品として認められています。イギリスでは、傷薬として砂糖が使われている病院もあり、またアメリカや日本で「おばあちゃんの知恵」として砂糖はスキンケアに使われてきました。【解説】幟立真理(砂糖スキンケア指導・株式会社アビサル・ジャパン代表)


砂糖を肌に塗ると美肌になる!顔ダニが減少しニキビが改善する

砂糖を肌に塗ると美肌になる!顔ダニが減少しニキビが改善する

看護の基本は、自分の手で患者さんをケアすることです。そのために看護師は手洗いをする機会が多く、ひどい手荒れに悩まされている人は珍しくありません。砂糖スキンケアでかゆみが軽減するとともに、かぶれることもなくなり、かき傷が治っていきました。【解説】山口求(藍野大学医療保健学部・看護学科教授)


【大学教授が解説】美肌効果でイボやニキビを解消!はと麦の栄養・摂取方法・注意点

【大学教授が解説】美肌効果でイボやニキビを解消!はと麦の栄養・摂取方法・注意点

ハトムギは健康効果もさることながら、肌への美容効果があることも古くから知られています。実際、ハトムギで顔や背中のニキビが消えた人や、ニキビ跡がキレイになったという人は少なくありません。【解説】鈴木信孝(金沢大学大学院医薬保健学総合研究科・臨床研究開発補完代替医療学講座・特任教授)


便秘の解消に【そばの実の健康効果】ダイエットに美肌に即効

便秘の解消に【そばの実の健康効果】ダイエットに美肌に即効

雑穀を初めて食生活に取り入れるかたは、最初はどのように扱えばいいか、わからないと思います。蕎麦の実は、雑穀のなかでもポピュラーで使いやすく、クセもないので初心者にお勧めです。そばの実は腸内環境を整え、肌荒れをふせぎ、冷え症改善にも効果がみられます。【解説】齋藤彩(葛川診療所所長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

【美肌効果】新判明!食べる甘酒で乾燥肌が改善 肌の水分量が上がってキメが整った

米こうじの甘酒がどうして肌によい効果をもたらしたのか。私の専門はアミノ酸研究です。甘酒に含まれる遊離アミノ酸の総量を分析し、発酵によって、総量がグンと増えることを確認したのです。加えて、発酵2時間後から、有害な活性酸素の発生を防ぐ、抗酸化力も高まることがわかったのです。【解説】高岡素子(神戸女学院大学人間科学部教授)