医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

がんの治療・予防

がんの治療・予防

がんの治療方法は、主に「手術療法」「化学(薬物)療法」「放射線療法」があり、これらは一般に三大療法と呼ばれています。一方、がん予防に効果のある健康法や食品について、昨今さまざまなものが発表されています。ケンカツ!では、専門家が解説するがん予防に関する情報をご紹介します。このカテゴリでは、がんの治療法・予防法に関する記事を紹介しています。


がんの治療・予防の健康情報一覧

【がん免疫療法とは】保険適用が承認「オプジーボ」 どんながんに適用される?

【がん免疫療法とは】保険適用が承認「オプジーボ」 どんながんに適用される?

現在、国内で承認されている免疫療法はまだ一部のがん対象に限られていますが、近い将来、さらに多くのがんへの適応が予定されています。ことに、従来の治療だけでは治らなかった進行がんを食い止め、生存率を上げる効果が期待されています。【解説】角田卓也(昭和大学医学部腫瘍内科主任教授)、【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)


【研究】ニンニクのにおい成分「DATS」とは? 実験で効果が判明

【研究】ニンニクのにおい成分「DATS」とは? 実験で効果が判明

1990年代、アメリカでガンの予防が期待できる食品群を一覧にする「デザイナーフーズ計画」というプロジェクトが発足しました。ニンニクは、そのピラミッド型の一覧図の頂点、すなわち、最もガン抑制効果が期待できる食品の一つとされています。私たちもニンニクのにおい成分を調べました。【解説】関泰一郎(日本大学生物資源科学部教授)


【ほくろのガンの特徴】「メラノーマ(悪性黒色腫)」との見分け方

【ほくろのガンの特徴】「メラノーマ(悪性黒色腫)」との見分け方

急に目立ってきたホクロの中には、正常とは異なる「危険なホクロ」が隠れていることが…。皮膚の腫瘍の中でも極めて悪性度の高い「メラノーマ」の始まりの可能性があるのです。安易にレーザーでホクロを取るような行為を見かけますが、重大な自体を招く危険性があるのです。【解説】赤須玲子(赤須医院院長 皮膚科専門医・医学博士)


【脳腫瘍の覚醒下手術とは】全身麻酔との違いは?後遺症が起こりにくいメリット

【脳腫瘍の覚醒下手術とは】全身麻酔との違いは?後遺症が起こりにくいメリット

脳腫瘍の切除手術は難易度が高く、手術後にマヒや言語障害などの後遺症が生じてしまうことも少なくありません。しかし近年、後遺症の起こりにくい「覚醒下手術」が注目を集めています。【解説】篠浦伸禎(がん・感染症センター都立駒込病院脳神経外科部長)


【ガンとは何か】そもそも癌って何? なぜ癌になるの? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

【ガンとは何か】そもそも癌って何? なぜ癌になるの? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

人間は、胎児のときからガンの遺伝子を持っていますが、出生時に、ガンの遺伝子は読み込まれない位置に入り込み、身を潜めます。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【前田浩の最強の野菜スープ】抗がん剤研究の世界的権威が愛飲のスープの正体

【前田浩の最強の野菜スープ】抗がん剤研究の世界的権威が愛飲のスープの正体

私が開発を目指しているのは、正常細胞を傷つけず、がん組織だけに作用を集中させる、抗がん剤です。実用化すれば、患者さんは副作用に苦しむことなく、生活の質を保ちながら治療を受けることができます。しかし、どれほど治療が進歩しても、ガン予防の重要性に変わりはありません。【解説】前田浩(熊本大学名誉教授)