がんの治療・予防

がんの治療・予防

がんの治療方法は、主に「手術療法」「化学(薬物)療法」「放射線療法」があり、これらは一般に三大療法と呼ばれています。一方、がん予防に効果のある健康法や食品について、昨今さまざまなものが発表されています。ケンカツ!では、専門家が解説するがん予防に関する情報をご紹介します。このカテゴリでは、がんの治療法・予防法に関する記事を紹介しています。


がんの治療・予防の健康情報一覧

【がん免疫療法とは】保険適用が承認されている免疫療法は?どんながんに適用される?

【がん免疫療法とは】保険適用が承認されている免疫療法は?どんながんに適用される?

現在、国内で承認されている免疫療法はまだ一部のがん対象に限られていますが、近い将来、さらに多くのがんへの適応が予定されています。ことに、従来の治療だけでは治らなかった進行がんを食い止め、生存率を上げる効果が期待されています。【解説】角田卓也(昭和大学医学部腫瘍内科主任教授)、【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)


【脳腫瘍の覚醒下手術】全身麻酔との違いは?メリットは?麻痺や言語障害が起こりにくい

【脳腫瘍の覚醒下手術】全身麻酔との違いは?メリットは?麻痺や言語障害が起こりにくい

脳腫瘍の切除手術は難易度が高く、手術後にマヒや言語障害などの後遺症が生じてしまうことも少なくありません。しかし近年、後遺症の起こりにくい「覚醒下手術」が注目を集めています。【解説】篠浦伸禎(がん・感染症センター都立駒込病院脳神経外科部長)【取材・文】山本太郎(医療ジャーナリスト)


【がんを予防する食事】大腸がんの原因“脂質ラジカル”とは 肉や油は「野菜スープ」と取るとよい

【がんを予防する食事】大腸がんの原因“脂質ラジカル”とは 肉や油は「野菜スープ」と取るとよい

毎日の食事に野菜スープをとり入れることは、老化予防やさまざまな生活習慣病の予防に確実につながります。老化をはじめ心臓病、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)やがんなどの生活習慣病には、活性酸素がかかわっています。【解説】前田浩(崇城大学栄誉教授・熊本大学名誉教授)


【がんを予防する野菜のとり方】ファイトケミカルは“加熱”が必須 抗がん剤の副作用減

【がんを予防する野菜のとり方】ファイトケミカルは“加熱”が必須 抗がん剤の副作用減

生の野菜をそのまま食べても、わずかしかファイトケミカルを吸収することができません。野菜を煮込むことで、ファイトケミカルがスープに抽出され、生食とは比較にならない強力な抗酸化パワーを得ることができます。【解説】前田浩(崇城大学栄誉教授・熊本大学名誉教授)


【がん予防の食事】は「野菜スープ」が一番と研究者が断言 ファイトケミカルを効率的に摂れる!

【がん予防の食事】は「野菜スープ」が一番と研究者が断言 ファイトケミカルを効率的に摂れる!

「植物は、なぜがんにならないのだろう?」私は研究を進め、植物に大量に含まれるファイトケミカルに、がん予防効果があることを突きとめました。緑茶のカテキン、トマトのリコピン、ホウレンソウのルテイン、ニンジンやカボチャのカロテノイドなど、身近な野菜に含まれています。【解説】前田浩(崇城大学栄誉教授・熊本大学名誉教授)


【ガンとは何か】そもそも癌って何? なぜ癌になるの? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

【ガンとは何か】そもそも癌って何? なぜ癌になるの? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

人間は、胎児のときからガンの遺伝子を持っていますが、出生時に、ガンの遺伝子は読み込まれない位置に入り込み、身を潜めます。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【実験で判明】がんを予防する「蜂蜜のパワー」免疫力を高めて、インフルエンザにも効く

【実験で判明】がんを予防する「蜂蜜のパワー」免疫力を高めて、インフルエンザにも効く

私たちの実験では、正常なマウスにハチミツを投与しておくと、ガン細胞を移植しても増殖が抑えられる、という結果も得ています。すでに発症しているガンには、糖分を与えることはよくありませんが、ガンの予防という意味では、ハチミツが役立つ可能性は大いにあると考えられます【解説者】竹内実(京都産業大学総合生命科学部教授・医学博士)


【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

実は私は、50歳のときに、乳ガンを発症しました。ガンは手術で切除しましたが、抗ガン剤や放射線治療は受けず、かわりに食事と生活を徹底的に見直すことで、ガンを克服することができたのです。そんな私が、患者さんに特にお勧めしている食材の一つが、タマネギです。【解説】星子尚美(クリニック真健庵院長)


【血糖コントロール】膵臓の術後回復が早くインスリン不要!「ゴマ酢」は私の健康の守り神

【血糖コントロール】膵臓の術後回復が早くインスリン不要!「ゴマ酢」は私の健康の守り神

私がゴマ酢を飲むようになって、20年たちます。そのおかげかどうか、この年になっても健康で、カゼもひきません。3年前には、膵臓の2/3を切り取る手術をしましたが、回復が早く、手術後も、手術前と変わらない生活を送っています。20年前、幼なじみにゴマ酢を勧められたときは半分マユツバでした。【体験談】山岡種臣(無職・87歳)


【医師推奨】むくみ解消に即効!がん手術後のむくみも改善した「小豆昆布スープ」の作り方

【医師推奨】むくみ解消に即効!がん手術後のむくみも改善した「小豆昆布スープ」の作り方

あずきは、むくみや高血圧だけでなく、白髪や脱毛といった髪の悩み、めまい、難聴、耳鳴りなどの耳の病気、骨粗鬆症や歯の問題に悩むかたにも、お勧めです。さらに、あずきに含まれるサポニンという成分は、血管をキレイにする作用があります。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【口腔がんのリハビリ】お勧めは入浴中の「口笛」と「爪もみ」人口唾液も不要に!

【口腔がんのリハビリ】お勧めは入浴中の「口笛」と「爪もみ」人口唾液も不要に!

おふろで口笛を吹きながら爪もみをする方法は、ガンだけではなく、多くの健康効果が期待できるものです。ですから最近は、私は多くの患者さんに、この方法を勧めています。【解説】小川優(アスティ歯科クリニック院長)


【免疫アップ】ガンを予防するファイトケミカルたっぷりの「ハーバード式野菜スープ」の作り方

【免疫アップ】ガンを予防するファイトケミカルたっぷりの「ハーバード式野菜スープ」の作り方

白血球は、体内で免疫の中心として働いています。白血球の数や活性が低下すれば、免疫が正常に機能せず、ガン細胞が増殖し、抗ガン剤治療を続けることが難しくなってしまいます。その点、この野菜スープを飲めば、白血球がふえて免疫力が高まり、ガンに対する抵抗力を向上させることができるのです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長)


【ハーバード大元准教授が考案】生活習慣病、肥満の改善に役立つ「長生きスープ」

【ハーバード大元准教授が考案】生活習慣病、肥満の改善に役立つ「長生きスープ」

私が患者さんに勧めているのが、4種の野菜を20分ほど煮て作る「ファイトケミカルスープ」です。このスープが、がんの予防や治療の助けとして、また糖尿病や高血圧といった生活習慣病の改善、肥満の解消、体質改善など、さまざまな面で大きな効果を上げています。【解説】高橋弘(ハーバード大学医学部元准教授、麻布医院院長)


【前田浩の最強の野菜スープ】抗がん剤研究の世界的権威が愛飲のスープの正体

【前田浩の最強の野菜スープ】抗がん剤研究の世界的権威が愛飲のスープの正体

私が開発を目指しているのは、正常細胞を傷つけず、がん組織だけに作用を集中させる、抗がん剤です。実用化すれば、患者さんは副作用に苦しむことなく、生活の質を保ちながら治療を受けることができます。しかし、どれほど治療が進歩しても、ガン予防の重要性に変わりはありません。【解説】前田浩(熊本大学名誉教授)


【下半身太りの原因】リンパの流れを良くする "呼吸法" マッサージよりも効果大

【下半身太りの原因】リンパの流れを良くする "呼吸法" マッサージよりも効果大

リンパは「免疫」という病気を防ぐシステムに深く関わっています。リンパの流れがいい人は、カゼをひきにくく、NK(ナチュラルキラー)細胞という、ガン細胞を直接殺すリンパ球の活性が高いことがわかりました。免疫アップには、リンパマッサージよりも、楽で効果的な方法「リンパ呼吸」をお勧めします。【解説】大橋俊夫(信州大学名誉教授)


【腸内フローラ】腸内細菌が元気になれば現代病の9割が解決!がんの予防にも効果

【腸内フローラ】腸内細菌が元気になれば現代病の9割が解決!がんの予防にも効果

腸内細菌は、私たち人の体が正常に働くようにサポートしてくれています。脳やほかの臓器、免疫細胞まで支配している、全身の司令塔でもあるのです。【解説者】本間真二郎(七合診療所所長)


【大腸ガン予防に効果】新成分「S-アリルシステイン」が2.7倍増えるニンニクの食べ方

【大腸ガン予防に効果】新成分「S-アリルシステイン」が2.7倍増えるニンニクの食べ方

ニンニクの成分の一つ「アリシン」は特有のにおいのもとで、滋養強壮作用、殺菌作用、抗酸化作用、免疫力向上作用などをもたらすとされています。最近、ガン予防、特に大腸ガンの予防効果があるとして、S-アリルシステインという成分が注目されています。【解説】髙橋德江(順天堂大学医学部附属 練馬病院栄養科係長・管理栄養士)


胃ガンのリスクが半減!高い血糖値や血圧を下げ血栓も予防するタマネギの威力

胃ガンのリスクが半減!高い血糖値や血圧を下げ血栓も予防するタマネギの威力

効能を最大限に引き出すタマネギの調理法についてご説明いたします。【解説】齋藤嘉美(成和会介護老人保健施設・むくげのいえ施設長)