肥満・ダイエット

肥満・ダイエット

肥満を解消し、健康的にダイエットすることで、体の調子がよくなり、若々しさを維持することができます。単にやせることを目的としたダイエットは、肌荒れや体調不良を招いてしまいます。このカテゴリは、健康的にやせるために効果的な食事や、無理なく続けられる運動、筋トレ、エクササイズなど話題のダイエット情報を紹介する一覧ページです。

関連するカテゴリー

やせる食事法 やせる健康法

肥満・ダイエットに関連するキーワード

ダイエット
>>肥満・ダイエットに関連するキーワード一覧

肥満・ダイエットの健康情報一覧

「氷コンニャク」は理想の美ダイエット食材!食べるメリット5つ

「氷コンニャク」は理想の美ダイエット食材!食べるメリット5つ

カロリーは100g中わずか5kcal、低カロリーで食物繊維を多く含み便通を改善効果で知られコンニャク。セラミドを多く含むため、肌の保湿力を高める効果があります。幅広い料理に活用ができる「氷コンニャク」はダイエットの理想的な食材だと言えるでしょう。【解説】田中越郎(東京農業大学教授・医学博士)


【医師が自ら実践】ダイエット効果は腹筋以上!テレビで評判「おなかインアウト歩き」

【医師が自ら実践】ダイエット効果は腹筋以上!テレビで評判「おなかインアウト歩き」

どんなダイエットをやっても、ダメだった数年前のある日のこと。テレビの番組で、子どもがおなかを出したり引っ込めたりして、周りの出演者を笑わせているのを見ました。「おなかの脂肪を燃やすには、すごくいいのでは」とひらめき、考案したのが、私のお勧めする「おなかインアウト歩き」です。【解説】川村昌嗣(川村内科診療所所長)


ダイエット効果を高める大根の食べ方 体重は減ったのにバストはアップ!

ダイエット効果を高める大根の食べ方 体重は減ったのにバストはアップ!

体重が過剰な人ほど、体内に多くの老廃物をため込んでいると考えられます。生大根を食べるのは、基本的に1日1回でじゅうぶんですが、へらしたい体重が5〜6kgの人は2回、7kg以上の人は3回にふやしてください。1度に食べる量ではなく、1日に食べる回数をふやすのがポイントです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


人気!【こんにゃく唐揚げ】冷凍こんにゃくの簡単レシピ ダイエットにおすすめ

人気!【こんにゃく唐揚げ】冷凍こんにゃくの簡単レシピ ダイエットにおすすめ

私は昔から、料理のレシピコンテストに応募するのが大好きです。昨年も、あるコンニャクメーカーが主催したコンテストに応募し、グランプリを獲得することができました。このとき考案したメニューに使ったのが、「氷コンニャク」です。【解説】橋爪佐和子(四次元堂所長 鍼灸あんまマッサージ指圧師)


【医師考案】ダイエット外来でやせた人続出!「ひじ湯」の効果

【医師考案】ダイエット外来でやせた人続出!「ひじ湯」の効果

言うまでもありませんが、食べすぎてはいけない、運動は大切、など知識があっても実践できないのがダイエット。当院を訪れる人のほとんどが失敗した経験をお持ちです。しかし、当外来を卒業する頃には、平均7~8kgの減量に成功しています。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【医師が実践】野菜スープを飲んで2ヵ月で16kgやせ! 高血圧も痛風も水虫も改善

【医師が実践】野菜スープを飲んで2ヵ月で16kgやせ! 高血圧も痛風も水虫も改善

私のクリニックに来院されるガン患者の多くは、手術や抗ガン剤治療、放射線治療などで思うような結果が得られなかったかたがたです。そのため多くの患者さんが来院されたときには消化力が落ちて食事が取れずにいて、栄養が不足している状態になっています。そこで、最初に勧めるのが食事療法です。【解説】石黒栄紀(いしぐろクリニック院長)


下がり腸【大腸下垂】は下腹ぽっこりの原因 お腹が張る ガス腹は逆立ち体操で解消

下がり腸【大腸下垂】は下腹ぽっこりの原因 お腹が張る ガス腹は逆立ち体操で解消

「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 


医師の私も15kgやせた【手作り】「豆乳ヨーグルト」

医師の私も15kgやせた【手作り】「豆乳ヨーグルト」

私は、20年以上前から、豆乳ヨーグルトを自分で作って食べています。1日2食ですが、その際にコップ1杯分の豆乳ヨーグルトをいっしょに食べるのが日課です。【解説】丁宗鐵 (日本薬科大学学長)


お菓子を食べつつ5kgダイエット【指ヨガ】って知ってる?

お菓子を食べつつ5kgダイエット【指ヨガ】って知ってる?

ヨガというと、体を動かす広いスペースや、落ち着ける時間がないと取りかかれない、というイメージがあります。しかし、今回ご紹介する「指ヨガ」は、指を使うだけの非常にシンプルなヨガです。いつでもどこでも、簡単にできます。【解説】深堀真由美(深堀ヨガスクール主宰)


テレビで話題の【長生きスープ】ーー実際やったらどうなったか?

テレビで話題の【長生きスープ】ーー実際やったらどうなったか?

「長生きスープ」としてテレビで紹介された、医師監修の野菜スープを飲み始めてから、体重はどんどん減っていきました。目標の86kgを超えて、85kgになったのは、4ヵ月後でした。おなか周りも細くなり、ジーンズは全部買い替えました。【体験談】森睦(会社員・62歳)


【医師監修】レモン汁ダイエットでやせた!やり方は、食後にレモンを搾りそのまま飲むだけ

【医師監修】レモン汁ダイエットでやせた!やり方は、食後にレモンを搾りそのまま飲むだけ

そろそろ定年退職が近づいてきた年の秋、私は人間ドックに入りました。定年後の第二の人生に備えて、健康管理をしておこうと思ったのです。その結果は、血圧が高めで、中性脂肪値やコレステロール値はDランク、さらに血糖値も高くて境界型の糖尿病というものでした。【体験談】民生委員・73歳・本田捷子


【レモン酢の効能】コレステロールを下げ肥満に効果 脳梗塞 心筋梗塞の予防にも

【レモン酢の効能】コレステロールを下げ肥満に効果 脳梗塞 心筋梗塞の予防にも

脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や高脂血症、糖尿病の合併症など、動脈硬化が引き金になって起こる病気を抱えている人に、レモン酢を推奨します。病気がちだったり、疲れやすかったりして抵抗力が落ちているときに取ると、早めの回復が期待できそうです。ダイエットの補助食としてもおすすめです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


オーブンで簡単【焼きバナナの作り方】ダイエット効果抜群 シワやたるみも撃退

オーブンで簡単【焼きバナナの作り方】ダイエット効果抜群 シワやたるみも撃退

焼きバナナを食べるのは、主に朝食時です。朝起きてすぐにオーブントースターにバナナを入れ、焼いている間に顔を洗ったり、洗濯機を回したりすると、ちょうど出来上がったタイミングで食べられます。【体験談】居場京子(兵庫県●47歳●I.B.A-TOTAL BEAUTY CONSULTING 代表) 


【酢とバナナ】やせるバナナ酢ダイエット 血圧を下げる効果、むくみを解消する効能も

【酢とバナナ】やせるバナナ酢ダイエット 血圧を下げる効果、むくみを解消する効能も

バナナ酢は、さまざまな効能を持った健康食です。バナナ酢を摂取することで、多くの健康効果が期待できます。それらの働きは、どのような成分によってもたらされるのか、詳しくわかりやすくお話ししましょう。【解説】本橋登(インド国立大学博士論文審査官・元明治薬科大学教授/理事) 


医師監修【干しブドウ酢の作り方と効能】ダイエットや血圧、骨粗鬆症の改善に効果

医師監修【干しブドウ酢の作り方と効能】ダイエットや血圧、骨粗鬆症の改善に効果

干し葡萄(レーズン)を、酢に漬ける。誰もが考え付きそうで、誰もやっていなかったこのアイデアを形にしたところ、「とってもおいしい」「軟らかくて食べやすい」と大評判に――。マキノ出版の健康雑誌『安心』で大人気の、新しいダイエット法を紹介します。作り方と食べ方の解説付き。【取材】松崎千佐登(医学ジャーナリスト)


【医師実践】干しブドウ酢にはダイエット効果!血圧や尿酸値を下げる効能も

【医師実践】干しブドウ酢にはダイエット効果!血圧や尿酸値を下げる効能も

これまで私は、鉄欠乏性貧血の患者さんにはもちろん、鉄分が不足しがちな女性の患者さんにも、干しブドウをお勧めしてきました。私自身も干しブドウが大好きで、普段からよく食べています。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【美人還暦医師が実践】バナナ酢でダイエットに成功!その方法と効果を解説

【美人還暦医師が実践】バナナ酢でダイエットに成功!その方法と効果を解説

私は、若いころから、さまざまなダイエット法を試してきました。それは、一つには医師として、患者さんの前で不健康に太ったところを見せるわけにはいかないという思いから。もう一つには、女性として、いつまでもキレイでいたいという思いからです。それは、還暦を過ぎた今でも変わりません。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【医師】キャベツダイエットで医師が20kg、 新聞記者も10kgやせた方法を紹介

【医師】キャベツダイエットで医師が20kg、 新聞記者も10kgやせた方法を紹介

私がキャベツダイエットを始めたのは、数年前のことでした。減量開始時点で、身長169cmの私の体重は88〜89kgほどでしょうか。最も太ったときで92kgを記録したこともあり、明らかに太りすぎだったのです。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【医師実践】キャベツダイエットで楽にやせ、お腹の脂肪も取れた! 不眠症、不整脈も治った

【医師実践】キャベツダイエットで楽にやせ、お腹の脂肪も取れた! 不眠症、不整脈も治った

私は、最初に雑誌の『壮快』の特集記事でキャベツダイエットを知りました。キャベツという食物繊維が豊富な野菜をよくかむことによって、脳が感じる満腹感を利用し、食事の量をコントロールするという方法に共感しました。【解説】蘆原紀昭(元恒進會病院院長・加圧治療院院長)