医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

専門家

ケンカツ!で配信する健康記事を解説いただいている医学部教授、医師、薬剤師、管理栄養士、治療家など、信頼のおける専門家の方々です。


専門家の健康情報一覧

繰り返すニキビを治す「顔そり」のやり方と7つのメリット

繰り返すニキビを治す「顔そり」のやり方と7つのメリット

意外に思われるかもしれませんが、顔の毛は思いのほか皮膚に悪さをしています。顔そりは美肌になる秘訣の一つであり、皮膚科的にも美容的にもよいことずくめのケアなのです。正しい方法で顔をそれば、毛が濃く見えるようなことはありませんし、ケアの後にヒリヒリしたり、赤くなったりすることもありません。【解説】赤須玲子(赤須医院院長)


好相性"レモンコーヒー"の作り方 体脂肪を減らす若返りドリンク

好相性"レモンコーヒー"の作り方 体脂肪を減らす若返りドリンク

ヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、多様な健康効果があると判明しています。コーヒーとレモンの作用は重なる部分が多く、双方とも、中性脂肪を減らして肥満を予防。痩せホルモンとも長寿ホルモンとも呼ばれるアディポネクチンを増やす作用があるので、相乗効果が期待できます。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【下肢静脈瘤】予防改善に効果的な栄養素と食事アドバイス

【下肢静脈瘤】予防改善に効果的な栄養素と食事アドバイス

下肢静脈瘤は、ひどくなったら足を切断しなくてはならないなど、誤解もしばしばある病気ですが、下肢静脈瘤は、適切な治療で治る病気です。さらに軽度の下肢静脈瘤であれば、生活習慣の改善とセルフケアで症状を軽くしたり進行を食い止めたりすることは十分に可能です。【解説】阿保義久(北青山Dクリニック院長)


【名医】認知症の兆候は頻尿 予防には亜麻仁油をかけたブロッコリーがお勧め

【名医】認知症の兆候は頻尿 予防には亜麻仁油をかけたブロッコリーがお勧め

私は30年間にわたって認知症の研究と臨床にたずさわっており、現在は認知症の専門クリニックの院長を務めています。認知症を予防するための基本は、魚と野菜を中心とした食生活にあります。野菜の中でも、ぜひ積極的に取っていただきたいのが、ブロッコリーなのです。【解説】朝田隆(メモリークリニックお茶の水院長)


【管理栄養士】美肌効果を確信 有効成分「βカロテン」は酢人参で摂取!

【管理栄養士】美肌効果を確信 有効成分「βカロテン」は酢人参で摂取!

シミやくすみなどお肌の悩みを抱えている人にお勧めしたいのが、ニンジンを酢に漬けた常備菜「酢人参」です。人参の有効成分「βカロテン」の抗酸化作用で紫外線ダメージから肌を守ります。さらに体内で必要に応じてビタミンAに変化して美肌作りに役立つのです。【解説者】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【腰の痛みを消す方法】テニスボールで治す「簡易版・腰の関節包内矯正」とは

【腰の痛みを消す方法】テニスボールで治す「簡易版・腰の関節包内矯正」とは

患者さんに行っている施術法を、皆さんにご家庭で手軽に行っていただくために開発したのが、簡易版・関節包内矯正です。関節を調整し「正常な可動域」と「なめらかな動き」を取り戻させ、痛みを解消・緩和させる。これを可能にしたのが「テニスボール刺激」療法です。【解説】酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表・柔道整復師)


高血圧対策に、良質な睡眠、朝食、早歩きが重要!

高血圧対策に、良質な睡眠、朝食、早歩きが重要!

私は「睡眠時の血圧を下げることこそが、健康長寿のカギである」と考えています。その対策について、お話ししましょう。高血圧患者の多くは、原因不明の「本態性高血圧」といわれますが、その原因のほとんどはストレスであると考えています。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


大学の研究で判明!タマネギに含まれるケルセチンが動脈硬化・がんを抑制する

大学の研究で判明!タマネギに含まれるケルセチンが動脈硬化・がんを抑制する

実験の結果から、タマネギのケルセチンを継続的にとっていると血管内皮細胞の機能が健全に働き、NO(一酸化窒素)と活性酸素の結合を防ぎ高血圧や動脈硬化の抑制につながると考えられます。血管年齢に換算すると10〜20歳若返った状態に相当します。【解説】東幸仁(広島大学病院未来医療センター長・広島大学原爆放射線医科学研究所教授)


【半月板損傷・変形性膝関節症】ひざ痛が軽減&正座も楽になる「お皿ストレッチ」

【半月板損傷・変形性膝関節症】ひざ痛が軽減&正座も楽になる「お皿ストレッチ」

ひざの痛みで中高年者に最も多いのが、「変形性ひざ関節症」です。これは、加齢とともに、ひざの関節軟骨がすり減って炎症を引き起こすもので、水がたまって、ひざが腫れてくる例もあります。【解説】天本藤緒(自由が丘整形外科院長)


首の痛みは【ストレートネック】が原因 対策は顔の "ココ" を押すこと

首の痛みは【ストレートネック】が原因 対策は顔の "ココ" を押すこと

私の治療院へ、首のトラブルで来院される患者さんの多くは「ストレートネック」です。ストレートネックとは、首を前に出した姿勢を長年続けたことにより、緩やかなS字カーブを描くはずの頸椎(首の骨)が、真っ直ぐになってしまった状態です。スマホ首ともいわれています。【解説】酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表・柔道整復師)