白内障・緑内障

白内障・緑内障

白内障は、目の老化により、水晶体が濁り、視力が低下する病気です。糖尿病、紫外線、アトピー性皮膚炎、ステロイドなど薬の副作用が原因のこともあります。緑内障は、眼圧が原因で視神経に障害が起こり、視野が狭くなる病気です。飛蚊症は、目の硝子体が濁り、目の前を蚊が飛んでいるように見える病気です。このページは、白内障、緑内障、飛蚊症の不眠症の原因と対策、改善方法を紹介する記事一覧ページです。


白内障・緑内障の健康情報一覧

【眼科医解説】緑内障患者に勧める「目の温パック」とは?眼圧が下がり、手術回避も

【眼科医解説】緑内障患者に勧める「目の温パック」とは?眼圧が下がり、手術回避も

目の温パック後に、まぶたさすりを行うと、より涙の質がよくなり、リラックス効果も得られます。緑内障の発症原因の一つはストレスです。ストレスを解消することも、緑内障の進行を防ぐのに大いに役立ちます。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


【眼科医推奨】健康にいい納豆は目にも効果がある!「網膜血管閉塞症」の改善例多数!老眼にも

【眼科医推奨】健康にいい納豆は目にも効果がある!「網膜血管閉塞症」の改善例多数!老眼にも

眼科医である私が、患者さんに広く勧めている食品があります。それは、納豆です。なかでも積極的に勧めているのは、「網膜血管閉塞症」という症状に対してです。これは、網膜の血管が血栓(血の塊)などによって詰まる病気です。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


【眼科医】「牛乳」を控えたら白内障が軽快 緑内障の眼圧コントロールにも役立った

【眼科医】「牛乳」を控えたら白内障が軽快 緑内障の眼圧コントロールにも役立った

通常、私たちは食べ物をよくかむことで唾液や胃液、腸液を出し、それらで解毒しながら消化して、必要な栄養を吸収しています。ところが、消化が不十分なたんぱく質は、解毒されずに腸から吸収されるため、体にさまざまな問題を引き起こします。【解説者】半田喜久美(多治見眼科院院長)


【医師推奨】緑内障を改善する生活習慣は「しょうが紅茶」と「腹巻き」

【医師推奨】緑内障を改善する生活習慣は「しょうが紅茶」と「腹巻き」

体の不調の多くは、体の冷えが原因で生じると私は考えています。低体温によって余計な水分が体にたまるのです。血液中の水分が多くなると高血圧、内耳の水分が多くなると耳鳴りやめまい、目の内部の水分が多くなると緑内障といった病気にもつながります。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【医師が指導】緑内障の失明を予防!「温めケア」と目薬の効き目を高める「まぶたマッサージ」

【医師が指導】緑内障の失明を予防!「温めケア」と目薬の効き目を高める「まぶたマッサージ」

緑内障は、日本人の失明原因の第1位を占めています。緑内障の進行が緩やかであるため、初期の段階では視力障害があっても、多くの人は気づきません。点眼薬による治療と並んで大事なのが、日ごろの目のセルフケアです。私は、緑内障の患者さんに、目の温パックを勧めています。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)


【飛蚊症のツボ】耳の先端「耳尖」をもみほぐすと、改善例が続出!

【飛蚊症のツボ】耳の先端「耳尖」をもみほぐすと、改善例が続出!

飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように見える症状)は、西洋医学の立場からは、治療の方法がない疾患とされています。眼科にかかっても、「この病気は治りません」といわれて、治すことをあきらめている人も少なくないでしょう。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)


【緑内障・白内障の前兆】老眼が軽くなったら…目の前の"おかず" に気づかなかったら…

【緑内障・白内障の前兆】老眼が軽くなったら…目の前の"おかず" に気づかなかったら…

白内障や緑内障といった目の病気には、特徴的な前兆や症状があります。目の変調を見逃さず、早期に眼科を受診することが、視力を守ることにつながります。以下の項目に該当するものがないかどうか、皆さんもいっしょにチェックしてみてください。【解説】宮永嘉隆(東京女子医科大学名誉教授 西葛西・井上眼科名誉院長)


【正常眼圧緑内障に有効】目の特効ツボ「光明」刺激で眼底血流をふやす!

【正常眼圧緑内障に有効】目の特効ツボ「光明」刺激で眼底血流をふやす!

足の「光明」というツボは、昔から目の特効ツボと考えられてきました。そもそも光明という名前自体が、「目に光明をもたらす」という、その働きからきていると考えられます。なぜこのツボが目の機能を高めるのか、また、「光明」の場所を探す方法、その刺激方法をご紹介します。【解説】矢野 忠(明治国際医療大学鍼灸学部教授)


【即効】飛蚊症、 目の疲れ、ぼやける、まぶしさが改善する「太陽ツボ指圧」

【即効】飛蚊症、 目の疲れ、ぼやける、まぶしさが改善する「太陽ツボ指圧」

5年ほど前から、飛蚊症(外からの光を通す目の硝子体が濁り、目の前を蚊が飛んでいるように見える症状)が気になり始めました。白い壁を見たり、明るい場所へ行ったりすると、フワフワとしたほこりのようなものが視界に入るのです。【体験談】橋本頼子(仮名・自営業・52歳)


【眼科医】視力低下を防ぎ、正常眼圧緑内障の症状も改善できる「目の体操」

【眼科医】視力低下を防ぎ、正常眼圧緑内障の症状も改善できる「目の体操」

自宅でできる目の健康維持の方法として、私がクリニックを訪れる患者さんたちに勧めているものが、3つあります。一つが水分補給、一つが目の遠近トレーニング。さらにもう一つが「目の体操」です。ここでは、この目の体操についてお話ししましょう。【解説】新見浩司(新見眼科院長)


【東北大学の研究】緑内障の治療は眼圧を下げるだけでは不十分 ― みかんの皮が鍵!?

【東北大学の研究】緑内障の治療は眼圧を下げるだけでは不十分 ― みかんの皮が鍵!?

今、日本人の失明原因でいちばん多いのは、緑内障です。緑内障は加齢とともに増加し、40代以上で5%、70代以上になると11%もの人が緑内障にかかるといわれています。緑内障は、眼圧が高くなって視神経を障害し、視野が狭くなる病気です。【解説】檜森紀子(東北大学大学院医学系研究科眼科学分野助教)


【眼科医】緑内障の症状を改善する「目の5秒マッサージ」

【眼科医】緑内障の症状を改善する「目の5秒マッサージ」

緑内障の改善をめざすとき、重要なカギになるのが「血流」です。私は眼科医として、毎日のように患者さんたちの網膜の画像を見ています。検査機では、眼底の毛細血管の様子を観察できます。すると、緑内障の患者さんは、毛細血管が劣化し、血液がドロドロになっているのがわかります。【解説】山口康三(回生眼科院長)


【緑内障】39あった眼圧が正常化へ 黄斑変性も改善 目がよくなる「煮干しスープ」 

【緑内障】39あった眼圧が正常化へ 黄斑変性も改善 目がよくなる「煮干しスープ」 

緑内障に対し、私は生活改善を軸にする治療で成果をあげています。中でも重要なのが食事指導ですが、その一環として、あるスープをお勧めしています。  それは「煮干しスープ」です。煮干し(粉末)を使って簡単に作れるスープで、緑内障の悪化防止や回復促進に役立ちます。【解説】山口康三(回生眼科院長)


【眼科医】緑内障と運動・生活習慣の関係 ― 眼圧は少食やウォーキングで改善する

【眼科医】緑内障と運動・生活習慣の関係 ― 眼圧は少食やウォーキングで改善する

眼圧とは眼球内部の圧力で、これが高くなることが緑内障の主要な原因とされています。そのため、緑内障の治療では眼圧のコントロールが欠かせませんが、従来の標準的な眼科医療では、それをもっぱら薬と手術で行ってきました。【解説】山口康三(回生眼科院長)


【視野が回復する例も】緑内障を生活習慣で改善 網膜症・黄斑変性にも効果

【視野が回復する例も】緑内障を生活習慣で改善 網膜症・黄斑変性にも効果

緑内障に関する現在の標準的な治療においては、いったん起こった視野の狭窄や欠損は回復しないとされています。ところが、私の指導している生活習慣の改善を行うと、緑内障で起こった視野の狭窄や欠損が、回復する例があります。【解説】山口康三(回生眼科院長)


緑内障の眼圧が正常化!老眼鏡も不要!視力もアップする「視力回復爪もみ」

緑内障の眼圧が正常化!老眼鏡も不要!視力もアップする「視力回復爪もみ」

日本人の多くが抱える近視は、実は、交感神経(体を活動状態にする神経)の緊張を背景に発症・進行する病気といえます。近視は、屈折異常の一つです。本来は網膜上に焦点を結ぶ光が、網膜の手前で焦点が結ばれるため、遠くの物がぼやけて見えにくくなってしまうのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【医師解説】緑内障の予防に効果 眼圧が低下する「ウォーキング法」はこれ

【医師解説】緑内障の予防に効果 眼圧が低下する「ウォーキング法」はこれ

私は長年、緑内障の患者さんに生活習慣の改善を指導して、病状の進行阻止や改善を行ってきました。そのなかで、ウォーキングなどの運動は重要な柱です。【解説】山口康三(回生眼科院長)


【湿布療法】老眼、かすみ目、飛蚊症、のどの痛み対策に効果!顎関節症、耳閉感も改善!

【湿布療法】老眼、かすみ目、飛蚊症、のどの痛み対策に効果!顎関節症、耳閉感も改善!

湿布療法は、七つあります。その中で、小指湿布とひじ・腕湿布は、首から上の症状に効きます。「小指湿布」は幅広い症状に効き、しかも強力な効果があります。しかし、その小指湿布をもってしても効果が得られないケースがあります。それは、小指の筋肉が、非常に硬くなっている人です。【解説】安田 譲(安田医院院長)


【コーヒーの効果】シナモンコーヒーが近視、老眼、飛蚊症、緑内障、 加齢黄斑変性に効く!

【コーヒーの効果】シナモンコーヒーが近視、老眼、飛蚊症、緑内障、 加齢黄斑変性に効く!

シナモンは、パンやお菓子などにもよく使われる香辛料です。このシナモンが最新の科学的な研究により、血管を若返らせ、アンチエイジングに最適と判明しました。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物研究所教授)


ランキング


>>総合人気ランキング