MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
白内障の改善

白内障の改善

白内障とは、眼の中のレンズの役割をする水晶体が濁ってしまう病気で、主に加齢が原因です。早くて40歳から発症し、80歳を超えるとほとんどの人が何らかの白内障の状態にあるといわれています。白内障の初期では自覚症状がない場合が多く、気が付きにくい病気です。進行すると、視界が暗くなったり、白っぽくかすんで見えたり、眩しく見えるようになります。このページは白内障のお悩み解消に役立つ記事の一覧ページです。

白内障の改善の記事一覧

表示順:
白内障は、手術をすれば視力が回復する病気です。焦って手術を受ける必要はありませんが、視力が落ちて不便な状態を長く我慢するよりは、適切な時期に手術を受けたほうが、QOL(生活の質)を高めて、快適に過ごすことができます。【解説】吉野健一(吉野眼科クリニック院長)
白内障は老化現象の一つです。白髪やシワと同様、放置せずに眼科での治療とともに、日ごろの生活習慣や栄養療法のケアによって、進行をある程度遅らせたり、予防したりすることも大切です。【解説】村上茂樹(順天堂大学客員教授、むらかみ眼科クリニック院長)
スーパーで商品の値段がよく見えず、家に戻ってからレシートを見たら、「思っていたより高額だった」ということが何度かありました。【体験談】●主婦●66歳●桜井ようこ