歯周病・歯の痛み

歯周病・歯の痛み

歯痛は、象牙質や歯髄など歯そのものが痛む場合と、歯の周辺にある歯茎が炎症を起こして痛む場合があります。虫歯だと思っていても、実は顎など歯以外に異常があることもあります。歯痛の原因となる病気はさまざまで、成人の9割がかかっているといわれる歯周病や、親知らずの細菌感染でも痛むことがあります。このページは歯の痛みや口腔の痛みに関する記事の一覧です。

歯周病・歯の痛みに関連するキーワード

歯周病 出っ歯 歯茎の痛み
>>歯周病・歯の痛みに関連するキーワード一覧

歯周病・歯の痛みの健康情報一覧

【新常識】歯周病を招く原因の一つは「カルシウムの取りすぎ 」対策は「昆布水」が有効

【新常識】歯周病を招く原因の一つは「カルシウムの取りすぎ 」対策は「昆布水」が有効

「1日1杯のコンブ水が歯や骨を丈夫にします」というと「カルシウムを十分にとっているからコンブ水なんて必要ない」と思う人がいるでしょう。しかし、その考えは大きな誤りです。世界の歯科学会では「歯周病は感染症ではない」という新しい理論が支持され、新常識になりつつあります。【解説】小峰一雄(小峰歯科医院理事長・歯学博士)


【歯科医師】顎関節症に効果 輪ゴムで行うセルフケア 小顔になる!スタイルがよくなる!

【歯科医師】顎関節症に効果 輪ゴムで行うセルフケア 小顔になる!スタイルがよくなる!

「歯の矯正をしたり、親知らずを抜いたりした後に、顎関節症になる患者さんが多い」歯科医である私は、あるとき気づきました。顎関節症は、口を開閉するさいに、痛みや違和感が生じる病気です。顎関節症、頭痛や肩こりなど、全身の不調が改善する耳輪ゴムをご紹介します。【解説】佐藤青児(月見歯科クリニック院長・メディカサトウ主宰)


顎関節症を改善する【手のもみ方】

顎関節症を改善する【手のもみ方】

関節は、あごを動かす大きく強い筋肉の硬さが影響して、症状が出やすくなります。また、顎関節症の人は、あごが気になってよく動かすクセを持ちやすいです。そのクセが、痛みの悪化につながります。顎の痛みと違和感を改善する手のもみ方をご紹介します。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


【顎関節症の改善】「足のつけ根をもむ」と口を開けやすくなる?

【顎関節症の改善】「足のつけ根をもむ」と口を開けやすくなる?

大腿筋膜張筋は、骨盤と大腿骨(太ももの骨)をつなぎ、足を前に出すときに使われる筋肉です。大腿筋膜張筋は、足の付け根に位置し、上半身と下半身相方に影響を与えています。ここを刺激すると股関節などの下半身だけでなく、あごの筋肉も緩むのです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長自律神経免疫治療研究所所長)


【歯科医が教える】歯痛によく効く鎮痛ツボ ― 治療中の痛み、歯周病、歯科恐怖症にも有効

【歯科医が教える】歯痛によく効く鎮痛ツボ ― 治療中の痛み、歯周病、歯科恐怖症にも有効

手の甲にある「合谷」は、歯の痛みによく効くツボとして有名です。合谷を刺激しながら治療を行うことで患者さんの不安や恐怖心を取り除き、治療中の痛みや、麻酔の量を減らせます。合谷は、治療後の回復や歯周病の治癒も早める、まさに歯科にはうってつけのツボなのです。【解説】福岡博史(医療法人社団明徳会福岡歯科理事長・医学博士)


【歯科医師が解説】顎関節症や歯科恐怖症の改善に効果あり「耳を引っ張る」治療法

【歯科医師が解説】顎関節症や歯科恐怖症の改善に効果あり「耳を引っ張る」治療法

顎関節症は、8〜9割はストレスが引き金になっています。ストレスを抱えていると自律神経の交感神経が緊張し、顎周囲の筋肉が硬くなり症状が現れます。歯ぎしりや食いしばりも強くなるため、歯がすり減って噛み合わせが悪くなり、さらに顎の位置がゆがむという悪循環に陥って症状が悪化します。【解説】信太隆志(本納駅前歯科院長)


歯周病や口臭、歯の痛みが改善!頬のたるみも解消!歯科医師推奨【歯ぐきの血管マッサージ】

歯周病や口臭、歯の痛みが改善!頬のたるみも解消!歯科医師推奨【歯ぐきの血管マッサージ】

私たちの体を巡り、生命活動を支えている血液は、心臓から送り出された後、動脈を通って全身に届けられます。しかし、末梢の血管に行くほど圧力は弱くなり、じゅうぶんな血液が届きにくくなります。そうした末梢部の1つが、歯の周りの血管です。【解説】倉治ななえ(クラジ歯科医院院長・日本歯科大学附属病院臨床教授)


歯の痛みには【鎮痛ツボ】で応急処置を 歯茎の痛みも効くと歯科医師が解説

歯の痛みには【鎮痛ツボ】で応急処置を 歯茎の痛みも効くと歯科医師が解説

歯痛には、歯そのものの痛みと、歯茎の痛みがあります。歯の痛みには象牙質に染みる知覚過敏と、虫歯が進行して炎症した歯髄炎があります。一方、歯茎は、疲れや、体調の悪いときなどのストレスによって歯茎が炎症を起こして痛むのです。治療までの間、応急処置として手足の鎮痛ツボをもむといいでしょう。【解説】落合義徳(落合歯科医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング