医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

歯周病・歯の痛み

歯周病・歯の痛み

歯痛は、象牙質や歯髄など歯そのものが痛む場合と、歯の周辺にある歯茎が炎症を起こして痛む場合があります。虫歯だと思っていても、実は顎など歯以外に異常があることもあります。歯痛の原因となる病気はさまざまで、成人の9割がかかっているといわれる歯周病や、親知らずの細菌感染でも痛むことがあります。このページは歯の痛みや口腔の痛みに関する記事の一覧です。

歯周病・歯の痛みに関連するキーワード

歯周病 出っ歯 歯茎の痛み
>>歯周病・歯の痛みに関連するキーワード一覧

歯周病・歯の痛みの健康情報一覧

口臭や歯周病を予防する「レモンミルク」の効果(作り方・飲み方)

口臭や歯周病を予防する「レモンミルク」の効果(作り方・飲み方)

年を重ねると、唾液の分泌が減り、口内が渇きがちになります。すると、飲みこみにくさや、薬の副作用による味覚障害などでお困りの人もいるでしょう。レモンは唾液の分泌を促すため、そういった悩みの改善にうってつけです。【解説】清水百合(六本木しみず歯科院長・日本元気キレイ医歯学研究所代表)


【歯周病菌の除菌方法】注目の歯科技術「3DS」とは?

【歯周病菌の除菌方法】注目の歯科技術「3DS」とは?

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【顎がカクカク】顎関節症の治し方 顔のゆがみをタオルで矯正!

【顎がカクカク】顎関節症の治し方 顔のゆがみをタオルで矯正!

「あごを動かすとカクカクと音がして痛む」「口を大きく開けない」などの症状は、顎関節症と呼ばれています。以前はかみ合わせや、あごの関節の異常が原因で起こると思われていたのですが、そのほとんどは違う原因で起こっていることがわかってきました。【解説】原節宏(日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授・顎関節症診療センター長)


【舌がヒリヒリ痛む】歯周病を招く「ドライマウス」の原因と対策

【舌がヒリヒリ痛む】歯周病を招く「ドライマウス」の原因と対策

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


歯周病を放置・進行するとどうなるか?糖尿病や認知症、病気との関係は?

歯周病を放置・進行するとどうなるか?糖尿病や認知症、病気との関係は?

歯周病は、今や成人の約8割がかかっているとされる「国民病」です。早い人では10代から、歯周病の初期段階である歯肉炎が始まり、40代、50代で患者数が最も多くなります。歯周病も生活習慣病の一つだと私は考えています。【解説】森永宏喜(森永歯科医院院長、米国抗加齢医学会認定医)


口内炎ができなくなった!朝一番の「太白ごま油うがい」で口内浄化

口内炎ができなくなった!朝一番の「太白ごま油うがい」で口内浄化

ゴマ油といえば、酸化を防止する力があり、健康や美容によい油として知られています。とはいえ、料理以外には使わない人がほとんどでしょう。実は、そのゴマ油を使ってうがいをすると、口の中のトラブルの改善や予防をする効果が期待できるのです。【解説】川島一恵(鍼灸あん摩マッサージ指圧師・アーユルヴェーダヘルスコーディネーター)


【歯ぐきの腫れ・膿や出血】歯周病を改善する漢方薬「排膿散及湯」とは

【歯ぐきの腫れ・膿や出血】歯周病を改善する漢方薬「排膿散及湯」とは

漢方では、「口の中は、全身を映し出す鏡」といわれ、昔から健康状態は口の中に現れると考えられてきました。その考えどおりに、漢方の診断法の一つに、舌で体の状態を見る「舌診」があります。舌の色や形などの状態で、内臓の働きや栄養状態、胃腸の状態、病気の進行までわかります。【解説】平地治美(薬剤師・鍼灸師)


奥歯がグラグラ・しみる違和感を解消「口の血管マッサージ」のやり方

奥歯がグラグラ・しみる違和感を解消「口の血管マッサージ」のやり方

歯周病を引き起こす原因の一つに、「歯の冷え症」があります。といっても、そのものが冷えるのではありません。歯の周囲にある、毛細血管の血流が悪くなって起こる症状のことで、分かりやすいようにそう名づけました。【解説】倉治ななえ(クラジ歯科医院院長)


歯周病を本気で治したいなら「食事の内容」の見直しを!海藻や亜麻仁油がお勧め

歯周病を本気で治したいなら「食事の内容」の見直しを!海藻や亜麻仁油がお勧め

皆さんは、「歯周病は歯周病菌による感染症」だと思っていませんか。皆さんだけでなく、歯科医師も、大半がそう考えていると思います。しかしその常識が、今、ぬり替えられようとしています。アメリカの歯周病学会は、すでに「歯周病は感染症にあらず」と正式に発表しています。【解説】小峰一雄(小峰歯科医院理事長)


寝起きの水飲み・食後すぐの歯磨きは厳禁!歯垢を除去する正しいブラッシング

寝起きの水飲み・食後すぐの歯磨きは厳禁!歯垢を除去する正しいブラッシング

歯磨きをするのは、「食後の食べかすを取ること」だと思っている人が多いと思います。しかし、歯磨きの本来の目的は、歯垢(プラーク)を取ることです。【解説】森昭(竹屋町森歯科クリニック院長)


歯周病を予防する「舌回しエクササイズ」!「舌力」を高めて唾液を分泌!

歯周病を予防する「舌回しエクササイズ」!「舌力」を高めて唾液を分泌!

歯科医として30年以上、たくさんの患者さんを診てきましたが、ムシ歯が1本もない歯周病の患者さんは数人しかいませんでした。このことから、口の中の環境をきれいに整えておくことが、いかに大切かということがわかります。【解説】宝田恭子(宝田歯科医院院長)


【ドライマウスを改善】昆布水で口臭を予防 歯周病や虫歯に効果

【ドライマウスを改善】昆布水で口臭を予防 歯周病や虫歯に効果

「口の中が乾いて夜中に目が覚める」「朝、起きたときに口の中が乾いてネバネバする」といった症状が「ドライマウス」です。唾液には抗菌作用や粘膜保護作用、自浄作用など、多くの働きがあり、分泌量が減少すると、虫歯や歯周病、口臭、加齢臭などの原因になります。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【歯茎の腫れ・出血・口臭】改善ツボの場所は「かかと」

【歯茎の腫れ・出血・口臭】改善ツボの場所は「かかと」

歯周病や口内炎、さらには口臭など、口の中の症状によく効くのが、かかとの後ろにある「女膝」というツボです。女膝は、私たち鍼灸師の間では、口の中の疾患の特効ツボとしてよく知られています。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


「虫歯じゃないのに歯が痛い」 噛みしめが原因の歯痛に「耳たぶ回し」が効果!

「虫歯じゃないのに歯が痛い」 噛みしめが原因の歯痛に「耳たぶ回し」が効果!

私の治療経験上「歯が痛い」と訴えて歯科医院に来る患者さんのうち、約半数はムシ歯が原因ではありません。歯痛は歯周病や知覚過敏も多いですが「噛みしめ(TCH)」も無視できません。嚙みしめ癖があるかどうかは、口の中を見るとすぐにわかります。【解説】山嵜智浩(かしの木歯科医院院長)


噛みしめによる肩こりを改善する「耳たぶ回し」のやり方

噛みしめによる肩こりを改善する「耳たぶ回し」のやり方

「嚙みしめぐせ」自体は無意識にしていることでもあり、矯正するのは難しいのですが、それによるトラブルを緩和する方法があります。それが今回ご紹介する「耳たぶ回し」です。これは耳たぶをひっぱって回すことで過度に緊張しているあご周辺や側頭部の筋肉をほぐす方法です。【解説】山嵜智浩(かしの木歯科医院院長)


【歯科医師】顎関節症に効果 輪ゴムで行うセルフケア 小顔になる!スタイルがよくなる!

【歯科医師】顎関節症に効果 輪ゴムで行うセルフケア 小顔になる!スタイルがよくなる!

「歯の矯正をしたり、親知らずを抜いたりした後に、顎関節症になる患者さんが多い」歯科医である私は、あるとき気づきました。顎関節症は、口を開閉するさいに、痛みや違和感が生じる病気です。顎関節症、頭痛や肩こりなど、全身の不調が改善する耳輪ゴムをご紹介します。【解説】佐藤青児(月見歯科クリニック院長・メディカサトウ主宰)


顎関節症の改善に!足のつけ根もみで口が開けやすく

顎関節症の改善に!足のつけ根もみで口が開けやすく

大腿筋膜張筋は、骨盤と大腿骨(太ももの骨)をつなぎ、足を前に出すときに使われる筋肉です。大腿筋膜張筋は、足の付け根に位置し、上半身と下半身相方に影響を与えています。ここを刺激すると股関節などの下半身だけでなく、あごの筋肉も緩むのです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長自律神経免疫治療研究所所長)


歯の痛みに効く!"手のツボ" マッサージのやり方

歯の痛みに効く!"手のツボ" マッサージのやり方

手の甲にある「合谷」は、歯の痛みによく効くツボとして有名です。合谷を刺激しながら治療を行うことで患者さんの不安や恐怖心を取り除き、治療中の痛みや、麻酔の量を減らせます。合谷は、治療後の回復や歯周病の治癒も早める、まさに歯科にはうってつけのツボなのです。【解説】福岡博史(医療法人社団明徳会福岡歯科理事長・医学博士)


【ストレスで痛む】顎関節症のセルフケア「耳引っ張り」を歯科医が解説

【ストレスで痛む】顎関節症のセルフケア「耳引っ張り」を歯科医が解説

顎関節症は、8〜9割はストレスが引き金になっています。ストレスを抱えていると自律神経の交感神経が緊張し、顎周囲の筋肉が硬くなり症状が現れます。歯ぎしりや食いしばりも強くなるため、歯がすり減って噛み合わせが悪くなり、さらに顎の位置がゆがむという悪循環に陥って症状が悪化します。【解説】信太隆志(本納駅前歯科院長)


歯の痛みには【鎮痛ツボ】で応急処置を 歯茎の痛みも効くと歯科医師が解説

歯の痛みには【鎮痛ツボ】で応急処置を 歯茎の痛みも効くと歯科医師が解説

歯痛には、歯そのものの痛みと、歯茎の痛みがあります。歯の痛みには象牙質に染みる知覚過敏と、虫歯が進行して炎症した歯髄炎があります。一方、歯茎は、疲れや、体調の悪いときなどのストレスによって歯茎が炎症を起こして痛むのです。治療までの間、応急処置として手足の鎮痛ツボをもむといいでしょう。【解説】落合義徳(落合歯科医院院長)