MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
飛蚊症の改善

飛蚊症の改善

飛蚊症とは、黒い点や虫のようなものが視野の中に見える症状です。明るい空を見つめたり、白い壁を見たときにははっきりと現れることが多く、原因は主に加齢による硝子体剥離が原因とされています。飛蚊症の症状自体は、ほとんどの場合生理的な老化現象ですが、たまに網膜剥離など重篤な疾患の前触れであることがあるので注意が必要です。このページは飛蚊症に関する記事の一覧です。

飛蚊症の改善の記事一覧

表示順:
飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように見える症状)は、西洋医学の立場からは、治療の方法がない疾患とされています。眼科にかかっても、「この病気は治りません」といわれて、治すことをあきらめている人も少なくないでしょう。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)
ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)
飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように見える症状)は、西洋医学の立場からは、治療の方法がない疾患とされています。ひぶんしょう、と読みます。眼科にかかっても、「この病気は治りません」といわれて、治すことをあきらめている人も少なくないでしょう。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)