MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
東幸仁

東幸仁

広島大学再生医科学部門教授、東幸仁先生が解説する健康情報をご紹介。

東幸仁の記事一覧

表示順:
実験の結果から、タマネギのケルセチンを継続的にとっていると血管内皮細胞の機能が健全に働き、NO(一酸化窒素)と活性酸素の結合を防ぎ高血圧や動脈硬化の抑制につながると考えられます。血管年齢に換算すると10〜20歳若返った状態に相当します。【解説】東幸仁(広島大学病院未来医療センター長・広島大学原爆放射線医科学研究所教授)
更新: 2018-12-07 13:35:21

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt