病気や症状の改善に役立つ健康情報サイト

頻尿・尿もれ

頻尿や尿もれの改善に役立つ記事一覧ページです。


頻尿・尿もれの健康情報一覧

足にたまった水分が夜間頻尿を招いている!ふくらはぎをもんで動かして改善せよ

足にたまった水分が夜間頻尿を招いている!ふくらはぎをもんで動かして改善せよ

多くの場合、夜間頻尿を引き起こす元凶はむくみ。このむくみをとるのに効果的な方法をご紹介します。【解説】重松 宏(山王メディカルセンター血管外科統括部長)


【強い尿意】不意に襲われる「過活動膀胱」は市販薬でも効果あり

【強い尿意】不意に襲われる「過活動膀胱」は市販薬でも効果あり

過活動膀胱は、何らかの原因で膀胱が過敏になり、膀胱が過剰に活動して収縮してしまうため、尿もれや頻尿が起こります。【解説】楠山弘之(永弘クリニック院長)


首の後ろを10円玉でこすったら 左足のマヒが軽快! 夜間頻尿が改善し性力アップ

首の後ろを10円玉でこすったら 左足のマヒが軽快! 夜間頻尿が改善し性力アップ

首が人間の急所であり、重要な部位であることは、皆さんご存じでしょう。鍼灸の世界でも、首はツボや経絡(生命エネルギーである気の通り道)が密集する箇所として、重視されてきました。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


泌尿器科医が指南! 下着にシミがつく排尿後の チョイもれに効果大の会陰部指圧

泌尿器科医が指南! 下着にシミがつく排尿後の チョイもれに効果大の会陰部指圧

男性によくある尿の悩みに、「排尿後、陰茎をズボンにしまった後に、タラーッと少量の尿がもれてしまう。そのため、下着やズボンにシミがついて汚す」というものがあります。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長) イラスト/古谷充子


頻尿や尿もれ・膀胱炎が改善し 泌尿器の手術も回避できる 「快感おしっこ」の習慣

頻尿や尿もれ・膀胱炎が改善し 泌尿器の手術も回避できる 「快感おしっこ」の習慣

「トイレに入ってから、外出しよう」「コンサートが始まる前にトイレに行っておかなければ」。皆さんは、こんな理由でトイレに行っていませんか?【解説】渋谷秋彦(神楽岡泌尿器科院長) イラスト/古谷充子


1回300㎖で30秒! 膀胱や尿道の負担を減らす 快感おしっこの作り方と出し方

1回300㎖で30秒! 膀胱や尿道の負担を減らす 快感おしっこの作り方と出し方

尿もれや頻尿など、排尿トラブルを予防し、改善するためにお勧めしたいのが、「快感おしっこ」をする習慣です。【解説】渋谷秋彦(神楽岡泌尿器科院長) イラスト/古谷充子


男のチカラを削ぐ前立腺肥大症は 大肥大よりも小肥大のほうが 症状が強いと判明

男のチカラを削ぐ前立腺肥大症は 大肥大よりも小肥大のほうが 症状が強いと判明

尿の出だしが鈍い、勢いがなくなる、夜中にトイレに起きる、残尿感が強い、直後に下着を汚す――。中年以降の男性が抱える排尿のトラブルは実に多様です【解説】古堅進亮(新都心クリニック東京前立腺センター院長) イラスト/古谷充子


昼間に弾性ストッキングを はくと夜間頻尿が改善し 心臓病も予防できると判明

昼間に弾性ストッキングを はくと夜間頻尿が改善し 心臓病も予防できると判明

夜間頻尿は、現在の日本の高齢化社会を反映している症状の一つです。私は、こうした夜間頻尿の患者さんのセルフケアとして、日中に着用する「弾性ストッキング」を勧めています。【解説】曽根淳史(宮津康生会宮津武田病院院長)


夜間頻尿は足のむくみが原因! 寝る2〜3時間前の ふくらはぎマッサージで改善

夜間頻尿は足のむくみが原因! 寝る2〜3時間前の ふくらはぎマッサージで改善

夜間頻尿に悩んでいる人に、お勧めの方法があります。それは、夕食後のくつろいだ時間帯に、ふくらはぎをマッサージすることです。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング