頻尿・尿もれ

頻尿や尿失禁によって一人で悩んでいる方はいませんか。外出が憂鬱になり、行動も制限され、生活の質が低下することも。適切な対策を取ることで、実は改善することが多いのです。最近では「過活動膀胱」もよく知られ、若い人でも頻尿・尿もれの悩みを持つ人が増えています。実は、日本では810万人の潜在患者がいるといわれています。このカテゴリは、頻尿・尿もれの改善に役立つ記事を紹介します。

頻尿・尿もれに関連するキーワード

頻尿の対処法 尿もれの対処法 間質性膀胱炎の治療 過活動膀胱の治療
>>頻尿・尿もれに関連するキーワード一覧

頻尿・尿もれの健康情報一覧

【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

夜間頻尿とは、夜の睡眠中に1回以上、排尿のために起きる症状です。夜間頻尿の原因は「足のむくみ」にあるケースが多いのです。夜間頻尿に悩んでいる人に、お勧めの方法があります。それは、夕食後のくつろいだ時間帯に、ふくらはぎをマッサージすることです。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


 【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

冷えや低体温の高齢者の患者さんに、私はお尻を温めることをお勧めしています。「夜間頻尿が解消」「腰痛が改善」「便秘が改善」などといった声が聞かれます。お尻を温める対策だけで、なぜこんなに幅広い効果が得られるのでしょうか。やり方を紹介しましょう。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

私は、女性専門の出張整体をしていますが、年齢を問わず多いのが、尿のトラブルです。その原因の一つに、骨盤のゆがみがあります。【解説】山本あやの(出張整体「ゆくり」代表・整体師)


【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

昔から、「冷えは女性の大敵」などといわれます。実は、中高年の女性に多い頻尿や尿もれなどの尿トラブルは、寒い時期に悪化しがちです。私のクリニックでは、尿トラブルの治療は骨盤底筋トレーニングと腹式呼吸が基本です。【解説】関口由紀(女性医療クリニック LUNAグループ理事長・医学博士)


【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

前立腺肥大症は、男性の高齢者はほぼ全員がかかる、といわれるほど有病率が高い病気です。尿の出が悪い、トイレの回数が増えたなどの不快症状がくり返されたら、専門医に相談しましょう。問診、検査、薬物療法、手術療法と、回復までの流れをご説明しましょう。【解説】古堅進亮(新都心クリニック東京前立腺センター院長)


【医師解説】夜間頻尿・尿漏れの改善には、昼間に弾性ストッキングをはくこと―心臓病も予防できる

【医師解説】夜間頻尿・尿漏れの改善には、昼間に弾性ストッキングをはくこと―心臓病も予防できる

夜間頻尿の患者さんへのセルフケアとして、日中に着用する「弾性ストッキング」を勧めています。女性だけでなく、男性にもおすすめです。2週間もすると、多くの患者さんが、足のむくみが改善され、足が軽くなり、夜間の尿量も減少。体調がよくなり、手放せなくなるようです。【解説】曽根淳史(宮津康生会宮津武田病院院長)


尿の出が悪かったら【尿道狭窄症】を疑え!治療の現状は?どんな手術がある?

尿の出が悪かったら【尿道狭窄症】を疑え!治療の現状は?どんな手術がある?

尿道狭窄症は、ケガや炎症、手術の後遺症など、さまざまな原因によって尿道に狭くなった箇所ができてしまい排尿しにくくなる病気です。しかし、高い成功率で完治が期待できる「尿道形成術」が医療関係者にすらあまり知られていないのです。【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)、【解説】堀口明男(防衛医科大学校病院泌尿器科学講座講師)


【女性の尿もれ】医師の私が「腹圧性尿失禁」のTOT手術を決断した理由

【女性の尿もれ】医師の私が「腹圧性尿失禁」のTOT手術を決断した理由

私自身も18年間、腹圧性尿失禁の尿もれに悩まされました。しかし、3年前の56歳のとき、尿失禁の手術を受けたことで、尿もれのわずらわしさから解放され、好きなことが自由にできるようになりました。今は、手術を受けて本当によかったと思っています。【解説】大河原節子(みさと健和病院回復期リハビリテーション病棟医長)


市販のカゼ薬や便秘薬で「尿の出」が悪くなることも 特に前立腺肥大の男性は要注意

市販のカゼ薬や便秘薬で「尿の出」が悪くなることも 特に前立腺肥大の男性は要注意

排尿のトラブルは、思わぬ原因から起こることもあります。特に男性の場合、気を付けたいのが「カゼ薬」と「便秘」です。それぞれ、どのように排尿トラブルにつながるかをお話ししましょう。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


【これって異常?】先生教えて!尿もれの悩み メール相談

【これって異常?】先生教えて!尿もれの悩み メール相談

【枕を変えたら急に夜間頻尿になりました】ーー「快感おしっこ」の提唱者、神楽岡泌尿器科院長の渋谷秋彦先生の元には、尿の悩みについて全国から日々メールでの質問が寄せられます。実際にあった質問と答えの中から、一部をご紹介します。【解説】渋谷秋彦(神楽岡泌尿器科院長)イラスト/古谷充子


【医師解説】夜間頻尿を改善し「隠れ心不全」まで防ぐゴキブリ体操

【医師解説】夜間頻尿を改善し「隠れ心不全」まで防ぐゴキブリ体操

高齢者の夜間頻尿ですが、実はその原因の多くが、日中の「水の飲み過ぎ」によるものなのです。年を取ると、唾液の分泌が減ってのどが渇きやすくなり、脱水症状を恐れて必要以上に水を飲む高齢者が増えて、それが夜間の頻繁な排尿につながっている、というわけです。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長・日本排尿機能学会理事)


【過活動膀胱Q&A】どんな検査?何科に行く?市販薬は?聞きにくい質問にズバリ回答!

【過活動膀胱Q&A】どんな検査?何科に行く?市販薬は?聞きにくい質問にズバリ回答!

頻尿や尿もれといった、尿トラブルに気付いたとき、不安とともに、さまざまな疑問がわいてくるでしょう。聞きにくい素朴な疑問を、専門家に答えていただきました。【回答】楠山弘之(永弘クリニック院長) イラスト/古谷充子


【使うのはタオルだけ】従来に比べ格段に簡単!看護師が考案した骨盤ケア

【使うのはタオルだけ】従来に比べ格段に簡単!看護師が考案した骨盤ケア

骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在、多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけという場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った、「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)


尿トラブルが改善する!ウエストも細くなる! 骨盤タオル体操のやり方

尿トラブルが改善する!ウエストも細くなる! 骨盤タオル体操のやり方

骨盤タオル体操のやり方を紹介します。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)、山北康介(名鉄病院理学療法士)、市川美代子(皮膚・排泄ケア認定看護師)


【医師解説】骨盤臓器脱~女性特有の病気(体験談付き)

【医師解説】骨盤臓器脱~女性特有の病気(体験談付き)

膣口から子宮や膀胱などの臓器が脱出するのは、骨盤臓器脱という女性特有の病気です。現在、40代以上の女性の10人に1人が、この病気に悩んでいるといわれており、決してまれな病気ではありません。【解説】竹山政美(第一東和会病院女性泌尿器科ウロギネコロジーセンター長)


【医師監修】頻尿は「寝る2時間前の入浴」と「ふくらはぎマッサージ」で改善

【医師監修】頻尿は「寝る2時間前の入浴」と「ふくらはぎマッサージ」で改善

夜間頻尿の解消について。ここでは、具体的な方法をご紹介しましょう。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長・LUNA骨盤底トータルサポートクリニック院長)


【女性に急増】間質性膀胱炎 NG食品はこれ!

【女性に急増】間質性膀胱炎 NG食品はこれ!

膀胱炎は女性に多い病気です。通常の膀胱炎は、細菌による感染が原因で、たいていは抗生物質で治ります。しかし、細菌感染が原因でない、特殊な膀胱炎があります。「間質性膀胱炎」と呼ばれるもので、近年増えています。患者のほとんどは女性で、代表的な症状は、頻尿、尿意切迫感です。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


「指切りげんまん」で尿もれが治った私の話

「指切りげんまん」で尿もれが治った私の話

6年ほど前、52歳のときに子宮体ガンが見つかり、すぐに子宮と卵巣を摘出する手術を受けました。その手術後から、ひどい頻尿と尿もれに悩まされるようになったのです。【体験談】赤尾淳子(主婦・57歳)


【超重症の冷えに】自律神経失調症や夜間頻尿からも解放された この健康法

【超重症の冷えに】自律神経失調症や夜間頻尿からも解放された この健康法

十数年前、私は乳ガンの手術を受けました。「ショウガ紅茶」を飲み始めたのは、その手術から1ヵ月ほどたってからのことです。【体験談】小出春子(仮名・主婦・70歳) 


寝る前20分「足を上げる」だけで 隠れ心不全が予防できる

寝る前20分「足を上げる」だけで 隠れ心不全が予防できる

海外の研究機関が高齢者を対象に行ったアンケートでは、高齢者が日ごろ「つらい」と感じている症状のトップが夜間頻尿という結果が出ています。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長・サザンナイトラボラトリーLLP代表)


ランキング


>>総合人気ランキング