頻尿・尿もれ

頻尿・尿もれ

頻尿や尿失禁によって一人で悩んでいる方はいませんか。外出が憂鬱になり、行動も制限され、生活の質が低下することも。適切な対策を取ることで、実は改善することが多いのです。最近では「過活動膀胱」もよく知られ、若い人でも頻尿・尿もれの悩みを持つ人が増えています。実は、日本では810万人の潜在患者がいるといわれています。このカテゴリは、頻尿・尿もれの改善に役立つ記事を紹介します。

頻尿・尿もれに関連するキーワード

尿もれ 間質性膀胱炎
>>頻尿・尿もれに関連するキーワード一覧

頻尿・尿もれの健康情報一覧

男のチョイもれを防ぐ!泌尿器科医が座りションを勧める理由

男のチョイもれを防ぐ!泌尿器科医が座りションを勧める理由

男性の中には、奥さんから自宅での「立ちション禁止令」を出されている方が多いのではないでしょうか。洋式トイレで男性が立ちションをすると、尿の跳ね返りで壁などが汚れます。泌尿器科医の私は、世の奥さんたちを支持します。その理由は、トイレの衛生環境のためだけではありません。【解説】髙橋悟(日本大学医学部附属板橋病院副病院長)


夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

50~60代以上の中高年男性に多く見られる前立腺肥大症という病気をご存じでしょうか。前立腺は精液を作る場所で、膀胱の下部、尿道を囲むように存在する臓器です。健康な人の前立腺はクルミ大のサイズですが、40代半ばからこれが硬くなり、それから徐々に大きくなっていくといわれています。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【腹圧性尿失禁】は扁平足と関係する?骨盤の傾きが尿もれの原因 改善法は「靴底ティッシュ」

【腹圧性尿失禁】は扁平足と関係する?骨盤の傾きが尿もれの原因 改善法は「靴底ティッシュ」

尿もれの中でも「腹圧性尿失禁」は、セキをしたとき、クシャミをしたとき、重いものを持ったときなど、ちょっとおなかに力が入ったときによく起こる症状です。週に2回も3回も下着を替えないといけないような尿もれの場合には、大いに気になるはずですし、改善策が必要でしょう。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


【足の小指】爪が小さい・厚いと腰痛や尿もれの危険?骨盤臓器脱を防ぐ体幹トレーニング

【足の小指】爪が小さい・厚いと腰痛や尿もれの危険?骨盤臓器脱を防ぐ体幹トレーニング

みなさんは、ご自分の足の小指をじっくりとご覧になったことがありますか?爪を切るときには見るものの、それほど注意を払っていない人が多いのではないでしょうか。実は、足の小指の爪は、体のバランスや状態を知る、よいバロメーターになります。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【体験談】私は「足の裏刺激」で頻尿を改善した!運転中のせっぱ詰まった尿意と決別できた

【体験談】私は「足の裏刺激」で頻尿を改善した!運転中のせっぱ詰まった尿意と決別できた

自宅から娘のところへは、車で3時間ほどかかります。困るのは、運転中、頻繁に尿意を催すことでした。店を閉めた3年ほど前から、トイレが近くなってきたのです。 利尿作用のあるコーヒーを飲まないようにしたり、家を出る前に何度もトイレに行ったりしましたが、頻尿が改善することはありませんでした。【体験談】德田玲子(70歳・自営業)


【体験談】夜間頻尿に効く足裏のツボ "湧泉" の場所と押し方 朝までぐっすり熟睡

【体験談】夜間頻尿に効く足裏のツボ "湧泉" の場所と押し方 朝までぐっすり熟睡

私は5年ほど前から、夜間頻尿に悩むようになりました。夜中に尿意を催して、目覚めてしまうことが、一晩に3〜4回もあるのです。一度トイレに立つと、布団に戻ってもなかなか寝入れず、やっとウトウトするころに、また尿意が起こるというくり返しでした。【体験談】三宅千代子(仮名・70歳・主婦)


【尿がくさい・臭う原因】慢性膀胱炎の可能性 予防には「温水便座を避ける」「排尿時の深呼吸」

【尿がくさい・臭う原因】慢性膀胱炎の可能性 予防には「温水便座を避ける」「排尿時の深呼吸」

尿がにおうのは、尿の成分である尿素が、排尿後に皮膚や空気中にいる細菌に触れて分解され、アンモニアを発生させるからです。ですから、健康な人では、排尿直後の尿はほとんどにおいません。60歳代という年齢から考えると、最も可能性が高いのは「慢性膀胱炎」です。【解説】二宮典子(女性医療クリニックLUNA心斎橋院長)


【夜間頻尿】原因は「足のむくみ」たまった水分を排出させる生活習慣4

【夜間頻尿】原因は「足のむくみ」たまった水分を排出させる生活習慣4

夜、眠りについた後に、排尿のために1回以上起きなければならず、そのことで日常生活に支障をきたしている状態を「夜間頻尿」といいます。実は、あまり知られていませんが、夜間頻尿の原因として「足のむくみ」が関係していることもあるのです。【解説】高橋悟(日本大学医学部附属板橋病院副病院長・泌尿器科部長)


【頻尿】予防・改善する食材は「シナモンミルク」がお勧め 夜間頻尿の対策は?

【頻尿】予防・改善する食材は「シナモンミルク」がお勧め 夜間頻尿の対策は?

中高年になると、頻尿に悩まされる人が多くなります。頻尿は、前立腺肥大や膀胱炎、過活動膀胱など、泌尿器系の病気が関係していることもありますが、主な原因として挙げられるのが、体の冷えと腎機能の低下です。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


【尿もれ】出産が原因?医師絶賛「骨盤ネジ締め」の効果 ダイエット・O脚にも有効

【尿もれ】出産が原因?医師絶賛「骨盤ネジ締め」の効果 ダイエット・O脚にも有効

近年、40代以降女性の間では、尿モレに悩む人が増えているといいます。尿モレが起こるのは、骨盤底筋群が衰えるのが主な原因といわれています。体が変わると自信につながり、人生が楽しくなってきます。ぜひ骨盤ネジ締めを試してみてください。【解説】吉田瑞(みなみ湘南医院院長)


【おしっこが漏れそう 我慢できない】トイレのピンチを救うツボはココ!尿失禁・夜間頻尿の予防にも

【おしっこが漏れそう 我慢できない】トイレのピンチを救うツボはココ!尿失禁・夜間頻尿の予防にも

外出先でトイレが見つからない、公衆トイレに長蛇の列、トイレに行きたいのに会議が終わらない、渋滞にはまってサービスエリアまで遅々として進まない。そんなピンチに陥ったときには、ぜひあごの先を小指の爪の角で30秒、ぐっと押してみてください。【解説】冨野玲子(自然療法の国際総合学院IMSI学院長)


頻尿改善には「青竹踏み」が役立つと大学病院で検証!便秘や冷え、不眠にも効果的

頻尿改善には「青竹踏み」が役立つと大学病院で検証!便秘や冷え、不眠にも効果的

私は大学病院の医師として内視鏡を用いた泌尿器分野の手術や放射線治療などの医療に携わっています。その一方で、頻尿や尿もれに悩む患者さんに対する薬物治療を行うほか最近では青竹踏みを勧めることがあります。青竹踏みと排尿障害の関係について研究をしその結果を学会でも報告しています。【解説】皆川倫範(信州大学泌尿器科学教室講師)


【セルフチェック付き】頻尿・尿もれのタイプと対処法 女性に多い「腹圧性尿失禁」男性は「前立腺肥大症」が原因?

【セルフチェック付き】頻尿・尿もれのタイプと対処法 女性に多い「腹圧性尿失禁」男性は「前立腺肥大症」が原因?

腹圧性尿失禁の最大の特徴は、体を動かしたときに尿がもれること。セキやくしゃみ、笑う、立ち上がる、重い物を持ち上げるなど、おなかに力が加わる(腹圧がかかる)と、尿がもれてしまうのです。寝ている状態やじっとして座っている状態では、尿もれは起きません。【解説】影山慎二(かげやま医院院長)


【夜間頻尿・膀胱炎】を改善するかかとのツボ「失眠」 刺激は石踏みがオススメ

【夜間頻尿・膀胱炎】を改善するかかとのツボ「失眠」 刺激は石踏みがオススメ

「水泉」と「失眠」のツボは水分代謝をよくしむくみを改善します。「失眠」のツボがあるかかとは皮膚が厚く、鈍感なところです。したがって、強い刺激でないと効果がありません。そこで私は、小石(玉砂利)を踏む「石踏み」をお勧めしています。【解説】関村順一(Sekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校講師)


【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

日本人の生活が欧米化し、日常的に足の指を頻繁に使わなくなったことは、体に大きな影響をもたらします。足の指は、下肢の血液循環の折り返し地点だからです。代表的な症状の一つが、頻尿や尿もれなどの泌尿器の症状です。ご紹介する「足の指立て」で多くの方が夜間頻尿から解放されています。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


原因は【骨盤の冷え】夜間頻尿、間質性膀胱炎、過活動膀胱の症状も改善

原因は【骨盤の冷え】夜間頻尿、間質性膀胱炎、過活動膀胱の症状も改善

女性が膀胱炎や頻尿、尿失禁などに悩んでいる場合、骨盤が冷えているケースが多いものです。というのも、骨盤の冷えは、これらの泌尿器系の疾患を引き起こす誘因の一つであるからです。症状を悪化させる原因の一つは、冷えにあります。【解説】奥井識仁(よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長)


【足の裏もみ】排尿機能アップ!頻尿や尿もれ、残尿感を改善させる方法はこれ

【足の裏もみ】排尿機能アップ!頻尿や尿もれ、残尿感を改善させる方法はこれ

頻尿や夜間頻尿、尿もれ、残尿感など、尿のトラブルに悩んでいる人に、ぜひお勧めしたい健康法があります。それは、「足の裏もみ」です。足の裏は、反射区と呼ばれる、体の各器官に対応したゾーンが集まる場所です。【解説】折田充(日本足部反射区健康法協会会長・治療室ピエドール・鍼灸師) 


【男性の尿トラブル】骨盤湯たんぽや8000歩の速歩きで解決できる

【男性の尿トラブル】骨盤湯たんぽや8000歩の速歩きで解決できる

男性の尿トラブルは、主に前立腺の異常によって起こります。40〜50代では、細菌感染や血行不良で前立腺が炎症を起こしてむくむ「前立腺炎」が多く、60代以降になると前立腺が大きくなる「前立腺肥大症」が圧倒的に多くなります。【解説】奥井識仁(よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長)