MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ひざの痛み

ひざの痛み

ひざ痛の原因の多くは、加齢によるひざ関節の軟骨の摩耗です。磨耗が進むと、骨に異常が生じたり、関節周辺に炎症が起こったりして、動いたときに痛みや違和感を覚えるようになります。筋肉の衰えも、ひざ痛の原因です。足の筋力が低下すると、ひざ関節への負担も増えます。このカテゴリでは、ひざ痛の改善に役立つ記事を紹介しています。

ひざの痛みに関連するカテゴリ

ひざの痛みの記事一覧

表示順:
「足の小指だけを動かすことができますか?」そんなふうに尋ねると、たいていの人は驚きます。「え?足の小指だけが動かせるんですか?」と。もちろん、動きます。私は小指だけを曲げることができます。やろうと思えば、足の小指でスマートフォンを操作して、メールだって送れます。【解説】木方功(ありがとう鍼灸整骨院代表)
更新: 2018-08-09 10:16:32
元々、足のむくみがひどかったので、足づかみ体操を実践してみたところ、私の足は大きく変わりました。それまでの私の足は、パンプスをはくと足の甲の皮膚がムチッと盛り上がっていたのですが、あらためて足を見ると、確かに細くきれいに見え、足の甲の盛り上がりもありません。【体験談】酒井恵美(仮名・柔道整復師・26歳)
更新: 2018-09-10 17:33:15
私は5~6年ほど前に、急に右ひざが痛むようになりました。そこで2年ほど前から、毎日、お風呂に入ったときに、湯船で10~15分くらい足の爪をもんでみたのです。半年ほどした頃、イスに腰かけたときも、右ひざが曲げられるようになり、左右の足をそろえて座ることができます。階段も平気です。【体験談】加藤静子(主婦・72歳)
更新: 2018-07-17 18:00:00
ひざの専門医が、今最も注目しているのが、「プロテオグリカン」という、ひざの軟骨に含まれる物質です。最近、これをMRI(磁気共鳴断層撮影)で見られるようになり、変形性ひざ関節症を早期に発見できるようになりました。【解説】渡辺淳也(東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長)
更新: 2018-09-05 23:10:37
「腰が重くてイスから立ち上がるのがつらい」「ひざが痛くて長距離を歩けない」「足先がよくしびれる」といった症状にお困りのかたはいませんか。あなたのその痛みやしびれの原因は、「足の裏」にあるのかもしれません。【解説】根津憲継(BiNIリハビリセンター横浜・理学療法士)
更新: 2018-09-10 16:52:45
「足裏10円玉療法」は、左右の足の親指と人さし指の付け根の間と、薬指と小指の付け根の間に、10円玉を貼る健康法です。10円玉を足の裏に貼ると、普通に歩くよりも着地時の衝撃が大きくなるうえ、ひざや腰に負担をかけない正しい姿勢で歩けるようになるので、ひざ痛の改善に有効なのです。【解説】芦原紀昭(内科医・整形外科医)
更新: 2018-09-05 13:29:32
4年前のことです。踊りのけいこをしている最中、私は左ひざを痛めてしまいました。無理な体勢で力をかけてしまったのか、ひざをひねったようです。それ以来、ひざを曲げたり伸ばしたりすると、ズキッと痛むようになりました。【体験談】連寿賀子(大阪府・67歳・書道家・日本舞踊家)
更新: 2018-09-13 13:06:30
3~4年前から状態が急激に悪化しました。ひざに水がたまるようになったのです。正座はおろか、ひざを曲げることもできません。さすがに我慢できず、整形外科に駆け込みました。水を抜いてもらうと、しばらくは調子がいいのですが、すぐにまた水がたまります。【体験談】中西愛(京都府・フリーアナウンサー)
更新: 2018-09-13 13:08:43
一般的に、変形性ひざ関節症によるひざの痛みは、「筋肉に原因がある」とする説が多いようです。しかし、私は筋肉は関係ないと考えています。なぜなら、ひざ関節の周囲に筋肉はないからです。では何が原因かというと靭帯(骨どうしをつなぐ組織)と関節包(関節を包む膜)の拘縮だと考えています。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)
更新: 2018-09-03 18:20:02
ひざに違和感を覚えるようになったのは15年ほど前です。足が前に出しにくいので、ゆっくりとしか歩けなくなりました。私が「耳ひっぱり」を知ったのは1年前です。図書館で耳ひっぱりの本を見つけたのがきっかけでした。【体験談】大谷美智子(主婦・86歳) 
更新: 2018-09-11 14:53:26

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt