医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

ひざの痛み

ひざの痛み

ひざ痛の原因の多くは、加齢によるひざ関節の軟骨の摩耗です。磨耗が進むと、骨に異常が生じたり、関節周辺に炎症が起こったりして、動いたときに痛みや違和感を覚えるようになります。筋肉の衰えも、ひざ痛の原因です。足の筋力が低下すると、ひざ関節への負担も増えます。このカテゴリでは、ひざ痛の改善に役立つ記事を紹介しています。

関連するカテゴリー

ひざ痛が軽減する健康法

ひざの痛みに関連するキーワード

ひざ痛 レモン水の効果
>>ひざの痛みに関連するキーワード一覧

ひざの痛みの健康情報一覧

【膝の違和感・痛み】私は「耳ひっぱり」で15年来の膝痛が大改善

【膝の違和感・痛み】私は「耳ひっぱり」で15年来の膝痛が大改善

ひざに違和感を覚えるようになったのは15年ほど前です。足が前に出しにくいので、ゆっくりとしか歩けなくなりました。私が「耳ひっぱり」を知ったのは1年前です。図書館で耳ひっぱりの本を見つけたのがきっかけでした。【体験談】大谷美智子(主婦・86歳) 


【膝痛が改善】弱り、かたくなった筋肉を刺激する「お尻トントン」

【膝痛が改善】弱り、かたくなった筋肉を刺激する「お尻トントン」

ひざ痛を改善しようとする際、大きな障害になるのは、リハビリや運動ができないことです。ひざが痛いときは誰でも動かすのは嫌でしょう。しかし大事をとるうちに、ひざを守る筋力がどんどん落ちていきます。すると、ますますひざ痛が治りにくくなるという悪循環に陥るのです。【解説】田宮高彦(鍼灸師・整体師)


【変形性膝関節症】膝痛を和らげる「整形外科ヨガ」とは?つま先立ちで骨粗鬆症も予防できる

【変形性膝関節症】膝痛を和らげる「整形外科ヨガ」とは?つま先立ちで骨粗鬆症も予防できる

足や腰などの痛みは、整形外科の治療だけでは、なかなか改善しないことがあります。私は、昨年の4月から週に1回、院内で「整形外科ヨガ」という体操教室を開いています。この整形外科ヨガで必ず行うのが、「カーフレイズ」という、「つま先立ち」の動作です。主に、ふくらはぎの筋肉が鍛えられます。【解説】井上留美子(松浦整形外科院長)


【ひざ痛が解消】手首をつかんで1分歩くだけ!痛み止めも杖も不要になった

【ひざ痛が解消】手首をつかんで1分歩くだけ!痛み止めも杖も不要になった

手首つかみは手首を押さえながら1分ほど歩くという簡単な体操です。これを行うだけでひざ痛をはじめとする関節痛が驚くほど軽快します。ひざが悪い人はほぼ例外なく股関節がかたくなっており太もも前面の筋肉が緊張して、ひざ関節を圧迫します。そのためひざがうまく動かず痛みが出てくるのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


【ひざ痛】「ひざのお皿」が動かせなくて起こっている?対策は「太ももほぐし」

【ひざ痛】「ひざのお皿」が動かせなくて起こっている?対策は「太ももほぐし」

ひざ痛を引き起こすかたの特徴の一つに、太ももの前面の筋肉がかたくなっている点があります。大腿四頭筋がかたくこわばる→ひざのお皿がスムーズに動かなくなる→ひざに負担がかかって軟骨をすり減らす→痛みや違和感を生む、となるわけです。【解説】八木愛子(からだ快善協会理事長・鍼灸指圧師・柔道整復師)


【ひざの水】ヨガで解消!ひざ裏伸ばしで鎮痛剤も不要に

【ひざの水】ヨガで解消!ひざ裏伸ばしで鎮痛剤も不要に

私が一念発起して、ヨガ教室に通い始めたのは、2年ほど前からです。以前から勧められていたのですが、「ヨガでひざ痛が治るの?」と半信半疑でした。「やはり、自分でも何かやらなくては」と思い、ヨガにまじめに取り組むことにしたのです。【体験談】成田彩子(仮名・山口県・66歳・主婦) 


ひざの水・痛みを取る運動「ひざの曲げ伸ばし」とは 痛みがあってもできる!

ひざの水・痛みを取る運動「ひざの曲げ伸ばし」とは 痛みがあってもできる!

ひざ痛を招く要因はケガを除けば主に3つあります。肥満、姿勢の悪さ、動かし不足、この3つです。痛みの主な原因が肥満や姿勢の悪さにある人が、減量したり、姿勢をよくしたりするのは、当然のことです。ここでは、肥満や姿勢などに関係なく、ひざ痛に悩む人全員にお勧めしたい体操を紹介します。【解説】伊藤邦成(いとう整形外科院長)


【変形性膝関節症】ひざ痛を改善するサプリに頼らない食事を専門医が紹介

【変形性膝関節症】ひざ痛を改善するサプリに頼らない食事を専門医が紹介

変形性ひざ関節症は男性に比べて女性の発症率が高く、当院の患者さんも、60〜80代の女性が中心です。患者さんには「体重を減らす」「骨や軟骨を丈夫にする」「筋肉をつける」という三つを目標に日常生活を送るよう指導します。まずは食事の改善から始めるといいでしょう。【解説】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)


【ひざ痛が改善】ひざを伸ばして上下させたら「半月板損傷」でも正座ができた!痛み、こわばりも改善

【ひざ痛が改善】ひざを伸ばして上下させたら「半月板損傷」でも正座ができた!痛み、こわばりも改善

10年前、突然右ひざが固まって動かなくなってしまったのです。曲げることも伸ばすこともできず無理に動かそうとするとひざに激痛が走りました。整形外科を受診すると「半月板を損傷している」といわれました。内視鏡手術を勧められましたが、そうすると1週間入院しなければなりません。【体験談】森下美恵子(東京都・62歳・自営業) 


【ひざ痛が改善】1日3分の「ひざ伸ばし」で手術を回避できた!

【ひざ痛が改善】1日3分の「ひざ伸ばし」で手術を回避できた!

ひざの痛みを訴えて整形外科を受診する人の多くが「変形性ひざ関節症」です。なりやすい人の傾向として「肥満ぎみ」「女性」「足の筋力が弱い」「運動不足」が挙げられます。原因にはもう一つ、「関節包」という組織が関係していることがわかってきました。【解説】千葉純司(東京女子医科大学東医療センター整形外科部長・教授)


変形性膝関節症の最大原因は半月板損傷!痛みの有無は「筋力」の違いで決まる

変形性膝関節症の最大原因は半月板損傷!痛みの有無は「筋力」の違いで決まる

中高年のひざ痛の主な原因は半月板が割れることです。半月板自体には神経が通っていないので割れたことでは痛みはありません。割れた破片がはみ出して血管や神経の通っている靭帯や関節包に当たって傷つけ神経を刺激するために痛みが生じます。これが「変形性膝関節症」の最大原因です【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)


【オクラ水】の動脈硬化改善効果 膝痛患者にも勧める理由

【オクラ水】の動脈硬化改善効果 膝痛患者にも勧める理由

私は整形外科医ですが、当院では、食事指導を治療の主軸に据えています。今回紹介するのは、オクラを一晩漬けた水を飲むこの食事療法「オクラ水」です。オクラ水は、血流の改善に絶大な効果を発揮する、当院の治療の切り札です。特に、動脈硬化への改善効果には、私も大変驚いています。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)


【変形性膝関節症の改善】骨と筋肉が強くなる食材とは?

【変形性膝関節症の改善】骨と筋肉が強くなる食材とは?

変形性ひざ関節症の改善・予防には、増え過ぎた体重を減らし、骨や軟骨を丈夫にして、筋肉を増やすことが肝心です。いきなりランニングや筋トレを始めて、ひざ痛を悪化させる人がいますが、まずは食事を見直しましょう。【解説・監修】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)


【血圧を下げる】糖尿病が改善!中国でブームの「タマネギワイン」

【血圧を下げる】糖尿病が改善!中国でブームの「タマネギワイン」

現在、私の故郷である中国で、大ブームを巻き起こしている民間療法があります。それが「タマネギワイン」です。お手軽な民間療法ですが、「血圧が下がった」「糖尿病が改善した」「血栓(血液の塊)を溶かして脳梗塞の予防になる」と、健康意識の高い中国人の間で絶大な人気を博しているのです。【解説】劉莉亜(劉先生鍼灸院院長・医学博士) 


【ひざ痛に生姜の効果】味噌汁に入れて変形性膝関節症を改善

【ひざ痛に生姜の効果】味噌汁に入れて変形性膝関節症を改善

「立ち上がるときに痛い」「階段を下るときに痛みが出る」「正座すると痛い」といったひざ痛のほとんどは「変形性ひざ関節症」と考えられます。私が、ひざ痛の解消に特にお勧めしたい食材は「ショウガ」です。【解説】渡辺淳也(東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長・千葉大学大学院医学研究院特任教授) 


【ひざが痛い】原因は「太もも内側が弱い」?筋肉を鍛えて骨盤・姿勢も矯正できる「すり足体操」とは

【ひざが痛い】原因は「太もも内側が弱い」?筋肉を鍛えて骨盤・姿勢も矯正できる「すり足体操」とは

私たちのひざは、さまざまな方向から筋肉によって支えられており、筋肉の強さは、ひざの安定性に直結します。内側広筋が弱くなると、太ももの外側の筋肉に頼って動くため、さらに筋肉の偏りが大きくなります。こうした筋肉のアンバランスがひざに負担をかけ、痛みの原因となるのです。【解説】黒木伸一(くろしん接骨院院長)


【変形性膝関節症】膝の内側の痛みが改善する「母趾球歩き」

【変形性膝関節症】膝の内側の痛みが改善する「母趾球歩き」

私は、自らの闘病体験を通して「母趾球歩き」という歩き方を考案しました。そして、この歩き方に、30代半ば以上の女性、そして40代以上の男性に見られる、ひざの内側が痛む関節症を直す効果があることを確認しました。【解説】田中瑞雄(整形外科専門医)


血糖値が下がり、膝痛が改善したのは「オクラ水」のおかげ

血糖値が下がり、膝痛が改善したのは「オクラ水」のおかげ

糖尿病の投薬治療を受けていたものの血糖値は150〜160mg/dLと、高い状態が続きました。追い打ちをかけるように、「ひざの軟骨が壊死してはがれ落ちている」といわれたのです。私が始めたのは「オクラ水」でした。血糖値が、なんと90mg/dLに下がったのです。【体験談】越田隆憲(兵庫県・51歳・トラック運転手) 


膝痛が改善して正座ができた!「足の指回し」の健康効果に注目

膝痛が改善して正座ができた!「足の指回し」の健康効果に注目

最近、足の指回しには、シェイプアップ効果だけでなく、健康効果もあることがわかってきました。「ひざが痛い」といっていた70歳の生徒さんは、足の指回しをしたら、正座ができるようになったと報告してくれました。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー)


「かかと体重」でヒザの激痛が消え、手術を回避!

「かかと体重」でヒザの激痛が消え、手術を回避!

私は、登山中、ぬかるみに足を取られて、左ひざをひねってしまい変形性ひざ関節症と診断されました。「手術しないと治らない」といわれた私が手術を回避できたのは、歩き方を変える「かかと体重」を実行したからなのです。【体験談】菊池明子(仮名・京都府・88歳主婦)