MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ひざの痛み

ひざの痛み

ひざ痛の原因の多くは、加齢によるひざ関節の軟骨の摩耗です。磨耗が進むと、骨に異常が生じたり、関節周辺に炎症が起こったりして、動いたときに痛みや違和感を覚えるようになります。筋肉の衰えも、ひざ痛の原因です。足の筋力が低下すると、ひざ関節への負担も増えます。このカテゴリでは、ひざ痛の改善に役立つ記事を紹介しています。

ひざの痛みに関連するカテゴリ

ひざの痛みの記事一覧

表示順:
オクラ水を毎日飲み続けたところ、半年後の検査で、血管の状態が劇的によくなっていることがわかりました。半年後には、半月板損傷による右ひざの痛みと腫れが、すこぶる軽くなっていったのです。また、すり減っていた軟骨が再生していることもわかりました。【体験談】瀧内和美(菜食整腸健康法教官・68歳)
更新: 2018-09-13 08:00:00
私は、若いころに仕事で体を酷使した結果、50代半ばで左ひざを悪くして、半月板の手術を受けました。その後は何事もなく過ごしてきましたが、年を取るにつれて、左ひざが痛むようになってきたのです。【体験談】守谷宏(79歳・自営業)
更新: 2018-09-10 18:00:00
「老化は足から」とよく言われますが、私は長年の診療経験から、太ももは生命力の源であり、長寿のバロメーターと言っても過言ではないと思っています。ひざに痛みがある人は、大腿四頭筋が衰えていることが多いので、普段から太ももを動かし、鍛えておくことがたいせつです。【解説】林泰史(原宿リハビリテーション病院名誉院長)
更新: 2018-09-27 10:55:03
私が考案した「一指法整体」は、人さし指1本で筋肉のコリをほぐし、骨格のゆがみを取ることで、体の不調を解消する治療法です。人さし指を筋肉のこっているところに軽く押し当て、ぐるぐる円を描くように動かします。鍼に近い効果で、力を入れずにほぐすことができます。【解説】荒木純夫(ぐるぐる整体池袋代表)
更新: 2018-08-26 20:00:00
ひざの裏が伸びずに、体を伸ばす力が衰えると、体幹に力が入らなくなり、ドミノ倒しのように、体にさまざまなトラブルが起こります。足腰が弱った高齢者でも安全に無理なく、ご家庭で毎日楽しくできるように、動きを工夫して考案したのが、「ひざ裏伸ばし」の体操なのです。【解説】川村明(かわむらクリニック院長)
更新: 2018-09-11 16:56:52
「足の小指だけを動かすことができますか?」そんなふうに尋ねると、たいていの人は驚きます。「え?足の小指だけが動かせるんですか?」と。もちろん、動きます。私は小指だけを曲げることができます。やろうと思えば、足の小指でスマートフォンを操作して、メールだって送れます。【解説】木方功(ありがとう鍼灸整骨院代表)
更新: 2018-08-09 10:16:32
元々、足のむくみがひどかったので、足づかみ体操を実践してみたところ、私の足は大きく変わりました。それまでの私の足は、パンプスをはくと足の甲の皮膚がムチッと盛り上がっていたのですが、あらためて足を見ると、確かに細くきれいに見え、足の甲の盛り上がりもありません。【体験談】酒井恵美(仮名・柔道整復師・26歳)
更新: 2018-09-10 17:33:15
私は5~6年ほど前に、急に右ひざが痛むようになりました。そこで2年ほど前から、毎日、お風呂に入ったときに、湯船で10~15分くらい足の爪をもんでみたのです。半年ほどした頃、イスに腰かけたときも、右ひざが曲げられるようになり、左右の足をそろえて座ることができます。階段も平気です。【体験談】加藤静子(主婦・72歳)
更新: 2018-07-17 18:00:00
ひざの専門医が、今最も注目しているのが、「プロテオグリカン」という、ひざの軟骨に含まれる物質です。最近、これをMRI(磁気共鳴断層撮影)で見られるようになり、変形性ひざ関節症を早期に発見できるようになりました。【解説】渡辺淳也(東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長)
更新: 2018-09-05 23:10:37
「腰が重くてイスから立ち上がるのがつらい」「ひざが痛くて長距離を歩けない」「足先がよくしびれる」といった症状にお困りのかたはいませんか。あなたのその痛みやしびれの原因は、「足の裏」にあるのかもしれません。【解説】根津憲継(BiNIリハビリセンター横浜・理学療法士)
更新: 2018-09-10 16:52:45

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt