ひざの痛み

ひざの痛み

ひざ痛の原因の多くは、加齢によるひざ関節の軟骨の摩耗です。磨耗が進むと、骨に異常が生じたり、関節周辺に炎症が起こったりして、動いたときに痛みや違和感を覚えるようになります。筋肉の衰えも、ひざ痛の原因です。足の筋力が低下すると、ひざ関節への負担も増えます。このカテゴリでは、ひざ痛の改善に役立つ記事を紹介しています。

ひざの痛みに関連するキーワード

ひざ痛
>>ひざの痛みに関連するキーワード一覧

ひざの痛みの健康情報一覧

ひざ痛に効く「耳の下さすり」ー実は、耳の下に自律神経活性化スポットが!

ひざ痛に効く「耳の下さすり」ー実は、耳の下に自律神経活性化スポットが!

耳の下さすりは、私が提唱している「反応点治療」の核となるものです。反応点治療では、反応点と呼ぶ皮膚のポイントへの刺激によって、自律神経のコントロールを行い、さまざまな症状を改善に導きます。【解説】河村廣定(神戸東洋医療学院学科長)


ひざの痛みに効く!看護師が教える「弁慶の泣き所刺激」

ひざの痛みに効く!看護師が教える「弁慶の泣き所刺激」

私はリフレクソロジー(足裏の反射療法)で、お客さまの体調を整えています。その中で気が付いたのが、足裏の状態が悪い人は、ほぼ間違いなく、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、硬かったりします。特にほぐしにくいのが、ふくらはぎの前面、つまり「すね」なのです。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


【ひざ痛改善には】押す、もむ以外に「引っ張る」という選択肢を

【ひざ痛改善には】押す、もむ以外に「引っ張る」という選択肢を

変形性膝関節症は、初めはなんとなくひざが重く感じられ、そのうちに違和感やこわばりに変わっていきます。しだいに歩き始めに痛みが起こるようになる、という経過をたどるのが一般的です。何年もかけて進行したひざ痛を改善し、症状の進行を防ぐ「ひざ伸ばし」をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【今からできるひざ痛予防】2パターンの下半身強化トレ

【今からできるひざ痛予防】2パターンの下半身強化トレ

ひざが痛いと訴える人は本当に多く、40歳を過ぎると、女性の6割、男性の4割に変形性膝関節症があるという調査データが報告されています(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター)。中高年のひざの痛みの大部分は、この変形性膝関節症によるものです。【解説】石橋英明(伊奈病院整形外科部長、高齢者運動器疾患研究所代表理事)


【自分で治せる】O脚の治し方 整形外科医が教える「絆創膏」O脚改善セルフケア

【自分で治せる】O脚の治し方 整形外科医が教える「絆創膏」O脚改善セルフケア

「歩くと痛い」という場合、症状のかなり多くを占めるのが「ひざの痛み」です。 その主なものは、年齢とともに増えてくる変形性膝関節症によるひざ痛です。変形性膝関節症は、ひざ関節でクッション役を果たしている軟骨が、すり減って痛みを起こす病気です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)


ひざ痛改善には【ショウガ紅茶】Wの温め作用で冷えを撃退しリウマチ・関節炎の痛みを緩和

ひざ痛改善には【ショウガ紅茶】Wの温め作用で冷えを撃退しリウマチ・関節炎の痛みを緩和

日本には近年、体が冷えている人が急増しています。私たちのクリニックで患者さんの体温を測ると、ほとんどの人が35℃台で、中には34℃台の人もいます。約50年前の日本人の平均体温は36.8℃でしたから、わずか半世紀で体温が約1℃も下がってしまったのです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


膝痛・関節痛予防に簡易「アーユルヴェーダ」をーオリーブオイルやゴマ油で代用するマッサージのやり方

膝痛・関節痛予防に簡易「アーユルヴェーダ」をーオリーブオイルやゴマ油で代用するマッサージのやり方

「アーユルヴェーダ」は、一般に「インド伝承医学」といわれることが多いですが、直訳は「生命の科学」となります。アーユルヴェーダを行う病院では、加齢によるひざ痛の患者に「ピンダスヴェーダ」という治療法を行いますが、ご家庭で行うのは難しいので簡易法をご紹介します。【解説】加藤幸雄(日本アーユルヴェーダ研究所理事・鍼灸師)


膝痛の改善は【風船つぶし】が安全かつ効果あり!やみくもウォーキングはかえって悪化する!

膝痛の改善は【風船つぶし】が安全かつ効果あり!やみくもウォーキングはかえって悪化する!

ひざ痛の二大要因は肥満とO脚です。筋肉の約70%は下半身に集中しており、下半身が衰えると太りやすくなります。太るとひざへの負担が増し、ひざ痛を起こします。太ももの内側が衰えると、O脚になります。痩せるためのウォーキングも負担のかかった歩き方でかえってひざ痛悪化になることもあるのです。【解説】花谷貴之(花谷接骨院院長)


【膝の痛み】曲げると痛い!を解消する 鎮痛効果と温熱効果の健康法はコレ

【膝の痛み】曲げると痛い!を解消する 鎮痛効果と温熱効果の健康法はコレ

加齢とともに増える症状で、最も多くの人を悩ませている一つが、ひざの痛みです。長く歩くと痛む、階段の上り下りがつらいなどが主な症状で、つらい上に生活するのにも不便を強いられるため、お困りの人が少なくありません。そんな人に、ぜひお勧めしたいのが「ショウガ風呂」です。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【バナナの効能】バナナ酢でひざの痛みが改善!歯周病、歯茎の出血もほぼ治った

【バナナの効能】バナナ酢でひざの痛みが改善!歯周病、歯茎の出血もほぼ治った

私は、この10ヵ月ほどの間に、13kgのダイエットに成功しました。以前は82kgあった体重を、69kgまで落とすことができたのです(身長は165cm)。そのダイエットの秘訣は、実は、バナナ酢にあるのです。【体験談】高野文夫(新潟県●62歳●自営業)


【酢トマトの健康効果】ひざの痛みが改善!シワが薄くなり肌にも潤いが戻った!

【酢トマトの健康効果】ひざの痛みが改善!シワが薄くなり肌にも潤いが戻った!

ひざ痛というと、高齢になってから患うものといった印象があるかもしれません。しかし私の場合は20代のころからひざの痛みに悩まされてきました。下半身を鍛える体操に加え、「酢トマト」をとるようにしたところ、シワが薄くなって若返り、ひざ痛がほとんどない状態までになったのです。【体験談】宮坂知子(仮名・愛媛県●52歳●主婦) 


【大学教授監修】作り方を公開!夫婦そろってひざ痛が改善した「レモン水」が痛みに効く理由

【大学教授監修】作り方を公開!夫婦そろってひざ痛が改善した「レモン水」が痛みに効く理由

私たち夫婦はそろって膝の痛みに悩まされてきました。あるとき、テレビで「レモン水」のことを知りました。初めてみて1ヵ月くらい経ったころでしょうか。まず、私のひざ痛がみるみる改善してきました。主人のほうも改善、整形外科に通わなくてよくなったのです。今でも、毎朝、レモン水を飲みます。【体験談】高山キミ(新潟県●73歳●主婦)


「膝が痛い!」を解消してくれた食べ物は「酢ニンニク」 高血圧も改善!

「膝が痛い!」を解消してくれた食べ物は「酢ニンニク」 高血圧も改善!

私のひざ痛は、職業病でした。私が働いていたころのバスは、現在の車に比べてクラッチペダルが恐ろしくかたく、重かったのです。それを毎日、何度も何度も操作し、長年ひざを酷使していたのです。酢ニンニクのおかげで、年を取るにつれて、ひざの痛みが楽になり、うれしいことに血圧も安定したのです【体験談】山口秀吉(山形県●83歳●無職)


【医師考案】自律神経を整えうつや不眠症に効く「筋膜はがし」で膝の痛みも改善

【医師考案】自律神経を整えうつや不眠症に効く「筋膜はがし」で膝の痛みも改善

私は、整形外科医ではないので、「ひざ痛」については、門外漢です。ところが、長年、治療を続けてもよくならない、手術を勧められている、そういうかたのひざ痛が、私が考案した「筋膜はがし」でたちまち軽快したという例があるので、ご紹介したいと思います。【解説】荒木隆次(あらき心療クリニック院長)


【医師監修】ひざの激痛が「片足立ち」と「スクワット」をしたら治った

【医師監修】ひざの激痛が「片足立ち」と「スクワット」をしたら治った

私は、8〜9年前からひざ痛に悩まされるようになりました。階段を上るときに、ひざの中にキリが入っているような激痛が走るようになったのです。そこで「片足立ち」と「スクワット」を始めました。難しいものではないのに、腰や太もも、ふくらはぎなどの筋肉を鍛えられ、ひざ痛に効果がありました【体験談】新井トミ(東京都●81歳●無職)


【体験談】ひざ痛とふらつきが改善 鎮痛剤(痛み止め)不要に 秘密は「片足立ち」体操

【体験談】ひざ痛とふらつきが改善 鎮痛剤(痛み止め)不要に 秘密は「片足立ち」体操

私は片足立ちとスクワットを、毎日実行するようにしました。すると、ひざの痛みがだんだん軽くなっていきました。整形外科からもらう、痛み止めの薬も必要なくなったのです。また、以前は平衡感覚をなくして、めまいやふらつきがありましたが、それも今ではなくなりました。【体験談】船橋昭夫(東京都●60歳●公務員)


【ひざの痛みに即効】変形性膝関節症を改善する「片足立ち」のやり方を医師が解説

【ひざの痛みに即効】変形性膝関節症を改善する「片足立ち」のやり方を医師が解説

変形性ひざ関節症の患者さんや、ひざが痛いロコモの講習会の参加者に、片足立ちとスクワットをしてもらうと、ひざの痛みが改善します。【解説】石橋英明(NPO法人高齢者運動器疾患研究所代表・医療法人社団愛友会・ 伊奈病院整形外科部長) 


【医師の耳鳴りも消えた】ひざ痛、腰痛が改善する「ひざゆらし」のやり方

【医師の耳鳴りも消えた】ひざ痛、腰痛が改善する「ひざゆらし」のやり方

いつも正しい姿勢を保つことは、健康で若々しくいるための必須条件といっても過言ではありません。「健康」は、まさに「姿勢」が作るのです。私が姿勢に対し、特別関心を抱くようになったのは、西洋医学の治療の在り方に、疑問を感じたことがきっかけです。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


【変形性膝関節症の原因と症状】ひざの痛みの治療に「軟骨再生ウォーキング」

【変形性膝関節症の原因と症状】ひざの痛みの治療に「軟骨再生ウォーキング」

ひざ痛を避けるために日常生活でどんな要素が大切か、どんな運動が有効か、そうした重要なポイントが、最新の研究によってわかってきました。【解説】渡辺淳也(千葉大学大学院総合医科学講座特任准教授・東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長)


膝が痛い 冷やす?温める?【"温める"が正解】ひざ痛の治し方は「冷湿布ではなくカイロ」

膝が痛い 冷やす?温める?【"温める"が正解】ひざ痛の治し方は「冷湿布ではなくカイロ」

皆さんは、ひざが痛くなったとき、どのように対処していますか?患部を冷やしたり、湿布を貼ったりすることが多いのではないでしょうか。しかし、これは大きな間違いです。そんなことをしても、ひざ痛は改善しません。【解説】坂井学(坂井医院院長)