MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ひざの痛み

ひざの痛み

ひざ痛の原因の多くは、加齢によるひざ関節の軟骨の摩耗です。磨耗が進むと、骨に異常が生じたり、関節周辺に炎症が起こったりして、動いたときに痛みや違和感を覚えるようになります。筋肉の衰えも、ひざ痛の原因です。足の筋力が低下すると、ひざ関節への負担も増えます。このカテゴリでは、ひざ痛の改善に役立つ記事を紹介しています。

ひざの痛みに関連するカテゴリ

ひざの痛みの記事一覧

表示順:
私は整形外科医ですが、当院では、食事指導を治療の主軸に据えています。今回紹介するのは、オクラを一晩漬けた水を飲むこの食事療法「オクラ水」です。オクラ水は、血流の改善に絶大な効果を発揮する、当院の治療の切り札です。特に、動脈硬化への改善効果には、私も大変驚いています。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2018-09-11 08:30:11
変形性ひざ関節症の改善・予防には、増え過ぎた体重を減らし、骨や軟骨を丈夫にして、筋肉を増やすことが肝心です。いきなりランニングや筋トレを始めて、ひざ痛を悪化させる人がいますが、まずは食事を見直しましょう。【解説・監修】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)
更新: 2018-05-16 07:00:00
現在、私の故郷である中国で、大ブームを巻き起こしている民間療法があります。それが「タマネギワイン」です。お手軽な民間療法ですが、「血圧が下がった」「糖尿病が改善した」「血栓(血液の塊)を溶かして脳梗塞の予防になる」と、健康意識の高い中国人の間で絶大な人気を博しているのです。【解説】劉莉亜(劉先生鍼灸院院長・医学博士) 
更新: 2018-09-12 13:23:17
私は、自らの闘病体験を通して「母趾球歩き」という歩き方を考案しました。そして、この歩き方に、30代半ば以上の女性、そして40代以上の男性に見られる、ひざの内側が痛む関節症を直す効果があることを確認しました。【解説】田中瑞雄(整形外科専門医)
更新: 2018-09-11 16:43:05
糖尿病の投薬治療を受けていたものの血糖値は150〜160mg/dLと、高い状態が続きました。追い打ちをかけるように、「ひざの軟骨が壊死してはがれ落ちている」といわれたのです。私が始めたのは「オクラ水」でした。血糖値が、なんと90mg/dLに下がったのです。【体験談】越田隆憲(兵庫県・51歳・トラック運転手) 
更新: 2018-09-28 14:21:16
私は、登山中、ぬかるみに足を取られて、左ひざをひねってしまい変形性ひざ関節症と診断されました。「手術しないと治らない」といわれた私が手術を回避できたのは、歩き方を変える「かかと体重」を実行したからなのです。【体験談】菊池明子(仮名・京都府・88歳主婦)
更新: 2018-09-07 14:44:35
腰痛やひざ痛など、痛みの症状を慢性的に患っている人には共通点があります。体の土台となる足の骨格のゆがみです。足は体の土台なのでゆがみは下から上に、ひざ、腰、肩など全身に波及し痛みとなって現れます。耳鳴りや頭痛、頸椎症、顎関節症なども、足のゆがみが根本原因になっているケースがあります【解説】弓削周平(木もれび鍼灸院院長)
更新: 2018-08-31 15:23:59
ふくらはぎは、冷えに対して鈍感な部位です。試しに、氷を太ももとふくらはぎに当ててみてください。ほとんどの人が悲鳴を上げますが、ふくらはぎは意外と平気です。10秒くらいなら、我慢できるのではないでしょうか。【解説】関博和(せき接骨院院長)
更新: 2018-09-28 16:04:31
「歩くと痛い」「思うように歩けない」ことが原因で、生活の質を大きく落とす原因になり、要介護の問題にもつながることもあります。国内での調査では、ひざは約820万人、腰は1020万人以上の人が痛みに悩んでいるといわれ、日本社会の深刻な問題となっています。【解説】牛田享宏(愛知医科大学医学部教授 学際的痛みセンター長)
更新: 2018-09-04 19:01:52
歩くと痛む体の部位というと、その筆頭に挙げられるのが、ひざです。ひざには大きな筋肉がないため、もともと痛めやすい上、加齢に伴って関節が老化すると、骨の間でクッションの役目を果たしている軟骨の弾力性も低下してくるので、痛みが出やすいのです。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)
更新: 2018-09-03 17:11:09

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt