医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

イボ痔・切れ痔・痔瘻

イボ痔・切れ痔・痔瘻

痔は、肛門に起こる病気の総称で、主に痔核(イボ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(穴痔)の3つに分類されます。痔は、便秘や下痢、ストレス、長時間の座り仕事、過度の飲酒など生活習慣が要因となった肛門周囲の炎症がきっかけで起こります。原因である生活習慣を改善するセルフケアを行うことで、症状の予防・改善が可能となります。このページは痔のお悩みに役立つ記事の一覧です。


イボ痔・切れ痔・痔瘻の健康情報一覧

【肛門がかゆい】原因はカンジダ菌や痔も 多くは洗い過ぎ 治し方と対策

【肛門がかゆい】原因はカンジダ菌や痔も 多くは洗い過ぎ 治し方と対策

肛門(お尻の穴)の痒み、ただれで悩んでいる女性は、非常に多く見受けられます。痒みの原因には、カンジダ菌やイボ痔、切れ痔のケースもありますが、そのほとんどは過剰なお尻のケア(洗い過ぎ、拭き過ぎ)です。医療機関で適切な治療を受ける必要があります。【解説】野澤真木子(医療法人社団桃仁日本橋レディースクリニック院長)


切れ痔の予防と改善に!私が「切れ痔」を克服した方法

切れ痔の予防と改善に!私が「切れ痔」を克服した方法

さまざまな原因によって、肛門周辺の毛細血管に血行障害が生じ、それが痔を引き起こすのです。そこで、痔の予防、あるいは、痔の症状を和らげるためには、肛門周辺の血行障害を改善することが欠かせません。血流障害を改善することを心がけた結果、ついに切れ痔を克服することができたのです。【解説】日野勝俊(ヒノヘルスオフィス院長)


【便が漏れる】緩んだ肛門を締めて便失禁をストップ「肛門しぼり」のやり方

【便が漏れる】緩んだ肛門を締めて便失禁をストップ「肛門しぼり」のやり方

私のクリニックには、便秘や下痢など、さまざまな排便障害を抱えた人が来院します。そのなかで、近年急速に増えているのが、便もれ(便失禁)です。その原因と治療法について解説します。尿もれに比べ、便もれや便失禁という言葉は、あまり聞いたことがないかもしれません。【解説】後藤利夫(新宿大腸クリニック院長) 


自力での痔の治し方!痔を市販の漢方薬で治した女医の体験談

自力での痔の治し方!痔を市販の漢方薬で治した女医の体験談

研修医を務めていた時期、便秘が原因の切れ痔とイボ痔に悩まされました。痔が痛むとき、私は、内服に血行を改善する「桂枝茯苓丸」を、外用には「紫雲膏」という漢方薬を使いました。いずれも、薬局で入手可能です。紫雲膏は、肛門の中にも周りにも塗れる軟膏で、炎症を抑えてくれます。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【便秘解消にきな粉の効果】イボ痔や切れ痔の改善に"きな粉牛乳" 作り方は簡単

【便秘解消にきな粉の効果】イボ痔や切れ痔の改善に"きな粉牛乳" 作り方は簡単

痔の主原因は便秘です。固くなった便が肛門を傷つけ、それが痔の原因となります。便は、強いアルカリ性の老廃物です。便秘によって肛門が傷つけられると、そこから細菌が入って炎症を起こすのです。痔の予防には便秘を解消することが大切。そこでお勧めは、牛乳にきな粉を入れて飲む、きな粉牛乳です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長) 


【繰り返す切れ痔・いぼ痔に】看護師 かかとを「もむ」と排便時の痛みが改善

【繰り返す切れ痔・いぼ痔に】看護師 かかとを「もむ」と排便時の痛みが改善

かかとの後ろ側は、肛門付近の尾椎に対応しています。「尾椎」の反射区は肛門と関係が深く、押すと痛みを感じたり(圧痛)、角質が厚くなったりしているときは痔になっていることがたいへん多いと言えます。切れ痔やイボ痔ではなくても、排便時の痛みなどの症状が現れがちです。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


【痔の9割は手術不要】いぼ痔(痔核)・切れ痔(裂肛)は自分で治せると名医が解説

【痔の9割は手術不要】いぼ痔(痔核)・切れ痔(裂肛)は自分で治せると名医が解説

かつては、痔には「診察を受けるのが恥ずかしい」とか、「病院に行くとすぐに手術される」といった、あまり良くないイメージがありました。また「痔の手術は痛い」「手術しても痔は再発する」と考えている人も多かったのです。しかし、これらは、昔ながらの古い情報に過ぎません。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【自分で治す】切れ痔・いぼ痔を「肛門カイロ」で改善

【自分で治す】切れ痔・いぼ痔を「肛門カイロ」で改善

突然ですが、問題です。痔になりやすいのはどんな職業の人でしょうか?痔は、ほかの疾患と異なり、恥ずかしさから、どうしても受診をためらいがちです。だからこそ、ふだんから痔になりにくい生活を心がけ、セルフケアに努めることが大切です。患者さんにお勧めしているのが「肛門カイロ」です。【解説】草間香(草間かほるクリニック院長)