医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

胃や腸の病気

胃や腸の病気

胃もたれ、食欲がないといった不調は誰もが経験する症状です。原因は、塩分の過剰摂取やピロリ菌、ストレスなどさまざまです。胃腸の不調は、便秘や下痢といった症状も引き起こします。胃炎や胃潰瘍などの病気のほか、検査では一見異常がないのに胃の不調が起こる機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)は、日本人の4人に1人が該当します。このカテゴリは胃腸の健康を保つために役立つ記事の一覧です。

関連するカテゴリー

腸の大そうじ

胃や腸の病気の健康情報一覧

肉料理で胃もたれしなくなった!発酵タマネギ料理で胃腸の不調が大改善

肉料理で胃もたれしなくなった!発酵タマネギ料理で胃腸の不調が大改善

発酵タマネギを食べ始めてからは、胃腸の不調を感じなくなって、体力も増していると思います。肌にもツヤが出て、発酵食品の力に驚いています。おかげで飲まないと不安だった漢方薬を飲むことが減りました。食べ始めてから毎日の便の量が増えて、朝に出るようになるなど、うれしい変化がありました。【体験談】松原ふみ奈(主婦・39歳)


【オクラ水】私は逆流性食道炎の症状が改善!太いオクラで作るとネバネバが多い

【オクラ水】私は逆流性食道炎の症状が改善!太いオクラで作るとネバネバが多い

私は、朝いちばんに、コップ1杯分のオクラ水を飲んでいます。予想していたよりも味にクセはないので、寝起き直後でも無理なく飲めます。オクラ水を飲み続けて1ヵ月後、思わぬ効果が現れました。それは、逆流性食道炎の改善です。胃もたれがいつしか消えて、朝までグッスリと眠れるようになりました。【体験談】伊田晴子(主婦・71歳) 


胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)


ストレスが原因の病気に勝つ!自律神経を整えて免疫力を上げる「呼吸」の仕方

ストレスが原因の病気に勝つ!自律神経を整えて免疫力を上げる「呼吸」の仕方

吐く息を長く、そして、ゆっくり深い呼吸を行うことで、自律神経のバランスを整えることができます。さらに、ゆったりした呼吸はセロトニンの活性を高め、心を落ち着かせる作用があることがわかっています。では、私がお勧めする「ありがとうね呼吸」をご紹介します。【解説】西本真司(西本クリニック院長)


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


胃腸の調子を整える「梅肉エキス」で私は虚弱体質を克服!風邪に負けない体になった

胃腸の調子を整える「梅肉エキス」で私は虚弱体質を克服!風邪に負けない体になった

病弱だった私のために、母が作ってくれていたのが「梅肉エキス」です。ジューサーなど、便利な道具がない時代です。母は青梅を一つ一つおろし金ですりおろし、布巾でこして煮詰めて……と、大変な手間と時間をかけてくれていました。自分で作るようになったのが20年前です。【体験談】(花田芙癸子・主婦・82歳)


お腹が弱い人に【干し納豆】がいい!私は食あたりなしで辺境を食べ歩ける

お腹が弱い人に【干し納豆】がいい!私は食あたりなしで辺境を食べ歩ける

東北では、納豆を干しておく習慣があります。冬が長いので、冷蔵庫が普及していなかった時代には、非常食としての保存の意味もあったのでしょう。納豆には、整腸作用や殺菌作用があり、食中毒の予防にも役立つので、私にとって、干し納豆は絶対に欠かせない旅の救世主となったのです。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【梅干しの健康効果】言い伝え 「食あたりを防ぐ」を大学准教授が検証

【梅干しの健康効果】言い伝え 「食あたりを防ぐ」を大学准教授が検証

梅干しの効能については、先人の経験に基づいたさまざまな言い伝えがありますが、医学的にはほとんど証明されていませんでした。そこで協力者を募って、梅の生産者、梅の加工業者、国内外の大学の研究者、みなべ町役場でチームを作り、産官学一体となって、梅の効能研究をスタートさせたのです。【解説】宇都宮洋才(和歌山県立医科大学准教授)


【消化促進効果】大根の主な有効成分とは「大根おろし」が医師が勧める食べ方

【消化促進効果】大根の主な有効成分とは「大根おろし」が医師が勧める食べ方

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


胃の腫瘍とキリキリする胃痛が消えた「ニンニク油」で血圧も正常値に

胃の腫瘍とキリキリする胃痛が消えた「ニンニク油」で血圧も正常値に

8年ほど前からニンニク油を作り、愛用しています。こうしてニンニク油をとっていたところ、しだいに疲れや体の痛みなどの不調を感じることが減り、胃の痛みも、まったく起こらなくなりました。病院で検査した結果、驚いたことに、胃の腫瘍が消えたのです。【体験談】福島正則(仮名・無職・73歳)


【潰瘍性大腸炎の治療と手術】血便や下痢が1週間続くと可能性有り

【潰瘍性大腸炎の治療と手術】血便や下痢が1週間続くと可能性有り

潰瘍性大腸炎では一般に、薬物療法が行われますが、場合によっては大腸を摘出する手術が行われることがあります。従来は手術後、人工肛門を余儀なくされていましたが、近年では肛門を温存し、自然に近い排便機能を維持する手術が主流になっています。【解説】木村英明(横浜市立大学附属市民総合医療 センターIBDセンター部長)


【胃潰瘍 十二指腸潰瘍とは】胃と十二指腸の働きは? 潰瘍って何? (子供でも分かる大人の病気)

【胃潰瘍 十二指腸潰瘍とは】胃と十二指腸の働きは? 潰瘍って何? (子供でも分かる大人の病気)

消化器は、食道→胃→十二指腸→小腸→大腸へとつながっています。食べた物は、食道から胃に入り、大量の胃液と混ぜ合わされて、消化されやすいかゆ状に溶かされます。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【根治を目指す】腸の難病を克服した医師が勧めるセルフケア3ステップ

【根治を目指す】腸の難病を克服した医師が勧めるセルフケア3ステップ

私が目指したのは、薬で症状をおさえ込むのではなく、本来の意味での根治でした。さまざまな試行錯誤の結果、私は薬をやめても潰瘍性大腸炎の症状が再発しない状態にこぎつけることができました。以来、この年まで一度も症状が出ていません。【解説】西本真司(西本クリニック院長)


【砂糖をやめたら】腸の難病が大改善!健康を取り戻した歯科医の体験談

【砂糖をやめたら】腸の難病が大改善!健康を取り戻した歯科医の体験談

私は潰瘍性大腸炎という病気で何度もつらい思いをし、医師から大腸全摘手術まで勧められていました。しかし、そんな重症でも、食事を変えれば改善することができたのです。「先住民食」の最大の特徴は、砂糖(代替甘味料も含む)をいっさい絶つことです。【解説者】長尾周格(稲毛エルム歯科クリニック理事長)


注意!胃酸が少なくても胃のムカムカや胸焼けは起こる!

注意!胃酸が少なくても胃のムカムカや胸焼けは起こる!

胃がムカムカする、胸やけがするというと、病院ではすぐに胃薬を処方する傾向があります。よく処方される種類は、胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬・PPI(商品名=オメプラール、タケプロンなど)と、H2受容体拮抗薬・H2ブロッカー(商品名=ガスター、ザンタックなど)です。【解説者】内山葉子(葉子クリニック院長)


【医師解説】砂糖が腸内フローラを乱す!糖質の減らし方

【医師解説】砂糖が腸内フローラを乱す!糖質の減らし方

私は、29歳のとき、難病に指定されている潰瘍性大腸炎を発症しました。私は砂糖をたっぷり食べて育った世代です。潰瘍性大腸炎やクローン病の患者さんに聞いてみても、傾向として、甘いものをよく食べていた人が多いのです。腸の疾患には砂糖のとりすぎが関係していると考えています。【解説者】西本真司(西本クリニック院長)


知ってる?【腸が元気になる炭水化物】上手に取れば健康的にやせる!

知ってる?【腸が元気になる炭水化物】上手に取れば健康的にやせる!

糖質を制限すればダイエットできる→糖質は体によくない、というイメージが定着しているようです。しかし、炭水化物は決して悪者などではありません。【解説者】早川享志(岐阜大学応用生物科学部教授・農学博士)


【医師解説】胃腸を活性化させる「腹筋押し」のやり方

【医師解説】胃腸を活性化させる「腹筋押し」のやり方

背中のコリは、非常に厄介です。たいてい、背中全体が漠然と不快で、どこをほぐせばいいか、わかりません。そんなとき役立つのが、拮抗筋による刺激です。背中がほぐれると、内臓に流れる血液量が増大し、胃腸の機能が回復します。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


【腸研究の権威が提言】「健康になりたければでかいウンコを出せ」

【腸研究の権威が提言】「健康になりたければでかいウンコを出せ」

腸内細菌は、私たちの健康を保つうえで、非常に大切な働きをしています。病原菌を排除し消化を助けビタミンBやCなどを合成するのです。人が幸せを感じるとき脳内にはドーパミンやセロトニンといった「幸せ物質」が分泌されます。腸で作られたその前駆物質を脳に送っているのも、腸内細菌です。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)