腎臓病

腎臓病

腎臓は腰の辺りに2個ある臓器で、握りこぶしくらいの大きさです。血液をろ過して、老廃物を尿として体外に排泄し、体内をきれいに保ちます。慢性腎臓病(CKD)とは、腎臓の働きが健康な人の60%以下に低下する状態を指します。高齢者ほどCKDが多くなります。高血圧、糖尿病、コレステロールや中性脂肪が高い人(脂質代謝異常)は要注意です。心筋梗塞や脳卒中など心臓の血管の病気の因子になります。


腎臓病の健康情報一覧

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【腎臓病の治療】「透析療法」のしくみを医師が解説!注意点は?「在宅血液透析」「腎移植」とは?

【腎臓病の治療】「透析療法」のしくみを医師が解説!注意点は?「在宅血液透析」「腎移植」とは?

腎臓病が進行して腎機能が著しく低下すると、通常、機械を使って血液をろ過する「透析療法」を始めることになります。透析療法には、ダイアライザー(透析膜)という装置を利用する「血液透析」と、自分の腹膜を利用する「腹膜透析」があります。【解説】金田浩(かもめクリニック理事長)


【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

症状に対応する臓器に関連する経絡上のツボを刺激すると、神経・脊髄・脳を介する生理反応により、その症状を軽減・解消できます。強く長く押し過ぎることのないように心がけつつ、ツボ刺激を、毎日の習慣にするといいでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長))


【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

腎臓は、体内のさまざまなバランスを調整する役割を持ち、不要な物質を排出する働きがあります。しかし、腎臓の機能が低下した慢性腎臓病では、尿として排泄すべき毒素(尿毒素)を十分に排出できません。慢性腎臓病の患者さんは、治療とともに腸内環境を整える食生活がとても重要です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

慢性腎臓病(CKD)を悪化させないためには、尿毒素をためないこと、そして炎症を抑えることがカギとなります。そのために心がけることとして、食事で腸内環境を整えることがとても重要です。腸が喜ぶ食生活が腎臓にもいかによいか、おわかりいただけると思います。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【腎機能低下】クレアチニン値を下げる食事「小豆カボチャ」で薬を飲まず透析を回避できた!

【腎機能低下】クレアチニン値を下げる食事「小豆カボチャ」で薬を飲まず透析を回避できた!

叔母は78歳のとき「腎不全」と診断されました。クレアチニン値が11mg/dLまで上昇し医師から人工透析を提案されたのです。私の勧めでアズキカボチャを食べ始めたら、3週間でクレアチニン値が5mg/dLまで下がり、結果透析はしなくて済みました。腎臓の薬は飲んでいません。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【免疫力を高める】足の裏もみは痛いほど効果あり!痛み物質が腎機能を回復させる

【免疫力を高める】足の裏もみは痛いほど効果あり!痛み物質が腎機能を回復させる

足の裏をもむ健康法は、巷にいろいろありますが、この官足法は、非常に強い刺激を与えるのが特徴。しかし、この方法により、多くの人の健康が回復しているのは事実です。「足の裏をもんで腎機能がよくなるなら」と試すつもりで、ぜひ実践してみてください。【解説】上田昌司(上田医院院長・新旭キリスト栄光教会牧師)


クレアチニン値が改善した!蛋白尿、血尿が止まった! 腎臓病の食事療法「玄米根菜食」とは?

クレアチニン値が改善した!蛋白尿、血尿が止まった! 腎臓病の食事療法「玄米根菜食」とは?

血液が汚れる食事ばかりしていると、当然、腎臓でのろ過に大きな負担がかかるようになります。腎機能が低下している人は、そうなる前に1日も早く玄米根菜食に切り替えてください。血液がきれいになれば、それはあたりまえのことだとわかってください。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


【慢性腎臓病】を食事で改善!「減塩」ではなく「適塩」を名医が勧める理由とは

【慢性腎臓病】を食事で改善!「減塩」ではなく「適塩」を名医が勧める理由とは

人間は、食べ物によって病気にもなれば、食べ物によって病気を治すこともできます。慢性腎臓病もしかりで、毎日の食事によって改善させることができます。ポイントは、血液を汚す食事をやめて、腎臓に負担をかけない自然の食事に戻すことです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


慢性腎臓病(CKD)は早期発見・早期治療が重要!検査では「シスタチンC」にも注目!

慢性腎臓病(CKD)は早期発見・早期治療が重要!検査では「シスタチンC」にも注目!

慢性腎臓病(CKD)はなかなか自覚症状が現れません。「色」「におい」「泡立ち」「頻尿(特に夜)」などの異常があれば、早めに検査を受けたほうがいいでしょう。代表的な検査項目(アルブミン、クレアチニン等)の数値の見方について解説します。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【医師解説】慢性腎臓病の症状と原因 改善には初期の対処が重要!末期腎不全でも進行を抑えることが可能

【医師解説】慢性腎臓病の症状と原因 改善には初期の対処が重要!末期腎不全でも進行を抑えることが可能

現在、日本では慢性腎臓病の患者数が1330万人と推計されています。これは成人の約8人に1人にあたります。慢性腎臓病とは、一つの病気の名称ではありません。腎臓の機能が慢性的に低下しているか、尿の異常などの腎臓障害が慢性的に持続している病気の総称です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【医師解説】慢性腎臓病患者は薬を勝手にやめては危険!ただし不要な薬を減らすことも重要

【医師解説】慢性腎臓病患者は薬を勝手にやめては危険!ただし不要な薬を減らすことも重要

慢性腎臓病(CKD)の患者さんは、何種類もの薬を服用しているケースが多いと思います。しかし、医師から処方された薬は、自己判断で勝手にやめてはいけません。やってほしいのは、一つひとつの薬に対して、「何を目的とした薬か」「今の私にほんとうに必要かどうか」を、主治医に確認することです。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【尿検査でわかる腎臓病】尿アルブミン値は「糖尿病性腎症」の早期発見に役立つ

【尿検査でわかる腎臓病】尿アルブミン値は「糖尿病性腎症」の早期発見に役立つ

「尿の色が茶色っぽい、または赤っぽい」「尿が泡立ちやすい」「頻尿」などがあったら、早急に検査を受けたほうがいいでしょう。そこで、慢性腎臓病かどうかを調べる主要な検査を紹介しましょう。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック 自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【慢性腎臓病】透析患者にならないために心掛けたい、たった5つのポイント

【慢性腎臓病】透析患者にならないために心掛けたい、たった5つのポイント

「血糖値や血圧、肝機能値などは気にするけれど、腎臓のことはあまり気にしたことがない」人は多いのではないでしょうか。実は、腎臓病、なかでも腎臓の機能が落ちて十分に役割が果たせなくなる腎不全の患者さんは、近年、世界中で増加。日本も例外ではありません。【解説】川嶋 朗(東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長)


【腎臓病の初期症状】尿の泡立ちが消えない クレアチニン値による腎機能(eGFR)早見表

【腎臓病の初期症状】尿の泡立ちが消えない クレアチニン値による腎機能(eGFR)早見表

腎臓は非常に「我慢強い臓器」で、慢性腎臓病になっても、ある程度進むまではほとんど自覚症状がありません。症状に気付いたら、早急に受診することが大切です。しかし、自覚症状が現れる前に、慢性腎臓病を見つけるほうがいいのはいうまでもありません。【解説】川嶋 朗(東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長)