病気や症状の改善に役立つ健康情報サイト

血管の若返り

血管の病気、血管の若返りに関する記事一覧ページです。


血管の若返りの健康情報一覧

「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」という病名、皆さんはご存じでしょうか。不整脈の一種で、中高年では多くの人に見られる病気ですが、あまり知られていません。実際、私が患者さんに病名を告げても、ピンと来ない人が大半で、いつも紙に漢字を書いてみせるくらいです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

食生活に関しては、まず毎日の食事で、カルシウムをしっかり取ることが必要です。骨化は体内のカルシウム不足が引き金となるからです。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


【医師執筆】動脈硬化が進んでいる人は 見た目も老けている

【医師執筆】動脈硬化が進んでいる人は 見た目も老けている

老いる、とはなんでしょうか。決め手の一つは、「見た目」だと思います。自分の顔にシミやシワが多くなれば、老いたと思うでしょう。だとしたら、シミやシワが多ければ、血管も老いているのでは――。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学医学部附属病院特任教授・抗加齢予防医療センター長)


【人は血管とともに老いる】血管は若返り可能! 心筋梗塞や脳卒中を防ぐ最新血管ケア

【人は血管とともに老いる】血管は若返り可能! 心筋梗塞や脳卒中を防ぐ最新血管ケア

「人は血管とともに老いる」といわれるとおり、血管病の最大の原因は加齢です。加えて、血管に負担をかける高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などがあると、動脈硬化と血管病のリスクはさらに高まります。【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


血管を強くするカギは 「内皮細胞」!内皮細胞を 元気に保つ3つのポイント

血管を強くするカギは 「内皮細胞」!内皮細胞を 元気に保つ3つのポイント

血管の最も大きな役目は、いうまでもなく血液を目的地に届けることです。しかし、血管は単なる「管」ではなく、複雑な構造と機能を持っています。【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


血管が若返り記憶力が高まる 「アマニ油かけ納豆」は 最強の認知症予防・改善食

血管が若返り記憶力が高まる 「アマニ油かけ納豆」は 最強の認知症予防・改善食

認知症の予防や改善のために、もっともパワフルな食品は納豆です。私は日々、「納豆は日本が生んだ最高の食べ物です!」と、声を大にして患者さんに訴えかけています。【解説】広川慶裕(認知症予防医・ひろかわクリニック院長)


ヘモグロビンA1cや 血圧を下げて血管を強力に守る 1日5杯の緑茶習慣

ヘモグロビンA1cや 血圧を下げて血管を強力に守る 1日5杯の緑茶習慣

糖尿病にならないためには、食べ過ぎずにインスリンの働きに見合った量の食事をすること、そして、血糖値を急激に上げないことが大切です。そこで、緑茶に豊富に含まれるカテキンが注目されているのです。【解説】栗原毅(栗原クリニック東京・日本橋院長)


死亡率が10倍になる! カルシウム不足が原因で 心臓が硬くなる「骨化」が注目

死亡率が10倍になる! カルシウム不足が原因で 心臓が硬くなる「骨化」が注目

全身に血液を送り出すために、休みなく働いている心臓。体のほかの臓器と同様、心臓も加齢とともに機能が低下します。心臓を動かし続けている心筋は、年を重ねるにつれて筋肉が硬く変性し、心臓は徐々に小さく硬くなります。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


野菜スープを飲めば糖尿病や 高血圧、脂肪肝も食事制限の ストレスなく改善できる

野菜スープを飲めば糖尿病や 高血圧、脂肪肝も食事制限の ストレスなく改善できる

糖尿病、高血圧、脂質異常症などの患者さんは、日々の生活で厳しい食事制限を課せられているのではないでしょうか。いつもカロリーを気にし、塩分や糖質を抑えているような食事では、食事の楽しみが半減し、ストレスもたまる一方ですね。【解説】髙橋 弘(ハーバード大学医学部元准教授・麻布医院院長)


全身の7割の血管を柔軟にして 脳卒中や心筋硬塞を予防する 「血管ストレッチ」

全身の7割の血管を柔軟にして 脳卒中や心筋硬塞を予防する 「血管ストレッチ」

私は体の問題点を見つけ、病気になる前に対策を立てる予防医療を提唱・普及しています。あなたの血管は大丈夫でしょうか? チェックテストで確かめてみてください。【解説】金城 実(日本予防医療協会代表理事・医学博士)


私は耳もみで糖尿病や 痛風が大改善!糖尿病で 眼底出血の患者は失明を免れた

私は耳もみで糖尿病や 痛風が大改善!糖尿病で 眼底出血の患者は失明を免れた

糖尿病のような治りにくい慢性疾患に対して効果を発揮するのが、耳介療法です。私の治療室では、患者さんの耳に針を打つ「耳バリ治療」を行い、自宅では「耳もみ」を実行してもらい、多くの効果を上げています。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


下肢静脈瘤によるだるさや むくみが激減し血流の改善に 効果的な「ゴキブリ体操」

下肢静脈瘤によるだるさや むくみが激減し血流の改善に 効果的な「ゴキブリ体操」

ご自分のふくらはぎや太ももの裏を見たことがありますか? もし、血管がコブのようにボコボコと膨らんでいたり、ヘビのようにうねっていたりしたら、それは下肢静脈瘤という病気です。この病気は文字どおり、足の静脈がコブのように膨らんでしまう病気です。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


脳梗塞で失語症になり 「死んだほうがよかった」と 思った私が仕事に復帰するまで

脳梗塞で失語症になり 「死んだほうがよかった」と 思った私が仕事に復帰するまで

2006年7月。そんな私が脳梗塞(脳の血管が詰まる病気)になり、言葉を失ってしまいました。病名は、出血性脳梗塞による失語症。もう二度と、マイクの前には立てないと思いました。【体験談】沼尾ひろ子(ナレーター)


ふくらはぎを刺激して 全身の血流を促し動脈硬化に効く 「かかとの上下体操」

ふくらはぎを刺激して 全身の血流を促し動脈硬化に効く 「かかとの上下体操」

動脈硬化を防ぐには、なによりも食事に気を付けて、よく歩くことが大事です。加えて、私がお勧めしているのが「かかとの上下体操」です。これは、かかとを上げたり下げたりする、簡単な体操です。【解説】重松宏(都庁前血管外科・循環器内科理事長)


ランキング


>>総合人気ランキング