医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

心臓病・脳梗塞

心臓病・脳梗塞

血管年齢という言葉をよく耳にするようになりました。「動脈の硬さ(動脈硬化)」を知るバロメータが血管年齢です。血管は、加齢とともに伸縮性を失い硬くなっていきます。「血管年齢が実年齢より高い」と血管は収縮性を失っていて老化している「動脈硬化」が進んでいる状態だと診断されます。このカテゴリは、「血管の若返り」に役立つ記事を紹介します。

心臓病・脳梗塞に関連するキーワード

動脈硬化 血管の詰まりを取る 強い血管をつくる 心房細動 突然死 心臓病
>>心臓病・脳梗塞に関連するキーワード一覧

心臓病・脳梗塞の健康情報一覧

【手をもむ】 病院や薬に頼らず 病気や症状が改善した人も

【手をもむ】 病院や薬に頼らず 病気や症状が改善した人も

手には、体のすべての臓器に対応した反応ポイントが、細かく分布しています。そこを刺激することで、対応する臓器の細胞活動が活性化し、病気や不調が緩和します。私はこのことを、数多くの事例で確認しましたが、つい最近もそれを実証するような出来事がありました。【解説】大村恵昭(コロンビア大学医学博士)


【慢性腎臓病とは】初期症状、治療法、透析について 心筋梗塞や脳卒中の原因にも

【慢性腎臓病とは】初期症状、治療法、透析について 心筋梗塞や脳卒中の原因にも

慢性腎臓病とは腎臓の機能が少しずつ低下する病気の総称です。英語の頭文字を取り、CKD(Chronic Kidney Disease)とも呼ばれます。頭痛やだるさ、むくみ、貧血などの症状が現れてくるのは、かなり悪化してからとなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック 自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【動脈硬化の原因と症状】犯人はシネディ菌!?

【動脈硬化の原因と症状】犯人はシネディ菌!?

動脈硬化とは、弾力を失い、硬く、もろくなった動脈の状態を差します。心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因になります。偏った食事など、さまざまな生活習慣の乱れが動脈硬化の進行に関わっていますが、近年は、細菌やウイルス感染も原因の一つではないかと見られています。【解説】赤池孝章(東北大学大学院医学系研究科・環境保健医学分野教授)


【動脈硬化の症状】ミカン果汁が動脈硬化を改善!

【動脈硬化の症状】ミカン果汁が動脈硬化を改善!

海外の研究では、レッドオレンジの摂取によって血管を保護する作用が働き、心筋梗塞など心血管病の予防につながることが報告されています。では、日本の温州ミカンはどうでしょうか。私の教え子である、愛媛大学医学部の学生が行った研究をご紹介しましょう。【解説】茂木正樹(愛媛大学大学院医学系研究科 薬理学教授・医学博士)


【ゴースト血管】毛細血管のゴースト化とは何か 血管が若返る食べ物を公開

【ゴースト血管】毛細血管のゴースト化とは何か 血管が若返る食べ物を公開

ゴースト血管を改善する食べ物として、生姜がお勧めです。ショウガには、ジンゲロン、ショウガオール、ジンゲロール等、ショウガ特有の成分が含まれています。血液を固まりにくくする作用や、血流を増やす作用、動脈硬化を抑制するのに役立つ抗酸化作用があるからです。【解説】根来秀行(ハーバード大学、パリ大学医学部客員教授)


脳梗塞や心筋梗塞を予防する、上手な水の飲み方はこれ!

脳梗塞や心筋梗塞を予防する、上手な水の飲み方はこれ!

私たちは毎日、2.5Lもの水を放出しています。尿や便として1.5L、汗が0.5L、吐く息から0.5Lという排出量です。こうして失われた2.5Lの水分は、しっかり補充する必要があります。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【免疫アップ 血圧を下げる効果】干しシイタケの健康効果ベスト5

【免疫アップ 血圧を下げる効果】干しシイタケの健康効果ベスト5

食事の内容が体の健康に極めて重要であることは、今さらいうまでもありません。医師の私が、なるべくこまめにとるようにしているものの一つがシイタケです。シイタケはさらに干すことで栄養価がアップします。手軽にシイタケの豊富な栄養をとれる「シイタケ氷」を是非お試しください。【解説】蔵方宏昌(安方クリニック院長) 


【カリスマ医師が実証】頭痛・肩こりは、指をそらすだけで解消できる!

【カリスマ医師が実証】頭痛・肩こりは、指をそらすだけで解消できる!

私は麻酔科医としての経験を生かし、ペインクリニックを開業しました。ペインクリニックは、痛みを緩和して、生活の質を維持・向上するのが目的です。肩こりや腰痛、ひざ痛など慢性的な痛みや、こりの解消に欠かせないのが、実は「血流をスムーズにする」ことなのです。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)


血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

日本人の死因のうち、心筋梗塞と脳卒中で死因全体の30%。3人に1人は、血管の病気で亡くなっていることになります。心筋梗塞と脳卒中はいずれも、血管が硬く、もろくなる動脈硬化が原因で引き起こされる「血管病」です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


【毛細血管を強くする】血管の若返り筋トレ 毛細血管が増える効果

【毛細血管を強くする】血管の若返り筋トレ 毛細血管が増える効果

これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)


【血管を若返らせる方法】血圧や血糖値を下げる専門医考案「動脈マッサージ」

【血管を若返らせる方法】血圧や血糖値を下げる専門医考案「動脈マッサージ」

血管の品質管理こそ、健康長寿の鍵――。これは、私が長年、老化の原因について研究を重ねてたどりついた結論です。血管は、全身に張り巡らされた運河のようなものです。長さは、10万kmにも及びます。【解説】井上正康(健康科学研究所所長・大阪市立大学医学部名誉教授)


【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

強い血管を作るには、食事にもひと工夫が必要です。内皮細胞を元気にする食事法をご紹介します。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


【血管を強くする食品】玉ねぎ=血液サラサラは本当だった 動脈硬化に効果

【血管を強くする食品】玉ねぎ=血液サラサラは本当だった 動脈硬化に効果

私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分(栄養以外のなんらかの生理作用を持つ成分)を研究してきました。そこで明らかになったのは、タマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということです。 【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部 学長)


【血管のサビを落とす】全身が若返る 医師が勧める「ゴキブリ体操」のやり方

【血管のサビを落とす】全身が若返る 医師が勧める「ゴキブリ体操」のやり方

一生硬くならない、しなやかな血管を保つことは、老化を予防し、元気に長生きするための前提条件といえるでしょう。そして、そのような丈夫な血管をつくるには、筋肉を萎縮させないことが大事です。【解説】周東寛(医療法人健身会理事長・医学博士)


【医師解説】毛細血管が元気に!疲れ果てた血管、こうすれば必ず再生できる!

【医師解説】毛細血管が元気に!疲れ果てた血管、こうすれば必ず再生できる!

動脈は外膜、中膜、内膜の3層から成り、血管壁をつくり上げています。外膜は血管を守る保護層、中膜は血管の拡張と収縮にかかわる層、内膜は薄い線維成分と内皮細胞から成ります。血管を強くする決め手となるのが、この内皮細胞です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


動脈硬化の予防方法「頸動脈エコー」検査について医師が解説!

動脈硬化の予防方法「頸動脈エコー」検査について医師が解説!

救急診療では、心筋梗塞や狭心症といった血管障害を発症した患者さんが搬送されてきます。緊急を要する手術や治療に日々追われながら考えていたのは、「こうなる前に、防ぐことができたら」ということでした。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)


足首がコリコリ・ガチガチな時は「足首回し」で全身の血流改善!

足首がコリコリ・ガチガチな時は「足首回し」で全身の血流改善!

東洋医学では、足に、全身の内臓や器官とつながっている「反射区」というものがあるといわれています。この反射区を刺激することで、滞っていた血液やリンパの流れをよくし、病気や不調を改善・軽減していこうというのが、足もみ健康法です。【解説】折田充(日本足部反射区健康法協会会長)


血圧を下げて、血栓の予防にもなる食べ物「酢タマネギ」の作り方

血圧を下げて、血栓の予防にもなる食べ物「酢タマネギ」の作り方

5年前、ほんの偶然で高血圧がわかりました。それまで健康診断でそのようなことを指摘されたこともなかったし、もちろん、自覚症状もなかったので驚きました。【体験談】新宅隆(仮名・無職・72歳)


血管年齢を下げる、腹式呼吸の方法!動脈硬化予防やアンチエイジングに効く!

血管年齢を下げる、腹式呼吸の方法!動脈硬化予防やアンチエイジングに効く!

脳梗塞や心筋梗塞の予防には、アディポネクチンというホルモンの分泌が重要です。アディポネクチンには、傷ついた血管を修復し、血管のプラークを抑制する働きがあることがわかっています。さらに、アディポネクチンには、インスリンの働きをよくして、糖尿病を防ぐ働きもあります。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)


【名医に聞く不整脈の手術】心房細動のカテーテルアブレーション

【名医に聞く不整脈の手術】心房細動のカテーテルアブレーション

心房細動における薬物療法(抗凝固薬)に対して、心房細動そのものの根治を期待できる治療が「カテーテルアブレーション」です。これは、太ももの静脈などから直径2mmほどのカテーテルを入れ、その先端から高周波電流を流して、心臓内の不整脈の元となる異常な部分を焼いて治療するものです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)