心臓病・脳梗塞

心臓病・脳梗塞

血管年齢という言葉をよく耳にするようになりました。「動脈の硬さ(動脈硬化)」を知るバロメータが血管年齢です。血管は、加齢とともに伸縮性を失い硬くなっていきます。「血管年齢が実年齢より高い」と血管は収縮性を失っていて老化している「動脈硬化」が進んでいる状態だと診断されます。このカテゴリは、「血管の若返り」に役立つ記事を紹介します。

心臓病・脳梗塞に関連するキーワード

動脈硬化 強い血管をつくる
>>心臓病・脳梗塞に関連するキーワード一覧

心臓病・脳梗塞の健康情報一覧

【酢玉ねぎの体験談】胃腸の調子が整う!便秘が治りバナナ便がスルリ 血圧も改善

【酢玉ねぎの体験談】胃腸の調子が整う!便秘が治りバナナ便がスルリ 血圧も改善

5年前、ほんの偶然で高血圧がわかりました。それまで健康診断でそのようなことを指摘されたこともなかったし、もちろん、自覚症状もなかったので驚きました。【体験談】新宅隆(仮名・無職・72歳)


【内臓脂肪を減らす方法】食事や運動で改善 内臓脂肪が燃焼する"簡単呼吸法"はコレ

【内臓脂肪を減らす方法】食事や運動で改善 内臓脂肪が燃焼する"簡単呼吸法"はコレ

脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な病気を招く動脈硬化は、食事や運動をはじめとした生活習慣の改善で防ぐことができます。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)


【名医に聞く不整脈の手術】心房細動のカテーテルアブレーション 治療薬では脳梗塞を予防

【名医に聞く不整脈の手術】心房細動のカテーテルアブレーション 治療薬では脳梗塞を予防

心房細動における薬物療法(抗凝固薬)に対して、心房細動そのものの根治を期待できる治療が「カテーテルアブレーション」です。これは、太ももの静脈などから直径2mmほどのカテーテルを入れ、その先端から高周波電流を流して、心臓内の不整脈の元となる異常な部分を焼いて治療するものです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


医大のアンチエイジングドックで推奨 肌が若返る食品「3種」

医大のアンチエイジングドックで推奨 肌が若返る食品「3種」

「三角食べ」をしている人は、今日から野菜を先に食べ、続いて肉や魚、大豆などのたんぱく質、最後にごはんやパンなどの炭水化物を食べるようにしましょう。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学医学部附属病院特任教授・抗加齢予防医療センター長)


【血管を強くする食べ物】塩分を減らし青魚や大豆製品の食事が血管強化の秘訣

【血管を強くする食べ物】塩分を減らし青魚や大豆製品の食事が血管強化の秘訣

血管の若返りを図って血管病を防ぐには、動脈の内皮細胞を元気にすることです。そのために最も重要で効果的なのは食生活です。【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


心房細動から脳梗塞を起こした私が実践する「二度と血栓を作らない」秘策

心房細動から脳梗塞を起こした私が実践する「二度と血栓を作らない」秘策

私は18年ほど前に脳梗塞を起こしました。早期治療と早期リハビリテーション(機能回復訓練)のかいがあって、後遺症も少なく、職場に復帰することもできました。【体験談】加藤博(無職・70歳)


塩分は大幅カットでも超うまい! 病院でも大人気の 「牛乳ちょい足し減塩レシピ」

塩分は大幅カットでも超うまい! 病院でも大人気の 「牛乳ちょい足し減塩レシピ」

乳和食とは、私が20年以上前から、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を使ったオリジナル料理の開発に取り組んできた経験から生まれた減塩料理です。【解説】小山浩子(料理家・管理栄養士)


 【耳たぶのシワ】足がだるい 瞼の脂肪の塊は "病気の前兆" 動脈硬化の症状と予防

【耳たぶのシワ】足がだるい 瞼の脂肪の塊は "病気の前兆" 動脈硬化の症状と予防

動脈硬化の予兆は、外見に現れることがあります。チェックリストに当てはまるものがある人は、動脈硬化が進行している可能性が考えられます。脳梗塞、心筋梗塞といった病気のサインが潜んでいることがあるので注意が必要です。耳たぶにシワができたケースを写真付きで紹介しましょう。【解説】重松宏(都庁前血管外科・循環器内科理事長)


「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」という病名、皆さんはご存じでしょうか。不整脈の一種で、中高年では多くの人に見られる病気ですが、あまり知られていません。実際、私が患者さんに病名を告げても、ピンと来ない人が大半で、いつも紙に漢字を書いてみせるくらいです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


【急死を防ぐ】冠動脈の動脈硬化で起きる心臓の病気「骨化」― 予防ができる3つの食事

【急死を防ぐ】冠動脈の動脈硬化で起きる心臓の病気「骨化」― 予防ができる3つの食事

心臓の「骨化」は、冠動脈が動脈硬化を起こすと生じます。そのため、骨化を予防するには、まず動脈硬化の進行を防ぐことが重要です。食生活に関しては、まず毎日の食事で、カルシウムをしっかり取ることが必要です。骨化は体内のカルシウム不足が引き金となるからです。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


【写真】動脈硬化は "見た目" でも分かる 顔のシミやシワが多い人は血管も老化の可能性

【写真】動脈硬化は "見た目" でも分かる 顔のシミやシワが多い人は血管も老化の可能性

老いる、とはなんでしょうか。決め手の一つは、「見た目」だと思います。自分の顔にシミやシワが多くなれば、老いたと思うでしょう。だとしたら、シミやシワが多ければ、血管も老いているのでは――。実年齢と血管年齢の関係について解説します。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学医学部附属病院特任教授・抗加齢予防医療センター長)


【心筋梗塞・脳卒中の予防】血液サラサラでは不十分!最新の「血管ケア」が動脈硬化を防ぐ

【心筋梗塞・脳卒中の予防】血液サラサラでは不十分!最新の「血管ケア」が動脈硬化を防ぐ

「人は血管とともに老いる」といわれるとおり、血管病の最大の原因は加齢です。加えて、血管に負担をかける高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などがあると、動脈硬化と血管病のリスクはさらに高まります。しかし、血管の若返りを図ることは可能なのです。【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


血管を強くする「内皮細胞」に注目!動脈硬化予防のために心がけたい生活習慣

血管を強くする「内皮細胞」に注目!動脈硬化予防のために心がけたい生活習慣

血管壁の内側にある内皮細胞は、血液と血管壁を仲介する役割を果たし、血管を守り、血管を強くするよう働いています。また、血液をサラサラに保つ役割も持っています。普段から内皮細胞に良い生活を続けることで血管病の予防につながります。健全に保つ3つのポイントを紹介します【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


ヘモグロビンA1cや 血圧を下げて血管を強力に守る 1日5杯の緑茶習慣

ヘモグロビンA1cや 血圧を下げて血管を強力に守る 1日5杯の緑茶習慣

糖尿病にならないためには、食べ過ぎずにインスリンの働きに見合った量の食事をすること、そして、血糖値を急激に上げないことが大切です。そこで、緑茶に豊富に含まれるカテキンが注目されているのです。【解説】栗原毅(栗原クリニック東京・日本橋院長)


【医師解説】心筋梗塞や脳卒中の原因に カルシウム不足による心臓の「骨化」を防ぐには

【医師解説】心筋梗塞や脳卒中の原因に カルシウム不足による心臓の「骨化」を防ぐには

最近の研究で、心臓の「骨化」が起きている人は、心臓の血管の病気である心筋梗塞や狭心症、脳卒中などの脳血管疾患による死亡率が、10倍も高まることが明らかになりました。そのため、健康上注意すべき病変として、心臓の骨化が注目されているのです。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


【医師考案】野菜スープで体内デトックス!糖尿病や高血圧、脂肪肝も改善

【医師考案】野菜スープで体内デトックス!糖尿病や高血圧、脂肪肝も改善

糖尿病、高血圧、脂質異常症などの患者さんは、日々の生活で厳しい食事制限を課せられているのではないでしょうか。いつもカロリーを気にし、塩分や糖質を抑えているような食事では、食事の楽しみが半減し、ストレスもたまる一方ですね。【解説】髙橋弘(ハーバード大学医学部元准教授・麻布医院院長)


【動脈硬化を改善】血管を柔らかくする「血管若返りストレッチ」で脳卒中を防ぐ

【動脈硬化を改善】血管を柔らかくする「血管若返りストレッチ」で脳卒中を防ぐ

私は体の問題点を見つけ、病気になる前に対策を立てる予防医療を提唱・普及しています。あなたの血管は大丈夫でしょうか? チェックテストで確かめてみてください。【解説】金城実(日本予防医療協会代表理事・医学博士)


【下肢静脈瘤の初期症状と治療】ふくらはぎが痛い 熱い だるい 足のむくみは病気?

【下肢静脈瘤の初期症状と治療】ふくらはぎが痛い 熱い だるい 足のむくみは病気?

ご自分のふくらはぎや太ももの裏を見たことがありますか?もし、血管がコブのようにボコボコと膨らんでいたり、ヘビのようにうねっていたりしたら、それは下肢静脈瘤という病気です。この病気は文字どおり、足の静脈がコブのように膨らんでしまう病気です。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


【死んだほうが…】脳梗塞の後遺症で言語障害(失語症)に リハビリと回復の記録

【死んだほうが…】脳梗塞の後遺症で言語障害(失語症)に リハビリと回復の記録

前兆はありました。脳梗塞を起こす少し前、私は突然、頭痛に襲われました。絶え間なくハンマーでガンガンと叩きつけられるような痛みと吐き気。疲労感と眠気。頭痛薬は効かず、1週間後、ついに病院に駆け込みました。詳しく調べるために検査入院をしました。その最中に、脳梗塞が起こったのです。【体験談】沼尾ひろ子(ナレーター)


【動脈硬化の予防に】ふくらはぎを刺激して全身の血流を促す「かかとの上下体操」

【動脈硬化の予防に】ふくらはぎを刺激して全身の血流を促す「かかとの上下体操」

動脈硬化を防ぐには、なによりも食事に気を付けて、よく歩くことが大事です。加えて、私がお勧めしているのが「かかとの上下体操」です。これは、かかとを上げたり下げたりする、簡単な体操です。【解説】重松宏(都庁前血管外科・循環器内科理事長)