高血圧に関する健康情報


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


【甘酒氷Q&A】正しい保存方法は?甘くないけど失敗?離乳食に甘酒は使える?

【甘酒氷Q&A】正しい保存方法は?甘くないけど失敗?離乳食に甘酒は使える?

甘酒には、二種類あります。酒かす甘酒は、酒かすを水で溶いて、砂糖などの甘味料を加えて作ります。酒かす甘酒にはアルコールが若干含まれますから、子どもやお酒に弱いかたの飲用には注意が必要です。一方、麹甘酒は米麹を発酵させて作りますので、アルコール分は含まれません。【回答】小紺有花(発酵食大学教授、糀料理研究家)


【体験談】私はニンニク油で胃の腫瘍とキリキリする胃痛が消えた!血圧も正常値に

【体験談】私はニンニク油で胃の腫瘍とキリキリする胃痛が消えた!血圧も正常値に

8年ほど前からニンニク油を作り、愛用しています。こうしてニンニク油をとっていたところ、しだいに疲れや体の痛みなどの不調を感じることが減り、胃の痛みも、まったく起こらなくなりました。病院で検査した結果、驚いたことに、胃の腫瘍が消えたのです。【体験談】福島正則(仮名・無職・73歳)


【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

女性の場合、50歳以降に起こる体調不良を、世間一般では更年期と呼びます。しかし私は、定年を迎えた夫が家にいることによるストレスが原因ではないかと考えています。これを、夫源病といいます。読み方は「ふげんびょう」です。上沼恵美子さんの告白で話題になりました。【解説】石蔵文信(大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授)


【高血圧・高血糖を予防】材料は牛乳と酢だけ低カロリーで栄養豊富な「ミルク酢」とは

【高血圧・高血糖を予防】材料は牛乳と酢だけ低カロリーで栄養豊富な「ミルク酢」とは

ミルク酢は、カロリーが低い一方で、コレステロールは、なんとゼロ!しかも、酢の効用で消化吸収がよく、ミネラルなどの栄養分が、牛乳として飲むよりもスムーズに体内に入っていき、吸収されやすいのです。現在、科学的にミルク酢の効果を検証するための研究も行われています。【解説】小山浩子(管理栄養士・料理研究家)


血圧を下げる効果【ミルク酢Q&A】飲む量はどのくらい?どんな酢を使えばいい?

血圧を下げる効果【ミルク酢Q&A】飲む量はどのくらい?どんな酢を使えばいい?

ミルク酢は1日どのくらい飲めばいいの?ミルク酢に使う酢はどれがいいの?ミルク酢はどうやって摂取したらいい?ミルク酢は加熱しても大丈夫?高血糖や高血圧を予防・改善する「ミルク酢」のQ&Aをご紹介します。【解説】小山浩子(管理栄養士・料理研究家)


【血糖値の急上昇を防ぐ】材料は牛乳とお酢だけ!5分で作れる超簡単「ミルク酢」の作り方

【血糖値の急上昇を防ぐ】材料は牛乳とお酢だけ!5分で作れる超簡単「ミルク酢」の作り方

ミルク酢は、そのまま飲むと、ほのかな酸味だけで、味がほとんどありません。 牛乳の風味もないので、牛乳が苦手な人でも飲めると思います。料理にも、水やだしの代わりに使ったり、お酢代わりに使ってみたらほぼすべての料理が、ミルク酢を使ったほうが、使わないときよりもおいしかったのです。【解説】小山浩子(管理栄養士・料理家)


【ダイエット効果】料理に足すだけで脂肪や糖質を代謝!「ミルク酢」活用レシピ

【ダイエット効果】料理に足すだけで脂肪や糖質を代謝!「ミルク酢」活用レシピ

温めた牛乳に酢を加えると液体と固体に分離します。この液体部分を、ミルク酢(乳清)といいます。牛乳と酢の相乗効果で、ミネラルやカルシウムが豊富なうえ、体への吸収もグンとアップ。そのまま飲んでもOK、料理にちょい足しすればうま味を引き出し、おいしさもアップというから、驚きです。【解説】小山浩子(管理栄養士・料理家)


【アレルギーを予防・改善】腸内環境を整えて免疫がアップ!医師もイチオシ「昆布酵母」の健康効果

【アレルギーを予防・改善】腸内環境を整えて免疫がアップ!医師もイチオシ「昆布酵母」の健康効果

コンブを水に漬けて密閉し、冷蔵庫に約10日間保存して作る「コンブ酵母」が話題になっています。水に漬けただけの「コンブ水」と異なり、酸素を遮断するため発酵が起こり、もともとコンブに付着していた乳酸菌や酵母など、増殖に酸素を必要としない微生物が増加します。【解説】本間真二郎(七合診療所所長)


坐骨神経痛に効果【ふくらはぎマッサージ】のやり方 コツは徹底的にもみほぐすこと

坐骨神経痛に効果【ふくらはぎマッサージ】のやり方 コツは徹底的にもみほぐすこと

ふくらはぎが硬くなると、足が冷えて気持ちもイライラします。ところが、もんで軟らかくすると、足が温もり、体も快適に過ごせるのです。毎日、ふくらはぎをつきたての餅のような軟らかさになるまで徹底的にもんだところ座骨神経痛が徐々に改善し、同時に、冷えもすっかり解消したのです。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【原田式】ふくらはぎマッサージのやり方 お風呂で石鹸をつけて老廃物を徹底的に除去

【原田式】ふくらはぎマッサージのやり方 お風呂で石鹸をつけて老廃物を徹底的に除去

私のふくらはぎもみは、硬くなった筋肉を、徹底的に軟らかくもみほぐすことを目指します。道具を使うと、らくにもみほぐすことができるので、私は、金棒や木の棒を使って行うやり方をご紹介しています。【指導】原田秀康(国際足健法協会会長)


【バナナの効能効果】血圧を下げて血糖値スパイクを予防 便秘解消ダイエットに最適

【バナナの効能効果】血圧を下げて血糖値スパイクを予防 便秘解消ダイエットに最適

私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)


【ダイエット 肩こり 腰痛】症状別に改善する「輪ゴム」の巻き方

【ダイエット 肩こり 腰痛】症状別に改善する「輪ゴム」の巻き方

最初に基本の指先巻きを行ってから、気になる症状に合わせて輪ゴムを巻きましょう。輪ゴム療法は、いつ、何度行ってもかまいません。テレビを見ながらや、電車で移動中など、ちょっとした空き時間を見つけて、こまめに行うのがお勧めです。【解説】松岡佳余子(アジアン・ハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【高血圧予防】毎日食べてもOK「豆乳マヨネーズ」で冷え性が改善!痩せた!

【高血圧予防】毎日食べてもOK「豆乳マヨネーズ」で冷え性が改善!痩せた!

マヨネーズは、日本人の多くが好む調味料ですが、カロリーや生活習慣病が気になるという人は、使いづらいようです。そんな人は、ぜひ「豆乳マヨネーズ」をお試しください。【解説】小山浩子(管理栄養士・料理研究家)


高血圧予防にお勧め!塩分が気になるマヨラー必見「豆乳マヨネーズ」の作り方

高血圧予防にお勧め!塩分が気になるマヨラー必見「豆乳マヨネーズ」の作り方

何にでもマッチするマヨネーズは老若男女みんな大好き。しかし市販のマヨネーズはカロリーが高く添加物も気になるところ。そんな人には瓶の中に豆乳、オリーブ油、米酢、塩麹、砂糖を入れて振るだけでできる豆乳マヨネーズがお勧め!サラダ、揚げ物などにもマッチ!体にもいいので、ぜひお試しください。【解説】小山浩子(管理栄養士・料理家)


【血管が若返る】塩分・カロリーカット!手作り調味料「豆乳マヨネーズ」のレシピ

【血管が若返る】塩分・カロリーカット!手作り調味料「豆乳マヨネーズ」のレシピ

実際に味わっていただければわかりますが、豆乳マヨネーズは、どんな食材とも相性のよい調味料です。料理のジャンルも、和洋中を問いません。家族やご自分の健康が気になるかたは、日々の食事に豆乳マヨネーズをご活用ください。【解説】小山浩子(管理栄養士・料理家)


【体験談】ひどいめまいが「ニンニク油」で解消 血管狭窄も改善し、12kg痩せた!

【体験談】ひどいめまいが「ニンニク油」で解消 血管狭窄も改善し、12kg痩せた!

当時、私は認知症になった夫の介護、夫の会社の引き継ぎ、家事と、忙しい毎日でした。たびたび吐き気を伴う激しいめまいに襲われ、救急搬送されたこともあります。ニンニク油をとるようになってまず感じたのは、冷え症の改善です。そして気がついたら、あれほどつらかっためまいが消えていました。【体験談】今井美智子(主婦・82歳)


【梅干しの健康効果】肌ツルツル!96歳の私が元気で仕事ができるのは梅干しのおかげ

【梅干しの健康効果】肌ツルツル!96歳の私が元気で仕事ができるのは梅干しのおかげ

梅干しは、毎年同じように漬けていても、毎年仕上がりが違います。今年おいしくできたから、来年もおいしくできるとは限りません。でも、難しく考えることはありません。私も最初は人に聞きましたが、あとは全部、我流。梅干しは、自分で漬けて、初めていろいろな発見があります。【解説】藤巻あつこ(料理研究家)


【梅干し】美肌・病気知らずの96歳!藤巻あつこ流“梅の漬け方”とアレンジレシピ

【梅干し】美肌・病気知らずの96歳!藤巻あつこ流“梅の漬け方”とアレンジレシピ

おなかが痛いとき、梅肉エキスをなめたり、梅干しをお湯で溶いたものを飲んだりしませんでしたか?梅の持つ整腸作用や血液サラサラ効果は「薬」と言っても過言ではありません。今年こそ梅を使った健康法にチャレンジしてみませんか?【レシピ考案】藤巻あつこ(料理研究家)【料理・スタイリング】古澤靖子