MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

腹圧性尿失禁に関する記事

表示順:
適切な治療を行えば、尿もれや頻尿は改善するので、排尿トラブルで困っている人は、一度きちんと泌尿器科の専門医に診てもらうのがよいでしょう。とはいえ、排尿に関する悩みは、恥ずかしくてなかなか他人には相談しづらいのも、事実です。まずは自分の症状を把握することが大切です。【解説】影山慎二(かげやま医院院長)
私自身も18年間、腹圧性尿失禁の尿もれに悩まされました。しかし、3年前の56歳のとき、尿失禁の手術を受けたことで、尿もれのわずらわしさから解放され、好きなことが自由にできるようになりました。今は、手術を受けて本当によかったと思っています。【解説】大河原節子(みさと健和病院回復期リハビリテーション病棟医長)
頻尿や尿もれといった、尿トラブルに気付いたとき、不安とともに、さまざまな疑問がわいてくるでしょう。聞きにくい素朴な疑問を、専門家に答えていただきました。【回答】楠山弘之(永弘クリニック院長)イラスト/古谷充子
女性の尿もれで、最も多いのが腹圧性尿失禁です。女性の尿失禁の3分の1以上がこのタイプです。腹圧性尿失禁の治療には、薬はほとんど効果がありません。症状があまりに深刻な場合は手術という選択肢もありますが、まず最優先で試みていただきたいのが、骨盤底筋を鍛える骨盤底筋体操です。【解説】楠山弘之(永弘クリニック院長)