心筋梗塞に関する健康情報


【がん予防】発がん物質を無毒化するキャベツのファイトケミカルの効果 脳梗塞・心筋梗塞も防ぐ

【がん予防】発がん物質を無毒化するキャベツのファイトケミカルの効果 脳梗塞・心筋梗塞も防ぐ

病気と食生活には深い関わりがあり、がんの原因は35%が食事にあると言われています。キャベツのイソチオシアネートにはがん、脳梗塞、心筋梗塞という日本人の三大死因を防ぐ作用があるのです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医部元准教授)


【血管が若返る】血糖値を下げて動脈硬化を予防する「酢ショウガ」 の効果

【血管が若返る】血糖値を下げて動脈硬化を予防する「酢ショウガ」 の効果

通常、年齢を重ねるにつれ、血管の劣化は進み、その影響で血流も悪くなって、不調や病気を招きやすくなります。血管の劣化を助長する因子は、中性脂肪、悪玉コレステロール、高血糖などです。私がお勧めしたいのが、ショウガを酢に漬けこんで作る「酢ショウガ」です。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【高血圧を改善】血圧を下げる手のツボ“合谷”の押し方は「痛いくらい」がよい

【高血圧を改善】血圧を下げる手のツボ“合谷”の押し方は「痛いくらい」がよい

高血圧は、俗に「サイレントキラー(沈黙の殺し屋)」と呼ばれます。自覚症状がないうえ、痛くもかゆくもないのに、体の中では恐ろしいことが着々と進行していくからです。積極的に血圧をコントロールするため、ぜひお勧めしたいのが「合谷の強指圧」です。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授)


【脳梗塞・心筋梗塞を予防】フィブリン(血栓)を溶かす「ナットウキナーゼ」の効果

【脳梗塞・心筋梗塞を予防】フィブリン(血栓)を溶かす「ナットウキナーゼ」の効果

脳梗塞や心筋梗塞などを予防するためには、日頃から血栓のない、サラサラな血液を維持することがたいせつです。しかし、できてしまった血栓を溶かす働きのある食品は、今のところ納豆しか確認されていません。【解説】二宮淳一(日本心臓血管外科学会認定名誉専門医・NPO法人プロフェッショナル・ドクターズ・ネット理事長)


【糖尿病改善】動脈硬化を防ぐ「酢生姜」の効果 中性脂肪値が1ヵ月で降下した!

【糖尿病改善】動脈硬化を防ぐ「酢生姜」の効果 中性脂肪値が1ヵ月で降下した!

ショウガを酢に漬け込んで作る「酢ショウガ」には、さまざまな健康効果が期待できます。私が特に注目するのが、血中脂質や血糖値の改善効果です。酢ショウガを食べると、ショウガと酢のダブル効果で、動脈硬化を防ぎ、血糖値の上昇を抑えられるます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【ナットウキナーゼとは】脳梗塞、心筋梗塞を防ぐ納豆の成分 血栓を溶かす作用で高血圧を改善

【ナットウキナーゼとは】脳梗塞、心筋梗塞を防ぐ納豆の成分 血栓を溶かす作用で高血圧を改善

納豆には、ドロドロ血液によって血管内にできた血栓(血の塊)を溶かす働きがあります。納豆のネバネバ部分には「ナットウキナーゼ」という酵素(体内での化学変化を促進する物質)が含まれています。血栓を溶かすのは、このナットウキナーゼの働きです。【解説】二宮淳一(心臓血管外科名誉専門医・循環器専門医、スポーツドクター)


【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

心臓病や脳卒中は、心臓や脳が悪化したために起こるのではありません。血液がドロドロになり、動脈硬化が進行した末に起こります。つまり、血管の状態が悪化した結果として、これらの病気は起こるのです。そして、これらの血管病の最大の原因は高血圧です。【解説】高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター長、東京医科大学教授)


【血栓症とは】“止血血栓”と“病的血栓”の違い 突然死を招く「強いストレス」と「座りっぱなしの姿勢」

【血栓症とは】“止血血栓”と“病的血栓”の違い 突然死を招く「強いストレス」と「座りっぱなしの姿勢」

強いストレス状態に置かれると、体を守ろうとして血栓ができやすくなります。 血栓症とは、血管の中に血のかたまり(血栓)ができ、血管を詰まらせる病気のことです。血のかたまりが血流に乗って脳の血管を詰まらせると脳梗塞、心臓の栄養血管を詰まらせると心筋梗塞になります。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

日本の食は全般的にヘルシーですが、一つ大きな難点があります。それは塩分が過剰だということです。減塩することはとても重要ですが、高塩分に慣れた人が塩分を減らそうとしても、物足りなさを感じて難しいものです。そこで、まず簡単にできる減塩の入門として私が提唱しているのが「しょうゆスプレー」です。【解説】日下美穂(日下医院院長)


【心臓の痛み・動悸】を抑える「指つかみ」 鍼灸学校校長も心筋梗塞を回避!

【心臓の痛み・動悸】を抑える「指つかみ」 鍼灸学校校長も心筋梗塞を回避!

仁神術は、患者さんの体に手を当てて、東洋医学でいうところの“気”の流れを整え、心身の不調や、体の痛みを治していきます。鍼やお灸といった道具を使わずに行うことができ、治療効果も高いため、私が校長を務める東洋鍼灸専門学校でも、課外授業で学生たちに教えています。【解説】竹内廣尚(東洋鍼灸専門学校校長)


【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

ぜひ皆さんにお勧めしたいのがキャベツダイエットです。実は私自身、キャベツダイエットで、3ヵ月で20kgという大幅減量に成功しました。キャベツダイエットのすばらしい点は、空腹感なしでやせられること。単におなかがすかないだけではありません。まずは私の体験をお話ししましょう。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【心筋梗塞 狭心症とは】症状はどこが痛くなる? 痛みは何分続く? 予防法は? (子供でも分かる大人の病気)

【心筋梗塞 狭心症とは】症状はどこが痛くなる? 痛みは何分続く? 予防法は? (子供でも分かる大人の病気)

心臓病は、日本人の死因の第2位です。心臓を取り巻く冠状動脈の血流が悪くなって起こる心臓病を虚血性心疾患といい、狭心症と心筋梗塞があります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


脳梗塞・心筋梗塞の原因【血栓症】 痩せていても“内臓肥満”に要注意

脳梗塞・心筋梗塞の原因【血栓症】 痩せていても“内臓肥満”に要注意

現在、日本でいちばん怖れられている病気は、おそらくガンでしょう。しかし、私に言わせれば、ガン以上に怖いのが、脳梗塞や心筋梗塞(脳や心臓の血管が詰まって起こる病気)です。脳梗塞や心筋梗塞の原因となるのが、血栓症です。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)


【脳梗塞・心筋梗塞を予防】血栓を溶かす薬「tPA」を体内で作る運動とは

【脳梗塞・心筋梗塞を予防】血栓を溶かす薬「tPA」を体内で作る運動とは

脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)になったとき、血栓を溶かすために使う画期的な薬があります。それは、tPAという薬です。脳梗塞の発作を起こしても、これを4時間半以内に投与すれば血栓が効率よく溶解され、著効例では、ほとんど後遺症が残ることはありません。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)


【コレステロール値を下げる食べ物】善玉と悪玉の違い 動脈硬化を予防する生活習慣

【コレステロール値を下げる食べ物】善玉と悪玉の違い 動脈硬化を予防する生活習慣

コレステロールといえば、今や動脈硬化を進める「悪役」として知られています。コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの材料として重要ですが、一方で、血管壁に過剰にたまると、動脈硬化を進めるのも事実です。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


血糖コントロール【骨ホルモンの効果】"かかと落とし"でオステオカルシン分泌

血糖コントロール【骨ホルモンの効果】"かかと落とし"でオステオカルシン分泌

2007年に骨から作られるたんぱく質の一種「オステオカルシン」が、膵臓に働きかけてインスリンの分泌を促進し、血糖をコントロールする(血糖値を下げる)と発表されたのです。通称、「骨ホルモン」とも呼ばれます。【解説】太田博明(国際医療福祉大学教授・山王メディカルセンター女性医療センター長)


【動脈硬化をチェック】耳たぶに "しわ" がある人は心筋梗塞・脳梗塞に注意(写真有)

【動脈硬化をチェック】耳たぶに "しわ" がある人は心筋梗塞・脳梗塞に注意(写真有)

鏡で、耳たぶを見てみてください。耳たぶには、体の貴重な健康情報が隠されています。その情報を示すのは、耳たぶの大きさや形ではなく「耳たぶのシワ」です。チェックして、シワがあったら要注意。それは、動脈硬化のサイン(フランク兆候)と考えられるからです。【解説】重松宏(山王メディカルセンター・血管外科統括部長)


【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

ヒトは、猫と触れ合うと、脳に大きな変化が現れます。猫と暮らすことは、かわいがることで癒し効果が得られるのと同時に、さまざまな作業が必要となります。食事や飲み水の用意をするなど、こうした一連の作業はすべて、脳をよく使うことにつながります。【解説】内山秀彦(東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室准教授)