MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

脊柱管狭窄症に関する記事

表示順:
脊柱管狭窄症という病気は、体がゆがみ、筋膜が非常にかたくなることが一因といえます。特に、高齢者の場合、筋膜の硬化が顕著です。このように、筋膜がかたくなると神経や血液の流れが悪くなるため、痛みやしびれが起こるのです。今回は脊柱管狭窄症を改善する体操「ネコ歩き」をご紹介しましょう。【解説】筒井朗晏(三起均整院院長)
更新: 2019-06-09 18:00:00
一般に、腰痛で受診すると、痛みが治まったらストレッチや筋トレをするよう病院から指導されると思います。私自身も以前はそう勧めていましたが、慢性腰痛への対策には結び付いていない現実がありました。【解説】松平浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任准教授)
更新: 2019-06-06 10:42:56
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-04-05 10:09:41
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-04-03 18:00:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-04-05 10:16:37
私は、朝の起床時と夜の就寝前に、それぞれ5分ずつ行っていますが、最初はそれをするのも大変でした。しかし、無理のない範囲から始めて、だんだんできるようになりました。約3ヵ月後、杖を使わずに歩けるようになり、半年を過ぎたころからは腰の突っ張り感も減ってきました。【体験談】黒岩智子(仮名・パートタイマー・68歳)
更新: 2019-03-16 18:00:00
八木先生は「ダマされたと思って、しばらく続けてみて」と笑顔でおっしゃいました。すると、1週間も経ったころです。冷えていた太ももとひざの裏が温かくなってきました。血流が戻ってきた感じです。その後もまじめに続けたところ、3ヵ月後にはすっかりしびれが消えました。【体験談】守田浩樹(仮名・介護福祉士・28歳)
更新: 2019-03-07 18:00:00
大腰筋がかたい人は、腰周りの柔軟性がなくなって、お尻や太ももの筋肉もかたくなっているからです。これらの筋肉がかたいと、骨盤が引っ張られて後ろに傾き、大腰筋が動きにくくなります。また、歩くときの衝撃や重力の負荷をうまく吸収できず、症状が悪化しやすくなります。【解説】神橋勝俊(神橋筋整体院院長・柔道整復師)
更新: 2019-03-06 18:00:00
この体操はよく効きました。やったその場で痛みが軽くなるのです。ふだんは朝晩、ベッドの上で股関節締めを10回ずつ行っています。そのおかげで、現在は左のひざ下の痛みはほとんど起こらなくなり、少々長く歩いても大丈夫です。痛み止めの薬を飲む必要は全くありません。【体験談】上田和代(主婦・100歳)
更新: 2019-02-28 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt