医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

脊柱管狭窄症に関する健康情報


脊柱管狭窄症のしびれと痛みが解消!81歳現役シェフ「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症のしびれと痛みが解消!81歳現役シェフ「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


【トリガーポイント療法とは】体中のあらゆる慢性痛を“筋肉”から治す治療法

【トリガーポイント療法とは】体中のあらゆる慢性痛を“筋肉”から治す治療法

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


慢性痛やしびれの根本原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

慢性痛やしびれの根本原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

お尻の周辺にトリガーポイントがある場合は、腰痛、ギックリ腰、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、座骨神経痛などと診断されるような痛みやしびれが起こることが多いでしょう。肩甲骨の周辺の筋肉にトリガーポイントがある場合は、首の痛み、肩こり、頭痛、手のしびれが現れます。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


腰痛原因は脳と腎臓の疲労!脳脊髄を流して痛みをとる「脳呼吸法」のやり方

腰痛原因は脳と腎臓の疲労!脳脊髄を流して痛みをとる「脳呼吸法」のやり方

私は、50年以上にわたる治療家人生で、幾種もの治療法を学び、研究してきました。そしてわかったのは、脳脊髄液の循環をよくすることで、腰痛などのつらい症状や、多くの病気が改善するということです。【解説】宮野博隆(ミヤノ・ヒーリング・ラボ院長・鍼灸師)


【立ち仕事】足が痛い 痺れる 間欠性跛行の症状 脊柱管狭窄症の対策を専門医が解説

【立ち仕事】足が痛い 痺れる 間欠性跛行の症状 脊柱管狭窄症の対策を専門医が解説

脊柱管狭窄症も、慢性痛の一つです。原因は、脊柱管が狭くなって神経を圧迫するためだといわれていますが、それだけではありません。痛みに対する不安やストレスなど、心理的な要因も、慢性痛に深く関係しているのです。【解説】井上真輔(愛知医科大学学際的痛みセンター准教授)


【脊柱管狭窄症改善】仙骨を正しい位置に戻す「股関節締め」とは ?

【脊柱管狭窄症改善】仙骨を正しい位置に戻す「股関節締め」とは ?

脊柱管狭窄症を改善するには、股関節を安定させ、仙骨を正しい位置に戻す必要があるのです。その両方を同時にできるのが、今回ご紹介する「股関節締め」です。【解説】白井雄彦(西住之江整体院代表・鍼灸師)/白井天道(西住之江整体院院長・鍼灸)


【脊柱管狭窄症】閉塞性動脈硬化症と症状(間欠跛行)が似ている!簡単な見分け方はコレだ!

【脊柱管狭窄症】閉塞性動脈硬化症と症状(間欠跛行)が似ている!簡単な見分け方はコレだ!

間欠跛行は、脊柱管狭窄症に特徴的な症状ですが、間違いやすい病気に「閉塞性動脈硬化症」があります。これは足の血管がかたくなり、足の血流が悪くなる病気です。脊柱管狭窄症の場合、お尻や太ももの筋力を強化する運動が有効となります。お勧めは「ゆっくりスクワット」です。【解説】井上真輔(愛知医科大学・学際的痛みセンター准教授)


【脊柱管狭窄症の痛み】しびれを改善する"バタ足体操" 腰痛教室で効果続出!

【脊柱管狭窄症の痛み】しびれを改善する"バタ足体操" 腰痛教室で効果続出!

脊柱管狭窄症は、背骨の神経の通り道である脊柱管が、なんらかの原因で狭くなって神経を圧迫し、痛みやしびれの出る病気です。しかし、ただ脊柱管が狭くなっているだけではありません。脊柱管の中の静脈や神経がうっ血して(浮腫んで)いるのです。【解説】佐藤勝彦(一般財団法人大原記念財団大原綜合病院院長)


【脊柱管狭窄症を改善】「尻締め気功」で歩けないほどの痛み、しびれが解消した

【脊柱管狭窄症を改善】「尻締め気功」で歩けないほどの痛み、しびれが解消した

背骨には、脳から続く中枢神経である脊髄の通り道があります。これを脊柱管といい、脊柱管が狭くなることによって脊髄が圧迫され、腰から下半身にかけて痛みやしびれが生じるのが脊柱管狭窄症です。安全かつ効果の大きい方法として、私が1000人以上の患者さんに勧めてきたのが「尻締め気功」です。【解説】渡部猛夫(あおぞら整骨院院長)


【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが「腸腰筋」です。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!鎮痛剤も不要になった

【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!鎮痛剤も不要になった

一昨年の夏は、職場までの10分の距離を歩くのにも、腰が痛くて5回ほど休まなければならなかったのです。整形外科に行ったところ、「脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれが出る病)」と診断されました。【体験談】須藤裕子(仮名・保育士・63歳)


ストレスが原因の腰痛に頬のマッサージが効果!「笑い筋ほぐし」のやり方

ストレスが原因の腰痛に頬のマッサージが効果!「笑い筋ほぐし」のやり方

腰痛を治療するうえでは、患者さんをリラックスさせ、ストレスや緊張、不安を減らすことが重要なポイントだとわかります。私はこれを踏まえ、皆さんに「笑い筋ほぐし」という方法をお勧めしています。【解説】佐藤源彦(CLSマッサージスクール名古屋校代表)


脊柱管狭窄症の痛みしびれを改善する「よつんばいポーズ」とは

脊柱管狭窄症の痛みしびれを改善する「よつんばいポーズ」とは

ご自身のひじの向きを見てみてください。ひじが外を向き、わきが空いていませんか?そして、肩が前に出ているのではないでしょうか。脊柱管狭窄症の患者さんは、この傾向が非常に強くなっています。脊柱管狭窄症の症状を根本的に改善するには姿勢を本来の形に戻し、腰への負担を減らすことが必要なのです。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


【重度の脊柱管狭窄症】鎮痛剤を打っても歩けないほどの痛みが「寝ながら体操」で解消した!

【重度の脊柱管狭窄症】鎮痛剤を打っても歩けないほどの痛みが「寝ながら体操」で解消した!

私のもとには腰痛やひざ痛、股関節痛などの患者さんが数多くいらっしゃいます。最近、特に増えてきたのが脊柱管狭窄症による痛みやしびれを訴えるかたです。治療の補助として行う寝ながら体操で、実際に脊柱管狭窄症の症状から解放された患者さんの例をいくつかご紹介します。【解説】西本直(Conditioning Studio操主宰)


腰痛改善には筋肉より「仙骨」を温めるとよい理由

腰痛改善には筋肉より「仙骨」を温めるとよい理由

仙骨は、上半身と下半身をつなぐ要であり、私たちの骨格を支えている中心的な骨といえます。ですから、仙骨に負担がかかってゆがみが生じると、全身の骨格に影響が出ます。特に、仙骨と直接つながる腰椎には支障が生じやすく、腰痛の大きな原因になるのです。【解説】中野朋儀(陽だまり‘はり・きゅう’治療室院長)


温熱効果で腰痛を解消する【仙骨の温め方】

温熱効果で腰痛を解消する【仙骨の温め方】

仙骨の温めは、さまざまな腰痛の緩和に役立ちます。脊柱管狭窄症や、座骨神経痛などによる腰痛は、基本的に血流の悪さと神経への圧迫によって症状が助長されているので、仙骨の温めによる改善効果が期待できるのです。さらにストレスからくる慢性的な腰痛の改善にも効果的です。【解説】中野朋儀(陽だまり‘はり・きゅう’治療室院長)


【脊柱管狭窄症】手足のしびれの改善には「寝ながら体操」で痛くない部分のゆがみを取る

【脊柱管狭窄症】手足のしびれの改善には「寝ながら体操」で痛くない部分のゆがみを取る

操体法では、痛む部位以外のところにゆがみがあり、そのゆがみが別のひずみを生み、それがたまったところに痛みが生じると考えます。ですから痛むところは触らず、痛くないところのゆがみを調整していくのです。脊柱管狭窄症の場合も同じです。【解説】西本直(Conditioning Studio 操 主宰)


【ダイエット効果】ウエスト痩せに即効9cm減 「わき腹呼吸」 のやり方

【ダイエット効果】ウエスト痩せに即効9cm減 「わき腹呼吸」 のやり方

わき腹呼吸を実践されたかたからは、うれしい声が続々と寄せられています。ネコ背などの悪い姿勢がよくなった、呼吸が楽になったという声をはじめ、腰や首、肩、ひざなどの慢性的なコリや痛みが改善したというお話も多く聞かれます。【解説】Haruhi(ボディトレーナー「幸せボディ姿勢ニスト」)


腰痛の原因に「栄養不足」も【サバの水煮缶】が最適な理由

腰痛の原因に「栄養不足」も【サバの水煮缶】が最適な理由

腰痛の原因は加齢だけではありません。腰痛を改善するには、食事で十分な栄養をとり、骨や筋肉の衰えにブレーキをかけることが大切です。脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアも栄養不足を補うことで改善するのです。お勧めしたいのが「魚の缶詰」です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)


痛み、しびれを一掃する脊柱管狭窄症撃退レシピ

痛み、しびれを一掃する脊柱管狭窄症撃退レシピ

脊柱管狭窄症の予防・改善には、血液を汚さない食べ物を選び、よく咀嚼して食べることが肝心です。唾液の分泌が促されると、消化・吸収がよくなり腸内環境が整うので、きれいな血液がつくられます。体温も上がり、血流がアップすることで、痛みやしびれなどが緩和されます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)