医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

コーヒーに関する健康情報


コーヒーは女子にピッタリの飲み物! ダイエットやむくみ解消効果を女医が解説

コーヒーは女子にピッタリの飲み物! ダイエットやむくみ解消効果を女医が解説

「コーヒーには体に悪いカフェインが含まれているからあまり飲まないほうがいいのでは」という印象をお持ちのかたがいらっしゃるかもしれません。最近の研究では、カフェインには自律神経の働きを促進する効果があると判明しています。ですから脂肪の燃焼を高める効果が得られダイエットにつながるのです。【解説】里見英子(白山病院副院長)


【ダイエット】お金をかけず楽して痩せる!簡単お手軽ダイエット5選

【ダイエット】お金をかけず楽して痩せる!簡単お手軽ダイエット5選

「今すぐ痩せたい!」でも、忙しすぎてなかなかダイエットを始められない…そんなダイエッターさんのために、ケンカツ!編集部が簡単で、初期投資ゼロで、かつ、今すぐ始められるダイエット法をピックアップ!「この夏なんだか太ってしまった」という方も、今のうちに夏の負債(脂肪)を返済してしまいましょう。【構成】ケンカツ!編集部


【8:16ダイエットとは】なんでも食べていい!飲んでいい!ダイエット法

【8:16ダイエットとは】なんでも食べていい!飲んでいい!ダイエット法

テレビ番組で、私が勧めるダイエット法が紹介されました。番組では「8:16時間ダイエット」という呼び名で、双子のお笑い芸人「ザ・たっち」の弟、かずやさんが挑戦しました。8: 16時間ダイエットを成功させるための力強い味方として最適なのが、バターコーヒーです。【解説】片山成二(かたやま脳外科内科クリニック院長)


【ギーから手作り】MCTオイル入りバターコーヒーの作り方・飲み方

【ギーから手作り】MCTオイル入りバターコーヒーの作り方・飲み方

うっとりするような甘~い香りがするクリーミーなコーヒーを朝食に飲むだけで、体脂肪がどんどん燃える体に変わっていく。それが「バターコーヒーダイエット」です。運動は不要!食事制限に伴う我慢も不要!肌はツヤツヤスベスベになり、お通じもツルンとスッキリ爽快!【指導】佐久本政尚(泉鍼灸接骨院院長)


【バターコーヒーダイエットとは】空腹感なしでどんどん痩せる方法!

【バターコーヒーダイエットとは】空腹感なしでどんどん痩せる方法!

体脂肪が燃えやすい体質に変わり、空腹感がいっさいなく、短期間でやせられるばかりか、ツルツルツヤツヤの美肌になり、疲れ知らずで頭も冴える。そんな魔法のようなダイエット法が「バターコーヒーダイエットです。【解説】佐久本政尚(泉鍼灸接骨院院長)


【バターコーヒーダイエット】で痩せるメカニズム ケトン体回路スイッチオン!

【バターコーヒーダイエット】で痩せるメカニズム ケトン体回路スイッチオン!

バターコーヒーダイエットで健康的にやせられるのは、体脂肪が燃焼しやすい体質に変わるからです。私たちの体は2種類のエンジンで、活動するためのエネルギーを生み出しています。一つめが「糖質回路」、二つめが「ケトン体回路」です。【解説】佐久本政尚(泉鍼灸接骨院院長)


だるさや疲労感から解放!「生クリームコーヒー」で糖質依存を克服

だるさや疲労感から解放!「生クリームコーヒー」で糖質依存を克服

高校生の娘が体調を崩したときに、クリニックで紹介されたのが栄養療法でした。その栄養療法に欠かせないのが糖質制限です。糖質が大好きな私でしたが、娘一人に糖質制限させるのはかわいそうだと思ったのと、私自身の糖質依存も断ちたいという気持ちから、娘と一緒に糖質制限を始めました。【体験談】元木陽子さん(46歳・パートタイマー)


【つわりにいい食べ物】生クリームで吐き気がおさまる !赤ちゃんの夜泣きにも

【つわりにいい食べ物】生クリームで吐き気がおさまる !赤ちゃんの夜泣きにも

物が食べられないので栄養が取れない。こんなときにお勧めなのが生クリームなのです。つわりがひどくてぐったりしている妊婦さんも体に栄養が入ると体力を取り戻しつわりも楽になります。赤ちゃんが夜泣き対策にも生後6カ月以上なら、スプーン1杯の純正生クリームをなめさせてみてください。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【レモンコーヒーの効能効果】脂肪燃焼効果が最大級!ポリフェノールの玉手箱

【レモンコーヒーの効能効果】脂肪燃焼効果が最大級!ポリフェノールの玉手箱

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


生クリームは理想のダイエット食!コーヒーに入れて肥満を撃退!

生クリームは理想のダイエット食!コーヒーに入れて肥満を撃退!

ダイエットを始めるとき、まず控えるものに、脂肪や油を多く含む食品を挙げる人が多いと思います。「脂っこいものを食べると太る」とずっと認識されてきたからです。ところが、脂は実はダイエット食です。脂を積極的に取ることが、体内の脂肪を減らすという驚きの作用があることがわかってきたのです。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)


好相性"レモンコーヒー"の作り方 体脂肪を減らす若返りドリンク

好相性"レモンコーヒー"の作り方 体脂肪を減らす若返りドリンク

ヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、多様な健康効果があると判明しています。コーヒーとレモンの作用は重なる部分が多く、双方とも、中性脂肪を減らして肥満を予防。痩せホルモンとも長寿ホルモンとも呼ばれるアディポネクチンを増やす作用があるので、相乗効果が期待できます。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【糖尿病】HbA1cを下げて糖尿病の合併症を予防する「シナモンコーヒー」の効果

【糖尿病】HbA1cを下げて糖尿病の合併症を予防する「シナモンコーヒー」の効果

血糖値やヘモグロビンA1cを常に安全圏にコントロールするメソッドの一つとして、シナモンが役立ちます。また、コーヒーには、糖尿病による死亡リスクの抑制効果があるといわれています。つまり、コーヒーとシナモンは病気対策には最強、最善のカップリングと言うことができるのです。【解説】牧田善二(牧田AGEクリニック院長)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


糖尿病の血糖値に効果【バターコーヒー】インスタントに無塩バターを入れるだけ

糖尿病の血糖値に効果【バターコーヒー】インスタントに無塩バターを入れるだけ

食習慣を変えることなく、薬で無理に血糖値を下げたところで、本当の意味で体がよくなっているといえるでしょうか?私はそうは思いません。そこで、カロリー制限のようなつらい思いをせずに食習慣を変えていく一助として、私が提案するのが「バターコーヒー」です。【解説】片山成二(かたやま脳外科内科クリニック院長)


喘息・COPD対策!呼吸器を鍛える「口すぼめ呼吸」のやり方

喘息・COPD対策!呼吸器を鍛える「口すぼめ呼吸」のやり方

ぜんそくやCOPDなどの症状があり、呼吸器の機能が慢性的に低下した人には、「口すぼめ呼吸」をお勧めします。また、ハチミツには抗炎症作用があり、薬よりもセキ止めに効果的という医学論文が多数あります。コーヒーはカフェインに気管支拡張作用がありぜんそくの発症リスクを低減するそうです。【解説】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


【MCTオイルでダイエット】コーヒーに入れて25kgやせた

【MCTオイルでダイエット】コーヒーに入れて25kgやせた

MCTオイルコーヒーを始めて2カ月で25kgやせました。服のサイズはもちろん、靴のサイズまで小さくなりました。さらに驚いたことに、精力がアップしたのです。やせるまで、ここ10年近くもセックスはご無沙汰だったのが、MCTオイルでやせてからは20代の頃のように精力が復活しました。【体験談】金森重樹(企業グループオーナー)


【コーヒーは血圧を下げる飲み物】高血圧対策・血管の老化予防にお勧め!

【コーヒーは血圧を下げる飲み物】高血圧対策・血管の老化予防にお勧め!

食後のコーヒーは、高血圧に効果があり、血管を若々しく保ち、さらに動脈硬化を予防することができます。高血圧を改善するためには、食事では減塩する、運動を心がけるなど、日常生活が大事です。ここでは、食事の工夫の一つとして、コーヒーをお勧めしたいと考えています。【解説】 高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター教授)


【コーヒーの効能】「2型糖尿病」リスクを下げる研究結果 飲み方のコツは?

【コーヒーの効能】「2型糖尿病」リスクを下げる研究結果 飲み方のコツは?

かつて、コーヒーは多飲すると体に悪いという印象がありましたが、最近の疫学研究で、コーヒーの健康にいい点が指摘されています。アメリカ、スウェーデン、日本などで、コーヒーが2型糖尿病に効果があるという研究結果が次々と報告されているのです。【解説】古野純典(九州大学名誉教授 )


【血糖値を上げない食べ方】おやつにチョコレート(カカオの効果)や果物が良い

【血糖値を上げない食べ方】おやつにチョコレート(カカオの効果)や果物が良い

糖尿病の人には、お菓子やケーキが好きな人が多いようです。もちろん、やせている人もいますが、肥満傾向の人のほうが多いのではないでしょうか。お菓子の食べすぎも、糖尿病の原因の一つですから、それは当然のことかもしれません。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長)