コーヒーに関する健康情報

コーヒーに関連するキーワード

クロロゲン酸の効果
>>コーヒーに関連するキーワード一覧

【漢方】シナモンの効果とは コーヒーに入れて飲むと体を温め解熱・鎮痛・不眠に効く

【漢方】シナモンの効果とは コーヒーに入れて飲むと体を温め解熱・鎮痛・不眠に効く

科学的にもシナモンの研究が進み、抗血栓(血の塊を防ぐ)作用による血液サラサラ効果、解熱作用、鎮痛作用、誘眠作用など、多くの薬理効果が確認されています。ただし、シナモンを活用するとき、注意していただきたいこともあります。【解説】今津嘉宏(芝大門いまづクリニック院長)


【糖尿病】HbA1cを下げて糖尿病の合併症を予防する「シナモンコーヒー」の効果

【糖尿病】HbA1cを下げて糖尿病の合併症を予防する「シナモンコーヒー」の効果

血糖値やヘモグロビンA1cを常に安全圏にコントロールするメソッドの一つとして、シナモンが役立ちます。また、コーヒーには、糖尿病による死亡リスクの抑制効果があるといわれています。つまり、コーヒーとシナモンは病気対策には最強、最善のカップリングと言うことができるのです。【解説】牧田善二(牧田AGEクリニック院長)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


糖尿病の血糖値に効果【バターコーヒー】インスタントに無塩バターを入れるだけ

糖尿病の血糖値に効果【バターコーヒー】インスタントに無塩バターを入れるだけ

食習慣を変えることなく、薬で無理に血糖値を下げたところで、本当の意味で体がよくなっているといえるでしょうか?私はそうは思いません。そこで、カロリー制限のようなつらい思いをせずに食習慣を変えていく一助として、私が提案するのが「バターコーヒー」です。【解説】片山成二(かたやま脳外科内科クリニック院長)


【喘息・COPD対策】呼吸器を鍛える「口すぼめ呼吸」と咳を抑える「ハチミツコーヒー」

【喘息・COPD対策】呼吸器を鍛える「口すぼめ呼吸」と咳を抑える「ハチミツコーヒー」

ぜんそくやCOPDなどの症状があり、呼吸器の機能が慢性的に低下した人には、「口すぼめ呼吸」をお勧めします。また、ハチミツには抗炎症作用があり、薬よりもセキ止めに効果的という医学論文が多数あります。コーヒーはカフェインに気管支拡張作用がありぜんそくの発症リスクを低減するそうです。【解説】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


【MCTオイルでダイエット】コーヒーに入れて25kgやせた 精力減退にも効果

【MCTオイルでダイエット】コーヒーに入れて25kgやせた 精力減退にも効果

MCTオイルコーヒーを始めて2カ月で25kgやせました。服のサイズはもちろん、靴のサイズまで小さくなりました。さらに驚いたことに、精力がアップしたのです。やせるまで、ここ10年近くもセックスはご無沙汰だったのが、MCTオイルでやせてからは20代の頃のように精力が復活しました。【体験談】金森重樹(企業グループオーナー)


血圧を下げる【コーヒーの健康効果】高血圧対策に「毎食後のコーヒー」がお勧め

血圧を下げる【コーヒーの健康効果】高血圧対策に「毎食後のコーヒー」がお勧め

食後のコーヒーは、高血圧に効果があり、血管を若々しく保ち、さらに動脈硬化を予防することができます。高血圧を改善するためには、食事では減塩する、運動を心がけるなど、日常生活が大事です。ここでは、食事の工夫の一つとして、コーヒーをお勧めしたいと考えています。【解説】 高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター教授)


【コーヒーの効能】「2型糖尿病」リスクを下げる研究結果 飲み方のコツは?

【コーヒーの効能】「2型糖尿病」リスクを下げる研究結果 飲み方のコツは?

かつて、コーヒーは多飲すると体に悪いという印象がありましたが、最近の疫学研究で、コーヒーの健康にいい点が指摘されています。アメリカ、スウェーデン、日本などで、コーヒーが2型糖尿病に効果があるという研究結果が次々と報告されているのです。【解説】古野純典(九州大学名誉教授 )


【血糖値を上げない食べ方】おやつにチョコレート(カカオの効果)やフルーツが良い

【血糖値を上げない食べ方】おやつにチョコレート(カカオの効果)やフルーツが良い

糖尿病の人には、お菓子やケーキが好きな人が多いようです。もちろん、やせている人もいますが、肥満傾向の人のほうが多いのではないでしょうか。お菓子の食べすぎも、糖尿病の原因の一つですから、それは当然のことかもしれません。【解説】板倉弘重(茨城キリスト教大学名誉教授・エミリオ森口クリニック理事長)